毎月のスマホ料金は節約できるが、データ通信が遅いブランドも多い格安SIM。実際の通信速度は契約するまで分からないので、契約後にSNSの画像が読み込まれない判明で1年間涙目&ぼっち必至!そんな課題を解決し、みんなが安心して格安SIMを選べる新サービスを作る!脱シムぼっち!

プロジェクト本文

プロジェクトの目次です。

1.はじめにご挨拶
2.格安SIMが抱える問題点「遅い通信速度と複雑性」
3.過去には通信速度を比較した記事に大反響があった
4.格安SIMリアルタイム通信速度比較【SIMW】とは?
  ・気になる格安SIMブランドの速度を比較
  ・通信速度データを期間別に表示
  ・他のWEBサイトにも自由に埋め込み可
5.どういう仕組みなの?「ブランドの数だけiPhone6sを使います(涙)」
6.資金の使い道「iPhone6sの購入費用とSIMWの開発費用」
7.なぜCAMPFIREなの?「ユーザーの声を反映する製品づくりを目指す」
8.このプロジェクトで実現したいこと「通信業界に透明性を」
9.このサービスの最終形態(理想像)「日本全国の通信状況を可視化する」
10.リターンのご紹介

▼はじめにご挨拶

初めまして。山本です。私たちのプロジェクトページにお越しいただき、本当にありがとうございます。


私は、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えた格安SIMユーザーです。毎月の携帯代は、半分以下に落ちましたが、通信速度に不満を感じています。

乗り換え時も通信速度については調べましたが、まともな情報が出てこなかったので、なんとなくで選ぶしかありませんでした。

私と同じように、「格安SIMに乗り換えたけど、他に通信速度の速いブランドはないかな?」「格安SIMに興味はあるけど、遅くならないブランドはどこ?」といったユーザーの不満や不安を解消する「格安SIMの通信速度を比較するサービスがあったらいいなぁ」と考えるようになりました。

▼格安SIMが抱える問題点「遅い通信速度と複雑性」

格安SIMの最大の問題点は、通信速度が大手携帯キャリアと比べると遅いことです。通信速度は格安SIM事業者によって大きく異なり、特に、通勤時や昼時はまともに繋がらないようなブランドもあります。

一方で、格安SIM事業者は600社を超え、乱立状態となっています。さらに各社が数十プランを用意しています。このように、格安SIM業界は非常に複雑なので、ユーザーはもはやどれを選べばいいのか分からない状態です。

そこで、通信速度がリアルタイムに公開されていて、それを比較できるサービスがあれば、社会のお役に立てると考えました。

▼過去には通信速度を比較した記事に大反響があった

実験的に、大手携帯キャリアと格安SIMを含む19ブランド(21プラン)の速度調査を行いました。その記事(格安SIMの実際の通信速度をガチ比較!主要MVNO16社に大手携帯3社を添えて)は、通信速度を可視化した100枚のグラフの効果もあり、大きな反響がありました。

ユーザーが、格安SIMの通信速度に大きな関心を寄せていることを確信したのです。

 

ただし、この調査は人海戦術で、実際にスマホとSIMを持ちながら都内4箇所を巡り、合計420回スピードテストを行いました。グラフ化にも一週間以上かかり、とても大変でした。 

「格安SIMの通信速度を知りたい」というニーズに対して、「自動」で「リアルタイム」に情報を届けられないかな?と悩み続けた結果、SIMWのコンセプトを思いつきました。

▼格安SIMリアルタイム通信速度比較【SIMW】とは?

【SIMW(シムゥ)】とは、主要な格安SIM事業者の通信速度を自動的に計測し、そのデータをリアルタイムに公開するサービスです。契約する前には分からない格安SIMの「実際の通信速度」を公開します。

【SIMW】は、3つの機能を備えています。

  ・気になるブランドの通信速度を比較
  ・通信速度データを期間別に表示
  ・他のWEBサイトにも自由に埋め込み可

 

気になる格安SIMブランドの速度を比較

気になるブランドで絞り込んで、通信速度の比較が可能です。

シェアの高い以下のブランドの計測を検討しています。

1.IIJmio
2.mineo
3.OCNモバイルONE
4.楽天モバイル
5.BIGLOBE SIM
6.DMM mobile
7.LINEモバイル
8.FREETEL
9.nuroモバイル
10.イオンモバイル

通信速度データを期間別に表示

通信速度のデータを期間別に表示できます。

[過去24h][前日][前々日]を見れば、通信の安定性が分かります。例えば、通勤時やお昼時に通信速度が遅くならないブランドが分かります。

[過去1週間][過去1ヶ月][過去1ヶ年]を見れば、通信速度の全体感が分かります。

他のWEBサイトにも自由に埋め込み可

ブログやニュースサイトなどで共有できる「埋め込みリンク」を発行します。指定したブランドと期間の計測結果を共有できます。

これによって、誰でも自由にこの情報を使用することができます。

▼どういう仕組みなの?「ブランドの数だけiPhone6sを使います(涙)」

【SIMW】は、実際の利用者と同じ環境を目指し、「iPhone6s」で通信速度を計測します。

iPhone6sが24時間、年中無休、眠らずに、頑張ってスピードテストしてくれる予定です。そのデータを自動でサーバーに送り、結果をグラフ化して表示します。

▼資金の使い道「iPhone6sの購入費用とSIMWの開発費用」

調達資金は、以下の2点に活用させて頂きます。

・通信速度を計測するための端末「iPhone6s」購入費用
・【SIMW】サービス開発費用

【SIMW】は、ユーザーの実際の利用環境に近づけるため、1台のiPhone6sに対して1枚のSIMカードのデータ通信を行っています。そのため、格安SIM10ブランドの通信速度を計測するには、少なくとも10台のiPhone6sが必要です。現在、5台のiPhone6sは調達済みです。なので、さらに追加で5台のiPhone6sが必要です。1台あたり約5万円です。

また、【SIMW】のサービス開発資金としても活用させて頂きます。開発には、専門の開発会社にも協力を仰いでいます。可能な限り費用を抑えながら、UIとUXの質を高めるために、オープンソースの活用を予定しています。

仮に調達額が超過した場合は、サービスの拡充機能の開発に充てさせて頂きます。具体的にはスピードテストアプリを開発・公開し、日本全国皆様からのデータを集め、一地域にとどまらない通信速度の可視化を目指します。

▼なぜCAMPFIREなの?「ユーザーの声を反映する製品づくりを目指す」

昨今のWebサービスは、リーン開発が主流です。リーン開発とは、最低限の機能でリリースし、その後ユーザーの皆様のフィードバックを受けながら改善をしていく開発手法です。

リーン開発において、ユーザーの声は何よりも大切です。なので、今回はCAMPFIREで募集することに決めました。

▼このプロジェクトで実現したいこと「通信業界に透明性を」

【SIMW】を通じて、通信業界に透明性をもたらしたいと考えています。

総務省は、大手携帯キャリア3社に対して通信速度の計測と開示を求めています。実際にau、ソフトバンク、ドコモは公式HPで自社の実効通信速度を発表しています。また、2017年度中にはMVNO(格安SIM事業者)にも同様に、実効通信速度の計測と開示を求めると発表しています。

しかしながら、事業者自身が行なう計測と開示されたデータには以下のような課題があります。

・自社にとって有益なデータのみを選別し開示している可能性が残る
・ユーザーにとって分かりづらい表現を用いてデータを公開している

例えば、一部の事業者が、自社の通信速度を「最速だからシェアNo.1」という表現を用いていたのが最近問題になりました。それに対して、総務省は、その根拠は乏しいとして、行政措置を行いました。

さらに、事業者が通信速度を開示したとしても、一般消費者にとって分かりやすい形で公表されるとは限りません。

SIMWは以上のような課題を解決するサービスです。つまり、第三者機関として、誰にでも分かるような形で、通信速度を公開します。そして、通信業界を透明にし、ユーザーの最適なサービス選択に貢献します。

▼このサービスの最終形態(理想像)「日本全国の通信状況を可視化する」

SIMWは、「都内一箇所のみ」の「限られたブランド」の「限られたデータ」の比較から開始します。

そして、最終的には「日本全国」の「全てのブランド」の「大量のデータ」の可視化を目指します。

その際は、Uberが提供するオープンソースを活用する予定です。

SIMWを通して、「日本全国」の「全ての格安SIMブランド」の通信速度を誰でも契約前に比較することができ、ユーザーのサービス選択を快適にしたい!

皆様からの暖かいご支援をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

※なお、サイトの仕様(見た目や機能)は告知なく変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

▼リターンのご紹介

今回のプロジェクトにご支援いただきやすいように、魅力的なリターンをご用意させていただきました。

【いいね!コース】500円
・サンキューレター

ご支援いただいた感謝を込めて、手書きのサンキューレターをお送りさせて頂きます。サンキューレターは、PDFにしてメールにて送付いたします。

【応援コース】3,000円
・サンキューレター
・サイト内にパトロン名掲載(2年間限定)

サンキューレターに加えて、ご支援いただいたパトロンのお名前を当サイト内にて掲載をさせて頂きます。なお、掲載するお名前については、Twitterアカウント名やご希望のペンネーム等でも構いません。

【格安SIMコンサルティングコース】8,000円
・サンキューレター
・サイト内にパトロン名掲載(2年間限定)
・格安SIMコンサルタントがお電話にて最適な格安SIMをご提案

サンキューレターとパトロン名記載に加えて、格安SIMコンサルタントがお電話にて最適な格安SIMをご提案いたします。格安SIMのコンサルティングは、30分を予定しております。

【製品リリース発表会&パーティコース】15,000円
・サンキューレター
・サービスにパトロン名掲載(2年間限定)
・本製品リリース発表会とパーティに無料ご招待

サンキューレターとパトロン名記載に加えて、本製品【SIMW】のリリース発表会&パーティに無料でご招待致します。場所は、東京都内を予定しており、プロジェクト終了後に改めてご連絡させて頂きます。また発表会当日は、メディアが来る可能性も?ぜひ私たちと製品発表会を楽しんで頂きたいと思います。

【iPhoneユーザーコース】30,000円
・サンキューレター
・サービスにパトロン名掲載(2年間限定)
・本製品リリース発表会とパーティに無料ご招待
・ロゴ+お名前の入ったケースプレゼント

サンキューレターとパトロン名記載、発表会&パーティご招待に加えて、SIMWロゴとパトロン名を刻印したiPhoneケースをプレゼント致します。Apple社製のiPhoneシリーズをお持ちの方限定のリターンです。プロジェクト終了後にiPhoneの機種名などお伺いさせて頂き、後日iPhoneケースをお届け致します。

【通信速度調査隊コース】60,000円
・サンキューレター
・サービスにパトロン名掲載(2年間限定)
・本製品リリース発表会とパーティに無料ご招待
・高尾山とスカイツリーに登って、一緒に通信速度調査をする

サンキューレターとパトロン名記載、発表会&パーティご招待に加えて、私山本と一緒に通信速度調査に旅に出かけませんか?東京都内の高尾山とスカイツリーに登りながら、各ブランドの通信速度を計測してみるツアーです。高い場所では、どのブランドが速いのか?遅いのか?確認しに繰り出しませんか?

なお、通信速度調査隊コースは、5名様に限定させて頂きます。また、プロジェクト終了後に、コース実施のため日程調整等を含めてご連絡をさせて頂きます。


【インベスターコース】100,000円
・サンキューレター
・サービスにパトロン名掲載
・本製品リリース発表会とパーティに無料ご招待
・SIMWがアプリ化する際に、使用したiPhone6sを献上

サンキューレターとパトロン名記載、発表会&パーティご招待に加えて、SIMWでの使用を終了したiPhone6sをプレゼントさせて頂きます。

SIMWプロジェクトは、今後アプリ化する予定です。その際、iPhone6sは役目を終えることになります。SIMWプロジェクトで使用したiPhone6sをご支援頂いた方の元にお返しするリターンです。私たちのプロジェクトにご支援頂いた記念品とお納め頂きたいと思います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください