※リターンの「特別講演」に、6、7月開催分があるため、プロジェクトを新規で立ち上げます。
 旧プロジェクトの5月末までのリターンにつきましては、順次、お送りしております。
 恐れ入りますが、ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



はじめまして!ご覧いただきありがとうございます。
休校・休園支援コミュニティーサイト「休校・休園きっず部」代表の黒田めぐるです。


私は、新型コロナウィルスによる外出自粛要請により、休校、休園中の子どもたちとお母さんが孤独にならないようにオンラインで繋ぎ、毎朝8時、オンライン会議システムのZOOMとFacebookライブにて、ラジオ体操&小学校教師による朝の会、英語のワンフレーズレッスン、昼間は、160名以上の有志の方々が「子ども向け・おやこ向け・お母さん向け」の講座(のべ150講座 デイリーでコンテンツが増えています!)を無償で提供している、休校・休園支援コミュニティーサイト「休校・休園きっず部」を運営しております。

日本最大級!休校・休園支援コミュニティーサイト「休校・休園きっず部」FBページはこちら▼
https://www.facebook.com/groups/357246581864141/



私自身、小2の息子を持つ一人の母親です。
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、3月2日、突然、小学校が休校になり、
更に、4月になっても休校は続き、、、
1日中、こどもと一緒にいながら仕事をする生活にストレスを感じ、
(業務スピードの著しい低下など)社会から孤立してしまうんではないかという不安に。
私と同じように感じ、苦しんでいらっしゃるお母さんは必ずいるはず。
この気持ちをお母さんたちと共有したい。そして当たり前のようにあるもだと思っていた学校。
それがなくなった今、どうやったら子どもたちを救えるのか。

幸いにも講師業をしていることから普段からオンラインでのレッスンにも慣れており、
ここで繋がることでお役に立てることがあるのではないか?
そう思い休校・休園支援コミュニティーサイト「休校・休園きっず部」を発足しました。
予想以上の反響で発足後、わずか9日で1000組のおやこがご登録!

18日経過した4/23時点で、1650名の方が登録!1日で約70名の方が登録をされる状況で、
お母さんたちからのニーズの高さを肌でヒシヒシと感じております。
「孤立したくない」「繋がりたい」というお母さんの声が毎日毎日届きます。

 



◆ 平日毎朝8時から、ラジオ体操&朝の会! 英語のワンフレーズレッスンも!
延べ133講座が無償開講中!

「休校・休園きっず部」は、具体的にどんな活動をしているかをご説明します。
まず、平日毎朝8時に、PCやスマホの画面の前に集合!
NHKのラジオ体操をWeb会議ツール「ZOOM」で流し、全国150名以上の親子で同時にラジオ体操!


ひと汗かいたあとは、育児休業中の小学校の先生による朝の会

更に、英語のワンフレーズレッスンなど!
(※写真にぼかしをいれております。)


昼間は、160名以上の有志の方々(経営者、個人事業主、主婦、小学生など幅広い)によって
・英会話、絵本読み聞かせ、キッズ手形アート、消しゴムはんこを作ろうという子ども向け講座
・親子でタイ式ヨガ、元中学教師による「おうちじっけんセミナー」などおやこ向け講座。
・真夜中のお茶会、傾聴コミュニケーションなどのお母さん向け講座など、
多種多様な150のコンテンツを全て無償で提供しています。


(このイラストも講師の一人から頂いたものです!)

子どもが講座を受けている30分間、お母さんにほんの少しでも休憩してもらえるように。
おやこ向け講座で、おやこでの時間を楽しんで頂き、さらにお母さん向けの講座では、
お母さん同士の繋がりを深めて頂く。

1回の講座で100名以上の方が参加する講座もあるほど、ニーズは非常に高いです。



4月5日にfacebookページで「休校・休園きっず部」を立ち上げました。
私が予想していた以上の大反響で、発足後、わずか9日で1000組、4月23日時点で1680組以上の親子に参加いただいております。

当初は1人で行っておりましたが、すぐに運営が出来ない状態になり、
急遽スタッフ2名を募集し、昼夜問わず対応をしております。

facebookページや、スケジュール共有の無料アプリなどを使用しながら運営費用を抑えていたものの、
人数の急激な増加に伴って無料で使用可能な人数制限を超えてしまったため、安定して利用していただくためにもウェブサイトの構築が早急に必要となりました。月々の人件費も現在、全て持ち出しで行っていること、登録者のみなさんが増え続けることを大変うれしく思う反面、運営に要する時間、人件費も膨らみ続けています。


このままでは運営を存続・継続させることが難しく、資金面も厳しい状況です。
一方でより多くの方々に利用して頂きたい。そんな折に社会問題に特化されたクラウドファンディング
GoodMorningの存在を知り、行動を起こしました。


当コミュニティーサイトに対して社会のニーズや存在価値を感じて下さった方に応援頂きたいと同時に、
クラウドファンディングを通じて、より多くの方に当コミュニティーの存在を知って頂き、同じ思いを抱えているたくさんの方に、楽しんで活用して頂けたらと思っております。


 


クラウドファンディングで集まった資金は
・ウェブサイト構築費(外注費含む)
・スタッフの人件費
・クラウドファンディング手数料(14%+税)

に充てさせていただきます。


今回はAll-In 方式ですので、目標金額を達成しなかった場合にも
ご支援いただいた皆様にはリターンをお渡しいたしますのでご安心ください。


◆ 実施スケジュール

4月23日時点で1680組の親子が登録
※150名以上の講師陣の「無償deご提供講座」は、開催(延べ150講座あり)
※2名のスタッフの対応範囲を超えているため、追加で1~2名雇用


7月20日:クラウドファンディング第2弾、最終日

※前回の同一プロジェクトにて、ウェブ構築は進行中。
6月1日:構築開始
6月末日:ポータルサイト完成予定(※目安:1~2ヶ月 ただし情勢による)

まずは運営の安定化を図り、同時進行でサイトの構築をしてまいります。



ご支援いただいた方には、多種多様なリターンを、そして、個人事業主様向け、企業様向けなど所属によっても異なるリターンをご用意いたしました。心を込めて、対応させて頂きます。


◆ 参加者の方の声

東京都在住 3歳、1歳を持つお母さん:
子どもたちと一緒に「英語講座」や「絵本の読み聞かせ」「おもちゃ自慢会」など、多くの講座に参加させていただきました。 今の状況だと、家族としか話せない。だから、だれかと話せるだけで、我が家の子どもたちは、とても嬉しそうです。 一緒に参加している子どもたち・ママたちも画面越しですが、楽しく音楽に合わせて踊ったり、真剣に話を聞いたり、と。 30分の短い時間ながら、この時間を満喫されているのが伝わります。 我が子が楽しんでいる姿をみれるのはもちろん、画面に映ることもたちの笑顔に、さらに元気をいただています!! このコミュニティに参加させていただいていることで、一人じゃない、と思うことができ、心強い存在です。 参加させていただき、ありがとうございます!

◆ 開催者の方の声

神奈川県在住 小3男子:
たくさん知らない人がいる中、足がブルブルするほど震えて緊張したけど、やり終わったときは、ホッとしたのと達成感がありました。おもしろかったです! 新しい人との出会いが楽しいから、またやりたいです。目標は、30家族。それを達成できたら嬉しいです。



香川県在住 全国のお城ガイドの方:
講座を開講したきっかけは妻からのこんな一言でした。
「休校・休園期間で社会から孤立した気分になりがちなこの1ヶ月間を、お母さんも、こどもたちも、楽しい時間を過ごせるようになってほしいと無料オンライン講座を募集している。
お城のガイドなんだから、親子向けの講座を開いてみたら?」

お城ガイドとして全国を飛び回ることが中心ではありますが、コミュニティセンターでお地域のお年寄り向けに講座は開いていました。しかし今回は、親子向け、子ども向けの講座です。
しかも、ZOOMを使ったオンライン講座なんてはじめてです。
正直、ちょっとハードルが高いな…と思いました。

うちには4歳と1歳の息子がいます。いつかは、子ども達に城や歴史の面白さに気付いてほしい、そして、父子で城めぐりの旅に行くのが夢でした。
まだ息子たちに伝えていないけど、講座を開くことは息子たちへの伝え方の練習にもなるではないか。
講座を開くことは良い経験になるし、将来の自分の仕事の幅を広げるチャンスとしてとらえるように変わりました。
そして、なにより、自分のお城ガイドとしてのスキルが全国でストレスを抱えてる親子の笑顔につながる!
これは、講師をする私にとっても、参加する親子にとっても「WINWIN」となると思い、よし!やってみよう!という事、講座を開講することにしました。

