▼はじめに

はじめまして。株式会社SPAZIOです。

http://spazio.osaka.jp

我々は、内初のバスケットボールに特化した総合企画会社です。
この度、大阪を拠点に2020年3月にバスケットボール「地域普及・育成・アスリートのセカンドキャリア」等を目的に設立致しました。

【バスケットボールを通して何かをやりたい。バスケットボールで沢山の人を笑顔にしたい。】

地域の普及・育成活動を行うことで、人に夢や活力を与えてきた選手たちが、引退後の夢を追いかけづらい環境であったり、次の挑戦がしづらい環境であることやノウハウが分からない等、子どもたちが憧れる夢のある職業であるからこそ、あってはならないことだと思います。

だからこそ、引退後のアスリートたちが夢を追い続けられる環境を整え、トッププレイヤーの価値を提供していく役割が、我々にはあると考えています。


▼このプロジェクトで挑戦したいこと

今でこそ、メディアでバスケットボールが取り上げられる様になりましたが、サッカーや野球などに比べればまだまだバスケットボールはマイナースポーツだと言われています。

〈世界の競技人口〉

1位 バスケットボール

競技人口:4億5,000万人
競技者が多い理由は、女子の競技者が多いことにあるようです。日本では、2016年にプロリーグが出来上がったばかりで、人口が多いスポーツとの認識は薄いかと思います。

2位 サッカー

競技人口:2億5,000万人
ヨーロッパ、南米を含め世界中にプロリーグと、プロを目指すアマチアの人口が多い。日本でも、Jリーグ人気は継続しており、ワールドカップ戦などはテレビで高い視聴率を獲得しています。

3位 クリケット

競技人口:1億5,000万人
クリケットはインドを始めとするアジアの国々で人気があり、サッカーに次ぐ、世界でも有数の競技人口を持つスポーツだと言われています。イギリス発祥のスポーツですが、人口12億人のインドでの競技者が多いことが3位にランキングした理由のようです。

見ていただいた通り、世界ではとてもメジャースポーツです。これだけの競技人口がいるといういうことは、一概には言えませんが魅力あるスポーツではないでしょうか。


そこで、我々は日本でバスケットボールがメジャースポーツになることを願い様々な事にチャレンジしていきたと考えています。

◆地域を対象としたクリニック(U12・U15・U18)
◆クリニックへ付き添った保護者向けの美容教室
◆からだのケア教室
◆トップアスリートとのトークイベント
◆チーム作りの講習会
◆チームマネジメント            etc...

組織を発展させることにより、より多くの方にバスケットボールの魅力をお伝えしていきたいです。



▼資金の使い道

バスケットボール発展のために、様々な形でアピール活動をしていきと思っておりますので、まずは「広告宣伝費(150万)」です。そして、沢山の方に認知されるようになれば、クリニックやイベントを行うための「会場費(120万)」そのために派遣する「講師等の交通費(80万)」に充てさせて頂きます。


▼リターンのご紹介

下記のリターンをご用意しております。

◆御礼のメッセージ
プロジェクト終了後、御礼のメールを送らせていただきます。

◆オリジナルキーホルダー(カメ)
プロジェクト終了後に、キーホルダーをお送りいたします。


▼最後に

大好きなバスケットボールの発展を願って、自ら経験し学んだ事を沢山の方にお伝えできればと思っております。
皆様におかれましても、大変な時期かとは思いますが、どうかご支援の程よろしくお願い申し上げます。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください