はじめに・ご挨拶

当プロジェクトを御覧頂きまして誠にありがとうございます。

Gamer’sBuddy株式会社の代表の門倉良明と申します。

日頃より弊社を応援して頂いてる皆様には心より御礼申し上げます。Gamer’s Buddyが率いるAVALON Gamingは、シューティングゲーム・カードゲーム・パズルゲームなど多岐に渡るジャンルのゲーマーが所属するプロeスポーツチームです。弊社は、オフラインイベントを主軸に活動して来ましたが、新型コロナ ウイルスの影響によりイベントが全て中止となり、感染拡大などを考えるとオフラインイベントの開催は厳しい現状です。
そこで今回、弊社は皆様のご支援を募りゲームによるオンラインチャリティーイベントを開催することに致しました。

本プロジェクトの収益はMSF(国境なき医師団)、内閣府推奨の子供の未来応援基金に御寄付したいと考えております。

皆様も新型コロナウィルスの影響で苦しい状況にあると思われる中で大変心苦しいお願いではございますが、ご理解とご支援を御願いできますと幸いです。


このプロジェクトで実現したいこと

今回のクラウドファンディングの目的は2点あります。
1つ目は<「eスポーツ」の魅力を多くの人に伝える>こと。
2つ目は<社会貢献をする>ことです。
日本では、ゲームはあまり良いものでは無いと印象づけられているのが現状です。しかし、海外では「eスポーツ」は「スポーツ」として認められており、「プロゲーマー」が「スポーツ選手」であることが認められています。
私たちは海外のように日本でも「eスポーツ」を盛んにしたいと思っています。
コロナ禍での生活を楽しく送るため、自宅でも楽しめるゲームイベントを開催致します。

今回、企画するイベントでは白熱した対戦やプロの技術、ゲームが大好きな著名人とプロゲーマーの今までにないイベントを提供しようと思っています。
このイベントを通じ、皆さんにストレス解消や娯楽として、ゲームが良いものであると少しでも感じていただけましたら幸いです。

▶︎MSF(国境なき医師団)を選んだ理由
この世界情勢の中で、第一線で動いている医療従事者の安全確保の重要性の提唱や、医薬品の供給など、自身の感染リスクもありながら人々を救う活動に対し、敬意を払い微力ながら何かお力添えできないかと考え、寄付をしたいという経緯に至りました。

▶︎内閣府推奨の子供の未来応援基金を選んだ理由
eスポーツもどこでも誰でも対等に競い合え、コミュニケーションをとる事ができ、成長の喜びをすぐに実感する事ができるのはeスポーツの最大の長所だと思っています。

そこでeスポーツを通じて貧困で辛い思いをしている子供たち及び家庭にも「ゲームを通じて競い合い、出会い、学び、協力し、成長する喜びを感じて欲しい。」

そして、夢や生きがいを持って人生を送ってもらいたいという思いから
未来のある子供への寄付をしたいと思いました。

「夢は全ての人が持つことのできる素敵な創造力です。」

「子供は素敵な夢を沢山持っています。」

ですが・・・
いつの日か出来ない理由に立ち止まり諦めてしまう。

これは悲しい事です。

得意なこと、好きなことに思いっきりチャレンジする自分の将来像を描くことが生きる力になります。

弊社はそんな子供の未来の為、出来ない理由を少しでも減らし、夢を追い続けるお手伝いをさせて頂きたいと考えています。

【内閣府推奨の子供の未来応援基金ページ】

https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/kikin/kyouryoku_houhou.html

社会全体で子供の貧困対策に取り組み、貧困の連鎖を解消するため、平成27年4月から官公民の連携・協働プロジェクトである「子供の未来応援国民運動」を展開しています。その一環として、同年10月に「子供の未来応援基金」を創設しました。同基金を活用して草の根で子供たちに寄り添って活動する団体等の支援を行っています。

「eスポーツで未来に希望の架け橋を!」
AVALON Gamingではこのキャッチフレーズと共にイベントを制作をしていきたいと思います。

※クラウドファンディングで集めたお金を寄付するわけではありません。イベントの収益を御寄付致します。



これまでのイベント活動

2019年〜オフ会実績

8/3 @東京 満員御礼

11/3 @東京 満員御礼

12/8 @大阪 満員御礼

12/22 @福岡 満員御礼


リターン品について

リターン品をご用意致しました。詳しくは下記支援ページにてご確認ください。

・1,000円  御礼メッセージ

・3,000円  AVALON特製オリジナルステッカー

・5,000円  AVALON特製オリジナル壁紙

・10,000円   AVALON特製オリジナル Tシャツ

・30,000円   新グッズ候補、新グッズ会議へのオンライン参加券

・50,000円   ご希望選手(ストリーマー)直筆サイン入りオリジナルグッズ

・100,000円  オンライン大会YouTube動画内で名前掲載、ご希望選手(ストリーマー)直筆サイン入りTシャツ

・500,000円  オンライン大会You Tube動画内にてCM放映、ご希望選手(ストリーマー)直筆サイン入りTシャツ

<企業向け>
・100.000円 AVALON公式Twitter、イベント用HPで協賛の告知
・400.000円 フリー施策(御社のニーズに応じ、 MCによるアナウンスやサンプリングなど、イベントのリソースを生かし たオリジナルの施策を 実施いたします)
(御社商品やサービス等の、より踏み込んだ告知が可能です)
・600.000円  オンライン大会YouTube配信内広告枠
       配信内の広告スペースにて御社ご希望のロゴをPR
       イベントのインターバル中に御社の CMを放映(想定 5万人のユニーク視聴者に対して長時間の露出が可能です)
・1.000.000円〜 AVALON公式twitter事前告知 
        完全フリー施策 
        オンライン大会YouTube配信内広告枠

▶︎AVALONストリーマーからの施策
〜ストリーマー紹介〜

・えびあん

https://youtu.be/P1BaKQRyIR0
Twitter https://twitter.com/Evian4444 (54,784人) 
You Tube https://www.youtube.com/channel/UCK5WwWhBkLYB 0lJtAOvPrwg (38,300人)

・明石奈津子(元NMBメンバー)

https://youtu.be/SVmFND8BVyM

Twitter https://twitter.com/nattu817(53,000人)

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCcqHUsGVQdPPNrp_n5EL06Q


・近藤里奈(元MNBメンバー)

https://youtu.be/R3NHWZRmeqk
Twitter https://twitter.com/rina_kondo_0223(4,768人)
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCv4YbwV-Np6Sy12rCa1sfLw


・とま

https://youtu.be/OujuuPraZr0
Twitter https://twitter.com/toma1021toma?s=21(22,031人)
You Tube https://www.youtube.com/channel/UCy_djQODTRL0LzmWOrX3Fnw(2,430人)

・ぜるにゃん

https://youtu.be/whqSEbmZuRI
Twitter https://twitter.com/zelunyan(4,153人)
YouTube youtube.com/c/zelunyan/(2,540人)

・ミニゲ
Twitter https://twitter.com/7s_mini_?s=21(28,000人)
You Tube https://www.youtube.com/channel/UC4vs-D9RwBfd98S3B50LX6w(5,690人)


・てい
https://youtu.be/_aWXG-tbzGE
Twitter https://twitter.com/Tay_x_x_?s=21(1,823人) 
You Tube https://www.youtube.com/channel/UC_EQmgBJHOPS0qvlsdYsKJQ(10,500人)

支援金の用途について

・イベントの運営の制作費(イベント会場費、人件費など)
・著名人出演費
・動画編集費
・当プロジェクトのリターンにかかる諸経費
・国境なし医師団への寄付金
・子供未来応援基金の寄付金

※今回は「All-in方式」を採用しておりますので目標金額に満たない場合でもリターンアイテムはお届け致します。

実施スケジュール

支援受付締め切り2020年11月30日23:59

最後に

ご理解、ご支援頂きました皆様、本当に有難う御座います。ご支援頂きました資金の使途、寄付金につきましてはHPの方でも公開させて頂きますので、今後ともAVALON一同応援宜しく御願い致します。

AVALON公式サイト
www.avalon-gaming.gg

Gamer's Buddy株式会社 ホームページ 
www.gamers-buddy.com


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください