新型コロナウイルスの影響により仙台の奥座敷・秋保(あきう)町へ来られる観光客が激減し、多くの事業者が苦境に立たされています。 このたび秋保町内の31事業者が立ちあがり、クラウドファンディングを通じて秋保の魅力の発信と秋保への観光客誘致を目指します。 ぜひ応援のほどよろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

はじめに

こんにちは、株式会社仙台秋保醸造所(秋保ワイナリー)の代表、毛利と申します。

このページをご覧いただき本当にありがとうございます。

今回、仙台にある秋保(あきう)町を応援するクラウドファンディングを立ち上げ、発起人としてプロジェクトを進めております。

いま、新型コロナウイルスの影響により日本全国の事業者のみなさんがかつてない苦境に立たされています。私が事業を営んでいるここ、仙台の秋保町も例外ではありません。

秋保はかつて伊達政宗公も癒しに訪れた仙台を代表する温泉地。観光を軸としてこれまで多くのみなさんにお越しいただいております。2011年の東日本大震災を乗り越え、少子化や過疎化といった課題を抱えながらも、すこしずつ移住者も増えてきて、おしゃれなカフェや家具屋さん、クラフトマルシェの開催など新たな風が吹きはじめていました。

私のことで言うと、2014年秋保の地にぶどう園を開設、2015年にワイナリーをオープンさせていただきました。用地の確保、旅館や飲食店でのワイン提供、各種イベントやコラボ商品・・・秋保の多くの事業者の方々に支えられ、新たな産業として一歩ずつ歩んで来ました。

秋保のみなさんにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

少しでも恩返しをしようと、2020年のオリンピックを目標に国内外からの観光客誘致に向けて秋保の魅力を発信する準備を進めていた矢先―――

新型コロナウイルスの影響により状況は一変。準備を進めてきたプロジェクトは中断し、秋保町へ来られる観光客も激減。秋保の多くの事業者が苦境に立たされてしまいました。

コロナの影響がつづく中ですが、秋保を応援したい思いでこのたび秋保町内の31事業者と力を合わせ、クラウドファンディングを通じて秋保の魅力の発信と秋保への観光客誘致を目指します。 

ぜひ応援のほどよろしくお願いいたします。


こんなにすてきな人たちが、秋保にはいます。

秋保には多くのクリエイターがいて、業種を越えてクラフトマーケットやマルシェ、展示会の開催などを行っています。

多種多様な事業者が集うことで化学反応が起き、新たな魅力も生まれました。

たとえば今回のリターンのひとつでもある冊子「AKIU BRAND MAKERS(アキウブランドメイカーズ)」。

秋保在住のカメラマンと編集者、秋保ワイナリーのロゴデザインを担当したデザイナーがタッグを組み、秋保の事業者と魅力を発信する冊子を自主制作で作りました。

”秋保ブランドを作っていく人たち”という意味を込めて、「アキウブランドメイカーズ」と呼ばせていただいています。

県内でも「最近、なんだか秋保がアツい!」と注目を浴びるようになってきました。

今後もレストランやクラフトビール工場の建設計画があり、秋保の魅力に惹かれたクリエイティブな人たちがすこしずつ増えていくことかと思います。

今回のプロジェクトでは、そんなクリエイティブな秋保を作り出す31事業者が集まりました。みんなで一致団結してこの困難に立ち向かいます。

これがきっかけとなり、すでに事業者間でも新たなつながりが生まれていることは本当にうれしいことです。

ぜひこの想いを力に変えて、秋保の魅力の発信と新たな魅力の醸成を拡げていきたいと願っております。


秋保を満喫できるリターンをご用意しました!

私たちのリターンでは各事業者が心を込めて創ったオリジナルの商品と、後日秋保にお越しいただくための応援チケットをご用意しました。

2020年9月には参画事業者でスタンプラリーを開催予定です!応援チケットを持って訪れ、事業者の方々と交流を深めていただきたいと考えております。

ぜひ秋保のファンになってください!


リターン1.3,000円のコース:秋保のクリエイティブな事業者を紹介した冊子「秋保ブランドメイカーズ」 ※このコースには応援チケットはありません。

リターン2.各事業者オリジナル商品+応援チケットコース:秋保の各事業者のオリジナル商品と参画事業者にて共通で利用できる応援チケット(商品券3,000円分)のセット。

各事業者のオリジナル商品の売上はすべて事業者への支援金とします。

資金の使い道・実施スケジュールにつきまして

各事業者への売上、支援金、応援チケット費等

事務費(応援チケットの作成、クラウドファンディング開催チラシの作成、スタンプラリー開催事務費用(チラシやマップの作成)等

2020年7月10日:クラウドファンディング開始

2020年8月31日:クラウドファンディング終了

2020年9月1日:返礼品送付開始

2020年9月1日~11月8日:スタンプラリー開催

※応援チケット有効期限(2020年9月1日~2021年2月28日)

※プロジェクト終了後応援チケットは速やか発送しますが、工芸品等支援決定後に制作する商品は発送まで多少時間がかかる場合があります。詳細の日程は各事業者にご確認ください。

※応援チケットの取り扱いについて
現金との換金はできません。会計時に応援チケットを使用したものについてはつり銭はでません。押印のないものや有効期限がきれたものについては使用できません。紛失した場合の再発行はできません。

さいごに

今回お声がけした事業者の中には、コロナの影響により事業の存続が心配であることから辞退された方もおります。

9月以降のスタンプラリーでは、今回クラウドファンディングに参加いただけなかった事業者も仲間に加えてみなさんをお迎えしたいと思っております。

それまで力を合わせて頑張ってまいります。

仙台の奥座敷・秋保町の活性化は、近隣の作並温泉・定義・川崎町・山寺(山形)の交流人口拡大にもつながります。

近隣の地域では応援チケットはご利用できませんが、近隣地域にもすばらしい観光名所や飲食店、ウィスキー蒸留所、ワイナリー、酒蔵もあります。

秋保にお越しの際はぜひ周辺地域にも足を運んでください。みなさんのお越しを心よりお待ちしております!


【大滝不動尊 西光寺を支援する】

【アキウ舎を支援する】

【秋保神社を支援する 】

【秋保の杜 佐々木美術館&人形館を支援する】

【秋保パン 食堂コッペを支援する】

【秋保藁の家を支援する】

【石神窯を支援する】

【いまここ食堂 Imacoco citta 農園を支援する】

【大滝自然農園を支援する】

【太田豆腐店を支援する】

【海馬 Glass Worksを支援する】

【CLASSOCO FURNITUREを支援する】

【ガラス工房 元を支援する】

【ガラス工房 尚を支援する】

【木とうるし 樹乃詩を支援する】

【Kukkaを支援する】

【熊野銅を支援する】

【SOBAtoGALETTE あずみのを支援する】

【福聚山 慈眼寺を支援する】

【仙台秋保醸造所 秋保ワイナリーを支援する】

【手打ち蕎麦 二代目たまき庵を支援する】

【手作りソーセージ工房 vienna29を支援する】

【天守閣自然公園を支援する】

【Dottoreを支援する】

【なないろアウトドアを支援する】

【覗橋パークを支援する】

【Hygge Cafe Green Shootsを支援する】

【Plant Vineyardsを支援する】

【metta sweets アメツチナナイロを支援する】

【森のはちみつを支援する】

【わたしの雑貨&セラピー らべんだぁを支援する】

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/07/28 12:55

    秋保パン食堂コッペ今回の本プロジェクト参画事業者紹介は、秋保パン食堂コッペです!秋保里センターから徒歩1分のところにあり、先日紹介した覗橋パークからも徒歩2分で行くことができます。こちらは名前の通り、コッペパンをメインにお食事の提供(テイクアウト可能)をしております。メニュー数も充実しており、...

  • 2020/07/23 17:55

    本プロジェクトに支援いただいた支援者様とページをご覧いただいている皆様平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。プロジェクト本文に応援チケットの有効期限について誤った内容を記載してしまったことが発覚し、お詫びと内容の訂正についてのお知らせでございます。応援チケットの有効期限について本文...

  • 2020/07/23 14:36

    覗橋パーク今回の本プロジェクト参画事業者紹介は『覗橋パーク』です!覗橋パークは、秋保の観光スポットとしても知られているのぞき橋の目の前にあります。のぞき橋がなぜ観光スポットなのかというと、こちら、岩がハートの形になっているのです!写真は今年の1月のときのものですが、秋保出身の私がよく小中学生く...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください