『弱者のあがきは最大の娯楽』

集められたのは、『弱肉強食学園』の申し子たち。

気が付いた時には記憶を数年間も失っていた。

共通点は『大帝国学園』の生徒ということだけ。

そんな中で「殺し合いをしろ」

「ゲームの勝者だけがここから脱出できる」と言われ――

ティザーPVです(最初にクリックしたときに出てくる動画と同じものです。)


冒頭部分をちょこっと紹介します!!


大帝国学園

通称『弱肉強食学園』と言われる“社会の縮図”ともされる学園。


大帝国学園校章

S~Fまでの7つのランクがあり、さらに7つのステータスデータがあり、
それもS~Fランクに分けられている。無論、低ランクの生徒ほど虐げられる。

ランク制度図解


今回集められた『隣人を滅せよ』ゲームでは、

この学園の生徒がターゲットとなっていると思われる。

 

大帝国学園生徒(?)


★「A Case of RanK」製品詳細
| Windows専用ゲーム/Steam配信
| CERO審査中
| デスゲームADV
| ボイス付き(CV未決定)
| 2022年 1月 発売予定
| 価格 3980円(予定/税抜き)


!キャラクターのビジュアルを紹介します!


ビジュアルノベルは立ち絵は表示されると動かないものも多いのですが、

『A Case of RanK』では『Live2D』という技術を使い

髪の揺らぎや呼吸の胸の動き、セリフに合わせて口を動かすなどをして、

キャラクターに命を吹き込んでいます!!


その他、イベント用スチル(一枚絵)


皆様初めまして、合同会社あずみプクの飛田 愛と申します。

この度は原案・プロットは別の方にお願いしたものの、私自身がシナリオに挑戦し、

ゲームを作る運びとなりました。

興味を持ってくれた皆様にぜひ満足できるゲームが作れるよう、

皆様にも応援していただきたく思います。

このプロジェクトで実現したいこと

シナリオを書いていき、ゲームが少しずつ形になっていったのですが、

「どうしてもボイス付きにしたい!」

「エンディング曲を作りたい!」

「完全な形で作品をお送りしたい!」

ぜひ皆様のお力をお借りしたく、このプロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

プロジェクトをやろうと思った理由

実現したいこと、と重なるのですが、やりたいことが増えるにつれ、お金が足りなくなっていきます。

お金がなくても最低限のものは作れます。ボイスなしの方向性も考えました。

しかし、そんなのもったいない!

可能であるなら最高のクオリティを求めたいというのが、

我々クリエイターの業なのかもしれません。

作曲・編曲 大野博紀 よりコメント 

初めまして、A Case of RanKのBGM全般を制作した作曲家の大野博紀です。 

今回は主要キャラクターの曲と、シーンに合わせた曲をそれぞれ制作しました。

 彼らは、これから一体どんな悪夢が待ち受けているのか、僕には分かりません。

 険悪なムードが漂う世界に引き込むようにと、表現に様々な工夫を入れています。 

時には狂気を感じ、時には桃源郷に引き込むような曲を書きました。

 僕たちは何処へ向かい落ちるのか。

数々の挑戦の気持ちがそのまま、 作品、すなわち音に現れていると思います。 

どうかプレーして、世界観を楽しんでみて下さい。

それでも最高の作品にしたいという私たち思いにどうかご協力をお願いできればと思っています。



飛田 愛さんの『A Case of RanK』への情熱は凄まじいものがあります。
完璧に近づけたい、完全な状態で作品を送り届けたいという気持ちを、クリエイターとして尊敬します。
ステータスで全てが決まる弱肉強食学園。
互いに命を握り合う密室空間でのデスゲーム。
過酷な状況に陥った記憶喪失の六人は、果たして手を取り合えるのか……。

 設定の妙もさることながら、Live2Dで動くビジュアルと、
世界観にマッチしたBGMで物語に引き込まれるゲームです。
与えられていく情報から論理パズルのような楽しみ方もでき、
世界観をじっくり楽しみたい方にお勧めできます。
個人的推しキャラ・神崎香織に声を付けられるよう、応援お願いします!


ヒダマル:プロフィール

BookBase様にて編集に携わっています。
電撃文庫編集様から拾上げ経験あり(デビューならず)。
ココナラで本気の小説アドバイス提供中。

https://twitter.com/hidamarirun


パートボイス実装、エンディング曲の作成、オープニング動画やエンディング動画など、
その他クオリティアップのための開発費用とさせていただきます。

残りはCAMPFIRE掲載手数料(成功報酬の17%となっているため)となります。

活動報告1に大事な追記がございますので、
そちらもお目通しお願いいたします!!

リターンについて

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



ゲームの発売は2022年1月にsteam(Windows)で¥3980で公開予定です。

7月29日 クラウドファンディング終了

12月下旬 リターン発送開始

(ゲーム本編のダウンロードも一般販売に先行して行う予定です)

2022年1月 steamにて一般販売予定



正直、このゲームは大赤字です。
それでも、どうしても私自身が面白いと思える作品を皆さまへお届けしたいのです。

ここまでに至るにも、年月以上にお金も負けじとかかっています。個人として決して少なくない額の借金もしました。企業としては失格なのでしょう。

私自身、昨年8月には事故に遭い入院し、今年3月から5月末まで、身体が全く動けなかったりと、非常に身体が思わしくなかったりと、災難に見舞われていました。

それでも、私は夢を追いかけたかったのです。

このご時世で、甘いと言われるかもしれません。
それでも、私はこの夢に、このプロジェクトに、人生を賭けています。

皆様のお力は、すべて開発費にあてるとお約束いたします。

皆様のお力を、どうかよろしくお願いいたします。



到達した場合は、フルボイス化などさらなるクオリティアップを目指します!

改めて、よろしくお願いいたします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください