我々の想いが「皆さんの安心」につながるのか試したい。「握らず手首(リスト)で丸ノブを開ける(オープン)=リスプン Wrist Door Opener」

プロジェクト本文

リスプン(Wrist Door Opener)

丸型のドアノブは握らないと開けることが出来ません。そこで手のひらからの接触感染防止の観点から、不特定多数の人が触るドアノブを手首を使って開けることが出来るよう、丸型のドアノブにアドオンするグッズを開発しました。

こだわり

ハンドルには、アルミの中でも強度の高い、ジュラルミンを使用し、表面処理(アルマイト処理)を施しておりますので、長期でのご使用に耐える設計となっております。

かわいらしいカタチにもこだわり、リス感を最大限に表現しながらも、手首で引っ掛けた際に抜群の使用感となるようなしっぽのカタチをデザインしました。

リスプンが生まれたきっかけ

新型コロナウイルスが世界的に蔓延し、パンデミックとなっていた中、我々中小零細のモノづくり企業として、何か「世の中の役に立つ」モノが作れないだろうか。と考えていたところ、ドアノブを握らずに開くというアイデアをインターネットで見つけ、これなら「我々の技術を活かして作れるかもしれない」と思い立ち、最初は社内にある3Dプリンターで簡単なカタチで製作してみました。そうしたところ、意外と使用感も良く、使えるのではないか?と思い、開発をスタートしました。

開発をスタートするにあたり、このプロダクトの「名前」を決めようということになり、意見を募ったところ、「手首で開ける」=「リストでオープン」だから、「リスプン」という案があり、かわいらしい名前ということで採用しました。

折角だから我々が作るのであれば切削加工の技術を使ってアルミで削り出して作ろう。そして、名前が「リスプン」だから、リスのカタチにしたら可愛くて見栄えも良いのでは?ということで今回のプロダクトが進行し、このようなカタチになりました。

今回のプロジェクトは、社内で活動しているモノづくりプロジェクト「チーム セイワ魂」を中心に進めています。

創業以来、下請けという業態で仕事をしてきましたが、このままでは将来が無い。と思い、「自分たちで考えたモノを自分たちでつくる」をテーマに2年前にプロジェクトチームを発足しました。仕事の合間を縫って定期的に集まり、アイデアを出し合いながら今までいくつかのモノを生み出してきましたが、今まではあくまでも仕事の合間というスタンスでしたので、思うように進みませんでした。

今回、この新型コロナウイルスの影響で本業の受注量が激減したことで、幸いにもセイワ魂の活動に携わる時間を取ることが出来るようになりました。この機会をチャンスと捉えて、全力で素人ながら設計をし、自分たちで考えたモノづくりに取り組んでいます。この先も新たなプロダクトを生み出していくためにも、今回の経験を外部のみなさんに評価してもらい、自分たちのやっていることが意味のあることなのかどうかを試してみたい。そんな思いから、今回のプロジェクトを立ち上げました。

製品情報・仕様

・ドアノブ取付用ベース(アルミ製、アルマイト処理済み)

    重量:約200g サイズΦ 7㎝、高さ6㎝

・リス型ハンドル(アルミ製、アルマイト処理済み)

    重量:約230g サイズ:横 約10㎝、高さ18㎝

・付属品:
「使用方法を分かりやすく表現したリスプン特製ステッカー」、「ドアノブ取付用ゴムシート(ドアノブΦ50㎜用、Φ52㎜用)」、「ベース取付用ネジ・ナット(M4)」、「ハンドル取付用ネジ(M4)」

Q&A

取付可能なドアノブ:

最外径 Φ50㎜~52㎜のドアノブ


本体は、ベースとハンドルそれぞれのパーツを組付けることで機能します。
※取付方法
ベースの内側にゴムシートを貼りつけ、ドアノブに被せて締め込むことで使用します。(強い力で回したり、引っ張ったりすると緩んで回転したり、最悪の場合は破損して怪我の恐れがありますので、ご注意ください。)

中心部はカギをかけることが出来るようくりぬいてあります。(穴径Φ42㎜)


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

株式会社セイワ

 私たちは、愛知県の西尾市という自動車産業の集積地である三河地域で自動車部品や産業用ロボットの部品の切削加工、精密機器の組み立てという事業を営んでいる中小企業で、平成29年度に愛知県より「愛知ブランド企業」の認定をいただきました。昨年、創業50年を迎え、新たなロゴマークと共にセイワのアイデンティティを得意分野を明確にするため、「試作・少量品を価値に仕立てる信頼のパートナー」と定義し、今後は我々の得意分野により注力していきます。お客様の困りごと解決を我々のミッションとして、「世の中の役に立つ会社」を目指して日々、仕事に取り組んでいます。

写真:セイワの仲間たち(昨年の親睦旅行にて)

  • 2020/08/10 11:11

    ついに、「リスプン・ステッカー」完成いたしました!ノブを握らずに手首で開ける、というのを一目でわかる様にするにはどうすればいいか試行錯誤を繰り返し、やっとこのデザインに落ち着きました。ステッカーになっていますので、直接ドアに貼り付けて頂くか紐の付いた板に貼り付けて頂き、ノブに引っ掛けても使用し...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください