2006年に津市と合併した安濃町(現在:津市安濃町)を皆で盛り上げていくプロジェクトです。安濃に住む人は「何もないよね」と言いますが、言い換えれば真っ白いキャンバス。何でもできるということ。あなたのやりたいことを安濃で実現するためのANOU_labo.(アノウラボ)を立ち上げ、その拠点を作ります!

プロジェクト本文

1 ごあいさつ 〜 安濃町とプロジェクトへの思い 〜

三重県津市安濃町(あのうちょう)。
もともとは、三重県の中部地域、安芸郡(あげぐん)にあった小さなまちです。

1955年に草生(くさわ)、村主(すぐり)、安濃(あのう)、明合(あけあい)の4村が合併して安濃村となり、1977年町制施行により安濃町に。
2006年に津市と合併し安濃町は消滅。
現在は津市の一地区として存在しています。


安濃川中流でのどかな田園風景が広がり、近くには長谷山(はせやま 320m)と経ヶ峰(きょうがみね 819m)がそびえ、気軽にハイキングを楽しめます。

まちのちょうど中心あたりにある安濃交流会館には、源泉掛け流しの温泉「あのう温泉」があり、その近くには古墳時代中期(5世紀)につくられた全国的にも珍しい双方中方墳の「明合古墳(国指定史跡)」や、国指定重要文化財の「毘沙門天立像」を収蔵する善福寺もあります。

あのう温泉

最近では、老舗の飲食店などに加えて、カフェや雑貨店・工房などこれまでになかったお店なども増え、町外からの訪問者だけでなく、安濃町に住みたいと考える人も少しずつ増えてきています。

適度な自然環境があり、高速道路などのアクセス環境が揃っていて、自然の中で子育てしたりゆったり過ごしたい人にとってはとても心地いいところ。

しかし、バブル期に作られた団地群には空き家が目立つようになりました。
生徒数減少から小学校存続が危ぶまれている地域もあります。
田畑を維持することが難しくなってきていたり、後継や担い手に悩む声も増えてきました。

明合古墳の桜

実は安濃町に対する想いをもつアツい人の存在も少なくはありません。
でもその人たちが出会い、共に活動する機会はほとんどないのが現状です。

可能性と危機感がいっぱいの安濃町。
今の世代の私たちが、安濃町のこれからをみんなで考え行動し、安濃町をみんなでつくっていくようなことができないだろうか?



2 三重県津市安濃町に未来へつながる活動拠点をつくりたい

拠点をつくる予定の部屋

申し遅れました。
私は今回のプロジェクトメンバーの1人の川北です。

三重県津市安濃町で何か面白いことやりたい、何か生業になることをやりたい、子どものため、家族のため、地域の人のために何かやりたい。
そんな人たちが共に活動する拠点、機会、未来をつくるための機能『ANOU_labo.(アノウ・ラボ)』の立ち上げと運営を応援・支援していただきたく、今回、プロジェクトを起案しました


今回の資金の主な使い道は、ANOU_labo.の拠点づくりのために使わせていただきたいと考えております。

ANOU_labo.ホームページ

▼ANOU_labo. ホームページ
https://www.anoulabo.com/


3 プロジェクトメンバーのご紹介

(1)森谷哲也

ANOU_labo. 代表

BONOBOJAPANとして、オリジナル商品の販売や各種デザイン・地域コミュニティの再生や地域活性化支援などを行っています。
幼少時から安濃町で過ごし、20代で上京するまでずっと安濃町民。
30代後半で安濃町に戻り、現在に至る。
地域共生社会を実現するための壮大な社会実験として、ANOU_labo.を立ち上げました。


(2)川北 輝

津市市民活動センターの運営を中心に、市民活動支援、まちづくり、人材育成、デザイン、企画など多様な業務に携わる。
2019年にもっと自由で多様性のあることをやりたいと「ONE POINT SIX」を立ち上げ。
新たな門出をここANOU_labo. で大いにフルスイング!
コワーキング部部長、数年前から安濃町民になりました。



4 安濃町をみんなでつくるために 〜『ANOU_labo.』の挑戦〜
◆ 誰もが研究員

ANOU_labo.キャラクター「アノウサン」

ANOU_labo.の活動に参加してくれる人を「研究員」と呼びます。
安濃町にまつわることや安濃町でやりたいことなどを、研究員それぞれの視点や立場、関わり方で研究してみてください。
まちづくりや地域活性化・課題解決や社会貢献などの難しいことばである必要はありません。

「自分で田んぼやってみたい」とか「職場や家庭ではできないことに没頭したい」とか、自分の好きなことややりたいことを、ぜひ安濃町でトライしてみてください。

世代や性別・安濃町に住んでいるかどうかも問いません。
離れたところから安濃町やANOU_labo.の取組に賛同し、それを誰かに伝えてくれたりすることも、立派な研究員の役割です。



◆ やってみよう!のお手伝い

安濃町でやってみたいことが見つかったら、是非その内容を聞かせてください。
ANOU_labo.研究員やそのネットワークが、やりたいことのお手伝いやきっかけができるかもしれません。
様々な活動は「部活動」としてHP等でも広く情報発信します。

自分にできること・やりたいことなんて…って思う人もいるでしょう。
でも、自分の好きなことや手伝えることならやってみたい!そんな気持ちがあれば十分です。
その気持ちはすでに研究員の証であり、誰かの研究の一助になるのです。



◆ 研究拠点をつくります

安濃町のステキ!を伝えたり、研究員や仲間との交流ができたり、実際にお店屋さんや展示会などのアクションをしてみたり、そんな活動ができる研究拠点を作ります
拠点のリノベーションや活用方法など、すでに研究員の活動はスタートしています。



◆ 10年後の安濃町を見据えて

ANOU_labo.及び研究員の皆さんの活動を通じて、10年後の安濃町の姿を想像しています。

安濃町に行ってみたい・安濃町に関わりたい・安濃町に住んでみたい。
そう思えるような場所を、ANOU_labo.の活動を通じて自分達で考え作ってみませんか?

誰かがやってくれる(やってくれよ)ではなく、自分たちで理想のまちを作れる(作りたい!)

そう思えるようなまちを、みんなでつくってみたいのです。





5 こんな部活動をやる予定です 〜部活動紹介〜

ANOU_labo.では、研究員の活動を「部活動」として行い、様々な方が参加・参画できるようにしていきます。

例えば、こんな部活動があります。

◆リノベーション部

研究拠点のリノベーションを行います!
自分たちでできるところは可能な限り自分たちで。
今秋開業を目指してゆるやかに活動中しています。


◆カカオ部

自分でチョコレート作ることってできるの?それってどんな味なの?からはじめたカカオ部はすでに不定期開催中。
手ぶらで参加できますが、チョコへの情熱と根気、チョコに何混ぜてみる?な好奇心が必須条件です。


◆焙煎部

煎って楽しむ焙煎部。
コーヒー豆とか麦茶とかって自分で焙煎してみたことないよね?実際焙煎してみるとどんな感じだろう?かっこいい焙煎&美味しい焙煎を目指します。
大麦とか大豆とか、焙煎したら美味しそう食材の生産者も募集中!


◆コワーキング部

研究拠点にコワーキング&シェアオフィスを開設します。
各自タスク(今日のやること)を持ってきて、黙々とタスクを達成したらストレスから開放、1日の疲れを温泉で癒して帰路へ。
そんなオンリーワンなオフィスを目指します。


◆お店屋さん部

研究拠点にショップ機能を持ったレンタルスペースを開設します。
POPUPで作家さんの作品や伝統工芸品・安濃町にはない商品などを販売したり体験できたりします。
ANOU_labo. オリジナル商品も鋭意開発中。


◆ボードゲーム部

ボードゲームの体験イベントや出張ボードゲーム、更には、みんなでオリジナルボードゲーム作っちゃおうぜ!
定番から最新まで、老若男女が楽しめる、ボードゲームのボードゲームによるボードゲームのための部活。


◆その他の部活動や詳細はHPをチェック!
https://www.anoulabo.com/


6 拠点はなんと温泉施設 〜あのう温泉を拠点にします〜

現在、ANOU_labo.の拠点をつくっています。
場所は『安濃交流会館』。
安濃交流会館の1階には、なんと、源泉掛け流しの『あのう温泉』があります。

2階はANOU_labo.の活動拠点。
1階は温泉施設。脳みそフル回転して疲れた頭を、汗をかいて疲れた体を、温泉に入ってさっぱりして帰路につく。


いいことも、いやなことも、全部まとめて今日1日の成果だったなぁって考えながら明日への活力につなげる。

最高じゃないですか?

1階の大広間



7 現在、拠点を絶賛リノベーション中! 

そんな『あのう温泉』にある拠点となる部屋を、現在、絶賛リノベーション中です。
自分たちでもお金を出してリノベーションしていますが、まだ改修資金が足りていません。

そして、何よりも、1人でも多くの方に、この取り組みについて応援していただき、興味や関心をもっていただきたいと考えております。

ご支援いただいた金額の一部を改修費に充てさせていただきます。

何卒ご支援よろしくお願いいたします。



8 リターン品のご紹介

多種多様なリターン品をご用意いたしました。
数量限定のものが多くなっております。
何卒ご支援よろしくお願いいたします!

◆「拠点づくり応援」

実際の活動には関わったりメンバーになったりはしないけど、拠点づくりは応援したい!という方向けのリターン品です。
1,000円、3,000円、30,000円、50,000円、100,000円


◆「部活動参加・開催チケット」

「リノベーション部」「コーヒー焙煎部」「カカオ部」「お店屋さん部」「コワーキング部」「ボードゲーム部」に関する参加または開催チケットをご用意いたしました。
一緒に楽しいことをやっていただける方はご支援よろしくお願いします。

「リノベーション部」
・拠点リノベーション 参加チケット 2,500円

「コーヒー焙煎部」
・あなたのためだけに焙煎ワークショップを開催しますチケット 4,500円

「カカオ部」
・あなたのためだけにチョコレートづくりワークショップを開催しますチケット <ファミリー用> 6,000円
・あなたのためだけにチョコレートづくりワークショップを開催しますチケット <一般用> 7,000円

「お店屋さん部」
・1日お店屋さんができるチケット 8,000円
・1ヶ月委託販売ができるチケット 15,000円

「コワーキング部」
・コワーキングスペース 2時間利用チケット 1,500円
・コワーキングスペース 2時間利用チケット×10枚綴り 14,000円

「ボードゲーム部」
・あなたのだめだけにボードゲーム会を開催しますチケット 10,000円
・出張ボードゲーム会開催チケット 18,000円


◆「メンバーへの依頼チケット」

代表の森谷さん、メンバーの川北へ何か依頼することで活動や拠点作りを応援していただける方向けのリターン品です。

・川北輝 90分カフェタイムチケット 4,715円
・森谷哲也にデザインを依頼できるチケット 55,000円
・川北輝に講師を依頼できるチケット 55,000円
・森谷、川北 コンサルティングチケット 100,000円


【その他】

その他のリターン品です。

・ビスケットネックレスづくり体験チケット 3,000円


★リターン品の各種チケットの有効期間は、発効日(およそリターン品が届いた日)から6ヶ月となります



9 集まった資金の使い道

  ・拠点の改装費用
  ・リターン品代
  ・消耗品代
  ・クラウドファンディング手数料



10 スケジュール

7月からリノベーションを少しずつ始めていき、秋ごろに完成を予定し、そこから様々な部活動を始めていけるように進めています。
進捗は適宜、活動報告でお伝えしていきます。



11 最後に メッセージ

構想から1年半あまり、ようやくスタートすることができました。
まだまだ不確定・不安定なこともたくさんありますが、みんなで力を合わせて盛り上げていきたいと思います。
また、このような取り組みが、津市安濃町だけでなく、全国で同じ状況におかれている地域にとって、課題解決をする1つの方向性になればと思っています。

みんなで楽しみながら地域の活力を上げていく。
ぜひ、ご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2020/08/06 15:35

    こんにちは。川北です。僕が7/17にFacebookで「誰かこのクラウドファンディングの件でプレスリリース書くの手伝ってくれませんか?」と投げかけたら、ライターの「さかくらちふみ」さんが、手伝いますよ〜と言って、安濃まで来て、Anou_labo.の代表である森谷さんにヒアリングしてくれました。...

  • 2020/08/04 14:29

    プロジェクトが始まってからかなりの時間が経ってしまったのに、一度も活動報告をUPしていないことに気付いた川北です。はじめまして。本プロジェクトのクラウドファンディング部門を担当しています。現在、代表の森谷が中心となり拠点となる場所の改装を行っています。まだ基礎の部分で素人が対処できないため、プ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください