イギリス風カフェ、英国風喫茶店、ティーポットで淹れる一杯の紅茶とおいしいケーキで幸せになる瞬間。 そんな癒しのひととき、こんな可愛い世界があるなんて!という感動やときめきを多くの人に伝えたい。 そんな純粋な想いから、イギリス風ティールーム巡りBOOKを作ろう!と決めました。

プロジェクト本文

はじめまして

同志社女子大学 4回生

小池千明(こいけ ちあき)です

 

英国ティールーム巡りBOOKプロジェクト 

~Britihs Tearoom book project~

大好きなイギリス風喫茶店をぎゅっと集めて

『英国風ティールーム巡りBOOK』を

作るために、各店に飛び込み取材させて頂き

ライティング・原稿作りの活動しています。

 

北浜レトロ

▼プロジェクトをやろうと思った理由

イギリスで1年間留学していたときのこと。

夢だったイギリスで、イギリス人の友達たくさん作って勉強もサークルも頑張って成長して来るぞ!と意気込んで行ったものの、待っていたのは厳しい現実でした。言葉や文化の壁は大きく現地の人と友達になるのは一苦労、政治や経済の授業はちんぷんかんぷんで周りについていけず、挫折の連続に悔しくて毎晩1人で泣いた時期もありました。 

そんな私の唯一の心の支えとなったのが、街のあちこちにある小さなティールームでした。

扉を開けると、紅茶をすすりながらお喋りを楽しむ人たちや、大胆にカットされた大きなケーキを頬張る幸せな笑顔がたくさんあって、とても平和でほっとする場所でした。ティールームへ行くと必ず幸せな気持ちになり、にこにこ笑顔になり、そして楽しいアイデアが次々と浮かんできました。

 

『いつか私も こんな素敵な

イギリス風のカフェを作りたい』 

夢が出来たのも、街の小さなティールームで1人でお茶していた時でした。

 

もう1つ私が惹かれたもの、それは

『イギリス伝統菓子』

英語で、British Puddings と言います。 

ホストマザーが毎晩出してくれる素朴で温かみのあるお菓子は、どれも初めて見るものばかりで、ひとつひとつの由来やバックストーリーを教えてもらうのが私は大好きでした。

例えば、フルーツとクリームとスポンジケーキなどを層に重ねたパフェのような『トライフル』という伝統菓子があります。これは、余り物やつまらないもの、という意味で、固くなったケーキや冷蔵庫にあるものを使い切るために作られたという起源があります。なんだか素朴で、もったいないから使おうという優しい気持ちに、ほっこりしませんか?

こうして、それぞれ面白いバックストーリーを持つイギリスの伝統菓子に、夢中になりました。

 

留学中に作ってみた トライフル

 

そして帰国後、日本でも、

イギリスにあるような素朴で温かいティールームや英国菓子があったらいいなぁ

と探し求め、

自分用の記録ノートにまとめていきました。

 

見返すと、我ながら豊富な情報量が詰まっていて愛情あふれる微笑ましいページばかり。。。

これはもしかすると誰かのお役に立てるのでは?

と思ったんです。

 

イギリス風カフェで過ごす優雅なひと時を、英国菓子のほっこりとする可愛らしさを、

もっとたくさんの人に知ってもらいたい。

 

留学中の私みたいに

今何かと戦っていて苦しんでいる人に、

イギリス風カフェで一休みして

笑顔になってもらいたい。

 

そんな想いで、このプロジェクトを夢中で進めてきました。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

関西に住む人、

関西でティールーム巡りをする人、

イギリスが大好きな人、

アフタヌーンティーに目がない人、

そんな皆さんのそばにいつもある本。

それはまるで

小さな女の子が大切にしている1冊の絵本。

この本もそんな存在になりたい。

ぺらぺらページをめくるだけで

笑顔になれて、

夢にあふれていて、

きらきらしていて、

心がときめく1冊。

そんなティールーム巡りの本を

作りたいんです。

▼具体的に、どんな本?

Consept

カフェ好きイギリス好き必読!

『関西✖️英国ティールーム』

〜いっぱいの紅茶とおいしいお菓子で、

こんなに幸せになれるなんて…〜

 

Contents.

関西の英国カフェ 8店 紹介ページ

アンヌマリーカフェ(奈良)

Old Rose Garden ~オフィシナデルカフェ~(大阪・淀屋橋)

北浜レトロ(大阪・北浜)

西洋茶館(大阪・天満)

Torrington Tearoom(大阪・谷町6丁目)

The Three Bears(京都・四条)

Brighton Tearoom(奈良)

りんごの木(兵庫・福崎)

 

イメージ

 

コラム

*イギリスお菓子ばなし

 …いろんな英国伝統菓子の由来やバックストーリー

かわいいイラスト付き!

 

▼これまでの活動

2016年

6月: 

イギリスから帰国、イギリス風カフェ巡りを始める。

7月: 

自分用に作っていたカフェ巡りノートをみて

冊子を作ってみようと考える。

8月: 

右も左もわからないまま、飛び込み取材スタート

初取材:ブライトンティールーム

 

9~11月:

出版という新たなことに大チャレンジをするために

自分をもっと磨いて高めたいと思い、

大学のミスキャンパスに応募。

ファイナリストとして活動、グランプリ受賞

   →ミスキャンパス公式ブログ

12月:

Miss of Miss へ参加し、プロジェクトの活動報告 →ティールームに恋しています

2017年 

インタビュー・撮影取材,写真編集,

イラスト依頼,クラウドファンディング準備

 

2018年

原稿完成!

原稿確認作業

(各店舗さんに確認していただく)

クラウドファンディング開始

 

2月

製本完成

BASE, ミンネ等にて

販売スタート!

 

▼資金の使い道

製本費 10万

(300部〜。予算が多く集まれば印刷部数を増量)

活動交通費 4万

リターン・イベント諸費用 1万

 

計 15万

 
▼リターンについて

感謝の気持ちを込め

ご支援して頂いた方 全員に

支援額に応じて各お礼を

心を込めてお送りいたします。

 

私の夢は 可愛いカフェを作ることです。

その第一歩として

今回のカフェ巡り冊子を

どうしても成功させたいんです。

 

皆様のご支援があって

初めて実現する製本です。

 

皆様のご支援・ご協力を

心よりお待ちしています。

 

少しでも共感していただけたり

応援していただけたら

本当に嬉しいです。

 

よろしくおねがいいたします。

  • 活動報告

    残り24時間!製本作業スタート⭐︎

    2018/03/17 00:16

    こんばんは! 千明です。 1ヶ月弱かけてご支援を募集してきたこのクラウドファンディングも」残り24時間となりました!   新たにご支援いただいた、 Noriyuki さん SLICK さん qtyanda さん seiya0304 さん kyoto_kakogawa さん R...

  • 活動報告

    残り6日!あと20%!!

    2018/03/12 18:28

    こんばんは プロジェクトも残り6日となりました! あと20%です。   トップの写真は、 福崎のギャラリー&ティールーム りんごの木 広い緑のお庭を眺めながら紅茶を頂くのは至福のひとときでした。   最後までよろしくお願い致します^ ^!

  • 活動報告

    残り9日!80%達成!原稿入稿完了!

    2018/03/09 19:04

    こんばんは。 こいけちあきです。   トップの写真は、 皆さんにリターンでお届けするポストカードの 英国菓子イラストの一部です♪ これはサマープディングという、 イギリスの夏のデザートです。 ベリーと、なんと食パンでできています! ガーデンパーティーなどで、 このピンクの甘...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください