みなさん同人イベントでの展示方法は色々工夫されていると思います。私も色々試してきたのですが、満足の行くアイテムがなかったので、携帯性、収納性にくわえ、強度、展示力に優れ使える 究極のイベント展示ラックを作りたいと思います!

プロジェクト本文

▼製品版の仕様について(6/16追記)

・棚の取り付け穴が12個に増加しました。
(同人誌用は2、3段推奨 CD等小物は4,5段推奨)
・塗装はアルミ部分が銀のアルマイト塗装、鉄部分が銀のメッキになります。
・その他、強度&使用感向上を図る細かい改良や部品交換しました。

 
▼追加受け皿のリターンを追加しました(6/5追記)

希望のあった追加受け皿を追加しました。こちらも本体と同様にパトロンになっていただくと8月上旬夏コミ前に一緒に届く予定です。

・コミマのラックン用追加棚1個   ・コミマのラックン用追加棚2個

・コミマのラックンDX用追加棚1個  ・コミマのラックンDX用追加棚2個

と4種類のリターンがあります。間違わないようお願いします。

注意:只今製品は改良中で、受け皿の取り付け穴の数を増やし間隔を調整してもらっているのですが、実際に4段、5段にした状態の写真はまだありません。状態を写真で確認してから購入したいと思う方は6月中旬までお待ち下さい。

▼目標達成ありがとうございます!(6/5追記)

クラウドファンディング目標金額達成!ありがとうございます。

皆様から頂いた意見を元に、さらなる改良(受け皿の穴の数と間隔を調整)を加えた製品版を6月中旬にはお披露目できると思います。

まだ期限までには余裕があります。終了期限までにパトロンになっていただいた方には夏コミ前に届きます。

品物は最高の状態になってお届けできると思うので、友人や同人仲間に広めて頂けると嬉しいです。

 

それと希望のあった『追加棚』と夏コミ発行予定の『制作秘話同人誌』をセットにしたものをリターンに追加しました。追加棚は期限までにパトロンになっていただくと本体と同様8月上旬に届きます。

同人誌はDL版として夏コミ頃に皆さんの所にメール等で連絡が行くよう計画中です。(同人誌だけほしいという人は後の情報をおまちください)

追加棚とついでに同人誌がほしいという方にオススメです。

 

▼はじめにご挨拶

はじめまして。同人活動をしているP.N. あまのがみだい と申します(*´3`)

▼プロジェクトをやろうと思った理由

みなさん同人イベントでの同人誌の展示方法は色々工夫されていると思います。私自信もイベントに参加して色々試してきたのですが、今までなかなか満足の行くアイテムがありませんでした。

同人イベントに参加している友人が、シリーズ物の同人誌を沢山出した時にテーブルのスペースが一杯になってしまいました。自作の棚などを使って工夫して展示していたのですが、素人づくりの棚はイベント中に崩れ、とても困った様子でした。それを見ていた私は「こうなったら私が最強のイベントラックを作ってやろうじゃないか」と思い立ったのが理由です。

▼製品紹介

☆究極同人イベント展示ラック『コミマのラックん』

●同人誌の場合、最大展示数6種類です。

●アルミ板を使用した頑丈な受け皿で在庫もタップリ置けます。

●台足奥行きが約20センチで、イベントのテーブルにも余裕の省スペースで置けます。(平積みをラックの前に置くことが可能)

 

●重量700グラム。分解するとパーツの最長部分が40~42センチと非常に軽くて小さく、シンプルな構造で手軽に分解して収納することが出来ます

●受け皿の数や場所を調整することで展示の様子を変えることが出来ます。

●安心の日本国内生産です。

 

☆究極イベント展示棚最終形態『コミマのラックんDX』(初回限定生産)

●オプションの拡張パーツを備えたDXタイプです。同人誌なら最大9種類まで置ける圧倒的スケールです。(合体スペースの方にオススメ)1面積当たりここまでの展示数を誇るイベント展示ラックは今までなかったと自負しております。

 

□詳しい寸法表□

 

▼資金の使い道

試作品を作り、国内の業者に生産をお願いしたのですが、同人誌と違い生産原価がとてもかかってしまいます。

どれだけ販売が見込めるかもわからない商品なので、クラウドファンディングで生産資金を集め、パトロンの方に予約先行販売と言う形をとりたいと思っています。

▼リターンについて

商品の先行販売。送料無料&消費税サービスという形でリターンを設けさせていただきたいと思います。

▼最後に

パトロンになっていただいた方にはコミケに間に合うように準備を進めております。

目標金額に達しない場合でも集まった数から販売数を見極めて生産し。パトロンの方に届くように計画しております。

検討していだけると幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください