はじめに・ご挨拶

兵庫県朝来市にあります、【有限会社 いけがわ 縁結びトラベル事業部】代表取締役 片山 剛伸です。

弊社は1977年の創業以来、冠婚葬祭やお中元・お歳暮などあらゆるシーンのギフト商品を取り扱ってきました。2014年には葬祭事業、2018年には旅行事業と新規事業展開を続けております。

私たちは、「地域で一番愛される会社になる」ということ事業目的に掲げ、「揺りかごからお棺の中まで、人々の人生の節目節目に関われるサービスをご提供していくこと」を事業コンセプトとし、積極的な多角化経営に取り組んでおります。

昨年2019年には色々な縁も重なり、地元朝来市にフィットネスジム&ヨガスタジオをオープンする運びとなりました。

地域の方々に、「あらゆるサービスを通じて、社員一人ひとりがどのように地域貢献できるか」を常に考えることのできるスタッフ達が揃うのは我が社の一つの自慢です。

私たちは朝来市の「健康まちづくり」に沿って、住む人も来る人も心から元気になって欲しいと考え、本プロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトで実現したいこと

新たな国内旅行ニーズを創出したい!

「Google Japan」や「サントリーの缶コーヒー」などのテレビコマーシャルをきっかけに、各メディアで多く取り上げられ人気となった「天空の城 竹田城跡」

この城下町に受け継がれる歴史や伝統・食などの文化的資源、また田舎ならではの自然を活かしつつ、市の名前である心地よい朝が来る「健康の町・朝来」として心身浄化や健康増進に関するおもてなしを整備し、「Asago Wellness」をコンセプトに着地型、そして滞在型観光に着手し、まちぐるみでの収益モデルを確立させていきたいです。

竹田城跡でのヨガ体験シーンから城下町散策など、新サービスや各体験メニュー等の開発にあたっては、当社が核となり、資源の発掘から旅行企画・ガイドの人材育成ほか、ツーリズムマーケティング全般を担い新たなニーズを求める観光交流者がたくさん訪れる元気な地域を創ります。

近年、インバウンド需要で人気の高まる着地型旅行としてこれらを精査し、国内に限らず諸外国を対象とした販売および情報の発信などを行って地域経済の発展に寄与したいと考えます。人々に観光産業の魅力を伝えると同時に、私たちのプロジェクトへの関心を高めていただき、地域資源を見つめなおすことで「郷土愛」を育み、将来の観光産業を支えるチームへと成長していきますので、応援をお願いします。

私たちの地域のご紹介

① まちや自然との関わりを 楽しむこと。

② はたらく喜びを 感じること。

③ 家族の時間を 愛おしむこと。

「こんなふうに暮らせたらいいな」と思い描くことのできる田舎町。

朝来市は兵庫県のほぼ中央部に位置し、京阪神からは鉄道・高速道路等を利用しておよそ1時間~2時間で、また姫路城からはJR播但線や播但連絡道路等を利用しておよそ1時間で直結する距離にあり、但馬・山陰地方と京阪神大都市圏を結ぶ交通の要衝の地にあります。

海水浴場やスキー場などへもおよそ1時間で、レジャーへのアクセスも充実しています。

豊かな自然と数多くの遺産があり、茶すり山古墳を始めとする多くの古代遺産、国史跡の竹田城跡や史跡の生野銀山などの中世から近世にかけての遺産、また由緒ある神社・仏閣・各地に伝わる伝統芸能などの歴史文化遺産、それから四季折々の自然に包まれたキャンプ場、公園、温泉などが数多くあります。

特産品には、

「但馬牛」「朝来市のブランド岩津ねぎ」「安心・安全で美味しいお米」
「創業90年の蔵元が丹精込めて造った醤油」
「元禄の世から切磋琢磨し続ける伝統の二酒蔵の銘酒」「天然百花ハチミツ」
「地元おばあちゃんの手作り黒大豆入り味噌」
「牧場のジャージー牛から搾ったジャージーミルクとカマンベールチーズが入った手作りチーズケーキ」
最近では地元でとれた「猪肉・鹿肉を使ったジビエ料理」など自慢の地産品がたくさんあります。

プロジェクトを立ち上げた背景

朝が来る市と書いて【朝来市(あさごし)】

兵庫県の中心部にある人口3万人の田舎町で発足したプロジェクトです。
なぜ、このプロジェクトをするきっかけになったのかと言いますと多分に漏れず、朝来市の「人口減少」です。私たちの朝来市行政は今から7年前、人口減少に「歯止めをかけよう」ではなく、
人口減少にいかに「対応していくか」という視点にたどり着きました。そこで、地元朝来市に訪れる観光交流人口の増加やそれに伴う地域経済力向上を目的に学び実践する場として、産業・学校・市民・農業・金融機関・官公庁の連携で「ASAGO大學」という組織ができあがりました。
そこに「観光楽部」というグループができ、「有限会社いけがわ」も地元の旅行業者としてメンバーに加わります。


そんな時に大きな事件が起こりました。

7~8年前に放映された数々のCMやメディア露出によって、地元朝来市にある「天空の城 竹田城跡」は一気に有名になってしまいました。

なんと観光人口が10年前の2万人に対して、55万人へ増加。しかし、これが大きな失敗でした。

ブームがさった今、竹田城跡の観光人口は20万人と半分以下に激減です。

その理由が「受け入れ体制」と「受け皿」がなかったこと。つまり、町を挙げての「おもてなし」と「ビジネスモデル」が無かったからです。
人気爆発の瞬間と、じわじわと減っていく観光客を見ながら、私たちはこのピンチに何かできないかという思いが沸き上がってき、考えた末、観光交流者にまた来ていただくキーワードが見えてきました。

「地域資源」=竹田城、「観光」=旅、「健康」=ヨガ、「人」=朝来のインストラクター

そして生まれた観光ツアー商品が「竹田城跡 天空ヨガ」です。


※弊社オリジナルクーポン券利用可

【クーポン券が利用できるお店一覧】

・パンケーキとコーヒー 『ぽわん』
・カフェ 『あったかプラザ』
・和雑貨 『海砂利水魚』
・お土産と情報館 『天空の城』
・地元農産物・加工品 『並河商店』

詳しくはインスタグラムをチェック!(#縁結びトラベル で検索)

所要時間・・・約5時間 集合10:00 解散15:30頃

【行程】

10:00発 山城の郷 交流の館からガイドと出発(ヨガマットを持ってご集合ください)※貸出有り

10:40  竹田城跡料金所 到着(通行引換券をお渡しください)

     →竹田城跡散策(歴史文化のご説明をします)

11:20頃 竹田城跡ヨガ会場 到着

     南二の丸にて天空ヨガ体験(40分間)

     →下山

13:00頃 山城の郷 到着(お車又はタクシーにて昼食会場へ)

13:30頃 蕎麦処「右衛門五郎」到着

     (竹田城跡を眺めながらご昼食)

14:30頃 竹田城下町へ出発

14:40  竹田まちなか観光駐車場(無料) 到着

     →竹田城下町を自由散策(※ガイド付き)

15:30頃 散策後、自由解散

これまでの活動

①    巻き込み

まずはじめに始動したことは、地元の方々や協力していただける有識者を巻き込むことです。自治会長さんや地元の商工業者・ガイド・市役所担当課・ヨガインストラクター 延いては社内従業員など、一人ひとりに私たちの考える企画のプレゼンを実行しました。

更に、各メディアや行政の記者会見で「私たちは何をきっかけにスタートし、これからどこへ向かうのか」を露出させていただき、年月をかけてゆっくりではありましたが地元のあらゆる方々に周知を試みていきました。

②    情報導線

「ニューツーリズム商品開発等支援補助金」の採択を受け、地域資源・健康・人を観光と結びつけることに特化したWEBサイトの構築を行いました。これと並行して

「インフルエンサープロモーションによるターゲットマーケティング」と

「海外の情報導線を意識したインバウンドマーケティングの解析」

をおこないました。

インフルエンサーのマーケティングについて、これはいわゆるInstagram等のSNSを利用しました。

世の中のトレンドや新商品の拡散力をもっているインスタグラマーといわれる女性を起用し、情報発信のテストを繰り返し行った結果、情報がより行き届き、情報としてフォローしてもらいやすい方法・手法を繰り返し学びました。

また、海外の情報導線を解析した結果、国々のニーズの様々な違いを分析することができ、大きな結論としては国によって旅行会社によってニーズは大きく変わりますが、ほとんどの外国人観光客は日本の美しい文化や風景、地域の人と触れ合ったり交流できるアクティビティを探しているということがわかりました。

③    修正作業

ツアーに絶対必要なのは「感動体験」であることに気づき、【いまだけ・ここだけ・あなただけ】というプレミアム感を演出しなければならないことです。

そこに必要なのものは、「地域資源」「人」「マッチング」であることを再確認した我々は、

「竹田城跡」や「ヨガの先生」が朝来に訪れてきた方へただヨガを教えるだけでは「感動体験」とは言えないことを念頭におき、ツアー内容・関わる人や場所・価格・ターゲットについて議論を交わしながら現在も修正作業を進めています。

資金の使い道・実施スケジュール

・朝来市を世界中の方に知ってもらうための広告費に使わせて頂きます。
・朝来市の名産品リターン費用
・CAMPFIRE手数料

7月~7月31日までクラウドファンディングをします。
8月よりリターン品をお送りします。

リターンのご紹介


最後までご覧いただいた方へ

「コロナ不況」という長いトンネルに突入し数ヶ月。厳しい環境の中で、生き残るために知恵を絞り、汗をかき、事業を見直し、業態を変え、たくましく生き残ろうとする姿が全国やわが街のあちこちでも芽吹き始めています。 私たちも例外ではありません。
ですがコロナウイルスが各地で蔓延する前、しきりに世間で唱えられてきた「地方創生」とは、我々のようなローカルエリアに身を置く一人ひとりが知恵を出し協力し合い、モノやサービスをより進化させて「そこにしかないもの」をご提供し続けていくことだと信じておりました。
今もその想いは変わりません。
いつの日か必ず全世界の人々が、ウイルスの恐怖に脅かされずに以前と同様の観光交流ができる時は訪れます。
ですからそれまでの間、まずはコロナ禍で不況に侵される地元朝来市の経済や全国で苦しむ観光業者に少しでも光となれますような、安心・安全で独特のサービスを、率先して全国にご提供し続けて地元の元気を取り戻したいです。
そしてゆくゆくは近畿・全国・海外と輪を広げて、新しい価値を見出す旅行を提供していきます。 皆様の土地の資源とお客様のご縁を結ぶ【有限会社いけがわ 縁結びトラベル事業部】。 これからの我々にご期待ください。
「人とつながる」「地域が稼ぐ」 必ず実現していきます。 是非ともご協力を宜しくお願い致します!



======================
クラウドファンディングページ制作
株式会社パーシヴァル
======================

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください