2020年10月28日、ROTH BART BARON New Album リリース決定!!Powered by ABANK、全国ツアー全公演を<観客有り+有料配信 Live Streaming>で開催したい!

プロジェクト本文

こんにちは、みなさん、ミフネです。

おそらくこのコロナの世界で生活をその大小はともかく変えざるをえなくなっていると思います。
様々な変化がものすごいスピードで今まさに起きています。
それは僕たちミュージシャン、バンドも例外ではありません。人と人が触れ合うことを失われた世界で、変わりゆく時代に音楽を鳴らすにはどうしたらいいのか? 多分色々なことが今までのままじゃダメなんです。何万人も集まるフェスティバルで音楽を鳴らす事を夢見て来たし、その空間が大好きなんだけどそれは今のところその喜びは奪われてしまいました。音楽で満たされて自己解放して楽しい空間をシェアする場所が人が集まることによって1番危険な場所となる可能性がある、そんな世界になってしまったのです。僕は音楽を取り巻く環境をもう一度作り直さなきゃいけないと考えています。

バンドはこのコロナ禍で今まさに新しいアルバムを作っている最中です。テーマは『祝祭』です。そのアルバムを引っ提げてツアーを開催します。会場に来るファンには十分なスペースを取り、ストレスを感じない規模でライブミュージックを体験もらう。そして新しい試みとして全ツアー会場には映像チーム ABANK と共に皆さんが配信で見られるように設備を整えていきます。

はじめての試みです、しかしその配信を含めた新しい映像ライブ表現の経験値を僕たちが積むことができれば、それは今後に続く配信ライブミュージックの可能性の大きなステップになるはずです。人と人が触れ合う空間、スペースを作り危険な状態をなるべく避け、音楽を、ライブミュージックを届けるにはどうしたらいいか?それをもし実現可能にすることができたら、それは僕たちがただ幸せになるだけではなくこの世界の音楽業界全てに新しいアイデアを投げることができます。希望をつくる方法の1つになるかもしれないのです。僕はやらない理由を探すことより、やる理由を探し、実行することに僕らの大切なお金と時間を使おうと思います。これはバンドがピンチだから現状維持するためのファンディングでは無く、現状を大きく変えるための未来のためのファンディングなのです。そのためには僕たちバンドだけの力では絶対に足りないんです、音楽ファン、言ってしまえば全人類の協力が必要なことです。僕はただ指をくわえて変わりゆく現場に黙っているのは嫌です、あなたがもしこの取り組みこの間に賛同してくださるのであれば、音楽の未来のために協力してくれたらとてもうれしいです。

2020年7月10日 三船 雅也

こんにちは、東京を拠点に活動しているフォーク・ロック・バンド、ROTH BART BARON(ロットバルトバロン)でサポート・キーボードとマネージメントを担当している西池達也です。

2011年に彼らと出会い、彼らの懐かしくも新しい音楽やライブでこそ表現できるスケールの大きな音楽に魅了され、気づけば10年が経ちました。
今回、バンドにとって4回目のクラウドファンディングに挑戦します。

出会ってから10年、レコードレーベルの方々や、バンド・音楽友達、各地イベンターやライブハウスの皆さん、そして2018年に立ち上げたロットバルトバロンのコミュニティ PALACE の皆さんと一緒に活動を模索しながら活動しています。

ライブに、音楽に、演奏に、捧げたい人生があって、大きな感動を生み出したい、一緒に演奏したり音源を作りながら、と日々を費やしています。

このプロジェクトで実現したいこと

ロットバルトバロンが4th Album『けものたちの名前』から1年ぶりに新作を発表します。

三船雅也が次々と作るデモ音源は数百に及び、これを作品化せずに日々が過ぎることに焦りのような危機感を持ってレコーディングに臨みました。

そして今回、この世界的な厳しい局面に挫けることなく、新作アルバムの全国ツアーをなんとか実現できないかと考えに考え抜きました。

私たちは、行動様式や人との距離感、衛生管理、ニューノーマルを意識しながらライブ活動・音楽活動を続けたい2020年に、公演を開催して下さる会場やアーティスト・バンドにとっても大変厳しい時代になったように思います。その渦中、どのようにして生き残れるか、むしろこれをきっかけに演奏することの本質に立ち返りながら、テクノロジーや人の知恵を駆使して公演を実施できる方法を考え、本企画を立ち上げています。

一つの答えとして、全てのライブ会場へ配信クルーに同行頂き、全国ツアーを開催し、来場者の皆様には出来るだけ公演開催日から近い日程での来場を判断頂けるように組み立てる予定です。その時の状況に見合った、なるべく多くのお客様にご来場頂きながら、配信でもツアーを楽しんで頂けるよう実施したいと考えました。

"ROTH BART BARON Tour Streaming Project"

とあるご縁で出会った ABANK の皆さんと一緒に ROTH BART BARON 5th Album の全国ツアー開催します。

皆さん、もしこのアイディアにご賛同頂けたら、ロットの全国ツアーを配信でも楽しんでみたいと思って頂けたら、どうぞご支援頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

配信チーム ABANK

こちらが今回、ロットのツアー全公演に配信でご一緒してくださる ABANK チームです。左から、鷲澤健太さん、高村啓史さん、堤健斗さん(代表)、橋田和馬さん、野田雅己さんです。

代表の堤さんからメッセージを頂きましたので是非、お読み下さいませ。

はじめまして、アバンクのツツミといいます。

ウチの会社はもともと、バームクーヘンという名前で Music Video(当時はPVって言いましたね。。)をつくるところからスタートしまして、今では様々な配信中継を主にやっている会社です。

そんなチームなので音楽業界に知り合いも多く、昨今の状況の中で、配信制作会社として何か出来ることは無いかと考えていたところ、CINRAさんとのお仕事がきっかけでROTH BART BARONに出会い、今回の計画に参加させてもらうことになりました。

今回の計画の何に共鳴したかというと、これまでオマケやお試しのような扱いだったライブ配信を、ちゃんとプロダクトとしてやろう、とロットが考えていたことです。

ライブハウスの中で巻き起こっている素晴らしいライブを、ちゃんとしたクオリティの映像と音質で、ちゃんとした対価を払ったお客さんに見てもらう。

こう書くと当たり前のことみたいですが、これまでの音楽業界ではなかなか実現しないことでした。

(特に、ロットくらいの規模感のバンドでは、どんなに素晴らしい音楽をやっていたとしても、なかなか厳しかったのです)

今の状況になってから、急に有料のライブ配信というのがたくさん行われるようになりましたが、そのクオリティは玉石混交の状態です。

デカいアーティストがちゃんとした撮影クルーを揃えているものもありますが、多くはアマチュアだけのクルーで、なかなか厳しいクオリティのものを配信しているのが現状です。

「本当はこのバンド、もっと格好いいのに、なんかライブ配信で観るとダサいな..」って思ってしまったことありませんか?

自分たちだけで何とかやってみるという姿勢は素晴らしいと思うのですが、観る側にはそんなことは関係ありません。

このまま、厳しいクオリティの配信が増えていってしまったら、「ライブ配信」というコンテンツ自体が、観る必要のないもの、という認識になってしまうのではないかと危惧しています。

なんか、ライブ配信を代表して喋ってるみたいな感じがして恥ずかしい気持ちになってきましたが、シンプルにライブ配信の可能性は結構あるんじゃないかなと、この仕事をはじめてから、ずっと思っていました。

好きなバンドやアーティストのライブツアーが、ちゃんとしたクオリティで見られるんなら、普通のチケ代の半分くらいまでなら、1公演だけじゃなくて、何公演か、お金払っても見たくないですかね?

音楽が好きな人たちが、そう思って、ちゃんとオンラインチケット代を払って、ライブ配信を楽しむ。

そのチケット代で、ちゃんとしたプロの配信クルーがちゃんとしたクオリティの映像をつくれるようになる。

今回のプロジェクトは、そんな楽しい未来の布石となるものだと思っています。

なにぶん初めてのことなので、今回はクラウドファンディングという形でみなさんの協力を仰ぎ、若干ドーピング気味でスタートさせていただきますが、今回のプロジェクトがうまくいけば、クラウドファンディングなしでも、そういう、お客さんを含む関係者全員が楽しくなれるライブ配信を実現できるようになると思います。

スペシャ先輩や音組先輩など、諸先輩方の叩き出してくるクオリティには及ばないかもしれませんが、我々の可能な限りのクオリティを出して、皆さんを楽しませるつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

アバンク代表 ツツミケント

TOUR MEMBER

ROTH BART BARON
三船 雅也 (Vocal & Guitar)

西池 達也 (Keyboard & Bass & Chorus)
岡田 拓郎 (Guitar & Chorus)
竹内 悠馬 (Trumpet & Flute & Flugelhorn & Keyboard & Sampler & Chorus)
大田垣 正信 (Trombone & Harmonium & Keyboard & Percussion & Chorus)

須賀 裕之 (Trombone & Percussion & Sampler & Chorus)
工藤 明 (Drum & Sampler & Chorus)


ツアーメンバーよりメッセージ

竹内 悠馬 (Trumpet & Flute & Flugelhorn & Keyboard & Sampler & Chorus)

Covid-19により、世界がこれまでにないエンタテインメントの楽しみ方、楽しませ方を考えなければいけない世の中になってきました。

そんな中で ROTH BART BARON の音楽を世の中に届けるために今回のクラウドファンディングを立ち上げました。

ROTH BARON BARON らしい時代の先をつかみにいくクリエイティブな内容となっていると思います。

色んな音楽を届ける場がなくなり、音楽シーンがネガティブな方向に向かってる中で、逆にこの世の中ならではの音楽の届け方を提示することによって、今までのツアーよりも更に多くの方々、日本だけでなく世界の方々にROTH BART BARONの音楽、ライブ力をお届けすることができます。

新しい体制のROTH BART BARONは今までよりも更にクリエイティブに世界基準の音楽をつくっていき皆様が感動してもらえるようなステージを作っていきます、ぜひご協力よろしくお願い致します。

2020年7月10日 竹内 悠馬

大田垣 正信(Trombone & Harmonium & Keyboard & Percussion & Chorus)


僕は日本各地、また世界中の色んな場所に行ってその土地とそこに住む人々とふれあい、演奏するのがとても大好きです。

今後バンドは新しいやり方で、よりたくさんの方々と共有できる特別な時間を創っていきます。

あなたもこのプロジェクトの当事者になりませんか?
どうぞよろしくお願いいたします。

2020年7月10日 大田垣 正信


須賀 裕之 (Trombone & Percussion & Sampler & Chorus)


photo by Terumi Fukano


ROTH BART BARONに関わらせて頂いて、早いもので6年が経ちました。
この6年はバンド的にも、個人的にも、世界的にも色々な変化がありました。
昨今の世界的情勢は、特に今までの価値観を見直さなくてはいけない事ばかりです。 これからのライブ、エンターテインメントシーンがどうなっていくのか不安ではありますが、新しい一歩を歩もうとするバンドを自分も微力ながら協力できればと思っています。 新しい世界、新しい扉を開いて、明日へ明日へと一緒に一歩ずつ、たとえ後に戻ったとしても、前に行けると信じつづけ歩んでいこうとするバンドに皆様のお力を頂ければ幸いです! これからの ROTH BART BARON にご期待下さい。

2020年7月10日 須賀 裕之

工藤 明 (Drum & Sampler & Chorus)

 
ドラマー・パーカッショニストの工藤明です。
ROTHとの出会いは、僕にとって大袈裟ではなく運命を感じるものでした。僕は現在フリーのドラマーとして、機会に恵まれて色々な現場で演奏しています。もちろんそこに達成感や幸せを感じつつ、ただどこかでずっとこんなバンドに憧れていました。僕の音楽の原体験の中で一番衝撃的だったのが Bjork だったこともあり、「原始とテクノロジーの自然な調和」や「美しい音風景」のようなものは常に意識していました。

ある日、ふとしたきっかけでROTHの音楽を知った時「こんなバンドが日本にあったのか」(今思うと生意気な表現)と感動し、続いてライブを観てその独特な輝きに嫉妬しました。しかしその1年後に突然西池さんから、三船くんと3人でセッションしようという誘いをもらいました。青天の霹靂でしたが、不思議と「やっぱり巡ってきたか」とも感じました。スタジオで音を出した時は、今まで培ってきた自分の引き出しを全部開けたというか、何だか今まで話せなかったことが話せたような感覚になりました。 

そんな流れで今に至り、メンバー皆の深い音楽力とアイディアに刺激をもらい、化学反応を楽しみながらリハーサルを重ねています。 ドラマーとしては、中原くんが丁寧に築いてきた、そして僕が大好きなロットサウンドの土台を踏襲しつつも、バンドが更に進化をする為の新しいカラーパレットとなれればと思っています。 より鮮やかになっていくROTHの姿を感じてもらえたら嬉しいです。

2020年7月10日 工藤 明


ROTH BART BARON(ロット・バルト・バロン)プロフィール

東京を拠点に活動していいる三船雅也を中心としたフォーク・ロック・バンド。
2014年に1st AL『ロットバルトバロンの氷河期』をフィラデルフィアにて制作、以降カナダ・モントリオールや英・ロンドンにてアルバムを制作。2019年11月に4th AL『けものたちの名前』を発表し、< Music Magazine >ROCK部門第3位を始め多くの音楽メディアにて賞賛を得た。
またサマソニ、フジロック、ライジングサンなど大型フェスにも出演。
活動は日本国内のみならず US・ASIA にも及ぶ一方、独創的な活動内容と圧倒的なライブパフォーマンス、フォーク・ロックをルーツとした音楽性で世代を超え多くの音楽ファンを魅了している。2018年よりロットバルトバロン・コミュニティ"PALACE"を立ち上げ共にプラネタリウムでライブを開催するなど、独自のバンドマネージメントを展開。2020年5月30日に予定していた自身最大規模の公演となる"めぐろパーシモン大ホール”はアルバムレコーディングメンバーを中心に15人が舞台に集うツアーファイナル公演、2020年12月26日27日に延期公演が決定、2Days にて公演予定。
また、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文主宰"APPLE VINEGAR MUSIC AWARD 2020"にて『けものたちの名前』が大賞を受賞。


資金の使い道

皆さまからお預かりした支援金は、ABANK 配信クルーの実経費、 ZAIKO 配信チケット代、各ライブハウス会場使用料、ツアー開催経費、5th Album 楽曲の Music Video 製作費、プロモーション経費として使用させてきます。

*目標額が達成されなかった場合、配信される公演数が変更になる可能性がありますことをご了承くださいませ。

リターンについて

■ TOUR 2020-2021 全14会場 Live Streaming e-Ticket Pre-Order ¥12,000

・全公演ライブ配信のプラットフォームはお馴染みの ZAIKO です。
・お手持ちのスマートフォン、タブレット、PC でお楽しみ頂けます。
・配信日より3日間は ZAIKO にて映像アーカイブをお楽しみ頂くことができます。
・ZAIKO アカウントが必要です。

*10/28 より一般発売される各公演の Live Streaming Ticket は1会場につき ¥1500 です。

■ TOUR 2020-2021 全14会場 Live Streaming e-Ticket Pre-Order + 全会場ライブ音源 DL Code セット ¥24,000

・ライブ配信に加えて、全会場でのライブ音源を Download してお楽しみ頂くことができます。

*ライブ音源は、ライブ会場でのエア録音とミキサー卓からの2mix 音源をミックスしてマスタリングした音源(WAV or mp3)です。マルチレコーディング(一つ一つの楽器ごとを録音した音源)による音源ではないことをご了承下さいませ。

■ TOUR 2020-2021 全14会場 Live Streaming e-Ticket Pre-Order + 配信映像全公演アーカイブ Live Streaming - 1YEAR - ¥24,000

・ライブ配信に加えて、配信された全公演のライブストリーミング映像が、ABANK 特設 Web Siteに公演日から1週間以内に追加され、1年間いつでもお楽しみ頂くことができます。

■ TOUR 2020-2021 全14会場 Live Streaming フルパッケージ ¥36,000

・ライブ配信に加えて、配信された全公演のライブストリーミング映像が、ABANK 特設 Web Siteに公演日から1週間以内に追加され、1年間いつでもお楽しみ頂くことができ、全会場でのライブ音源とライブ映像をダウンロードしてお楽しみ頂くことができます。

*Download できるライブ映像は配信された映像と同じものになります。

■ TOUR 2020-2021 それぞれの会場で ABANK 配信カメラクルーとして参加できる権利【各会場、限定1名様】 ¥20,000

・ROTH BART BARON Live Tour 2020-2021、ライブが開催される会場で、ABANK 配信クルー・カメラマンの1人として参加することができます。あなたがその時見ていたバンドの演奏を、世界中のディスプレイ・デバイスの向こうまで一緒に届けてみませんか?
・プロ・アマは問いませんが本気で撮影する気持ちのある人にご参加頂けたら嬉しいです。(ツツミより)
・公演の打ち上げにも参加可能です(会費は実費)。

■ Live Tour 会場ステージでセッション+映像収録してプレゼント【各会場、限定1名様】 ¥20,000

・ROTH BART BARON Live Tour 2020-2021、ライブが開催される会場で、リハーサル時間に1曲、あなたが好きなロットバルトバロンの楽曲をバンドと一緒に演奏することができます。また、ABANK 映像配信チームが一緒に演奏している様子を映像にしてお渡しします。後日、Download できる URL をお知らせ致します。

■ 三船雅也と行く写真ワークショップ&ポートレイト写真を額装してプレゼント【限定2名】¥150,000

・三船雅也がお気に入りのスポットにご案内。
 写真撮影のワークショップを行います。
 また、あなたのポートレイトをフィルムカメラで撮影し、高級プリントにて現像し、額装をしてプレゼントさせて頂きます。

photo : 三船雅也

■ ROTH BART BARON 2021年 単独ライブ・プロデュース権【限定1組】 ¥200,000

セットリストやサポート・ミュージシャン、開催会場などあなたのリクエストで ROTH BART BARON の単独ライブを開催します。2019年には「プラネタリウム公演」が実現しました。

2020年は現在新しい計画が進行中。

来年も何か新しい企画を是非一緒に立ち上げましょう。

■ ROTH BART BARON 2021年 アルバム・プロデュース権【限定1名】 ¥500,000

数あるデモ・トラックとこれから作る新しい曲リストの中から楽曲を選んで、2020年 ROTH BART BARON の作品をバンドと一緒にプロデュース。テーマやコンセプトを相談しながらゲスト・ミュージシャンをコーディネート。一緒に ROTH BART BARON の新曲、もしくはアルバムを一緒に作りましょう。スタジオ代、制作費はバンドが負担します。レコーディングやプリプロダクション、アルバム制作、全てのプロセスに立ち会うことが出来ます。

2020年5th Album には Makuake クラウドファンディングで同プランにてご参加頂いた支援者様とは、楽曲の主題から一緒に作成した楽曲が1曲、収録することが出来ました。

■ Custom Order ROTH BART BARON Band T-Shirt "Calligrahphy Logo or BIG Logo" ¥4,000

今年のメモリアルアイテムとして、ROTH BART BARON のカリグラフィーロゴと、今回初めて登場する BIG Logo(バックプリント)の2種類のTシャツのうち、どちらか1種類を選んでカスタムオーダーできるバンド T-Shirt を販売します。

ROTH BART BARON オリジナルタグ付き、手刷りによるシルクスクリーンプリントです。
バンドロゴを配した2種のデザインのうち1種類を、お好きなプリントカラーとボディカラーをお選び頂きご注文頂けます。

こちらからメッセージにてご連絡させて頂きますので、①サイズ、②ボディカラー、③プリントカラーをお知らせ下さいませ。

尚、色の濃いボディカラーをお選び頂いた場合、プリントカラーは白・グレーなど白が多めの色や、金・銀・カッパーがお薦めです。水性インクの特性上、その他の色はボディの色と混ざりやや沈んだ色味になります。

ご注文からお届けまでに2〜3週間お時間を頂戴致します。

BODY : United Athle 5001
https://www.united-athle.jp/ua/items/index/500101

■Cotton 100% 

着丈 (cm) × 身幅 (cm) × 袖丈 (cm)

(約) S : 65 × 49 × 19
  M : 69 × 52 × 20
  L : 73 × 55 × 22
  XL : 77 × 58 × 24

*上記より大きなサイズや KIDS サイズにつき、ご相談下さいませ。

■ 純粋に応援 ¥2,000 / ¥10,000 / ¥100,000

ありがとうございます。どうぞ、お礼のメッセージを送らせて下さいませ。
本メニューにてご支援頂いた皆様には、お名前や企業名、バンド名を本サイトにて掲載させて頂く予定です。詳細はリターン欄をご確認くださいませ。何卒よろしくお願い申し上げます。


実施スケジュール
ROTH BART BARON 5th ALBUM Tour 2020-2021

2020年
11月7日(土)広島・クラブクアトロ <単独公演>|主催:広島クラブクアトロ
11月14日(土)静岡・浜松 舘山寺 <単独公演>|主催:MINDJIVE
12月5日(土)京都・磔磔 <単独公演>
12月12日(土)東京・渋谷 WWW <単独公演>
2021年
1月21日(木)福岡・百年蔵 <単独公演>|主催:BEA
1月22日(金)福岡・the Voodoo Lounge <単独公演>|主催:BEA
2月6日(土)石川・金沢 Art Gummi - Guest Act:noid -|協催:Magical Colors Night
2月13日(土)大阪・梅田 Shangri-la <単独公演>|主催:SMASH WEST
2月20日(土)北海道・札幌 某所(仮・詳細未定)|主催:WESS
2月21日(日)北海道・札幌 Sound Lab mole <単独公演>|主催:WESS
2月23日(祝火)@宮城・仙台 darwin <単独公演>|主催:Coolmine

*上記公演の他に、熊本、富山、名古屋、全14公演を予定しています。


最後に

まずは、本企画立ち上げにつき、CAMPFIRE クラウドファンディングプラットフォームを手数料無料で提供して下さっている CAMPFIRE の皆さまに最大級の感謝の意を表します。心より御礼申し上げます。

そして、いまだわからない未来を ROTH BART BARON の音楽と一緒に歩んで下さるファンの皆さま、関係者の皆様に改めてお礼を申し上げます。いつもありがとうございます。

そして音楽と共にある日々と、皆さんの健康を心より願っております。

どうぞよろしくお願い致します。

2020年7月10日 西池 達也


本プロジェクトは All-in 方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/07/28 21:01

    皆さん僕たちのクラウドファンディングのページを覗いてくれてありがとうございます。それと何より僕らのアイデアに参加してくれた人、本当にありがとうございます。一つ一つのコメントにとても励まされてます。ここはいわゆる活動報告の場所ですがファンディングに参加してくれたみんなとコミニケーションが取れると...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください