はじめに・ご挨拶

こんにちは。邑楽ユナイテッドFC代表の中村和也と申します。邑楽ユナイテッドFCとは、群馬県邑楽町を中心とした東毛地区(群馬県の東部)に根ざし、将来的なJリーグ加盟を目指して活動している社会人サッカークラブ です。2019年に設立し、2029年までにJリーグへ加盟することを目標とし、日々活動しています。私たちは、このサッカークラブの活動を通じて、サッカーをする楽しさ、応援する楽しさ、夢や希望を伝えていきたいという想いで活動しております。そして、そんな活動を通じてこの地域の人と人が強い絆で繋がり、温かい地域になればと考えています。その過程の中で、Jリーグという素晴らしい舞台で私たちが活躍することはとても大事なことだと考えています。私たちは本気でJリーグを目指しています。

クラブ設立経緯

私は生まれも育ちも邑楽町で、高島小学校、邑楽中学校、館林高校と地元のサッカー部でずっとサッカーをしてきました。高校生まで、本当に一生懸命サッカーをしてきました。小学校、中学校と県大会にも出られないような選手でしたが、高校生最後の選手権群馬県予選でベスト4に入ったことは、自分の短い人生の中でとても大切にしている思い出です。

大学生に進学すると、プレーヤーとしてサッカーに関わることに一区切りをつけました。正直に言って、プロサッカー選手になれるほどの実力もなく、それでもサッカーに向き合うことに疲れてしまっていました。しばらく大学生活を謳歌していたのですが、次第に熱く打ち込める何かを求めるようになり、モヤモヤとした時期を過ごすようになりました。大好きなサッカーとの関わり方を競技する以外で模索していたところ、スポーツビジネスを取り上げている本や雑誌に出会い、サッカークラブを立ち上げたいと思うようになりました。自分だけがサッカーを楽しむのではなく、熱い仲間と一緒にクラブを運営する側でサッカーを盛り上げて行けたらどんなに楽しいのだろうと、心が躍るような想像をしていたことを覚えています。これが、私がサッカークラブを立ち上げたいと思うようになったきっかけです。

また、私は社会人となってから、東京の商社で5年間、サッカーJ1リーグのベガルタ仙台で3年間働かせていただきました。邑楽ユナイテッドFCを設立するにあたり、ベガルタ仙台のフロントスタッフとしての経験から特に大きな影響を受けました。

ベガルタ仙台は、サポーター・スポンサー、取引先、関係者、、たくさんの方に支えられ、Jリーグという厳しい舞台で戦っています。東日本大震災からの復興を目指す地域とクラブの一体感はとても心打たれるものがありました。時に厳しく時に温かくクラブを応援してくださるサポーターはとても頼りになる心強い存在でした。個人的にすごく印象的だったのは、2014年から2017年までベガルタでプレーをしていた野沢選手の応援チャントです。野沢選手は長らく鹿島アントラーズでご活躍されていた選手ですが、その選手のベガルタでのチャントに「俺 ら の 野 沢」という一節があります。私はそのチャントから強烈にサポーターの愛を感じ、何度聞いても感情が高まるお気に入りのチャントでした。素晴らしい環境で働かせていただいているうちに、次第にうらやましいという感情が出てくるようになりました。私の生まれ育った地元に、ベガルタ仙台のようなクラブができたらどれだけ素晴らしいだろうと考えるようになりました。このことが、邑楽町に帰る気持ちが固まった決定打となりました。

クラブを立ち上げた思いやきっかけについてはこちらでもご紹介しています(20年4月撮影)

ゼロからのスタート

クラブは2019年に設立・法人化をしましたが、最初のメンバーは私と、双子の弟を合わせた3人でした。弟も地元でずっとサッカーをしてきたサッカー小僧でした。それぞれ仕事をしている社会人で家庭もありますが、私の挑戦に身を粉にして協力してくれています。弟だからといって当たり前のことではないと思っています。本当に心強い仲間です。私と弟たちで自分たちのサッカー仲間に声をかけて地道にメンバー集めを行いました。(クラブ初めての練習は5人でスタートしました。)
徐々にメンバーも増えてきて、初めてのシーズンが開幕する頃には20名近くの選手が所属してくれることになり、無事に群馬県サッカー協会にチーム登録をして県リーグ3部を戦うことができました。またそれと同時に今まで社会人生活でお世話になった先輩や上司、同僚、仕事を通じて知り合うことのできた社外の方々、昔からの友達や先輩、後輩あらゆる方々に自分の思いをお話しし、ひとり、またひとりとご協力してくださる方が増えていきました。現在では、パートナー企業18社、ファンクラブメンバー60名に支えていただき、活動を続けています。また、現在の邑楽ユナイテッドメンバーは選手21名、チームスタッフ1名(富山)、運営スタッフ3名(国井・山﨑、中村)と、合計25名となりました。


このプロジェクトで実現したいこと

選手がよりサッカーに集中できるトレーニング環境を強化したいと考えています。私たちはまだ群馬県2部リーグを戦うクラブですが、Jリーグ加盟に向けて毎年一つずつ※所属カテゴリーを上げていく必要があります。今シーズンは選手のパフォーマンスの向上や試合を発信することで認知を高めていきたいという狙いで自動で試合を撮影してくれるveoというビデオカメラ機材を購入しました。現在所属している選手がより良いパフォーマンスで試合に臨めるように、また良い選手が邑楽ユナイテッドFCでプレーしたいと思ってくれるような環境を作ることが必要だと考えています。
※群馬県2部リーグの上は1部リーグ、その上は関東2部リーグ、1部リーグ、JFL、J3というカテゴリー構造となっています。




キャプテンコメント

こんにちは。邑楽ユナイテッドFCキャプテンの中村亮太です。私たちは群馬県の東毛地区を中心に活動するサッカークラブです。選手の大半が東毛地区に縁があり地元愛の強いサッカークラブでもあります。選手は日中仕事をし、平日の夜と休日にサッカーの練習、試合をしています。サッカーを通じて地元を盛り上げ地元に恩返しをしたいと強く思っています。私たちは、実力も実績もまだまだで、本当にこれからのチームですが、応援して良かったと思って頂けるよう全力で頑張ります。また、試合を見に来て頂けたら嬉しいです。全力プレーをお見せすることを約束します。皆様から頂いたご支援は必ず結果で示します。ご支援、ご協力のほどよろしくお願いします。


資金の使い道

今回のクラウドファンディングでは100万円を目標金額としています。
100万円の使い道は以下になります。
【50万円 ウエイトトレーニング機材の購入費】
ベンチプレス・バーベルスクワット・デッドリフト ができるマルチラックセット等の機材を優先的に、集まったお金の範囲内で購入します。他人を気にせず、時間を気にせず、選手がより集中してウエイトトレーニングができる環境を整えることが目的です。
【50万円 トレーニングウェア、移動着、トレーニング消耗備品の購入費】
クラブで選手に貸与しているウェアを購入します。クラブのウェアの充実は選手の経済的負担を軽減します。また、みんな揃ったウェアを着用することでクラブの一体感が増し、より魅力的なチームとうつります。また、日々のトレーニングで使用するボール、ビブス、マーカーなど消耗備品を購入します。


リターンのご紹介

A.オンライン座談会(画像はイメージです)


B.オリジナルエコトートバッグ


C.オリジナルシャツ


D.邑楽ユナイテッドFCユニフォーム着用似顔絵イラスト

E.オリジナルシャツ+オリジナルエコトートバッグセット


F.オーセンティックユニフォーム


G.【限定1枠!1組2名様以下】公式戦ベンチで観戦権利



H.【限定10本!】mikotoコラボオリジナルシルバーリング


リターン一覧

実施スケジュール

8月3日 クラウドファンディングスタート
9月5日 クラウドファンディング締め切り
9月下旬以降 準備ができ次第、順次発送します。

最後に

今回の企画は運営メンバー3名とファンクラブメンバーの中から手を挙げてくれた2名の合計5名で企画を進めてきました。手探りではありましたが、何とか実施までくることができました。


また、企画の準備段階にも関わらず、群馬テレビさんや上毛新聞さんにも取り上げていただきました。


一人でも多くの皆さんにクラブのことを知っていただき、ご支援・ご声援をいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。
オフィシャルホームページはコチラ


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/09/07 21:16

    8/3(月)からスタートしたクラウドファンディングですが、皆様のおかげさまで最終日に目標の100万円を達成することができました。本当にありがとうございます。140名もの方々に、私たちの挑戦の背中を押していただけたことにとても感謝しつつ、このご支援をクラブの強化に結び付けて結果でお返しできるよう...

  • 2020/09/02 19:04

    9/2(水)クラウドファンディングも残り3日となりました。現在ご支援いただいている方は100名を超えました。驚きと喜びでいっぱいです。本当にありがとうございます!!また本日はリターンでもある、ご支援いただいている方のお名前掲載ページを邑楽ユナイテッドFCのHPで先行公開いたしました。(ご希望者...

  • 2020/08/30 05:17

    8/29(土)、いよいよクラウドファンディングも残り1週間となりました。現在89名の方から71万円を超えるご支援をいただいております。誠にありがとうございます。本日は関東学園大学サッカー部さんと練習試合を行いました。猛暑の中の試合となりましたが、開幕戦に向けた最後の練習試合を良い形でできたと思...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください