はじめに・ご挨拶

 ヒーリング・ミュージアム代表の朝永彰と申します。

 私は、別の事業で中国や韓国にもビジネスパートナーがおり、そのつながりから、医療関係物資(医療機関用マスク、防護服、防護手袋など)の輸入支援もお手伝いしていましたが、物資だけの支援では不十分であることは明らかでした。

 私の家族にも看護師をしているものがあり、他の病院関係者とも話をするうち、「心の癒し」が必要だという認識に至りました。

 そんなとき、「『癒し』をテーマにしたアート」が、病院関係者の「心の癒し」に役立っているという情報を得ました。

 そこで、さまざまな人脈を通じて、多くのアート作家に呼びかけたところ、10数名の作家から、快く協力していただき、50点以上の貴重な作品をご提供いただけることになったのです。

 作者から寄せられたコメントは、最後の方に掲載しています。

このプロジェクトで実現したいこと

 「癒し(ヒーリング)」をテーマにしたアート作品や写真を撮影されているアーティストの方たちに協力を呼びかけ、クラウドファンディングで集まった費用で、協力いただいた作品のポスターを作成し、全国の病院にプレゼントするという活動です。      

 病院は、毎年、少しずつ減少していますが、現在、全国で8300軒ほどあります。その全部には不可能ですが、せめて数百軒の病院に、「癒しのアートポスター」を贈りたいと考えています。 

 

 概要は、次の通りです。 

・準備するポスターの種類 50~70種類(現在、ご協力表明いただいているアーティストは10数名いらっしゃいます。ご協力者がさらに植える可能性が強いです。) 


 ・ポスターサイズ A1(59.4cm×84.1cm、新聞の見開きよりも少し大きなサイズ)または  A2(42.0㎝×59.4㎝、新聞の半分よりも少し大きなサイズ)またはA1のサイズに収まる程度の作者様の指定のサイズ

数が多いので、ほんの一部だけまとめたものを掲載します。

ポスターの全体は、こちらからお選びいただきます。

・贈るポスターの数は、病院側の希望により、1か所当たり最低10枚、最大50枚程度で考えています。 ・できるだけ多くの病院に贈ることと、事務経費を削減するために、ポスターの送料は「着払い」として、病院にご負担いただく(着払いにすることで、入金確認が不要となり、申込が入ればすぐにポスターをセットして送ることができる)      

10数名のヒーリング・アート作家、写真家からのご協力により、50種類以上の作品のポスターを制作します。               

 ポスターは、ご希望の枚数(通常10枚~50枚程度)を、無償で提供いたしますが、着払いの送料のみ、ご負担をお願いいたします。

  大きな病院の場合には、部局ごと、病棟ごとなどのお申込 も可能に致します。

    なお、病院からお申し込みかあると、間違いがないか、送付前に確認の電話をさせていただきます。

 ポスターが10枚までなら、ポスターを丸めて筒状のポスターケース(画像1)で送ることができますので、「80サイズ」となりますので、だいたい1000円ちょっとのご負担となります。         

(画像1)          

 ポスターが、20枚以上なら、複数のポスターケースを一つに接合して、「100サイズ」~「120サイズ」になります。      

 また、ポスターを丸めず、そのままの状態で送ることをご希望の場合には、(画像2)のような段ボールで梱包しますが、「160サイズ」となりますので、約2000円かかります。        

(画像2)

                   

 なお、事務局がある関西発の佐川急便の料金表は、以下の通りです。          

※沖縄県の場合、ゆうパックの着払いでお送りいたします。最低額で1900円、ポスターを広げた状態でも、最大2660円となります。

・目標金額 最低50万円(できれば200万円以上)

 ・目標病院数 400か所以上(全国8300病院の約5%) 

プロジェクトをやろうと思った理由

 OECD諸国30カ国のなかで、日本は病院数そのものは世界一多いものの、医師の数は下から4番目の少なさ、看護師でも真ん中あたりで、総じて、医療関係者不足が問題となっていました。          

 そして、新型コロナウイルスが現れると、医療現場はさらに深刻な事態になっています。        

 日経メディカルの記事によれば、「4人に1人でメンタル不調が継続、不調続く医師の2割がメンタルサポート求める」とのことです。        

 実際、医療関係者の中で、「コロナうつ」という症状が広がっているというニュースがありました。そして、絶えずさまざまなストレスにさらされた結果、バーンアウト(燃え尽き症候群)と呼ばれる、極度の心身の疲労と感情の枯渇を示す症候群に陥り、残念ながら医療現場を離れる人が増えているのです。    

 日本が医療崩壊という最悪の事態を回避できているのは、日本人の生活習慣や習性などもありますが、なによりも、医療現場の人たちの懸命な努力によるところが大きいと思います。             

 新型コロナウイルスの影響で、さまざまな業界で経済的な打撃を受け、事業の継続が困難になり、廃業や倒産に追い込まれる事業者も増えています。              

 しかし、反論があるのを承知の上であえて言うならば、医療事業者以外が廃業しても、周りの人たちが生存の危機に陥ることはありませんが、地域の中核病院が医療崩壊すれば、それは、病院自体の問題にとどまらず、地域に住む人たち全員にとって、重大な病気になっても集中治療室に入れない、生存の危機に直結するのです。つまり、医療現場だけは、絶対に崩壊させてはいけないということなんです。           

 そんな状況であるにもかかわらず、全国の病院の8割が経営状況が悪化し、職員へのボーナスカットをするところも出てきており、病院関係者のストレスは蓄積する一方だという現実があります。  最近も、巨大病院で看護師が数百名も退職を希望しているというニュースがありました。

 ストレスの高まりは、医師や看護師、介護スタッフ、病院スタッフだけでなく、入院患者やその家族にまで広がってきているようです。          

 新型コロナウイルス以外にも、今後、第二第三のしかも、新型コロナウイルスよりも凶悪なウイルスが登場してくるだろうと言われていますが、そうなれば、病院関係者のストレスはさらに強くなってくるでしょう。           

 そんな状況の中で、自分なりに、何か少しでもお役に立てることはないだろうかと思って、協力していただけるヒーリング・アート作家と一緒に行ったのが、今回の企画です。

これまでの活動

 最初にも記載しましたが、新型コロナウイルス対策で、医療機関用マスクや防護服の輸入支援をする中で、病院スタッフ現場の大変な状況を知り、感謝の気持ちを表せる活動ができないかと思いました。

資金の使い道

 集めた資金のほとんどは、ポスター制作費、印刷費と病院から依頼を受けたポスターのピックアップ、梱包、送付作業などの事務経費です。

 ポスターは、病院だけでなく、クラウドファンディングの告知宣伝に協力していただいた人にもお送りしますので、その費用にも充当します。

リターンについて

リターンについては、次のように設定します。

・2000円の場合・・・癒しのアート絵葉書セット(12枚入り)(送料負担なし) 

・3000円の場合・・・お好きなポスター3枚(送料負担なし)    

・5000円の場合・・・お好きなポスター5枚、絵葉書セット(12枚入り)(送料負担なし)   

・8000円の場合・・・お好きなポスター8枚、絵葉書2セット(12枚入り)(送料負担なし) 

・10000円の場合・・・お好きなポスター10枚、絵葉書3セット(12枚入り)(送料負担なし)

・15000円の場合・・・お好きなポスター20枚、絵葉書5セット(12枚入り)(送料負担なし)

ポスターは、こちらから選択していただきます。

実施スケジュール

2020年8月1日~8月25日  クラウドファンディング実施

2020年8月1日~     病院からのポスター申込受付、ポスター印刷用データ作成

2020年9月    入金後、ポスター印刷発注

2020年9月中旬~ 病院へのポスター送付


最後に

 本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。 

 病院が医療崩壊せず、病院スタッフが元気に働き続けてくださることで、私たちは安心して生活することができます。

 ぜひ、ご支援または告知宣伝にご協力をお願いいたします。

 なお、Facebook・Twitter・Instagram・LINEなどのSNSで、本企画のクラウファンディングの告知を、告知期間中(7月15日~8月25日、予告期間を含む)に、告知協力をしていただいた方で、ポスターをご希望の方には、ご希望のポスターを3枚プレゼントします(送料は着払いでご負担願います)      

 ご協力いただける方は、告知協力者登録フォームからご登録をお願いします。 

  ・告知したSNSについて、スクリーンショットで告知画面の画像をお送りいただきます。

告知協力者登録フォーム

 最後に、ご協力いただいているアーティストの皆さんからのコメント(一部、プロフィールの場合もあります)作者のコメントと提供作品については、こちらに掲載しています。

★綾小路有則様より 

 スピリチュアル・アート(エネルギーアート)の提唱者であり第一人者。
雅楽の師範家として朝廷に仕えた綾小路家の生まれ。
1986年、東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
企画・制作会社を経て、1989年に画家として独立し、「美」「神秘」「やすらぎ」をテーマとするスピリチュアル・アート(エネルギーアート)を提唱し、アートと医療と科学を融合するべく、スピリチュアル文化の普及に尽力しています。
国内外の美術展で受賞歴多数。その他、1999年第41次日本南極地域 観測隊ロゴマークデザイン制作、書籍、絵本の出版、クラシックコンサート「ディズニー・オン・クラシック」のメインビジュアルの制作をしています。
2013年から、スピリチュアル・アートを動画化し、音楽を融合させた『光の瞑想DVDシリーズ』をリリースしています。
日本ホリスティックライフ協会 理事。
一般社団法人 日本スピリチュアル医学協会 正会員。
 一般社団法人尚友倶楽部 会員。                  

★コンキュート様

 私は大学の授業でヒーリングアートと貼り絵技法について学びました。ヒーリングアートとは「爽やかな気分になって、心が落ち着く効果を目的とした芸術」を意味します。      

 アート作品を展示することによって緊張やストレスを軽減できたらと思い活動をしてきました。      

 私は、絵本のように気軽に楽しめるアートを目指し、色彩豊かで動物をモチーフにした作品を多く制作してきました。          

 子供達をはじめ幅広い年代の方が、見ていて楽しくワクワクする作品を目指してヒーリングアート活動を続けています。      

★HIDEKI

 私自身が直観で絵を描き始めた時から、一貫して変わらぬ想いは、見る人に心地よく感じていただける絵を描く!ということでした。    

 それは今も変わりません。長年にわたり、この心で絵を描き続け、年を追うごとに共感してくださる方が増えてきております。 

 アートはそこにあるだけで歓び、元気や癒しを見る人の心に届けてくれます。  

 ヒーリングの効果としての絵画の側面は、多くの方によって、その効果を実証されることが増えてきました。    

 そして、すでにヒーリングとしての絵画を医療機関で活用するところもありますが、まだまだその件数は少ないようです。    

 新型コロナウィルスを機に、病院利用者のみならず、病院で働く方々にも癒しは必要となっていると思います。    

 病院に癒しの力のある絵があることで多くの来院者、医療関係者の方々に心の滋養をもたらしてくれると思い、この企画に参加させていただいております。   

 みなさまと共に愛の形として、絵画を届けさせていただけますことを心から願っております。      

★藤原一樹様

夢のある縁起の良い絵を数枚ですが提供させて頂きます。 少しでも多くの人に見てもらい、癒しになれば幸いです。           

★和歌明実様

 この度は、素晴らしい募集をありがとうございます。     

★Miracle Yasu様

 「癒し」は私のアートのコンセプトの根幹にあるもので、これまで関わった方々、これまでの経験、これまでの自助努力、それら全ての力がインスピレーションとして表現されています。

 アートには人を癒す力があります。

 それを求めている多くの方々に届くことを切に願っています。              

★梅津北斗様

 人の意志を含めた世界を描写するエネルギーアートです。    

 癒しをもたらすエネルギーを入れ込めているため、絵を見ることで繋がりと影響を感受し、心地良さを心に広める効果を持つアートです。   

 絵から受ける効果以外にも、自分自身の力を想い出させる気付きと発見をするための"考える絵"でもあるため、目を開き、「この世の現実とは何か?」を自分なりに見出し、新しい世界への誘導を促す神秘の絵として、皆様に提供できることを願います。       

★横山沙季様

新型コロナウイルスで、多くの方が精神的に大きなストレスを抱えながら、ウイルスと闘う毎日。  

 その中、リスクを負いながら命を救う病院関係者の方々に何かしたい。              

 アーティストとしてできること。絵で少しでも心に寄り添い癒しの空間をお届けできたらと思っています。         

★紫藤みやお様

 いつもと変わらぬ年明け、春を待つ日々は穏やかでした。 

 突然降って湧いたような新型コロナ禍のニュースに、はじめは対岸の火事と落ち着いていたのもつかの間、医療従事者の方々は、大変なストレスを背負って働き続けています。   

 そんな人たちの心を癒すことができればと思います。         

★WAKA様

 支援いただき、ありがとうございます。

 病院関係者各位様へ喜んでいただけますように。

 ヒーリングアートを描いているものとして、作品提供させていただけてお役に立てることが大変うれしく思います。

★chico様

 なんとなく、ほんわか、していただけましたら、幸いです。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください