『四次元の箱庭』を世界中に届けたい。まずは愛知県瀬戸市から !

小説家の友浦乙歌です。

私の夢は、「無我夢中になる小説」を世界中に届けることです。

物語に無我夢中になるあの瞬間。

寝不足になり、電車を乗り過ごし、授業中・仕事中に叱られながらもページをめくる手が止まらないのは、その体験が人生において最高だからだとは思いませんか?

そんな最高な体験をお届けするべく、友浦は小説『四次元の箱庭』を書き上げました。

そして、友浦の夢に賛同してくださる方々の応援のおかげで、『四次元の箱庭』を自費出版する運びとなりました!(感謝です!!)

しかし、自費出版なので、宣伝は自分でしなければなりません。友浦はまだまだ無名新人作家なので、どうしたらいいのか途方に暮れていました。

そこで、生まれ育った(そして今も住んでいる)地元愛知県瀬戸市から発信していこう、地元にまずは貢献しようと思い、愛知県瀬戸市特産品の「せともの」とコラボすることを思いつきました。

せとものとコラボして瀬戸の町を盛り上げながら、『四次元の箱庭』世界の新たな具現化(グッズ化)ができたら最高だと思います。

また、友浦が世に羽ばたいていく過程での記念品となればいいなと思っています。


このプロジェクトで実現したいこと:『四次元の箱庭』せとものグッズを作る!

『四次元の箱庭』はタイトルの通り、「四次元」が大切な要素として出てきます。

数学的な意味での「四次元」です。

そこで、二つのグッズを考案しました。


一つ目は、「四次元マグカップ」です。


マグカップの前後にはx軸y軸z軸のグラフ・その中央に立方体が描かれています。

そのマグカップはぐんにゃりと曲がっていて、そのため立方体も曲がって見えます。

四次元的に空間がねじれている様子を表したマグカップとなります。


もう一つは、「四次元小物入れ」です。


表面は素焼きのまま、内側だけが塗られていてラッピングされたようになっています。

まるで表裏がひっくり返ったような四次元感覚を持ってもらえたらいいなと思ってデザインしました。


『四次元の箱庭』は、「四次元」の面白さをわかりやすく描いています。

『四次元の箱庭』を通じて「四次元」の面白さを 知っている人は、このグッズにニヤリとしてもらえると思います。

が、まだ小説を読んだことがない人や、小説を読むのが苦手な人にも、今回のグッズのように別の方面からでも「四次元」の面白さに触れてもらえたらいいなと思っています。


そして友浦は「無我夢中になる喜び」を全人類にプレゼントしたいです。

図書館や児童養護施設や病院や小・中学校・高等学校や大学といった施設に『四次元の箱庭』を寄贈したいと考えています。(受け取っていただける先を現在探しています。)

この想いに共感してくださる方向けリターンに、「10冊を寄贈する権利」をご用意しました。

友浦の力不足により、もしかしたら数年先になるかもしれませんが、何年後だろうと、寄贈の際にご支援していただいた方の名前を冊数分必ず記載させていただきます(希望があれば非公開)。


小説家 友浦乙歌の活動経歴

友浦は高校一年の頃から小説活動を開始しました。

小説新人賞に投稿する日々でしたが、賞やレーベルの需要に合わせて面白さや信用を減らすのが嫌で、

LIVE配信アプリPocochaやFANBOXにてファンから直接支えてもらって活動を続けていく方向へシフトしました。

このおかげで、自分が自信をもって最高に面白いと思えるものだけを作り続ける小説家として生きることができています。

今後も、応援してくれているファンの信頼に応え続けた最高の作品を生み出していきたいと思っています。人生をかけて。


友浦乙歌のコンセプト
http://www.tmur.jp/concept


資金の使い道

「記念品」「四次元マグカップ」「四次元小物入れ」開発費

施設への寄贈のための交通費・雑費等

『四次元の箱庭』活動費


実施スケジュール

2020年7月中に「四次元マグカップ」「四次元小物入れ」 試作品を作成。

2020年8月7日までクラウドファンディング を実施。

2020年9月中に「記念品」「四次元マグカップ」「四次元小物入れ」 完成。

2020年10月「記念品」「四次元マグカップ」「四次元小物入れ」お届け。

※寄贈について:受け入れ先が決まり次第、友浦が寄贈していきます。


最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。

このプロジェクトの後も、友浦の挑戦はずっと続きます。

無我夢中になる物語を世界中に届ける。

そのためにできることすべてをやるつもりです。

私の挑戦を、見届けてください。

応援してよかったと思う未来を、現在を、過去を、約束します。


友浦のホームページ
http://www.tmur.jp

毎日LIVE配信中
http://www.tmur.jp/LIVE

友浦のtwitter
本アカウント https://twitter.com/tomourya


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください