はじめに・ご挨拶

初めまして、尾上と申します。
現在6ヶ月になる愛猫ルノと一緒に生活をしています。

ルノはもともと保護猫で、2ヶ月前に一人暮らしだった我が家にやってきました。

ルノの見た目はもちろんのこと、
甘え上手で無邪気で少しいたずらっ子な性格も全てが可愛くて愛おしい存在です。

しかし先日、ルノの異変に気付きました。

あんなにも食欲旺盛だったのに食欲がなく、
お腹も大きく膨れていたので病院に行ったところ『FIP』と診断されました。

このプロジェクトで実現したいこと

FIP(猫伝染性腹膜炎)を発症した愛猫ルノに、
日本ではまだ未認可である新薬『MUTIAN』での治療をしてあげたいです。


FIPはこれまで”不治の病”と言われていた病気で『致死率ほぼ100%』と言われていました。


ですが近年開発された新薬『MUTIAN』を投薬すれば、
80%〜90%の確率で完治するそうです。


ちなみに、FIPの発症には、
『腹水または胸水の貯留:「滲出型(ウェットタイプ)」』と、
『内臓に肉芽腫を形成:「非滲出型(ドライタイプ)」』の2種類があります。


そしてFIPの症状には『発熱、嘔吐、食欲減退、下痢、てんかん』などが見られ、
現在のルノも同じような症状で苦しんでいます。


正直最初は『MUTIAN』の投薬を悩んでいました。


なぜなら84日間連続で投薬する必要があり、
3ヶ月で100万程度の高額な治療費がかかってしまうからです・・・


ですが、私のエゴで延命治療を選択し日に日に弱って行く姿を見たくはないですし、
治る可能性があるのに行動しなかったら自分が一生許せないだろうと思いました。


それに、ルノには1日でも早く元気な姿を取り戻してもらいです。


元気で暴れん坊だった1ヶ月前のように、部屋中を目いっぱい走り回ったり、
大きな声で鳴いたり、ご飯をお腹いっぱい食べたり。

当たり前だったけど今では幸せだと思える”あの日常”を、もう一度取り戻したいです。


どうか皆様のお力添えで、ルノに生きるチャンスを頂ければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します。


プロジェクトをやろうと思った理由

現在に至るまでの経緯を書いていきます。

身体の違和感

今まで食欲旺盛でオモチャでもよく遊ぶだったルノですが、
6月末頃から元気がなく気になっていました。


まだ、生後半年なので身体は小さいのに対し、日に日にお腹だけが膨らんでいたのです。


身体のどこかに異常があるのではないかと感じ、
7月1日に近くの動物病院に診察へ行きました。


FIPの疑い

病院でおこなった「血液検査、エコー検査」の結果、
先生からは今のデータを見る限りFIPの可能性が高いと診断されました。


恥ずかしながら知識不足で初めて聞いた病名でしたが、
その時は「治療をすれば治る」としか考えていませんでした。


ルノと出会ってまだ1ヶ月半。
当然のように、これから家族として5年10年という時間を共に過ごせると思っていました。

ですがFIPに効果的な治療法はなく
「延命治療のためにステロイド剤と抗ウイルス剤を投薬するしかない」と先生には言われました。


また、FIPだった場合、早くて10日、長くても1ヶ月の命だとも告げられました。

到底ルノの死を受け入れることが出来ず、
検査センターでのPCR検査もしてもらうようお願いし、その日は帰宅しました。


絶望と覚悟

帰宅後は、ルノのことを考えると涙が止まらず一日中泣いていました。


「なぜルノがこんな辛い思いをしないといけないのか?」「もしかすると私の育て方が悪かったのか?」など考えだすとキリがなく寝付けない日々が続きました。

そんな状況でもルノは優しく、身体がしんどいはずなのに私の側を離れず、
私を励ましてくれているように思えました。



このままではダメだと思い、
「他に何かできることがあるんじゃないか?」とネットで調べたところ、
国内では未認可のMUTIANという新薬の情報をここで知ります。

MUTIANはすでにアメリカでは認可されており、
84日間連続投与すれば約8割〜9割で回復。

しかし、日本で投薬を行なっている病院自体少なく、
3ヶ月で100万円程の高額な費用が必要だと分かりました。

『それでも助かる希望があるならMUTIANに賭けたい。』

そういった思いが強くなっていくと共に、暗闇だったルノの未来に一筋の光が差し込みました。 


そしてPCR検査の結果が分かる7月4日。


再度病院へ行ったところ、やはり「陽性」だと分かりFIPと闘う覚悟を決めました。


希望と未来

これからMUTIANを投薬するとなると、
MUTIANの協力病院に通う必要があります。

私が住む関東では「東京2件、神奈川1件、千葉1件」と4件あり、どこにするか悩んでいました。


ですが、たまたまFIPに関するルノのインスタ投稿を見て下さった協力病院の院長が
「助かる希望はあります」とメッセージを下さり、そこで診察して頂くことにしました。

そして7月5日に病院へ出向き、これまでの検査結果を見せたり先生に診察して頂いた結果、
FIPで間違いないという診断を受けました。


ですが「完治する可能性は十分」にあるという力強い言葉をもらい、
この日からMUTIAN投薬を開始することになりました。



----------------------
※「MUTIAN」は日本において動物医薬品として承認されていません。
ルノの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでルノにとって投与が必要と考えていますが、
全てのFIPの猫に「MUTIAN」が有効であるという趣旨ではありません。
----------------------


投薬開始

MUTIANは、84日間の継続服用が推奨されており、
一度でも投薬をやめてしまうと始めから振り出しとなってしまいます。


また、MUTIANは価格が高額で”100mgの錠剤1錠が2400円”。

体重1kgに対して100mg与える必要があります。

ルノの場合は、2.5kgですので250mgを与える必要があるため、毎日6000円程かかります。

ですが、ルノはまだ子猫な為、これから3ヶ月で体重が4kgまで増える可能性があり、
お薬や診察代を含めると100万程度はかかるそうです。

すでに病気が発覚して1週間ですが、10万以上の費用がかかっている状況です・・・


お薬を与えてまだ2日目ですので体調に大きな変化はありませんが、
3〜5日ぐらいで効果は出てくるそうです。


今後、ルノに元気な姿に取り戻してもらうためにも、
残りの期間はお薬を途切れさせたくありません。


出来ることなら、自分の毎月の収入で工面して行きたい気持ちは山々ですが、
やはり金銭面で厳しいため、皆様のご協力を仰ぎたいと思い、
この度クラウドファンディングにチャレンジさせて頂きました。


ぜひ私と一緒にルノの治療を手伝ってくださる方が
いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。


今後ルノ以外にも、こういった猫ちゃんや病気の存在を多くの人に知ってもらうため。

また、私と同じようにFIPの治療費で悩んでいる方を救うためにも、
今回のプロジェクトを成功させて勇気と希望を分け与えることが出来ればと思っています。


資金の使い道

全額をルノの治療費に充てさせて頂きます。
また、目標金額はクラウドファンディング掲載手数料・決済手数料(17%)との合計です。

・薬品代(1回/日×84日分):100万円
※薬品代の算出方法:
体重1kgにつきMUTIAN130mgが必要で、2.7kgから4.5kgに増加するものとして計算。
■『1日平均 約12,000円×84日分=約100万8千円』

一日の薬代は体重に比例し増加します。
治療開始時点で体重が2.6kgでしたが、ルノの年齢・体型から、治療が完了するまでに回復と成長によって4.5kgにはなるだろうとの獣医師の仮定に基づき、一日の薬代の平均を算出し、上記の内訳としました。

体重は当初の見込みより早く増えており、薬品代が予想を上回ることはほぼ確実なのですが、不確定要素も多いため、上記のうち100万円について支援をお願いしたく考えております。


・CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:20万


以上から、現状目標金額は、
『薬代100万+本サイト手数料20万(17%)=120万円』とさせて頂いております。


実施スケジュール

7/4から84日間投薬を続けていきますので、
活動報告として投薬・通院記録をつけていく予定です。


リターンについて

この度のプロジェクトを支援して頂いた方には、
以下のグッズを返礼品としてお渡しします。

また今回は絵本作家のももろさんが、ルノを助けるプロジェクトに賛同して下さり、
過去の作品キャラクターでのグッズ制作が承諾頂けました。
(※ももろさんのキャラクター画像は本人の許可を得て掲載しています)

これまでグッズとして作られていないため、非常に貴重なものになるかと思います。

まだ現物はございませんが、とても可愛いグッズが出来上がりそうです。


そんなももろさんが作ったキャラクターグッズを、
支援していただいた金額に応じてお送りさせて頂きます。


本業の仕事やルノの治療などもあるため、すぐにお届けするのは難しいとは思いますが、
出来るだけスピーディーに誠心誠意を込めて制作させて頂きますので、
どうかルノへのご支援よろしくお願い致します。

(※グッズのデザインはサンプルとなり現物とは若干異なる場合もございますので、ご了承下さい。)


以下が返礼品のグッズとなっています。
(※ももろさんのデザイン画像は本人の許可を得て掲載しています)

■500円:

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。



■1000円:

・ポストカード(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■2000円:

・ステッカー

・ポストカード(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■5000円:

・トートバッグ(ももろさんデザイン)

・ステッカー(ルノの画像は変更の可能性があります)

・ポストカード(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■7500円:

・Tシャツ(ももろさんデザイン ※S、M、L、XLサイズから選べます)

・ステッカー×2枚(画像は変更する場合がございます)

・ポストカード×2枚(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■1万5千円:

・Tシャツ(ももろさんデザイン ※S、M、L、XLサイズから選べます)

・トートバッグ×2枚(ももろさんデザイン)

・ステッカー×2枚(画像は変更する場合がございます)

・ポストカード×2枚(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■3万:

・フォトカレンダー(2021年版)

・Tシャツ×2枚(ももろさんデザイン ※S、M、L、XLサイズから選べます。備考欄にご希望のサイズを2つ記入して下さい。■例:Sサイズ2枚、SとMサイズ、など)

・トートバッグ(ももろさんデザイン)

・ステッカー×2枚(画像は変更する場合がございます)

・ポストカード×2枚(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■5万:

・スペシャルフォトブック(A4サイズ、32ページを予定しています)

・Tシャツ×2枚(ももろさんデザイン ※S、M、L、XLサイズから選べます。備考欄にご希望のサイズを2つ記入して下さい。■例:Sサイズ2枚、SとMサイズ、など)

・トートバッグ(ももろさんデザイン)

・ステッカー×2枚(画像は変更する場合がございます)

・ポストカード×2枚(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール 

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


■10万円:

・スペシャルフォトブック(A4サイズ、32ページを予定しています)

・フォトカレンダー(2021年版)

・回復後の動画

・Tシャツ×2枚(ももろさんデザイン ※S、M、L、XLサイズから選べます。備考欄にご希望のサイズを2つ記入して下さい。■例:Sサイズ2枚、SとMサイズ、など)

・トートバッグ×2枚(ももろさんデザイン)

・ステッカー×2枚(画像は変更する場合がございます)

・ポストカード×2枚(ももろさんデザイン)

・缶バッジ(ももろさんデザイン)

・写真付きのお礼メール

・「活動報告」機能を使い、経過報告をいたします。


※見本の写真・デザインはすべてサンプルの状態です。変更する場合がございますのでご了承下さい。


最後に

私は元々、「保護された猫ちゃんを助けたい」という思いがあり、
関東での一人暮らしを機に飼育放棄された猫を飼おうと決めていました。

そんなある日、里親募集サイトで一目惚れをしたのがルノとの出会いです。

前の飼い主は猫アレルギーだからいった身勝手な理由で、生後3ヶ月だったルノを手放したそうです。


引き渡しは大阪と遠かったのですが、
そんなことも全く気にならないぐらい運命的なものを感じました。


今後、この子の母親として一生面倒を見ていく!といった強い責任感が芽生えました。


これから家族として5年、10年と同じ時間を過ごしながら、
ルノの成長を見守るのを楽しみにしていました。

ですが今のままでは、それも不可能かもしれません・・・


FIPに対する周りの意見も厳しく、

・そんな高い薬使っても絶対治るとは限らないよ。
・今は辛いけど他の子を飼えば時間が癒してくれる。
・ペットはあくまでペットだよ。

など否定的な言葉も頂きました。 


第三者からすれば、それが普通の意見なのかもしれませんが、
弱って死ぬのを只々待つくらいなら、私は高額でも治せる可能性のある新薬にかけたいですし、
今、助けてあげられる可能性があるのに、このまま行動を起こさず他の子を飼ったとしても、
私の人生につきまとうのは”ルノに対する後悔と懺悔”しかないと思います。

もし私が過去に戻れたとして、ルノが病気になる運命を知っていたとしても、
私はもう一回ルノを選びますし、ルノと出会えて本当に幸せだと思っています。

今後、お金は戻ってきても、ルノの命は一生戻ってきません。


なのでMUTIANは高額ではありますが、
どうしてもルノを救いたいと思い病気と闘うことを決断しました。

もちろん自分の貯金や家族から借りたお金で賄うのは当然ですが、
やはり金銭面で厳しい為ご協力を仰ぎたいと思い、
この度クラウドファンディングにチャレンジさせて頂きます。

ルノの命を救うために、皆様の力をお借り頂ければ幸いです。


どうかご協力お願い致します。


ルノの画像はinstagramからもご確認いただけます。
@renoir0122

YouTubeにも動画をアップしていますので是非ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCUXb7Ymr9s7JevHPCd68r4A


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/01/21 02:15

    お世話になっています。前回の活動報告で収支報告と血液検査の結果を載せてませんでした。申し訳ございません。こちらが血液検査の結果です。無事FIPを寛解することができました。ありがとうございます。そしてこちらが診察代の明細です。12/26 診察代 ¥22,110前回の合計は¥839,428だったの...

  • 2021/01/09 13:22

    あけましておめでとうございます。お久しぶりです!3ヶ月検診に行ってきました!メールでもお送りさせて頂きましたが、血液検査、エコー検査、PCR検査などの結果から、先生にFIP寛解だと言って頂けました!心から感謝いたします。本当にありがとうございます。皆様に助けて頂いたルノを、これからも家族として...

  • 2020/10/28 08:11

    投薬終了後の1ヶ月検診に行ってまいりました!診察の結果エコー検診なども問題なく、あとは外部に出して頂いている検査の結果待ちです!最近体重が4.2キロになり心配していたのですが、太っているとかではなく元々ルノはそういう骨格だそうです笑安心しました。10/24 診察代 ¥28,127前回の合計は¥...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください