渡部かをり企画として始動予定だった小説×言葉×生演奏の舞台"storylive"。今回の演目である「33〜あの曲は今、どう聴こえますか?〜」は延期とし、ドキュメンタリーDVDの作成を進めながら開催に向けて準備をしています。延期になった分もより良い舞台を作りたく、今回プロジェクトを立ち上げました!

プロジェクト本文

7月27日:目標金額100%達成しました!

たくさんのご支援をいただき、締め切りを前にして目標金額に到達することができました!
本当に本当にありがとうございます!


いただいたご支援により、念願のstorylive開催、そしてDVDなどの制作を全て予定通り行うことができます。ただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。詳細な思いは活動報告の方にも書かせていただきましたので、そちらをご覧いただければ幸いです。

また、残りわずかではありますが、さらなるご支援をいただけた暁には
・ライブ会場費や会場の内装費用
・ライブ配信用設備の充実

などに当てさせていただきたく、100%達成記念の新たなリターンの追加に加えて、クラウドファンディング最終日である7月30日21:00〜24:00過ぎまで配信を行います!(渡部かをり個人)


https://twitcasting.tv/akemi_kaorin

こちらの配信は、配信中にご支援いただくと「〇〇さんが支援しました!」というテロップが表示される仕様でお届けいたします(CAMPFIRE Fireball使用)
ぜひ臨場感たっぷりに、クラウドファンディング終了の瞬間をご一緒に見届けていただければ幸いです◎

合わせて追加いたします新リターンは……
●500円コース:渡部かをりサイン入り個人チェキ
●500円コース:お礼メッセージ動画の送信
●1000円コース:グッズ素材撮影時に撮りためた出演者チェキ(限定13枚:2〜4人が映っており、ランダムでのお届けとなります)


詳細は各リターンページをご確認くださいませ。

100%に到達するまでのご支援、改めてありがとうございます!!
またわずかですが、クラウドファンディング終了まで見守っていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!




ーーーーーーーーーーーー

7月21日:最新ライブ動画、特設サイト、ライブ開催日程・会場を更新しました!
詳細は下記をご覧くださいませ!


■"storylive"主催の渡部かをりです!■

ベーシストブロガーとして活動している「渡部かをり」です。

普段はベーシストとしてバンド活動やアーティストサポート、講師をするかたわら、人妻ミュージシャンの赤裸々なブログや、小説を書いております。

▶︎ベーシストとしての活動歴はこちら
▶︎渡部かをりという人間のプロフィール
▶︎twitter(普段の活動はこちらから主に発信しております)

長年ミュージシャンとして舞台に立ってきました。
以前にも自分の所属するバンドで試行錯誤しておりましたが、33歳にして「形にこだわらず自分が思う面白いものを作ろう!」と奮起。
5月31日に以下のような公演をするべく準備を進めておりました。

------------------------------------------------------

【33〜あの曲は今、どう聴こえますか?〜】※最新動画をアップしました!※


ベーシストブロガーの渡部かをりが企画・原作・演出を担った主催単独公演。

言葉に心を映すシンガーソングライター「詩央里」、ジャズトリオと言われながら、その形にとらわれない奔放な演奏が魅力の「NARUTRIO」。渡部かをりの書き下ろし小説をもとに、新進気鋭の2組が演奏でその世界を表現する。

▶︎詩央里



▶︎NARUTRIO


小説×言葉×生演奏という、新たなライブの形”storylive”。曲を聴ける小説であり、シナリオがある演奏であるというライブスタイル。

本公演は「33〜あの曲は今、どう聴こえますか?〜」という小説が原作となっている。


<特設サイトが完成しました!>

▶︎当サイトにて、原作小説を一部公開中!



■あらすじ■

(当動画は延期決定前に作成)

▶︎告知開始時のツイート(音源あり)

33年前から、自分の人生を振り返れるとしたら。

「あの日の自分に伝えたいことがある」
そうして私は、自分が最も辛かったあの瞬間に行って、自分を励まそうと思った。
けれどその時の自分には言葉は到底届かず、せめてもの思いで、ある曲をひとつ届けた。

あの頃の自分と、ひとつの曲。
その関係性は、年を重ねるごとに変わっていく。
ハタチの私、33歳の私。

全時代の自分に問う。
「あの曲は今、どう聴こえますか?」

------------------------------------------------------

しかし…
約半年かけて準備していたのですが、この状況で延期せざるをえなくなってしまいました…!


■そこでプロジェクトを立ち上げることに……■

私には「どうしても生で見ていただきたい」というライブへのこだわりがあり、配信ライブという形を選べませんでした。その代わり、本来ライブを予定していた日は「DVD作成のための収録ライブ」としました。キャンセル料を払うなら、せめて自分にとってプラスとなる形で使いたい。コロナのせいでやりたいことが出来ない、けれどその状況を前向きに捉えていきたかったのです…!


このDVDはライブ映像に合わせて、これまでの制作の過程もおさめた「ドキュメンタリーDVD」としての販売を予定しています。いつか開催するライブの日にはもう、その公演のDVDが発売されているという試みです。

ただし、予定外だったこの試みには当然費用がかかります。
本来はライブのチケットの売り上げや、実際にDVDを販売してその費用をまかないますが、コロナによって自分自身の仕事も激減している中、満足な制作をするためには費用の限界を感じました。

そこで制作資金を援助していただきたく、このプロジェクトを立ち上げた次第です…!


■今の状況と、いただいた資金の使い道■

無期限の延期としていたライブは、現在9月の開催に向けて準備をしております。ただし、日々状況が変わりゆく中で、日程や会場の本決定を出来ずにおります。スケジュールについては、準備が整い次第ご報告させていただく予定です。
→9/10の夜公演、9/11の昼・夜公演の開催決定!詳細は下記参照

”必ずライブを開催する!”
その目標の上で、より多くの方に、より色濃くライブを楽しんでいただけるように、このプロジェクトでいただいた資金を使わせていただきます。

具体的には、急遽制作を決定したドキュメンタリーDVDの制作費、以前より制作予定だった「小説のためのサウンドトラック」(小説を読む際のBGMとして楽しんでいただくサウンドトラック)の制作費、ライブ限定グッズの制作費などに使わせていただく予定です。

(目標金額に対する内訳)
●ドキュメンタリーDVDの制作費(会場使用費・映像編集・音源編集・人件費など)約50%
●小説用サウンドトラック制作費 約30%
●各種グッズ制作費 約20%
●その他送料など諸経費 約10%

なお、目標金額に対する内訳は、支援いただいた方のご人数によって変動する可能性があります。(制作予定数を超える場合など)その他、目標金額を上回るご支援をいただいた場合には、ライブ開催時の会場費などにも使わせていただきます。


■リターンについて■

ライブが開催できた暁には、このライブをより濃厚に楽しんでいただけるようなリターンをご用意しました!様々な形で楽しめるのがこのstoryliveの特徴です。ライブ当日は共に気持ちを高めて、たっぷりこの作品に浸っていただければと思います◎


●渡部かをりグッズ:本公演とは関係ありませんが、私がデザインしたポストカードやステッカーがあります(可愛いデザインだと自負しています)


●小説:「33〜あの曲は今、どう聴こえますか?〜」原作の短編小説です。


●ライブチケット:開催日程・場所が決まり次第、当公演でご利用いただけるチケットです。ライブは9月頃に複数回、関東近郊の複数地での開催を予定しております。(詳細は本文下部を参照)

※最新情報アップデート※
ライブ開催日程・会場決定!!!
9月10日(木・夜)恵比寿天窓.switch
9月11日(金・昼)吉祥寺NEPO
9月11日(金・夜)吉祥寺NEPO
現状を考慮し、都内にて全3公演の開催が決定しました。
詳細(開演時間など)は近日公開いたします。

(想定を超える座席のお申し込みがあった場合については、追って対応を発表させていただきます)

●ドキュメンタリーDVD:収録ライブの全編、この企画の準備期間などをおさめたドキュメンタリーDVDです。プレスされた製品を予定しています。

●サウンドトラック:小説を読むためのBGMとして作られたオリジナルサウンドトラックです。

●パンフレット:ライブ開催時に販売予定。オフショットを含めた写真中心のものになる予定です。

●クラウドファンディング限定グッズ:クラウドファンディングのリターン限定グッズとしてステッカーを作成いたします。

●7、8月配信ライブ映像データ
7月と8月に各1回ずつ行われる、自宅からの生配信ライブ「なんでもない日常と音楽」のライブ映像データ+原作短編小説のデータを送らせていただきます。それぞれ40分ほどのライブになる予定です。
▶︎こう言ったライブになります(告知ツイート)

●限定配信ライブご招待(演奏30分+トーク30分+出演者チェキ1枚付き):
クラウドファンディングにご協力いただいた方限定の配信ライブを行います。日時は参加のご人数によって、多少調整して決められたらと思っています。

●ライブ制作の歩みを収めたエッセイ:日々、この企画に向けてブログで思いを綴ってきました。そのブログ記事を元に、写真や出演者インタビューなども織り交ぜたオリジナルエッセイを作成します。


※ライブチケットに関して※
ライブ日程・会場の決定後、諸事情によりそのライブに参加することができない場合は、配信でご覧いただけるように手配いたします(=観覧ライブと配信を並行して行う)ただし会場側との兼ね合いもあり、ライブ開催の全会場において配信ができるかはわかりませんので、大変申し訳ありませんが、その点を予めご了承いただけますようお願いいたします。

また、本公演の配信観覧と合わせて、本公演以降に開催されるライブにご利用いただくことも可能です。ただし本公演以降のライブについてはまだ予定が決定しておりませんので、追って渡部かをり公式ホームページなどで詳細をお知らせさせていただきます。

なお、本公演は9/10の夜公演、9/11の昼・夜公演の開催が決定しておりますが、ライブチケット1枚につき1公演ご参加いただけます。全公演の通しチケットではありませんので、そちらも予めご了承くださいませ。

以上の、クラウドファンディング期間以降のチケットに関するお問い合わせは渡部かをり公式ホームページに窓口を設けますので、そちらよりお問い合わせくださいませ。

そのほか詳細は、各リターンのページをご覧くださいませ!
また、ライブチケットに関してはよくある質問を本文下部にもまとめております。

リターンとして送らせていただくものにつきましては、9月の発送を予定しております。ライブの9月開催が難しい場合にも、発送予定は変わりません。


■最後に暑苦しい気持ちを…■

ずっとやってみたいと心の奥で思っていた小説と音楽を融合させた舞台。ようやく動き出す勇気と、共に作りたい仲間を見つけることができ、よしやるぞ!と熱烈に準備をしておりました。
舞台や映画を見たときの没入感、会場で感じる演者とお客さんの熱気、音楽のもつ人を動かす力、それら全てを楽しめるような物づくりをしています。ぜひ会場で、この空気を共有したいのです。

私1人では何もできないけれど、この企画を立ち上げてからたくさんの仲間の力を借りてきました。この状況下で、限られた練習環境で共に作り上げてくれた出演者のみんな、様々な予定の変更にも対応してくれた制作スタッフのみんな、そしてめげそうな時にも応援してくれたみんな。こんなみんなと、そしてクラウドファンディングを通して力を貸してくれた方と共に「いろいろ大変だったけれど、素敵な作品になったね」って笑い合いたい。

良いものを作っているという気持ちは、企画を立ち上げた時から変わりません。そしてライブやイベント、演劇もこの先どうなるのかまだまだわからない今ですが、何も諦めたくはありません。

とはいえ、大変なのはみんな同じ!どうか無理はしないでください。Twitterやブログでコメントをいただくことも、ありがたい応援の形のひとつです。ただ、もし良ければこの企画がどうなっていくのか…これからも見守ってもらえたら嬉しいです。もう先のことも、ひっそりいろいろ考えているので(ニヤリ)

私たちが愛すべき、なんでもない日常を取り戻すためにも、ライブ開催に向けて力を貸していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!
長文、お付き合いいただきありがとうございました!


渡部かをり


【追記】
上記本文中に使用の画像は渡部かをり本人所有画像、もしくは使用許可をいただいて掲載しております。


【よくあるご質問】

Q:もし目標金額に満たなかった場合は、このプロジェクトはどうなりますか?
A:本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

Q:リターンにライブチケットがありますが、ライブと自分の予定が合いません。
A:配信でご覧いただけるように手配できたらと考えております(=観覧ライブと配信を並行して行う)ただし会場側との兼ね合いもあり、ライブ開催の全会場において配信ができるかはわかりません…大変申し訳ありませんが、その点を予めご了承いただけますようお願いいたします。
また、その場合にはお持ちのチケットで本公演以後のライブにご参加いただけるように手配いたします。

Q:1枚のライブチケットで何回ライブを見られますか?
A:チケット1枚につき、1公演ご覧いただけます。なお、通しチケットの販売予定はございません。

Q:まだライブに行けるかわからないので、チケット申し込みを悩んでいます。クラウドファンディング以降でチケットは買えますか?
A:クラウドファンディング後、ライブチケットは販売予定です。ただし、クラウドファンディングお申し込みの方からお席をご用意させていただきますので、販売枚数は少なめになる可能性があります。

Q:延期前のチケットを持っています。このチケットを使うことはできますか?
A:早い時期からの応援、ありがとうございます。延期前にチケットをご購入いただいた方については主催の方に記録があるので、ご利用いただけるように手配いたします。お手数おかけしますが、リターン選択時に備考欄にチケットをお持ちの旨ご記入いただけますようお願いいたします。

Q:もう小説を持っているので、小説は不要なのですが…
A:早い時期からの応援、ありがとうございます。小説に代わるグッズを何かご用意させていただきますので、お手数おかけしますが、リターン選択時に備考欄に小説をお持ちの旨ご記入いただけますようお願いいたします。

  • 2020/08/12 19:13

    ご報告をあまりできずに過ぎてしまいすみません!リターン返礼品である様々なグッズの制作が進んでおり、だいぶ形が見えてきました!まずドキュメンタリーDVD。映像の編集も進み、ライブの内容とは対照的に、ドキュメンタリー部分は試しに見ては笑ってしまうようなカットも。かなり赤裸々に舞台裏を収録しているの...

  • 2020/07/31 15:24

    おかげさまで、当プロジェクトは112%達成で7月30日に終了いたしました!ご支援いただいた皆様、応援し見守ってくださった皆様、心よりお礼申し上げます。トップ画像は、クラウドファンディング最終日に行った生配信の模様です。このプロジェクトの開催目的となっているstoryliveとはもはやなんの関係...

  • 2020/07/28 14:32

    7月27日、皆様の多大なご支援により当プロジェクトは目標の¥330,000となり、100%達成!SUCCESSとなりました!たくさんのご協力、本当にありがとうございます!!!プロジェクトを始めた当初はこのメンバーで公演をしたことはなく、支援してくださる皆様にとっては未知数の企画だったと思います...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください