はじめに・ご挨拶

はじめまして。阿佐ヶ谷にあるトルコ料理レストラン「イズミル」を経営している、エリフ・アガフルです。

2002年に小さな店から営業をスタートし、その後阿佐ヶ谷に移転しました。これまでたくさんのお客様にお越しいただき、祖国の味を提供し続けて今年で18年となります。

店名である「イズミル」とは、エーゲ海に面するトルコ西部の都市で、その美しさから「エーゲ海の真珠」と呼ばれています。その名に合わせて、お店の壁には美しく鮮やかなトルコ産のタイルをちりばめ、ささやかながらトルコの雰囲気を味わっていただけるような造りになっています。

トルコ風の内装にもこだわっています

この度の新型コロナウイルスの影響で来客が急激に減り、このままでは皆様に愛していただいているお店を続けていくことが難しくなってしまうため、お店を存続させられるようクラウドファンディングを実施することを決めました。どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

3月頃から徐々に売り上げが下がり始めていたものの、料理を楽しみに来てくださるお客様に喜んでもらえるよう、何とか営業を続けてまいりました。しかし、緊急事態宣言が発令されてからは、営業時間を短縮したこともあり、お客様が一人もいらっしゃらない日が多くなりました。そのため、お店の営業と合わせ、一部の料理を除いてテイクアウトでの販売を開始しました。緊急事態宣言の解除に伴い、通常通りの営業時間に戻しましたが、例年の同時期と比べると来客が非常に少なくなっており、店舗存続の危機に陥ってしまっています。

こうした状況で、日頃から「イズミル」をご利用いただいているお客様とのつながりを感じる出来事が多くありました。遠方に住んでいる方から励ましのお手紙をいただいたり、「イズミルの料理が好きだから」と少しの時間でも料理を食べに来店してくださる常連のお客様もいらっしゃいます。また、電話で「イズミルをどうしても閉めてほしくない」というお声もいただきました。お客様からたくさんの励ましの言葉をいただき、お店を閉店するわけにはいかない、私たちに今できることをしなければ、という気持ちが強くなりました。



私たちの商品・お店のこだわり

私は、21歳の時に日本にやってきました。友人から勧められてレストランを始めようと決意し、家族や知人にレシピを聞きながら試行錯誤して現在のメニューを作り出しました。2012年からは、トルコ料理の名門組織「トルコ調理師協会」の日本代表に選出いただいています。

トルコはヨーロッパとアジアにまたがる広大な国土を持ち、また周りを海に囲まれていることから海産物が非常に豊富な国です。そのため、トルコ料理と一口で言っても、地方の伝統料理から家庭料理まで幅広い種類があります。「イズミル」では店主である私がシェフとして、多種多様な本場トルコの味をそのままお客様にお届けしています。

トルコの野菜料理のエッセンスが詰まった「メゼ」

実はピザのルーツと言われているトルコの「ピデ」

「ケバブ」などトルコを代表する肉料理

トルコ名物のアイスクリーム、イズミルでは完全自家製です



リターンのご紹介

ご支援いただいた皆様全員にお礼メールと、支援金額に応じたサービスをご用意しております。なお、サービスの有効期間は、2020年10月1日から2021年3月末日までとなっております。ご来店の際にお礼メールのご提示をお願いいたします。

・3,000円
お礼メール、バクラヴァ1皿(50層以上のパイ生地をシロップに浸しピスタチオを挟んで焼いた甘いお菓子)
当店でのお食事の際に、バクラヴァを1皿サービス致します。

・5,000円
お礼メール、カルシュク・メゼ(前菜の盛り合わせ3種)とパン1つ
当店でのお食事の際に、カルシュク・メゼにパンを添えてサービス致します。

・10,000円
お礼メール、メイン料理1品
当店でのお食事の際に、ケバブなどメイン料理から1品サービス致します。
※ご来店時にメニューよりお選びください。

・30,000円
お礼メール、コース料理(Aコース)2名分
当店でのお食事の際に、Aコース(サラダ・メゼ・エキメッキ・メイン料理・チャイ)を2名分提供致します。

・50,000円
お礼メール、コース料理(Bコース)2名分
当店でのお食事の際に、Bコース(スープ・サラダ・メゼ・エキメッキ・メイン料理・チャイ・デザート)を2名分提供致します。

メニューの詳細については、当店HP(https://asagaya-izmir.com/)をご覧ください。



資金の使い道

皆様からいただいた支援は、手数料を差し引き、残りの全額を店舗を存続させるための運転資金に充てさせていただきます。



日本とトルコの関係

実は、日本とトルコの間には100年を超える深い絆があります。このきっかけとなったのが、1890年に発生した「エルトゥールル号遭難事件」でした。

1887年、オスマン帝国から日本へと派遣された軍艦エルトゥールル号は、無事に日本に到着し明治天皇との謁見などの職務を行った後、本国への帰路に就きました。ところが、日本に接近していた台風の影響で、木造のエルトゥールル号は和歌山県串本町の沖合で座礁してしまいました。この事故によって、多くの乗員が海へと投げ出され、死者・行方不明者は500名にのぼりました。

こうした中、地元の人々や近隣住民が生存者を助けようと懸命に救助活動にあたり、結果として69名の命が救われることとなりました。彼らは十分に介抱され、このことを聞いた日本全国から義援金や物資が届けられたといいます。

その後、生存者たちは日本軍艦の「金剛」「比叡」によって、オスマン帝国の首都・コンスタンティノープルまで無事に送り届けられました。 

本年2020年、両国の絆を生んだこの歴史的な出来事から、日本とトルコは友好130周年を迎えます。トルコは今もなお、世界一の親日国として知られています。

駐日トルコ共和国大使館の正面玄関には、エルトゥールル号の模型が展示されています



最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。これからも日本の皆様にトルコ料理の味を楽しんでいただけるよう、何とかこの危機を乗り越えたいと思っています。そのために、どうか皆様のお力をお貸しいただけますと幸いです。温かいご支援をよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルスが終息した暁には、ぜひ一度私たちのお店「イズミル」にお越しください!


トルコ料理レストラン「イズミル」

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-13-2
パサージュ阿佐谷2F(JR中央線【阿佐ケ谷駅】北口 徒歩1分)

営業時間:17:30 ~ 24:00(ラストオーダー 23:00)
定休日 :毎週月曜

TEL 03-3310-4666、090-6045-4188(予約担当直通)
HP https://asagaya-izmir.com/ 


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/09/01 16:23

    「世界三大料理と言われるトルコ料理の魅力を伝えるレストランを存続させたい!」プロジェクトオーナーのエリフ・アガフルです。8月28日(金)をもちましてプロジェクトが終了しましたので、ご報告させていただきます。約1か月半の実施を経て、106名の皆様から計1,270,055円のご支援をいただきました...

  • 2020/08/14 16:26

    こんにちは、「イズミル」店長のエリフ・アガフルです。これまでたくさんのご支援をいただきまして誠にありがとうございます。皆様からいただいた温かい応援メッセージを読み、私たちのお店を愛し、支えてくださる方がこんなにもいらっしゃるということを改めて実感しています。新型コロナウイルスの影響はいまだ続い...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください