湯布院のセルフビルドの森で子供の心身を伸ばす"とびっきりの遊び場"を作ります!!

現在の支援総額
¥104,000
パトロン数
13人
募集終了まで残り
33日

現在3%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2017/07/27 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

九州屈指の自然環境を誇る湯布院の森で、廃材セルフビルダーと空間作家がタッグを組み、こども達を中心に全世代に向けた"とびっきりの遊び場=創造空間"を作っていくプロジェクトが始動しました!!!森の遊具や造形達も只今リニューアル中。無期限有効の前売り入場券などを購入して支援してくれる方を募集します。

▼はじめまして

 こんにちは!

「つみきの森 MUGA~むぅが~」

のプロデューサー(仕掛け人)のMAW(マウ)です。

 

 

 

私はアパレル・商空間デザインの会社勤務を経て

2006年より、作家として生きていくことを決意。

装飾家・空間作家として商業イベントからチャリティ・野外フェス、

ファッションショーや映画祭など廃墟からホテルのラウンジまで

多種多様なイベントの空間に携わらせていただき、

仮設イベントのための組み立て式の造形や照明をデザインしてきました。


 

 

音楽やアウトドア、総合芸術の世界から学ぶことは本当に無限大で、

まさに夢中で駆け抜けた10年だったのですが、

せっかく母になれたので、

私がとびっきりだと思う場所で娘を育てたかったこと、

そしてこれを機にもっと時間をかけて地域に根ざした仕事がしたいと思い、

そのビジョンに最適だと感じた湯布院の湯平温泉に移住しました。(2014年〜)


現在は暮らしの手仕事やパーマカルチャー、地域おこしのソーシャルデザインを

学びながら、育児に奮闘中です。

娘も私もこの土地の豊かな自然と温泉で英気を養い、

いよいよ今年は社会復帰の年。



今まで蓄積した学びを社会にアウトプットする番です。

まずこの3年で私が学んだことはもちろん「子育ての視点」

・・・もっとこうだったらいいのに。

・・・こういう時にお母さんと子供は大変なんだ。

と母になったからこそ気付けたことが沢山ありました。

その気づき中で何か自分にも 子育て支援 につながるようなことは

できないかとずっと模索していました。


 

そのひとつの答えが
「大人も子供も伸び伸びと過ごせる空間づくり」でした。


大抵の場合、大人が行きたい場所に行くと、

子供は「ダメ」なことがいっぱいでぐずったり、

子供が遊べる場所に行くと、今度は大人が持て余したり・・・。

そんな場面に遭遇するたびに、母として空間作家として、どうやったら

どっちも心地よく楽しめる空間になるのかな?といつも考えていました。


実際私も、子育てと家事と仕事に追われ、何かリフレッシュしたいなーと

素敵なお店に行っても、子どもが店の物を壊さないかドギマギしていたり。

全然気が休まらなくって、帰ってきたら逆に疲れてることも多々。


貴重な休日。

それはこどもにもお母さんにもお父さんにも大事な時間。

なのに、今の社会には一番未熟で大変(?)な子育て世代が

ゆっくり伸び伸び過ごせる環境のバリエーションが少ないのでは?

もっと面白さや心地よさって追求できるはず、、、

おとなもこどもも遊べて癒せる休日をコーディネイトしたい!

と、そういう”場”の必要性を感じ始めていました。


これを読んでいただいてる子育て世代のみなさんはどうですか?

公園や遊具もお店も一辺倒ではなく、

もっと"変わり種"な遊び場があってもいいのにって

思ったことありませんか?




そもそも、なぜ私が子育てに湯布院・湯平(ゆのひら)を

選んだかと言うと、その周辺環境の素晴らしさにありました。

湯平温泉周辺には、くじゅう連山を一望する飯田高原

「21世紀に残したい日本の自然100選」「名水100選」にも選ばれた

黒岳の原生林や男池湧水群、

いつでも動物たちとふれあえるやまなみ牧場もあったり、

この九州でも指折の雄大な自然の中で、日本の四季を深く感じながら

娘と成長できることは、私にとって最上の贅沢だと確信したからです。

しかもそのどれもが実際に子供連れやベビーカーでも気兼ねなく入れる、

安心の伸び伸び環境。

休日には親子連れが溢れる家族の楽園のような場所なんです。













そして、大分・湯布院は世界的にも有名な温泉地。

湯布院周辺も、どこへ行くにも温泉が選べるありがたい環境。

日常はというと鎌倉時代から続く湯治場、湯平温泉が我が家のお風呂。

私の育児疲労も、湯平温泉に救われてきました。

湯平に移住して早3年目。

初めての山暮らしに挑戦した新米ママの実体験としても、

「田舎は何もない」じゃなくて「大事なものが全部ある」が正解◎

これは本当に言葉や写真じゃ伝わらない!

とにかく友人、特にこどもたちと一緒に体感したい

天然指数120%の日常がココにあるんです。








自然のなかの遊び場といえば、

私が長年関わってきた野外フェスやキャンプイベントでも

世代も国籍も色んなボーダーを越えて、

みんながキラキラした時間を過ごしていた。

そして、私もそんなちょっと非日常的な時空間が大好きで、

その場に光を灯す役目を担ってきました。

だけど、どんなに楽しくても翌日には魔法のように空っぽ。

まるでサーカスのような仕事でしたね。

「ずっとこの空間にいたい。。片付けたくないっ!」

と何度本気で思ったことか。笑



 

じゃあ、そのふたつの要素を一緒に合わせて、

今度は、私の絶賛する由布市の大自然の中に、

《仮設》じゃなくて常設》の"とびっきりの空間"を作りたい!

とキャンバスはどんどん森の方に向いていました。

イメージしてたのは、近年話題の自然の中での育児(例:森のようちえん)に

ものづくりの要素が加わった森の中の創造空間です。




 
▼運命的な巡り合わせ

 

そんな時に・・・

私の住む湯平温泉から車で20分、湯布院にほど近い森で、

廃材や古材を使ってセルフビルドの小屋やアースバッグドーム(土嚢を使ったドーム)を

作り続けている足達タツヤさんの「アトリエ 竜の通り道」に出会いました。

立地は、行楽シーズンには全国からバイカーや登山者が訪れる絶好のドライブコース、

阿蘇・くじゅうを抜けるやまなみハイウェイ沿いにある別荘地。MAP



黒岳・男池湧水群と飯田高原、筌の口温泉という

まさに、今私が一番おすすめする、

極上癒しスポットと各交通機関の玄関口である

湯布院インターチェンジの中間に位置する森だったのです。


 
↑天空のドライブコース"やまなみハイウェイ"



国立公園でもあるこの森の6万坪の広大な敷地の中には、

カフェやグランドピアノを設備した森の音楽室、ゲストハウスなどもあり

散歩道には由布岳を一望する見晴らし場もあります。


 ↑別荘地内の森

↑由布岳を一望する森の見晴らし場


 

その別荘地の入り口にあるのが、タツヤさんが購入した500坪の森

明るいクヌギの林には、敷地内の独創的な建物の他にも、

隣にはタイニーハウスがあったり、手作りのアスレチック

洞窟のようなBBQ小屋。さらには進化中のツリーハウスがあったりと、

タツヤさんと周辺のオーナーが子供たちに向けて作った楽しい造作が点在し、

すでにそこは、夢のような森の冒険ランドでした。

湯布院I.Cから15分。

車があれば、大分県内はもちろん熊本・福岡・佐賀・北九州からも日帰り圏内で

温泉・食・遊びまでたっぷり遊んで癒される一日をコーディネイトできちゃうのも

この立地の大きな魅力!とびっきりポイントのひとつです◎

 

 

↑Tiny Houseはキッズルームと森の案内所 

↑ご近所さんが作っている日々進化中のツリーハウス!





↑こちらも進化し続ける森のアスレチック広場

↑森の穴蔵(BBQ場)↓




ちょうどタツヤさんもこれからこの森をどう運営していくか考えていた

タイミングでもあり、何度もお話ししていく中で、私たちの目的は一致!

アトリエをリニューアルし、みんなのとびっきりを詰め込んだ

「どこにもない"手作りの遊び場"=創造空間」として

この森を育てていくプロジェクトが始まりました。



湯布院に移り住んだのはこのためだったのかと思うくらい

とても運命的な出来事でしたね。


しかも、タツヤさんはものづくりに集中したいため、

運営やソフト面を一任していただき、若輩者ながら

この企画の総合的なプロデュースとデザインに携わることになりました。

私はこうして母として空間作家として最高のお志事を授かったのです◎

 

 


名前は「つみきの森 MUGA~むぅが~」


廃材や古材、頂き物を遊び心満載で組み合わせたこの森は、

まるで壮大な"つみきの森"だったこと。

そこから、

「積み木のように正解も終わりもなく、自在に創造的な遊びを楽しめる森」

というコンセプトも固まり、この名前が浮かぶとすぐに決定しました。

 

” MUGA=むぅが " というのは

森に住むイタズラな妖精(怪獣)のイメージで

この森の愛称になるように名付けました。


語源は、

"子どもが我を忘れて何かに熱中している瞬間が最も崇高な学びの時間だ"という

モンテッソーリの教えからインスピレーションを受け、

私の大好きな言葉でもある「無我夢中」という言葉から抽出しました。

 

 

▼つみきの森 の全貌

まず、受付口でもあるMUGAの本館があります。

本館では、乳児向けなどの柵のついた室内の遊びスペースや

授乳室、ベビーベッドを用意し、

お母さんたちや大人向けに休憩や周辺の観光施設などの情報交換も

自由にできる環境にします。








カウンターには有機食品や無添加の手作りおやつと

湯布院周辺の天然水のサーバーも置いてみんなで利き水したり。

(ご近所、阿蘇野の炭酸水と自家製シロップで作るフルーツソーダは格別です☆)


それと、私の周りには本当に素晴らしい衣食住の作り手がいるので、

そういった作家さんの商品をMUGA特選ギフトコーナーとして販売させていただきます。


森に点在するのは、中に入ったり登ったりできる遊具機能を持ったファンタジックな造形達、

洞窟のようなアースバッグドームでは、お絵かきコーナーや読み聞かせ、

様々な手仕事のワークショップなどを行います。


そして、ものづくり体験や工房レンタルもできる、

タツヤさんの新しい基地 "森のものづくり工房" 



昨年開催され、好評だった森の"スニーカーウエディング"のプランも

低価格からとびっきりの演出とメニューで作っていきますよ。








↑2016年に森で行われたスニーカーウェディングの様子


↑提携している森の山荘はアスレチック広場の中! 


↑森の奥で有機農家さんが営む素敵なゲストハウス「地休地足」


▼宿泊〜移住までナビゲート♪

MUGAのプロジェクトを近隣の方にも理解いただき、

別荘地内の山荘やゲストハウスと連携して 宿泊するプランも準備が進んでいます。

 

いつも子連れで肩身の狭いお母さんや、仕事で疲れてるお父さん達に

堂々と解放してもらえるように!周辺のおすすめ癒しスポットと共に

心地よい休日をコーディネイトしていきたいですね。


もちろん観光派には湯布院の温泉宿やホテル。

旅情派には静かな湯平温泉の湯治場。

アウトドア派には飯田高原の天空のコテージやキャンプ場など、

年代や趣向に合わせて多彩な旅のレシピが選択できちゃいます。



当地は別荘地でもあるので、森での暮らしをリアルに

疑似体験できるのも楽しい要素のひとつ。

(しかも、本気で気に入ったら土地や中古物件を購入できちゃう!)


そして、

こどもたちが、全身を使って興味の向くままに活動できるように、

環境作りや素材・食材選びの配慮をどんどん実践していきたいと思います。



私は最近「伸び伸び」って成長にとってすごく大事な

要素だなーと痛感しておりまして。

植物はもちろん、私たち人間だって

伸び伸び成長できればもっと可能性を広げられる気がするんです。

すっごく当たり前なことですが(笑)、

大人だって木漏れ日の森の中で伸び伸び過ごすって、

もう何より気持ちいいんですよね。

私も実際にこの森に通い始めて、心身ともに癒され続けています。


実は、私自身がバセドー病という

世界中で近年爆発的に増えている病気にかかり、

その発症とともに、大好きだった会社を辞めて

作家=自分の道を生きていくことを決めた。。。という経緯もあり、

「癒し」や「心身の健康」は私の人生の重要なテーマなんです。


また、病気になったことで、

少し普通と違うだけでも社会での生きにくさを多々実感してきました。

現代には子供の発達障害、鬱など人それぞれ抱える小さなハンディキャップだったり、

本来伸ばすべき天性のものがたくさんあります。

「子供連れ」も社会にフィットしにくい肩身の狭さや、やりにくさがありますよね。

どうやったらそういった多様な凸凹を許容できる器=社会を作れるのか。

それを探求し押し広げていくことは未来への種蒔きになると信じて私も活動しています。





そんな実体験での気づきや学びをもとに、できるだけ先回りで対策し、

ちょっとやんちゃな乳幼児がいる家庭の配慮を当たり前に実施したり、

こちらが想像力を働かせて工夫をしていけば、

大人も子供も多様な個々が安心して伸び伸びと満喫できる空間ができるはず。

これは空間側がどこまで伸び代=遊びを用意できるかの挑戦ですね!


きっとその器は、自然の中だからこそ用意できると思っています。


もちろん、私たちも"こども"という繊細な年代に関わることを重く捉え

こどもたちにどんな環境や遊具が良いのかを常に研究し、

シュタイナーやモンテッソーリといった先人達や、 最新の教育やアートから

良いところを柔軟に取り入れ、お母さん同士で一緒に学びながら

実践・共有できる場になればと思います。



 

 


子供もそれを取り巻く環境もどんどん進化しています。

教育ももっともっとそこに合わせて進化してもいいと思うんです。

だって私たちの生きてる"今"は、100年前から比べたら

光の速さで情報=答えが更新されてる世界なんですよね◎

その素晴らしい恩恵を惜しみなくこどもたちに注いでいきたい。




▼あと、非日常的な要素!(←ここも重要なとびっきりポイント!)

家ではできない遊びが思いっきりできる場所にしたい。

例えば、MUGAの支援物資として古着を集めておいて、

こどもたちは着替えて思いっきり森を冒険できたり・・・

一番やりたいのは、でっかい水彩画とか!

これはなかなか家では出来ないですから、大人も交えて思いっきりやりたいです。

本気の秘密基地作り!とか、森全体を使った宝探しもいいですね。

こどもだけで運営するお店やイベントを作ったり、

こどもたちと学びながら"MUGAだからこそやれること"を探求したいです。

いつものリミッターをここなら外していいんだよっていうのがMUGA。


とにかく今まさに現役で子育て中の私の気づきや願望を全力でMUGAに

反映させたいと思います!








 
▼今年秋までの本館完成を目指して!完成に向けた最後の課題は・・・


◎本館の内装や屋根の仕上げ。

◎工房の増設。

◎手洗い設備の増設。

◎全体の安全対策の強化。

など。

できる限りのことを自分たちでやったとしても、

その費用は最低限でも300万円。


当初は1年くらいかけてコツコツやろうと思っていたのですが、

もし、このプロジェクトに賛同し入場チケットを購入してくれたり、

支援してくださる方がいれば、今年の秋には本館も完成できるかもしれない!

そんな夢を描いて、今回初めてのクラウドファンディングに

挑戦させていただきたいと思います。


入場チケットを中心に近隣から遠方の方まで

様々なリターンをご用意しましたので、

どうか、広くご支援のほどよろしくお願いいたします。




↑着々と出来上がる廃材を利用した看板たち。



▼この森の運営システムについて


「つみきの森 MUGA~むぅが~」は、こどもは18歳まで無料。

おとながこども達の”遊び=学び場”を支える。

という仕組みをわかりやすくデザインして、

こどもたちには”作り手”としてもMUGAに参加してもらいます。

例えば、滞在中に支援者に贈る「ありがとうカード」を描いてもらったり、

私たちの創作を手伝ってもらったりしながら、

お互いがHAPPYな形で相互援助する恩恵の循環システムや

贈与経済を少しずつ実践したいと思っています。


また、様々な理由から学校に行きたくない、

今のスタイルにフィットしないこども達も広く受け入れていき、

私たちと一緒にMUGAを作りながら、それぞれの志事や生きがいを見い出せるような

活動にしていきたいです。



そして、もちろんこの森が向上し続けるためにも、

この場の "支援者" である "大人" の皆様にもどんどん来てもらえるように、

様々な世代の楽しみ方も考えていきたいと思います。

こども連れじゃなくても、ぜひ森で休息=支援しに来てください。


MUGA本館はこの立地にしてFREE WIFIなので、

ちょっとした森のワーキングスペースとしてもご利用いただけますよ!

 


また、このプロジェクトの確証についてですが、

この土地はタツヤさんの所有になること。

この森の管理会社や周辺の方々にも承諾・応援いただいていること。

そして今回のプロジェクトの始動によって

継続的な作品作りの舞台として、

私たちはこの地に根付いていく覚悟をしました。

目標金額に満たなくても、少し時間はかかりますが、

コツコツ作っていきますのでどうか安心して見守っていてください。

(最長でも来年夏には本館も完成させます!)

※現在も、すでにプレオープン期間として本館以外は運営しています。




MUGAのHPやサービス・ソフト面も鋭意企画製作中◎

http://muga.localinfo.jp/

実はまだ完成前のMUGAですが、TOS・テレビ大分でも特集いただき
週末は連日家族連れの笑い声で賑わっております☆

尚更、急いで作らなければ!!!

と雨の日も晴れの日も、森でデスクで〜・・・作業が続く日々です。








▼ひとりからふたりの可能性


持ち前の器用さと、色んなものを授かる人徳と確かな実現力で、

5年をかけてこの独創的なセルフビルドの森を作ってきた

タツヤさんの経験と技術。

そしてこの森や地元の方々との深い関わり。





平面のデザインから立体の造形、企画やディレクションなど、

様々な手段で、その空間の可能性を引き出すことを研究してきた私 ( マウ ) と、

国内外に広がる多彩なアーティストやクリエイターのコミュニティも加わって、

このタッグがお互いの可能性を何倍にも広げてくれる確信に溢れています。




もちろんこの森の隊長!

今まさにこの自然の中で育っている私の愛娘(3歳♀) も一緒に。


私は空間作家なので、

言わば、このプロジェクトはここに来るこどもたちと支援者の皆様と

一緒に作っていく永続的な空間作品だと思って臨んでいます。

作品を作るからには、中途半端なことはしませんよ!

参加者の皆様のアドバイスや斬新なアイデアもどしどしお待ちしています。



 



▼目標は・・・

 とにかく、こども達に「なんだこの森は!!! 最高〜☆」

って思ってもらうことが第一の目標!

 

そして、私たちも「こども達に最高の環境とは何か」を追求していくことで

"全世代が笑顔になれる空間作り"という最終目的に繋がっていければと思います。

 
今の世界はデジタルやバーチャルが身近になってきました。

でも実物や実体験ももっと推進していきたい。

手足や全身で感じることを伝えたい。

私もタツヤさんも"自分で作る楽しさ"に取り憑かれてる人なので(笑)、

純粋に子供にも大人にもその喜びや重要性を伝えられたらと思います。


あと、世界は多様性に溢れているということ。

そういうことに気付いて、面白がって成長し合えるような活動にしたいですね。

 



↑岩田屋 久留米店で行ったこどもたちとのアートワークショップの様子
バラバラだった色と絵がひとつの大きな虹になってステージを飾った瞬間◎




そして、このプロジェクトが
” 子育てがもっと楽しく豊かになる環境づくり” のひとつのピース となることを目指します。

 


地域活性化の一端としても、まだ沢山の敷地と可能性の余白を持つこの森が、

やまなみハイウェイ 周辺や由布市の観光を繋ぐひとつのスポットになることも目標として、

地域の食や文化を発信するイベントも企画していく予定ですので、

皆様、どうぞ末永く応援よろしくお願いいたします◎



長くなりましたがここまで読んでいただき本当にありがとうございます!







 
★《感謝状+CAMPFIRE限定の入場チケットを全国に発送します。》
>>>¥3,000〜¥10,000

セット内容:
◎CAMPFIRE限定!入場チケット

¥3,000   : 6枚
¥5,000  :10枚
¥10,000:20枚


◎感謝状

◎森の案内状(パンフレット)


★《MUGAのために描き下ろしたグラフィックをA4サイズの額に入れてお届けします!》

>>>¥10,000 

Aタイプ・Bタイプを選択いただけます。


セット内容:
◎MUGAのグラフィックポスターA4簡易額装 サイン入り
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 10枚
◎直筆感謝状
◎森の案内状(パンフレット)



↑Aタイプ

↑Bタイプ



※デザインは若干手を加える可能性がありますが、
ベストを尽くしますのでどうかご了承ください。



★《ホームページにサポーター企業として掲載します!》
¥30,000

《企業様向け広告セット A》  

セット内容:
◎ホームページにサポーター企業として掲載
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 10枚
◎直筆感謝状
◎森の案内状(パンフレット)

>>> ホームページ内のsupportページに企業名・団体名のロゴと
貴社ホームページへのリンクが掲載可能です。(希望者のみ)



★《森のバス停とホームページに店舗・企業名を掲載します!》¥50,000

セット内容:
◎森のバス停(造形物)にサポーター企業として掲載
◎ホームページにサポーター企業として掲載
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 10枚
◎直筆感謝状
◎森の案内状(パンフレット)

>>> 森のバス停の時刻表欄に企業名や店舗名を掲載します。(希望者のみ)
(※実際にバスは来ませんが今後写真撮影スポットにしていきます)
※建物の劣化などで止むを得ず本館内部などに移設することもあります。

>>> ホームページ内のsupportページに企業名・団体名のロゴと貴社ホームページへ
のリンクが掲載可能です。(希望者のみ)





★《企業様向け広告セット B》      ¥100,000

セット内容:
◎ホームページにサポーター企業として掲載

◎MUGA本館にサポーター企業として掲載
◎直筆感謝状
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 10枚

>>> MUGAホームページ内のsupportページに企業名・団体名のロゴと
貴社ホームページへのリンクが掲載可能です。(希望者のみ)

>>> MUGA本館の壁面に協力企業としてロゴや会社・団体名を掲載します。
サイズはH100×W200程度。(こどもたちへのメッセージも可)(希望者のみ)





★《企業様向け広告&グラフィック作品セット》¥200,000


セット内容:

◎ホームページ&本館にサポーター企業として掲載

◎MAWサイン入りグラフィック作品2点(額装/A2)

◎CAMPFIRE限定!入場チケット 20枚
◎直筆感謝状
◎森の案内状(パンフレット)

>>> MAWのサイン入りグラフィック作品を2点選択できます。
※後日、メールでカタログをお送りします。

>>> MUGAホームページ内のsupportページに企業名・団体名のロゴと
貴社ホームページへのリンクが掲載可能です。(希望者のみ)

>>> MUGA本館の壁面に協力企業としてロゴや会社・団体名を掲載します。
サイズはH200×W300mm程度。(こどもたちへのメッセージも可)(希望者のみ)





★《MAWがロゴデザイン・イラスト製作を請け負います!》 ¥330,000

セット内容:
◎ ロゴデザインセット  (CD-Rとファイルでお届け)
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 6枚
◎直筆感謝状
◎森の案内状(パンフレット)

>>> イラストレーター・グラフィックデザイナーとしても活動するMAWが
ロゴデザインを請け負います。

>>> ロゴは、縦・横・WEB用のアレンジやバリエーションを用意したセットで
CD-RとA4ファイル形式にして納品させていただきます。

>>> ロゴではなくてイラスト依頼でも対応できます。

 



★《企業向け広告&フリーパスセット》¥500,000

セット内容:

◎ホームページと本館にパートナー企業として掲載
◎ MUGA入場フリーパス(代表者家族分)
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 20枚
◎直筆感謝状
◎MAWのグラフィック作品1点(A2/額装)
◎足達タツヤの木工作品 1点
◎森の案内状(パンフレット)
◎何かリターンをリクエストしてみる権利

>>> MUGAホームページ内のsupportページに企業名・団体名のロゴと貴社ホームページへのリンクが掲載可能です。(希望者のみ)

>>> MUGA本館の壁面にパートナー企業としてロゴ・企業、団体名を掲載できます。
(こどもたちへのメッセージなども可)
サイズはH300×W400mm程度で内容によって相談に応じます。

>>> 【入場フリーパス】は本人と家族のみ5年間を期限とし、状況を見て延長します。

>>> 他、何かリクエストしたいことがあればどしどし相談ください!
※無理なこともありますので一緒に折り合わせましょう:笑




★《企業様向け広告&ファミリーフリーパス&大感謝セット》   ¥1,000,000

セット内容:
◎ホームページと本館にパートナー企業として広告掲載
◎直筆感謝状
◎MAWとタツヤさんの作品一点ずつ
◎入場フリーパス(ご親族まで有効)
◎CAMPFIRE限定!入場チケット 30枚
◎何かリターンをリクエストできる権利

>>> 入場フリーパスは、無期限で有効です。(ご親族は3親等くらいまで有効。)

>>> ホームページ内のsupportページに企業名・団体名とリンク&ロゴ&紹介文が
掲載可能です。(希望者のみ)
>>> MUGA本館の受付壁面にパートナー企業としてロゴ・企業、団体名を掲載できます。
(こどもたちへのメッセージなども可)サイズはH300×W500mm程度でメッセージなどの内容によっては相談に応じます。(希望者のみ)

>>> MAWと足達タツヤがそれぞれ自分たちの作品で心を込めてお礼をお届けします!

>>> 他、何かリクエストしたいことがあればどしどしご相談ください!
※無理なこともありますので一緒に折り合わせましょう:笑



★《MAWが感謝を込めて立体作品を製作します! 》¥1,000,000


セット内容:
◎MAWの立体作品
◎ホームページへの広告掲載
◎何かリターンをリクエストできる権利


>>> 高額支援のお礼に、MAWが支援者様と対話しながら
あなたのイメージで感謝のモニュメントになるような作品を製作してお届けします◎

>>> お届け先や立地環境によってサイズや使用材料が限られますので、
こちらのリターンをご希望の方は必ず tsumikinomori.muga@gmail.com
に一度ご相談ください。

>>> ホームページ内のsupportページにパートナー企業として
広告・貴社ホームページへのリンク・紹介文を掲載します。(希望者のみ)

>>> 他、何かリクエストしたいことがあればどしどし相談ください!
※無理なこともありますので一緒に折り合わせましょう:笑

 



《共通注意事項》

★入場チケットと広告掲載権の有効期限は、MUGAが存在し続ける限り有効。
★こどもの入場は無料です(18歳まで)
★豪雪地帯の為、冬季(12/中旬〜2月下旬まで)は閉館予定です。
★日々の開園予定は、ホームページ( http://muga.localinfo.jp/ )でご確認ください。
★入場チケットはイベント時には、設定料金の500円オフで対応させていただきます。
★リターンをリクエストできる権利は、あくまでも相談の上です。
 こちらにも断る権利は存在しますので、その点ご了承ください!