正直、ニーズがあるのか、集客できるのか不安はありました。

ですが、今回は「休校・休園きっず部」というできあがったコミュニティーサイトに向けて募集であり、ゼロからの募集ではありません。
また、主催の黒田めぐるさんから、LINEで直接メンバーに定期的に講座案内を配信してくださるので、自身で必死に告知活動をする必要はありませんでした。

それだけでなく、集客の動線(共有カレンダーの設定方法、申し込みページの作成など)を講師専用グループページで全面的にバックアップして頂けました。ここで学んだことは、今後、自身で講座を開くときのスキルにもなるので、これだけ手厚く無料でサポートしてくだることに正直驚きました。

このすばらしいバックアップ体制のおかげで初回の講座は80組もの親子が参加してくださいました。
(募集期間はたった1週間です)

画面越しではありますが親子で楽しく講座に参加くださっている様子を体感できましたし、講座のご感想も送ってくださいました。「休校・休園きっず部」でつながって頂いた親子に向けて、将来的に有料の講座を募集できるようにもなりますし、本当に今後の事業の幅を広げることができる、大変貴重な経験をさせて頂くことができました。




◆ 休校支援コミュニティーサイト「休校・休園きっず部」を通じて、実現したいこと。

残念ながら、新型コロナウィルスの終息の目途は立っていません。
そして終息後も、すぐに元の生活に戻ることはないと言われています。
そんな中、「自宅」という1つの社会で生活していく家族。


だから密接なつながりがある「お母さんと子どもたち」にスポットを当てて、
・子育て世代のお母さん&子どもたちの「支援コミュニティーサイト」として更なる拡大(目標1万組)
・お母さんとお子さんを中心とした、ご家庭のメンタルヘルスのサポートの充実させる
・影響により職を失った方へのサポートも行っていることから、子どもやその保護者だけでなく、
働く環境もサポートする

上記を実現したいと思っています。


「好きなことを仕事にして、楽しんで働くワーキングマザー」を増やし、
「働く母の笑顔」を増やすことによって、より一層、社会貢献していくことが私の使命です。

みなさん一人一人の応援が
お母さん、そして子どもたちの笑顔を守るための大切な1歩となります。

どうか「休校・休園きっず部」の応援をよろしくお願いいたします!



◆ 自己紹介

名前:黒田 めぐる

㈱Meguriru代表取締役(㈱メイクライフに登記変更申請中。)
1984年生まれ、愛知県豊田市出身。愛知教育大卒。
10年間、自動車部品メーカーで事務総合職にて勤務したのち、退職。2019年に法人設立。


教育関係の講師業として、全国200名以上在籍する、遊ぶように勉強する子どもに育つ楽しい家庭学習法「親勉(おやべん)」のトップ3に入る講師・マスターインストラクター

同じく全国200名以上在籍する、お母さんがわが子に伝えるとにかく明るい性教育「パンツの教室」のトップ2に入る講師・マスターインストラクターとして、講師育成に励む。
保育園・小学校・高校などの行政機関での講演開催実績も多数。


同時期に、個人事業主向けのSNSビジネスもお伝えし、2年半で延べ1300名以上の方に、ビジネス勉強会を実施。アウトプット型、且つ、豊富な資料で、高い評価を頂く。

      
2017年から3年間連続、おやこ向けの大型イベントを開催。昨年は3ヶ月間で、北は北海道、南は沖縄、全国9か所を周り、計800名動員。幼児から小学生をはじめ、お母さん方も楽しんで頂け、大人気のイベントに。

黒田自身も、小2息子を持つワーママのため、いつでも、お母さんの味方でありたいと、常に、等身大のお母さんの気持ちを大切にしつつ、ママ向けコミュニティーを拡大。

現在、強みの「オンライン活用」を生かし、60、70代の「シニア世代」の方向けのコミュニティーサイトも展開中。

好きな言葉は、「可能性は無限大」「継続は力なり」


■本件に関するお問合せ先
休校・休園支援コミュニティーサイト「休校・休園きっず部」
E-mail:info@m-ake-life.co.jp  (代表:黒田)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください