お店を持ちたい…そう思う人は意外と多い。実際お店を出店しようと思うとハードルが高い。テナント探しに内装費用…結構意気込んで開業しなければならない。開業準備ができる場所。それが『小商い研究室』倉庫の1フロアを改装。会員が利用しながら何かを形にしていく。その何かはこれから…。新しい創業支援の形かな(笑)

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

大家の創業支援第2弾『小商い研究室』プロジェクト。今回は使われなくなった倉庫兼事務所が舞台。ものづくり、飲食、カルチャーの3分野で何かやり始めたい人達を創業支援していきます。

▼このプロジェクトで実現したいこと

体験型の新しい創業支援の形を模索します。具体的には後々の創業に備えた継続して利益の出るイベントを企画。意識の同じチームを編成。ものづくり、飲食。カルチャーのゆるいチームに分かれてそれぞれのチームごとイベントを仕掛けます。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

自動車を運転したいと思ったら練習する場所の教習所があります。

お店を開きたいと思っても練習する場所がない。なら作ろうと思ったこと。

▼これまでの活動

創業支援の小規模複合施設 Antiquedoor運営

将来的にお店を開きたい人向けの井戸端会議『沼津で何かやりたい人の会議』 計5回

 

▼資金の使い道

利用料。運営資金など。

▼リターンについて

サンクスメール。会員限定イベント参加。

▼最後に

沼津で何かやりたい人 応援します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください