こんにちは。ワタナベボクシングジムのトレーナー、小口忠寬です。

自分は、ボクシングトレーナーをしながら、東京・荏原中延で「忠さん劇場 くいしん坊」(愛称:忠劇)という居酒屋を経営しています。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の期間は、営業休止、時短営業をしておりました。その間の減益が響き、現在、忠劇の存続が非常に厳しい状況に陥っています。

ボクシング一筋の我が人生

自分は、高校でボクシングと出会いその魅力に取り憑かれ、その後も今までずっとボクシングを愛し、ボクシングと共に人生を歩んできました。

選手として、全日本選手権3位という実績を持ちつつも、人に物を教えたり伝えたりの方が得意で好きだったこともあり、大学生の頃からコーチやトレーナーという選手を支える立場で、ボクシングと関わってきました。50歳になった現在は、東京・五反田にあるワタナベジムで、トレーナーとして選手と苦楽を共にする熱い日々を送っています。

鬼軍曹と小口一門

現在ワタナベジムで担当している選手は10人程。世界ランカー、日本・東洋チャンピオンクラスから期待の若手のホープまで、幅広くいろんな選手をみていて、その選手達は、小口一門と呼ばれています。というか勝手に呼んでいたのですが、今ではすっかり浸透しました(笑)。

自分は、ワタナベジムのトレーナーの中でも特に練習が厳しく「鬼軍曹」と呼ばれていた時期もありました。厳しい練習に耐えた選手への最高のプレゼントは「勝利」です。リングにあがる時「あれだけの練習に耐えたんだから大丈夫」という自信が持てるかが、勝敗を左右します。ハードな練習で、折れない心を作り上げ、練習で泣いて試合で笑う。一緒に厳しい練習を乗り越えて掴んだ勝利を、選手と分かち合える喜びは、何事にも変えられない幸せです。

「忠さん劇場 くいしん坊」オープン

プロボクシングの世界は厳しく、ボクシングだけで生活できるプロボクサーやトレーナーはほんの一握りです。自分や小口一門の選手達も例外ではありません。また、ボクシングは選手生命がとても短いスポーツで、現役を引退したプロボクサーには、その後の生活の保証はありません。

自分は元々料理が得意で、飲食店の経験もありました。そのバックグラウンドを活かしつつ、自分やボクサーの生活、スポーツ選手のセカンドライフを支える場を作りたい。そんな思いで、2016年7月、居酒屋「忠さん劇場 くいしん坊」をオープンしました。

それ以来、練習終わりの選手が手伝いに来てくれたり、その選手達に料理を伝授したり、選手の祝勝会や激励会の場となったり、ボクサーを支える場としての一面も持ちながら、今日まで、たくさんの人に支えられ、楽しくお店をできています。

忠劇はこんなお店

そんな成り立ちの飲み屋ですので、お店の常連さんには、現役プロボクサー 、元プロボクサー 、格闘家、スポーツ選手、ジャーナリスト、カメラマンなども多く、ボクシング・格闘技関連の関係者やファンで日々賑わっています。ふらっと立ち寄ると、いつもテレビで見ている有名な選手に遭遇! なんていうことも珍しくありません。

ボクサーや格闘家って、なんとなく怖いイメージがあるかもしれませんが、実は気さくな人も多く、選手とファンとのよい交流の場にもなっています。

忠劇では、自分の地元長野の郷土料理である山賊焼きや、各種鶏料理、馬刺し、自家製チャーシューのマカロニサラダ、内山高志氏との共同プロデュース(?)「劇まずカレー」など、安くて旨くてボリューミーなメニューを豊富に取り揃えており、ご好評頂いております。最近では、テレビなどのメディアへの露出も増えてきました。

忠劇のピンチ

そんな忠劇なのですが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の下、通常時間でお店を開けることができず、売り上げが激減してしまい、存続の危機に立っています。なんとか踏ん張ろうと思い、ランチタイムにお店の看板メニューの弁当販売や、ステッカーなどのグッズ販売などもしています。こんな中でも、わざわざ買いに来てくれるお客様や選手達には感謝しかないのですが、お店を存続していくためには、まだまだ厳しい状況が続いております。

忠劇を助けてください

今、忠劇はこのような状況です。なんとしてでもお店を続けていきたい。その思いで、今回クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました!
忠劇ならではのリターンもたくさん用意させて頂きました。店を支えてくれているボクサー達も協力してくれました。

クラウドファンディングでご支援頂いた資金は、営業休止、時短営業期間の減益の補填、家賃、スタッフの報酬等のお店の運転資金にさせて頂きます。

たくさんのファンやお客さまに支えられてきて、今日までお店をやってきました。これからも選手や、皆さまにとって、最高の居場所であり続けたい! コロナウイルスなんかに店を潰されたくはありません!! 絶対に忠劇を続けていきたい!!!

皆さまのお力で忠劇を存続できる状況になりましたら、全力でアツい感謝の気持ちを返していきます!!
どうかご協力よろしくお願いします!!!


忠さん劇場 くいしん坊
東京都品川区中延2-8-14
03-6426-2525


※ 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※ メールやお電話でのやりとりが必要になるリターンがあります。必ず連絡可能な、メール、電話番号でご支援ください。こちらからの連絡不能による、返金はできません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください