海賊酒場のはじまりとお客様とともに紡ぐ物語

【海賊酒場@プノンペン】
2013年に沖縄から移住し、2014年にオープンした家族経営の看板の無い小さなダイニングバー。とにかく美味しいものと美味しいお酒が大好きな一家が始めた完全予約制のカウンター8席だけのお店からすべては始まりました。あれから早六年が経ち、今では最大で40名を収容できるパーティスペース兼レストランとしてひっそりと続いてきました。不定期で開催された”おばんざいナイト”は日本人をはじめ在住欧米人やカンボジア人、旅行客まで口コミで集め予約で満席もしばしばの国際色豊かな人気イベント。お酒好きなマスターと、料理大好きなおかみさんと板場7年目の長男のキッチンペアでここまでやってきました。現地で手に入る食材と日本から輸入する食材を組み合わせた創作和食、ありそうで実は見つけ難いニッポンのシンプルなお惣菜。時に振舞われる懐かしき洋食やデザート、すべてを一からこだわり手間をオリジナルにかけて、どこか懐かくも心落ち着く愛情たっぷりの家庭料理に変身させます。
一日一組様限定。欧米人にはベジタリアン和食や精進料理、ビーガンやグルテンフリーにもひとつひとつ対応し幅広い顧客層の支持を得て口コミで成長したユニークなお店です。
コロナで主な顧客層である外国人が次々に帰国、売上激減の中、諦めなければ大丈夫という気持ちがモチベーションの源泉です。これからもあきらめずにこの灯を守りたい!ぜひよろしくお願いします。


Our joint, Kaizoku sakaba (Pirate's den) open doors on November 29th, 2014. We started as a member's only dining and bar run by our family. Our motto has always been to provide delicious Japanese home cooking with unusual sake and shochu (Japenese spirits) that we select and bring over from Japan. We had 8 seats when we started and five and a half years later, we have extended 2 more private rooms and a maximum capacity of 40 pax+. We have a mix clientele of local Khmers, westerners and Japanese at about a third each, which is our strength during these tough times. Yoshi loves his drinks, and Larissa knows her taste buds...Larissa has been cooking since a young age, and started her culinary career in her mid teens, working many restaurants and local diners in Japan and in London, she gained her ideas how "precious" the regional cuisine is...She picks local ingredients and unique ingredients imported from Japan to create Kaizoku's food which is loved by many...Kaizoku also caters to vegetarians and vegans, so everyone can eat at our long table together. Growing slowly but steadily the last five and a half years until covid hit us badly...Since many Japanese and western patrons had to leave Cambodia, our sales went down by 50%, 6 months in, we're recovering but still at about 30% down comparing with previous years...During such a terrible timing, our landlord decided to sell his property and refused to renew our lease, we have been on a month to month scheme since July, which is a very unstable situation for us, but with the sales down so bad, it is very hard financially to move and renovate from scratch.
Our life is based in Phnom Penh and would love to be able to continue here,so here we seek support from our patrons and community.

【ゆったりできて日本食が出てくるバーってないよね】

私たちがお店を始めた当時のプノンペンは日本食レストランは30店舗ほど、店主は元畜産農家のため、肉料理には人一倍の思い入れとこだわりがあり、また開店してもその半分超のお店が2年以内に消えていくという厳しい状況の市場でした。おかみさんは農業(酪農・畜産)と食品加工業がバックグラウンドにあり、14歳のころから飲食店のキッチン勤務、20代前半で調理師免許を取得しました。マスターは大のお酒好きで、真のマリアージュと駄洒落は唯一無二がモットーでいろんなお酒とアテを試すのが趣味。2人で食べ歩く中であんまり落ち着くお店がないのが悩みでした。 「無けりゃ作っちゃえ」主義の本領発揮タイムです。1年かけて探した古い倉庫を4か月かけて自海賊酒場の肉料理はお客様に評判上々海賊の肉料理はお客様に評判上々!/Beef dishes@Kaizoku分達と大工1人で改装し、家族の食い扶持を稼ぐ旅路が始まりました。進出ブームも重なり3年目くらいのころには100店以上の日系レストラン/日本食(外国人経営含む)があり、淘汰の波は益々加速するようになりました。開店当時は「会員制」を謳い、仲間の予約からその友達の友達、そのまた友達へと口コミで少しずつ慎重に広げていくスタイルをとりました。正しくは完全予約制/紹介制だったのですが「会員制」の言葉が独り歩きし、プノンペンの他のお店と一線を画すようになりました。契機となったのが、とあるシンガポール在住のフードコンサルタントから、来月クライアントを連れて乗り込むからお店の特徴をあらわしたChef's menuを18人分用意してくれないか?と打診があったのが2年目。そんな客数の想定も経験もない当時、汗だくでなんとか乗り越えた一夜の熱気の中で気が付いた事は、一馬力のエアコンの微力さと、このレストランが潜在的に秘めた需要と斬新な合理性を持った可能性。そんな客数の想定も経験もない当時、汗だくでなんとか乗り越えた一夜の熱気の中で気が付いた事は、一馬力のエアコンの微力さと、このレストランが潜在的に秘めた需要と斬新な合理性を持った可能性。一日一組様限定。お客様が自由にアレンジして好きなようにデザイン出来るディナーを誰にも邪魔されず楽しめる。タイムロスフードロスゼロ。完全貸切オーダーメイド制で様々なコースを提供するスタイルへ変更。少し敷居が上がったので気軽に誰もが来店できる機会を設けようと、食べ飲み放題のイベント「おばんざいナイト」の開催を始めました。不定期で行っていましたが思いのほか人気が出たため月に3回まで増やしこちらも予約で40席が埋まるようになりました。

2018年からはふらっと立ち寄れるBar Kaizokuやお一人様Deナイト、などアラカルトでの利用もできるよう色んなニーズに試行錯誤しながら応えてきました。日本人スタッフも増え、少しずつ進化と呼べる変化を遂げてきた海賊酒場…

そこにやってきたのが【新型コロナウィルス】という目に見えない敵。医療制度が脆弱なカンボジアから退避させる、撤退を決意する会社や個人、そんなお得意様の流出が、ほぼ自粛がなかったプノンペンの夜の飲食店を着実に襲いました。私たちのお店は幸い一日一組限定で他にお客様はいません。そんな特異なスタイルだったからなんとかお客様に支えられ、この数か月間を何とかしのぐことができました。

We decided to open our joint over 6 years ago, when we could not find a comfortable speakeasy style dining and bar to relax in, with a good balance of delicious food and a variation of drinks all at one place. If there is none, then make one, has been our motto always so we started. We had to start as a"member's only" bar since there was some business disputes in the JP community back then and there was a lot of slandering, we didn't want such negative vibes in our precious joint. 2 years in, a food lover from Singapore approached me and asked if I could prepare a "Chef's tasting menu" for a group of 18 people who would fly in for a food tour in Phnom Penh. That was Larissa's first experience catering a full course menu with Japanese food,it was a success and we thought it was a great way for our guests to experience the everyday food that is eaten around Japan, because Sushi and Tempura is not what Japanese people eat daily, if you know what I mean. We opened doors for walk in guests, started our popular "Tapas Nights" too, widening our clientele slowly, exploring and surviving at the same time in the competitive market of Japanese dining in the city. That was until COVID hit...everything changed, we rarely have tourists but our main clients had restrictions to eat out from their work. Many also left the country, some had to close their offices and businesses and return home. Although we did not have a proper lock down like many other countries, the leaving expat population hit us hard enough barely staying afloat. But, our style has been 1 group booking per night...That is what kept us going through all this.


【苦難は次々やってくる】
ここまでやってこれたのはご贔屓にしてくれるお客様のおかげ、支えてくれる仲間や家族のおかげ。ハードルを一つ越えたとほっとしたらまた試練はやってくる。7月に規約更新を迎えるため大家さんとの交渉が急転、長期の更新はできないとの回答があったのは更新日の3週間前…種をまき六年をかけて根を張り枝葉を伸ばしてきたこの場所、まだまだ未熟ですがお客様に育んでもらい共に作り上げてきたこの店には愛着が無茶苦茶あります。売上激減している中、新規に移転工事する余裕も全くありません。悩みに悩む日々がまたやってきました。私たちはここで何をしたかったのか、どこか別の場所でできるのか?それはプノンペンなのか?日本なのか?またまた違う国なのか?この状況で新たな国に行くのは賢明ではないという判断で移転先を探すということに転換しました。


Four months in to the outbreak of COVID-19, it was time to renew our lease, we were not able to get any discount on rent, it was a tough few months. He decided not to renew the lease 3 weeks before the end of the term. We spent 6 years here, seeding, nurturing,growing our roots deep and our branches high...Our income is down by average of 40% and we can't move financially, but we can't stay on a risky rolling contract for ever...It isn't wise to move back to Japan when the Japanese economy is hit even harder...We decided to stay and start hunting again!


私たちの商品・お店のこだわり

【We are what we eat (drink)-私たちの肉体は私たちが摂り入れるものでできている】

飲食店で美味しいものが出てくるのは当たり前だと思っていました。幼いころから料理をしてきて、料理上手な人たちや飲食店経営者に囲まれてきたおかみさんはレストランで納得いかない物が出てくるっていうのはちょっとありえないという考えの持ち主。農家で育ち、自らも酪農と畜産牧場を経営し、生産者直売でお肉や乳製品とその加工品を製造販売してきた経歴からも素材ひとつ、盛り付けひとつにも相当なこだわりがあります。仕入れも業者やスタッフ任せにはしない、自分たちの足で動いて手に取り納得いくものを探す。牛肉だけで言えば部位ごとに6-7か所から吟味して仕入れます。仕入れても納得いかないものなら賄いになります。お客様からお金をいただく以上は徹底的に吟味し、妥協せずに精いっぱい愛情をこめて、ようやく皆さんが、少なくても自分たちが本当に満足できるものをお出しする。もちろん栄養バランスも考えながら…「何食べても美味しいね!」ってお客様に言われると頑張った甲斐があるなーとほっとします。
We are what we eat (drink)-私たちの肉体は私たちが日々摂り入れるものでできています。海賊酒場の御節/New years's Specials普段から食事が偏りがちの単身赴任のお父さんも、たまに海賊酒場できっちり栄養補給してくれたり、こちらで産まれたお子様の大切なお食い初めに立ち会わせてもらえたり、お正月は家族総出で3日かけて手作りする御節料理で一年の願掛けをしていただいたりと、その時々、節目でたくさんの方々にご利用いただいてきました。
Larissa grew up on a n organic farm/food factory producing dairy products, Japanese tea and vegetables, she was surrounded by talented chefs and restaurateur from a very young age, she thought all restaurants served great food, until she left home and saw the reality around her. Yes, you have to search for good food and restaurants. Since she grew up on a farm and could source decent ingredients, she was surprised how hard it is to get proper quality ingredients here in Phnom Penh. For an example, she hunts through 4-5 meat suppliers to find a variation of beef cuts. It's not getting on the phone and ordering like back in Japan (and you ca return the product if you're not satisfied). Our patrons are paying for a great experience, we must do our best to find the best to meet their expectations. It makes her happy when our customers says "I can order anything from the menu and it is all delicious!!", we thought that was normal but it is very hard to do here...

【唯一無二の空間とこだわりのお酒の数々、おふくろの味をベースとした創作和食】
ハレ(晴れ)の日とケ(褻)の日があれば、そこにつながる食生活も変わるもの。海賊酒場ではハレ(晴れ)の日もケ(褻)の日も用途に合わせて利用できるようお客様と対話を重ねたフルカスタマイズがモットーのお店です。お客様のワガママは全部聞きたい(笑)。
その日、その人だけのための料理や空間を、幸せな気持ちになってもらえると信じて丁寧に作り上げます。
お祝い事の高級なコース料理も、仕事帰りに一杯ひっかけながらカウンターの仲間とおしゃべりしたいときも利用できる…落ち込んでいても好きなもの食べて美味しいお酒呑んで。あ~楽しかった!また明日も一日頑張ろう!そう思いながら帰ってもらうことが海賊酒場のこの上ない喜びです。
人と人が食と酒を通してつながる、時と場所を忘れられる異空間を維持するために今、皆さまのサポートが必要です。
In Japanese we have an expression of "HARE (special day) and KE (ordinary day)", and the culinary specialties evolve around it. At Kaizoku Sakaba, you can experience both, and we will adjust and customize to your needs individually. From an anniversary booking for 2, up to a Birthday Party of 30 people, we are very flexible and we do our best to create the vibes and prepare food with love and passion. You can get extravagant, or you can come sit at the bar alone and have a light meal and drinks, it is all up to you! A speak easy bar is all about communication with who ever is at the bar on the night, a new experience every time you visit (we hope), and we would love to keep this culture going in this city.

【おねがい】

このクラウドファンディングを通じて集まった支援金は、移転先取得に係る費用(長期賃貸契約)とその物件の施工と備品や資材の仕入れ費用に充てます。できる限り家主さんにも負担をかけたくないし長期な関係を築くためにもお互い支えあえる関係でいるべきと考えていますので値切ったりはしたくないのです。支援で購入してくれたリターン(お食事券など)でご来店された暁にはスタッフ一同、心よりの感謝とおもてなしをもってご返礼とさせて頂きます。これは私たちの人生を懸けたお願いです。どうか私たちが輝いて働ける場所、酒場という庶民の心のよりどころ、国境と垣根を越えた日本の居酒屋文化を守る為に、ご支援の程どうぞよろしくお願いいたします。


The money raised through this crowdfunding campaign will be used to pay for the acquisition of the new premises (with a long-term lease agreement), the renovation of the property, and the purchase of equipment and materials. We don't want to put a burden on the landlord, and we don't want to haggle with them so we can build a long-term relationship with them during such hard times. When you are able to visit our joint in the new location,  you can use the purchased pre-paid vouchers, we will host you with gratitude and our gesture of hospitality. It was a hard decision to run this campaign, and to request all o you for support and we thank all of you who have made the decision to support us.  


【リターンのご紹介/Returns】

リターンはカンボジアにいらっしゃる方でお店へ足を運べる方と日本にいらっしゃって応援してくださる方で変わります。もちろん色々制限解けたらカンボジア行きたい!という方も大歓迎です!カンボジアにいらっしゃる方はUSD/JPYのレート分お得になりますよ♪

◆ 2ドリンク@海賊酒場-1,000円 (通常5.50USD-7.50USDのお飲み物2杯分) 
◆ 神出鬼没なバーの日@海賊酒場ご利用券、Thank you letter -1,500円(※1)
◆ 神出鬼没なバーの日@海賊酒場ご利用券10枚つづり、Thank you letter -14,000円(※1) 
◆ 2時間飲み放題券-2,000円 (ビール・焼酎・ハウスワイン・日本酒・ソフトドリンク、Thank you letter )
◆ 欲張り海賊コースお食事券(1名様分/通常、Thank you letter )-3,500円 
◆ Lavish コースお食事券(1名様分/通常、Thank you letter )-5,500円 【6枚以上同時に購入の方にはお店でキープできるKampot Passion fruit Rum または波照間島の泡波ボトル1本がリターンとなります】
◆ プライベートおばんざいパッケージ券(12名様分/2時間食べ飲み放題)-36,000円 【2020/12/31-2021/1/2引取限定、御節2名分($140相当)をリターンとします】 
◆ 応援の気持ちを届けたい券(お返しはパッションフルーツラム)→ 15,000円
◆ 応援の気持ちを届けたい券(お返しも海賊酒場の未来に託してくださる方向け、Thank you letter)→ 15,000円 
◆ 応援の気持ちを届けたい券(お返しも海賊酒場の未来に託してくださる方向け、Thank you letter )→ 30,000円 
◆ 応援の気持ちを届けたい券(お返しも海賊酒場の未来に託してくださる方向け、Thank you letter )→ 100,000円 

※海賊酒場で利用できるチケットは予約来店の場合に限ります。ウォークインの場合は※1以外は該当しませんのでご注意ください。日本から応援チケットは秋ごろより順次発送します。
※ご利用期間は移転先営業再開より1年間有効となります。
※お食事券は額面印刷単位となり、お釣りは出ませんのでご理解ください。

We have prepared several types of returns and ways to support us, some are donation based and some are a simple "Pre-Purchase tickets" you can use at our new location (we are aiming to move by early November). All the donations are based in Japanese Yen since this is a Japanese crowd funding site, you can calculate on the exchange rate, we have set it so you get a discount of some %%. We will also add more returns by demand.

◆ 2 Drinks@Kaizoku sakaba-JPY 1,000 (about $9.40) (For drinks sold at USD5.50-USD7.50)
◆ Bar Kaizoku Pre-paid ticket@Kaizoku Sakaba-JPY 1,500(※1)Delivered with a Thank you letter. 
◆ Bar Kaizoku Pre-paid tickets (10 tickets)@Kaizoku Sakaba-JPY 14,000(※1)Delivered with a Thank you letter.  
◆ 2 Hour free flow drinks ticket-JPY2,000(Beer, Shochu, House wine, Japanese sake, non alcoholic drinks)Delivered with a Thank you letter. 
◆ Greedy Pirates Course for 1 person(Regular price USD35/pax)-JPY 3,500 (minimum booking 4 pax) Delivered with a Thank you letter. 
◆ The Lavish Course for 1 person (Regular price USD55/pax)-JPY 5,500 (minimum booking 3 pax) 【A bottle of Kampot Passion fruit Rum or Awanami when using more than 6 tickets】Delivered with a Thank you letter. 
◆ Private Tapas Party package ticket for 12 people(Regular Price USD420/12pax, Free flow food and drinks for 2 hours)-JPY 36,000 【Osechi set for 2-3pax (Regular Price $140), pickup on December 31st-Jan 2nd 2021】Delivered with a Thank you letter.  
◆ An offer of support 【A】(A bottle of Kampot rum in return)→ JPY 15,000
◆ An offer of support 【B】(Thank you letter)→ JPY 15,000 
◆ An offer of support 【C】 (Thank you letter) → JPY 30,000 
◆ An offer of support 【D】 (Thank you letter) → JPY 100,000 

※All Pre-paid tickets are for people with prior reservations, you can't use them for walk-ins unless you purchase option ※1.
※ Returns of people who donated will be sent out as early as December after closing all the funding and books.
※The expiry date on the pre-paid tickets will be 2020/12/1-2021/5/31, please be sure to keep copy/digital copy.
※The pre-paid tickets will be calculated as the sum on the ticket, and there will be no change issued.


資金の使い道・スケジュール

【支援金の使用詳細】
●移転先取得費用  400,000円 (デポジット/保証料等)
●移転先改装費用 1,500,000円 (現店舗を彷彿させる空間づくり)
●備品購入費用   500,000円 (厨房器材・インテリア)
※下記の店舗を5年契約で取得できました。2020/9/8より工事開始しました。
Ground ZERO, Re: Birth...How we will spend the $$
【List of what needs to be done】(All will be in JPY since we're using a JPY system)
●Deposit and initial cost  JPY 400,000
●Renovations and updates JPY 1,200,000 
●Equipment upgrade JPY 500,000, Total, JPY 2,100,000 (about USD19,600)


【最後に】
新型コロナウィルスは地域にも世界でもいろんな方面から少しずつ予測できないダメージを与えていくことはになるでしょう。飲食業界は密になることが多いことから名指しで非難を受けることも多く、この数か月は耐えてきたお店も少しずつ閉店という判断をし始めるところも出てきて残念な限りです。飲食店がつぶれるとそこに納入している業者さんや農家さんにも影響が出てしまいます。
これから先私たち飲食店に関わる業界にも見えない波が少しずつ押し寄せるようになるかもしれません。それを食い止めるためにも踏ん張って、この空間でお客様に美味しいもの、かけがえのない時間を提供し続けて行けたらと思います。
事態が収束することはないかもしれません、でもそれでも陽は昇りまた沈みます。皆さんの憩いの場を提供できるように交流の場をこれからも守っていけたらと思います。ありとあらゆる業界で大変な状況の中、私たちへの温かい応援に心より感謝を申し上げます。また皆様と笑顔で新店舗で乾杯できる日を願って。I のある KA ZOKU, KAIZOKU。

隠れ処 海賊酒場 
St.63, トンレバサック@プノンペン (GWRG+X2 Phnom Penh
19:00-23:30 不定休

The world will be a different place from now on, post COVID will be tough especially on restaurants and entertainment industry. When a restaurant closes, it's not only the staff and the customer that gets affected, it is the suppliers, and the fisherman and the farmers, it is a long chain and many people that you didn't even think about when you sat down for a meal at your favorite place. Many have closed or is going to close, we are trying our best to stay afloat and keep doing our "thing", creating a comfortable space and serving delicious food and drinks.
We hope we can survive to be your favorite spot for the coming years, and we thank all of you for your support in the past, present and the future.
Let's have a toast at our new location everyone!!
Thank you very much, from Coro and Lari.

Kaizoku Sakaba, st.63@Phnom Penh


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。This project will be executed on an all-in basis. If we don't meet our goal, we will still execute our plan and deliver the returns.


  • 2020/11/17 01:54

    新しい海賊酒場の上は一昔前のアパートメントです。工事が始まってから発覚したうちのユニットを通っている上階の電線たち。大家さんもその存在を知らず(カンボジアあるある)、同意のもとで移設を試みるもあえなく失敗して上階が停電すること5日、復旧と整理まで入れて二週間以上工事がストップした恨めしい相手で...

  • 2020/11/06 15:22

    先週より工事再開しました。内側の壁も出来上がってきました。壁ができるとイメージができてきます。個室も今までの個室より若干広く8-10名ほど寛げるスペースになります。業者にはモルタル仕上げまでお願いして通常業務の合間に家族でペンキ塗りしてますよー。今週は結構進みましたね、一安心。進んでいるといろ...

  • 2020/10/19 14:44

    こんな状態から始めました。現在40%ほど。キッチンはほぼ完成に近づきました。個室の壁ができたらあとはカウンターやお酒を置く棚の追加になります。This is where we start...We were lucky to be able to find an empty box in th...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください