あしなが学生募金事務局・長野ブロック代表の二司昂大が立ち上げたプロジェクトページです。私たちは、毎年春と秋に街頭募金を行い、日本とアフリカの遺児達への奨学金の支援を行っています。しかし、今年の春の街頭募金が新型コロナウイルスの影響で中止となってしまい、進学や勉強の機会が失われてしまうかもしれません。

プロジェクト本文

 私たちあしなが学生募金事務局は毎年春と秋に街頭募金を行っています。街頭で皆様から頂いたご寄付は、親を亡くした遺児たちや親に障がいがあるため働くことが困難な家庭の子どもたちの奨学金として使われています。

 しかし、今年の春の街頭募金は新型コロナウイルスの影響で中止となりました。そのため、奨学金の不足により退学せざるを得ない遺児学生や進学を諦めてしまう高校生遺児が増加してしまう可能性があります。

あしなが学生募金中止の記者発表(2月26日・東京都千代田区にて)


  はじめまして。あしなが学生募金事務局・長野ブロック代表の二司昂大(にしあきひろ)です。

 後述でもありますが、遺児家庭の平均月収は一般家庭の半分以下となっており、普通に生活を送ることさえも苦しい状況です。そのため、高校の時からアルバイトを一般家庭より時間を多く費やして家計を助けている学生もたくさんいます。幼いときから貧しい生活をしてきた子どもたちは、家庭のことを考えて進学を諦め、就職する学生も多くいます。


 親を亡くしたから、親に障がいがあるからということだけで、進学を断念したり勉強の機会が失わてしまっていいわけがありません。


 今年度より大学無償化法が施行されたことで、大学進学へのハードルが下がることが予測されます。しかし、進学を諦める遺児がいることは確かです。また、新型コロナウイルスの影響でより進学を諦め、就職を希望する学生が多くなると思われます。

 将来のために大学進学を望んでいる遺児たちを助けるため、また、遺児たちの現状と支援の必要性を伝えるために、これまであしなが学生募金を行ってきました。しかし、今年の春は新型コロナウイルスの影響で中止となりご寄付が集まらない状況にあります。

 そこで、昨今の事情から街頭募金を実施することが困難であると考え、新たにネット上でご寄付を募り、遺児の現状を伝えることにしました。街頭のように直接皆様に苦しい現状を訴えることができませんが、私たちの想いはネット上であっても変わりません。


 親を亡くしても、親に障がいがあっても「進学できる」「勉強できる」ことを当たり前にできるよう、みなさまからの温かいご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

姫路駅での募金の様子


 あしなが育英会の調査によると、遺児家庭の平均月収は14万6,380円(*1)となっており、生活保護受給率は12.8%24(*2)に及びます。奨学金なしでは大学・専門学校の学費を捻出できる水準には到底達していません

(*1)2018年奨学生家庭の生活と教育にかんする実態調査

(主査・副田 義也=筑波大学名誉教授・社会学)

(*2)生活保護の被保護者調査(平成30年7月分概数厚生労働省)


 そのため多くの遺児学生たちは、学費を奨学金で、生活費をアルバイト代で賄っています。しかし、学生のアルバイトはそのほとんどが接客業です。昨今の情勢のなかでアルバイトのシフトが日に日に削られ、思うように生活費を稼ぐことができなくなっています。さらに、街頭募金の中止により奨学金の資金源確保にすら暗雲が立ち込めており、遺児学生とそのご家庭の多くが、並々ならぬ不安感を抱えながら日々を過ごしている状況です。


 本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として大切に使わせていただきます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  

 一般財団法人あしなが育英会より、年間活動報告書と受領証明書を発送いたします。(どちらも2021年2~3月頃に郵送にてお送りします)


 あしなが育英会公式サイトより継続寄付者になってくださる方には活動報告書のほか、寄付種別に合わせて、奨学生から手書きのハガキ(年1~2回)、アフリカのウガンダ共和国であしながの支援を受ける子どもたちからのカード(年1回)、機関紙などをお送りしております。


 私自身も、遺児学生の一人です。

 大学2年の時に父が倒れ重度の障害を負い、私と弟の学費や生活費は母親のみに頼ることになってしまいました。また、父親が倒れたことへのショックが大きく、かなり悲観的になってしまっていました。


 そんなときにあしなが奨学金に出会うことができました。


 あしながに出会えたことをきっかけに、金銭面で心配することなく現在も大学に通えるようになったのはもちろんのこと、街頭募金などの活動を通して同じ境遇を持った仲間たちとで会うことができ、心に抱えていたものが晴れました。


 私は、あしなが奨学金のおかげで大学に通うことができ、大切な仲間と出会うことができましたが、次の世代の遺児たちも同じように奨学金が借りられるとは限りません。一人でも多くの遺児たちが進学したり、勉強したり出来ますよう、みなさまのあたたかいご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


 50年以上の歴史を持つ遺児支援のための学生団体です。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金活動では、毎回のべ1万人のボランティアスタッフの参加があり、年間約2億5千万円のご寄付を皆様からいただいております。募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・AAI事業)のために使われています。

 ウェブサイトはこちら:あしなが学生募金事務局HP



 病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。あしなが育英会の奨学金によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:あしなが育英会HP


『すべての遺児に教育の機会と心のケアを』というスローガンのもと、世界中から私たちの活動に賛同・支援してくれる100名のファンドレイザーを募集し、2021年3月までのキャンペーン期間中に100億円の寄付を達成することを目指す、グローバル・ファンドレイジング・キャンペーンです。このキャンペーンのもと、日本だけでなく海外でも、大小さまざまなキャンペーンを実施していきます!個人でもグループでもご参加いただけます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください