はじめに・ご挨拶

初めまして。猫の「マリモ」とコキンメフクロウ「フク」の仲良しコンビのいる、猫メイン動物ふれあいカフェ「フクロウコーヒー」です。

本ページをご覧いただきありがとうございます。

カラダにいいコーヒーとココロにいいモフモフ動物は世界平和に繋がる最強タッグ!と本気で信じてお店をオープンし、おかげさまで早5年となりました。

今年で5年目のフクマリはもはや熟年夫婦の安定ぶり。毎日行っている撮影会も余裕のふたり。

2015年6月22日のtwitterで、フク社長とマリモの出逢いの瞬間をアップしたことをキッカケに、地元大阪をはじめ日本全国、世界各地からたくさんのお客様がフク社長とマリモに、動物たちに逢いにいらしてくださいました。ご来店いただきました皆様には、この場をお借りして深く感謝申し上げます。

左上からフクとマリモの出会った頃→1年後→マリモの授乳に混じるフク→三毛猫の孫(マミモ、マルモ)の誕生左上から出会った頃→1年後→マリモの授乳に混じるフク→三毛猫の孫(マミモ、マルモ)の誕生

現在のお店は、フク社長とマリモに加え、マリモの家族(夫に子供に孫に従姉妹)、元保護猫、動物病院でご縁のあったフェレット、他にも色々なご縁で「フクロウコーヒー」の家族になってくれたウサギ、ハリネズミ、ヘビ、カメ、カワウソ、トカゲ、ハムスター、モルモット、小鳥など、個性豊かな仲間たちと大家族で暮らしています。


プロジェクトをやろうと思った理由

新型コロナの影響で唯一の収入源である入場料が激減しました。

実はお店は昨年(2019年)の6月から12月の半年の間、休業とさせて頂いておりました。休業理由はシニア猫の介護などで自身の健康面を壊してしまったからです。この時の生活は接客7時間、動物のお世話とお掃除4時間程で定休日はなしでした。ホームページを独学で立ち上げ更新し、SNSやブログを毎日違う内容でアップに真剣に取り組み、雨でドアが開かなくった!などのトラブルにはホームセンターに通い勉強しながらDIY。そのうち店頭のエントランスやフクのお家、ベンチなども自作しはじめ、なんでも自分でやってしまうルーティンで。そういえば偏食のコーちゃんの為に夜中に野草ハンターもしていました。無茶でした。でも、それくらいお店「愛」はあって、休業中(約180日)もお店だけは続けるという強い意志は持っており、この時はリフォーム代としてコツコツ蓄えてきた資金でなんとか乗り越えることが出来ました。

翌2020年1月から営業の再開が出来、やっとお客様も戻って来てくれた!という時に聞かされた緊急事態宣言。。。。それから新型コロナでの休業は約200日に及びます。


モカはマリモの息子で三毛猫の孫「マミモ」のパパ。おとぼけキャラでフクとはマリモの次に仲良し。

現在は再開はしたものの新型コロナ以前のような売上目標にはまだまだ程遠い状況です。何とか地力で踏ん張ってきましたが、個人経営の自身の力だけでは限界が見えてきました。

ほとんどの動物は子供時代からここで人と共に暮らしていて、ここの居心地や仲間が当たり前で一番安心が出来る場所。ですので、規模縮小や移転する事なく動物家族の皆が慣れ親しんだこの場所をただ守りたい。そんな思いです。

この度、クラウドファンディングのことを知りチャレンジさせて頂きたいと思いました。


キャットリフォームへの思い

ヤンチャなマミモがエアコンのダクトに登り空中綱渡り!自由奔放なモカがキャットケージに爪をひっかけながら2メートル以上もロッククライミング。運動神経抜群なジャガーが階段最上段から地べたにダイナミックにジャンプ!

それを偶然見かけたお客様は一斉に「おおぉ〜!」と歓声を上げ笑い、「ははは〜」と皆で和みます。

お店でよくあるこんなシーンに直面するたびに、もっと「猫も人も満足の楽しい空間に!」とアイディアを絞り出しております。人がくつろげる家具と動物たちのアスレチック&ギミック。挽きたてのコーヒー。そんな空間に。

具体的には、猫の上下運動量をキープできる「ステップ階段」、肉球モロ見え「シースルーのキャットウォーク」、フェレットやモルモットも大好きな「かくれんぼチューブトンネル」、見晴らしのいい「猫用展望台」、ポカポカお昼寝「サンルーム」、包まれて安心「ハンモック」などの猫さんの個性、習性に配慮した動線や仕掛けを造作します。


カワウソリフォームへの思い

カワウソのゴブちゃんはイワシが嫌いでアジが好きでトマトが大好きです。とてつもなくヤキモチ焼きで猫のマネをします。人のメガネを奪うのと人の鼻の穴、耳の穴に自分の指を突っ込むことを趣味としています。怒られたら仕返しをしたり機嫌がいいと自分の宝物(バラバラにしたメガネのパーツ)を持ってきてプレゼントしてくれます。そして人の鼻を舐め回します。ケージには全く入ってくれません。怪力で暴れん坊です。そのクセ、寂しがり屋で夜はピタッと人にくっついて寝ます。

そんな破壊王ゴブちゃんだからお店のカワウソふれあいスペースもあっという間にボロボロにしてしまい閉鎖に。。。そんな折、「カワウソやってないんですか?」「めっちゃおもしろかったからやってくれたら僕、ゼッタイ行きます!」と嬉しいリクエストを聞くことに。それも何件もです。ゴブちゃんはお客様に、何故だか特に大学生の男子に人気があるようです。

3階に「ゴブちゃん(カワウソ)とピピ(メインクーン)とジャガー(ベンガル)の部屋」を!次の夏までにはなんとかカワウソのふれあいを再開するのが目標です。そのためには床をコンクリート使用にしたり(塩ビシートは喰いちぎります)、排水などの水道工事(プールの水の入れ替えをバケツでやり続け腰痛になりました)が必要です。圧倒的存在感で猫とも仲良しのゴブちゃんを体験してもらえるよう設備を少しづつでも整えていきます。


塗装だけで全フロアだと100万円以上とわかりました。メンテナンスはセルフで再検討です。

今は動物たちが健康に快適に暮らせることが先決ですが、お店を継続出来た時にリフォームを実現できるように自分たちで知恵を絞り頑張ります!


お店の様子

フクは私の手からしかゴハンを食べようとしないフク社長様っぷりで、お食事タイムには1日1時間ぐらい要します。フクはマリモにはヘッドマッサージを担当して欲しいようで、自ら頭を突き出してペロペロ待ちをします。


マリモはひょうきん者で自由な性格。気が向くとフクを舐めてあげています。フクはクチバシでマリモの毛繕いをしてお返しをしているように見えて、実はそれはペロペロのおかわりの要求だったりします。そんなフクとマリモのやりとりを見て育ったマリモの子供や孫たちもフクちゃんにペロペロしてあげるといいらしいという伝統が引き継がれ。。。。不思議で素敵なファミリーは大家族となって今も健在です。


兄弟シリーズ。左うえから時計回りにアンサバ、タチタレ、マルペケ、ミクリとマミモ。兄弟シリーズ。左うえから時計回りにアンサバ、タチタレ、マルペケ、ミクリとマミモ。

「フクロウコーヒー」の猫たち。免疫の少ない子猫時代はその異変にすぐに気付けるように。それと、母猫の子育ての応援を兼ねて私は「カンガルー子育て作戦」を試みましました。それは後ろ前逆にパーカーを着用し顎の下になったフード部分に子猫を抱えて生活をすることでした。フードは人間の胸の上あたりで自然とゆりかご状態になり、またそこは潜るのが好きな仔猫にとっても心地よかったようです。

子猫はフード越しに人の心臓の音やあたたかさや匂いを感じ安心し切った様子でゴロゴロ、スヤスヤ。人も猫ゴロゴロ音に共感し、鼻歌で子守唄を歌ったり。その日々はとても幸せな時間となりました。



愛情とスキンシップいっぱいで一緒に育ってきた子猫たちは大人になった今もニャーニャー呼んだりカラダに乗っかって来たり。猫だけど、本当の息子、娘のように感じています。


ゴブちゃんとアンジーの就寝。タッちゃんとフッくんのバードウィッチング。ベンジーとピピ。ペケとバタ子。ゴフちゃんとアンジーの就寝。タッちゃんとフッくんの雀の見物。ベンジーとピピ。ペケとバタ子。

他の動物たちとも一緒に暮らす時間を多く持つことに重点を置きました。遊んだり食べたり寝たりを続けていると、いつの間にかNEXT異種の仲良しコンビが誕生しています。でも多分、本人たちは異種なんてカテゴリー分けは関係なくただ単に気の合う同士。もちろん気の合わない同士だって存在します。でもそれは怖いとかでなく気に入らないというだけのようです。一番近くで見ていて、それはとてもオモシロイところなんです。

最近、猫たちの間で流行している瞑想ポーズ。よく見ればマリモ親族。これも遺伝!?

経営的にはピンチの今。しかし動物たちはそんなことは全く関係なくへそ天でひっくり返ったり、追いかけっこしたり。相変わらずみんな元気でひたすらマイペース。これが猫たち動物たちが人に与えてくれるチカラと今、しみじみと感じています。きっと、その姿に触れることでお客様も同じ気持ちになってくれているように思います。周りの喜びは自分の喜びにも繋がります。やはりお店は続けたい。そう願うばかりです。


最後に

まだまだ世界中が大変な思いをされていますが、お店にお越しくださったお客様やSNSからお言葉をいただき待っていて下さる方がいると、とても勇気をいただけました。お店を続けたいという思いの背中を押していただけたのは、間違いなく暖かいお言葉をくださった皆さまのおかげです。

そして父子家庭だった私の幼少期。独りの長い時間を埋めてくれたのは地域猫とペットショップの動物たちでした。今、家族になってくれた動物たちのことを思うと

この大変な状況も「心機一転頑張るチャンス」に変えていけると信じています。

私たちにとって、初めてのクラウドファンディングです。

ご支援いただける方には、私たちで出来る精一杯のリターンで応えさせていただきます。是非、ご協力、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

中崎町らしい昭和レトロな街並みを見下す窓際席。ここは猫たち皆んなのお気に入りの場所。


リターンについて

・当店のオリジナルグッズ(ほぼこのプロジェクト用に新作です!)

遠方の方には私たちスタッフの描いたイラスト、写真を使った商品を集めました。

・当店のふれあいチケット(いろいろプランしました!)

ご来店を頂ける方にはリーズナブルに当店を楽しんで頂けるようにご用意しました。

※ 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※動物たちの体調などによりメニューが一部変更となる場合がございますが、同等のサービスで代替えさせて頂きます。※仕入れ先の状況や在庫調整により一部内容に変更があった場合はご報告後、同等の商品と代替えさせて頂きます。※リターンのお届けは募集終了後、早急に進めさせて頂きます。※万が一有効期限内に閉店した場合は、別のリターンをお送りいたします。


資金の使い道

ご支援いただいた資金は、動物たちが今までのようにのんびり暮らせる場所のお家賃。

各動物たちが適温で暮らすための光熱費。毎日愛情を込めてお世話するスタッフの人件費。

清掃、健康維持、管理のための飼育費、動物たちのゴハン代、動物病院代、店内の改装。

に使わせて頂きます。

コロナ禍が去った後には皆様に恩返しができるように頑張ります。


最後に私たちの可愛い仲間だちの紹介です!

HUKULOU COFFEE(フクロウコーヒー)大阪市北区中崎西1−9−7

【中崎町駅から】地下鉄谷町線の中崎町駅→4番出口→北へ徒歩3分【阪急梅田駅から】阪急梅田駅→茶屋町出口→東へ徒歩5分【JR大阪駅から】大阪駅→北口→東へ徒歩12分【車で】阪神高速12号守口線→長柄出口→都島通り→中崎町駅周辺コインパーキング

Eメール hukuloucoffee@yahoo.co.jp


  • 2021/01/15 05:02

    緊急事態宣言の再発令に伴い、当店は1月14日より2月7日までお店を休業(平日)することを決意いたしました。完全休業はお客様離れも心配で現在は土、日のみ営業とさせて頂くつもりでしたが、大阪が東京を初めて上回り全国最多の累計死者数のニュースを知り土、日のみの営業も断念するかもしれない状況です。※当...

  • 2021/01/09 23:30

    猫と添い寝ってどんな感じなの?とご質問を頂きましたので回答させてください。実際の動画をご用意しましたので是非ご覧ください!・支援額9000円のみで25名様まで入場可能。・25名様でご来店の場合、全員に『猫と添い寝』をサービスさせて頂きます。猫さんが自主的にのっからない場合はオヤツでおいでおいで...

  • 2021/01/08 16:41

    開始後2週間で300名様を突破致しました!ありがとうございます!!皆様に喜んで頂くように日々リターンを更新しています。画像は大きめのキャンパストートバック。デザインするのが楽しくてずっと描いてます。我ながら可愛く仕上がりました。お買い物にフクも連れて行ってください!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください