目次

1. こんにちは!
2. 運営メンバー自己紹介
3. なぜ、E-CON!を開催しようと思ったか
4. 中高生の環境問題取り組みコンテスト「E-CON!」とは
5. E-CON!を通して成し遂げたいこと
6. 資金の使い道
7. リターンのご紹介
8. 最後に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1. こんにちは!

世界を旅して学ぶ学校インフィニティ国際学院に通っている高校生のフランスィス、めい、しょうです。私たちは、中高生の環境問題取り組みコンテスト、名付けて「E-CON!」を開催します!

「1人でも多くの人に環境問題を意識してもらいたい!」

「課外活動が減ってきている今、中高生へ授業以外の学びを取り戻したい!」

と言う2つの強い思いを胸に、4月から毎日のようにミーティングを重ね、E-CON!開催に向けて準備を進めてきました!
是非ご支援いただければと思います。よろしくお願いします!




2. 運営メンバー自己紹介

フランスィス

こんにちは!E-CON!運営リーダーのイチカワドイルフランスィス聖です!

私は最近まで環境問題は一人じゃ何もできないと思っていました。しかし、一人の行動もインパクトがあると知り、ヴィーガン生活を始めるなど環境問題を意識する努力を始めています!
自分の行動が誰かの命、地球の未来に影響を及ぼすと考えると、このままではいけないと思い、E-CON!を企画しました。
より多くの中高生に環境問題に関心を持ってもらい、みんなで行動していきたいです!


めい

こんにちは!E-CON!運営メンバーのめいです!

今年私は世界へ飛び立ち、日本では出来ない多くの事を学ぶはずでしたが、渡航は中止となり悔しい思いをしました。
また、かけがえのない地球をこれ以上壊し続けないように、一人一人が環境問題を意識し、行動することが必要だと信じています。
私たちの学びのチャンスを少しでも取り戻すため、私たちの未来・地球を守るため、このプロジェクトを何としても成功させたいと思っています!
どうぞよろしくお願いします!


しょう

こんにちは!!!!E-CON!運営メンバーのしょうです!

僕は文化祭や体育大会と言った学校行事が大好きで、1つの目標に向かってクラスや周りの人が一致団結する空気感がとても好きでした。熱い青春から得ることのできる、学びや思い出は若者の特権だと僕は思います。そんな青春が新型コロナウイルスのため、減っている、そして、環境問題への危機感は持っていたので、運営メンバーとE-CON!を企画しました。そして、僕たちの子孫の青春が環境問題のせいでなくなるかもしれないと考えると、行動しないわけにはいきませんでした。


3. なぜ、E-CON!を開催しようと思ったか

①環境問題の深刻さ

ー  環境問題のために自分たちにも何かできることがないのだろうか ー

私たちは昨年、フィリピンに1年間留学をしていました。その時に排気ガスで息ができないと感じることもあり、大気汚染の問題やゴミだらけの海を目の当たりにしました。実際に現地の方々から環境問題の現状についてお話を聞き、環境問題の深刻さに恐怖心を抱きました。調べていくほど、環境問題の現状や、若者の問題意識の低さに衝撃を受け、自分たちにも何かできることがないのだろうかと思いました。


ー 環境問題は私たちの生活に大きな影響を及ぼす ー

特に環境問題の中で深刻なのは地球温暖化です。温室効果ガスが増え、気温の上昇により地球全体の気象が変化しています。これはとても深刻な問題で、気温が上がると世界中の様々なところで、雨が全く降らずに大地がカラカラにひび割れて、農作物も取れなくなっています。2050年には食糧不足により小麦の価格は3倍、米の価格は2.2倍にも膨れ上がり、栄養不足の乳幼児が2500万人以上に増えると予測されています。※1


ー 深刻な問題なのに若者の関心と問題意識は低い ー

内閣府の世論調査によると、環境問題への関心は若者の関心が低く4人に1人は関心がないという結果が出ています。
また、もし関心があったとしても「大きな問題すぎて、自分には何もできない」と思ってる人が多く、問題意識を持つ人が少ないことも分かりました。

ー 1人でもできることはあります ー

例えば
・電気をこまめに消す
・コンセントを抜く
 (コンセントから電源プラグをこまめに抜くだけで、なんと!
  一世帯当たりの年間Co2削減効果、約87kgにも及ぶのです!
  Co2排出1kgあたり、人間が1日に吐き出すCo2排出量と同じくらい)※2
・お肉よりお豆を食べる
 (温室効果ガスの排気量を60%削減、お水を80%節約できます!)

 たった1人でも、環境問題を解決・改善することの第一歩に繋がるのです!


② 中高生の学びの減少

ー 課外活動は私たちの大切な学びの場だ ー

部活や委員会、文化祭などの行事は中高生にとって仲間が一つとなって目標に向かう私たちの青春の一部でもあり、チームワークなどのスキルを学ぶ大切な機会なのです。
私たちも実際フィリピン留学で得た経験から課外活動での様々な学びも大切だという事を実感しました。留学中、私たちクラスメイトは文化祭などの行事に一緒に取り組む際、相手の考えも受け入れてリスペクトする事も大切だという、お互いと向き合い理解し受け入れる心を学びました。他にも、コミュニケーション力、チームワーク、失敗や成功など、授業のみでは決して学べないことを経験しました。

ー 新型コロナウイルスの影響で学びの機会が減っている ー

部活や委員会などの活動機会が減り、他にも全日本吹奏楽コンクールや甲子園、全国高校総体や全国中学校体育大会の開催が中止となり、中高生の私たちにも影響を受けています。



私たちもその影響を受けた内の3人です。

本来であれば今年、学校のプログラムで私たちは世界中を旅しながらたくさんのことを学ぶ予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で残念ながら研修は中止となりました。
「バックパッカーで世界中を旅しながら学ぶ」ということは、私たち仲間の共通の夢であり、青春の一部になる予定でした。

全国の中高生が活躍できる場や課外活動の機会が減っているということは、日本の未来を担っていく私たち中高生の大切なスキルや学びを得る機会が減ってきているということです!


4. 中高生の環境問題取り組みコンテスト「E-CON!」とは



〜エコで青春を取り戻せ!〜

今、私たちの「学び」「青春」「地球」は深刻な危機に直面している。
けれども、私たちにもできることはいっぱいある。
既に行動し始めている中高生もいる。
私たち中高生の「やる気」という名の炎、新型コロナウイルスなんかに揺るがない。
力を合わせ、エコを考え、プロジェクトを実行する。
そして、私たちの「未来」を取り戻す。
このムーブメントは既に始まっている。

テーマ
「環境問題の改善・解決」

応募資格
中高生

応募人数
個人または2人以上のグループ(グループ人数の上限はありません)

応募プロジェクト内容
自由(例:作品、アート、ポスター、動画、イベント、チャリティ、活動など本当になんでも可能)

応募方法
①プロジェクトを写真・画像または動画でInstagramまたはYouTubeに#econ応募をつけて投稿
②ホームページから応募フォームを送る

応募期間
2020年7月3日(金)〜8月23日(日)


最優秀賞(1プロジェクト):クラウドファンディングで集まった金額の70%
優秀賞(1プロジェクト):クラウドファンディングで集まった金額の20%
入賞(1プロジェクト):クラウドファンディングで集まった金額の10%

*賞金はプロジェクト持続や新規エコプロジェクト、又は環境問解決・改善のために活用していただき、6ヶ月後に使用報告書を提出していただきます。(交渉可能)
*手数料を引いてから賞金の金額になります。

審査員

高野孝子
早稲田大学文学学術院教授
NPO法人エコプラス代表理事

森摂
株式会社オルタナ代表取締役
武蔵野大学大学院環境学研究科 客員教授

大谷真樹
インフィニティ国際学院学院長 など。

→詳しくはホームページへ!


5. E-CON!を通して成し遂げたいこと

私たちの目的は中高生向けの環境問題取り組みコンテスト「E-CON!」を開催することだけではありませんE-CON!を通して中高生が環境問題を意識し、行動に移すムーブメントを作ることです。

私たちが期待すること

①環境問題を中高生が解決するアイデアを考え、実行に移す

②中高生がプロジェクトを通し、チームワークなどの授業以外の学びを取り戻す

③一連のプロセスをSNS上で公開、参加者以外にも環境問題を意識し知ってもらう

④SNSでプロジェクトを世の中に公開し広め、賛同者を増やし繋がりをつくる

⑤賞金を活用してプロジェクトや環境問題を改善・解決する活動を継続し、深めてもらう

より多くの中高生に参加していただき成功させるために私たちは、SNSをフル活用する他、E-CON!のデジタルポスターやホームページを学校、学生団体などに共有し、このムーブメントの波を日本中に作っていきます。


6. 資金の使い道

集まりました支援金は、賞金や手数料(Good Morningの手数料14%)などに使います。
賞金を活用して中高生の環境問題に取り組むプロジェクトや環境問題を改善・解決する活動を継続し、深めてもらう事を目的として、目標金額を合計17万円に設定しました。

最優秀賞:支援金合計額の70%
優秀賞 :支援金合計額の20%
入賞  :支援金合計額の10%

*手数料を引いてから賞金の金額になります。

このプロジェクトはAll-In方式です。


7. リターンのご紹介


お礼のメール

私たちから心のこもった感謝のメールをお送りさせていただきます。


報告書

皆様のおかげで実行することができましたE-CON!の報告書をPDFでお送りさせていただきます。



ホームページお名前掲載(大・中・小)

E-CON!ホームページの支援者紹介に随時お名前を掲載させていただきます。企業名やロゴも可能です。
*掲載を希望しない場合は掲載いたしません。


SNS支援者についての投稿にお名前掲載(大・中・小)

E-CON!のInstagram、Facebook、に支援者のお名前を投稿させていただきます。企業名やロゴも可能です。
*掲載を希望しない場合は掲載いたしません。


E-CON!動画にお名前掲載(大・中・小)

E-CON!終了後、様々なプロジェクトをまとめた動画にお名前を掲載させていただきます。企業名やロゴも可能です。
*掲載を希望しない場合は掲載いたしません。



E-CON! 参加者へ運営が送るメッセージ集にメッセージを掲載

E-CON!応募終了後、応募していただいた中高生にメッセージ集をPDFで送らせていただきます。そのメッセージ集に、支援者の皆様から環境問題に取り組む中高生向けのメッセージを(最大1800字まで)お書きいただくことが可能です。
*掲載を希望しない場合は掲載いたしません。


応募者の応募内容をまとめたデジタル冊子

E-CON!終了後、応募者のプロジェクトをまとめたデジタル冊子を作ります。この冊子では、環境問題に取り組む中高生のプロジェクトを見ることが可能です。サポートしたいプロジェクトがありましたら、私たちを通して連絡していただくことも可能です。PDFで送らせていただきます。


8. 最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

私たちフランスィス、めい、しょうは環境問題解決・改善に向けて、頑張ります!

E-CON!を通して中高生に環境問題を意識してもらい、学びの場になれば嬉しいです。

日本中の中高生を盛り上げ、コンテスト後も続くムーブメントにするために、あなたの力が必要です!あなたの力が中高生の未来を作ります!


「 中高生の挑戦を応援しませんか? 」


皆様の暖かいご支援のほどよろしくお願いいたします!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ

メール:econ.contest@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


参考文献

※1 「地球温暖化って何?」<https://www.daikin.co.jp/school/class03/lesson01/>(参照2020-6-25)

※2 「やさしく学ぼう 環境問題」<http://www.hallo-signal.co.jp/support/env/env.html>(参照2020-6-25)

   「CO2 1トン・1キロはどのくらい?」<http://c-conet.org/AkRaMT>(参照2020-6-25)

  • 2020/12/25 12:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください