2015年7月11日(土)。日比谷野音のライブは想像以上の伝説と化した。現地で目にした「SA」と、そのファン「コムレイズ」の絆を映画館のスクリーンで蘇らせる企画。

プロジェクト本文

2015/10/09

皆様、ご支援ありがとうございます!
監督の岩木勇一郎です。

おかげさまで、開始1週間で目標額をクリアし、
ストレッチゴールまで達成することが出来ました。

新宿バルト9に加え、大阪・名古屋の映画館とも交渉をスタートさせます。
また、その他地域での上映交渉も製作委員会にて進めていきます。

勿論、熱き映像の編集も進めております。
随時情報更新しますので、ご期待頂ければ幸いです。

あの日の野音を劇場で見られることを私も楽しみにしています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015/10/02

【お知らせ】
コンビニ決済は早めに終了します!

皆様のご支援、ありがとうございます!
遂にこのクラウドファンディングも残すところあと1週間となりました。

クレジット決済は10月8日(木)23:59までご支援いただけるのですが、システム上、コンビニ決済は少し早めに終了となりますのでお知らせいたします。

■コンビニ決済締切日時
CAMPFIRE上での支援ボタンクリック:10月7日(水)17:59まで
コンビニでのお支払い:10月7日(水)23:59まで

上記となります。パソコンやモバイル上での操作は7日(水)の17:59までに済ませていただき、実際のお支払いも当日7日(水)の23:59までに済ませていただく必要がございます。ご注意ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015/09/25

DVD内容決定!野音LIVE DVDもセットに!

皆様のご支援、本当にありがとうございます!

本作のDVDに野音LIVE DVDが付属されることが決定致しました!
あの日の舞台裏やコムレイズの様子を凝縮した『映画版』、そしてLIVEのみを収録した『LIVE版』2種類のDVDで、7.11野音の全てを完全パッケージ!ぜひ楽しみにお待ちください!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015/09/18

SAメンバー全員からコメントをもらいました!

TAISEI

まずは何よりも今回、SAの野音映画化プロジェクトに際して賛同、協力してくれたみんなに心から感謝します。

当初はSAの日比谷野音ライブをDVDにするという事で当日撮影隊が入っていたんだけど、その映像を見た岩木監督から「ぜひこの感動の作品を映画にしたい」という熱い、本当に熱い希望、要望により映画化するという運びになったんだ。

そもそも岩木監督とはSAのPV「Song for the Loser」からの付き合いでDVDでは「CALLIN’ YOU」アメリカツアーのドキュメンタリー「MAKE MORE NOIZE」など俺の好きな作品に多く携わってるんだ。監督の作品は熱くて心に突き刺さるモノがあるから今回の映画に関しても監督なら任せてみようかなと俺は思った。

7月11日野音に来てくれたコムレイズなら分かると思うけど、それこそ日本全国からみんな来てくれた。あの日、俺の人生において何かが変わり何かが始まりそして心の中に深く刻まれた日だった。それは来てくれたコムレイズにとっても同じだと思う。

この作品はSAのドキュメント映画ではあるけれどコムレイズの人生のドキュメンタリー映画でもあると思ってる。来てくれた人、来れなかった人、一人一人の人生を描いた映画だと。俺は野音前によく言ってたよ。「たくさん笑ってたくさん泣いてそして最後にやっぱり一緒に笑おうぜ」って。この映画を見てこう思ってくれたら嬉しいよ。「SAがやったんだもん。俺だって私だってまだまだやれるぜ!」そんな風に思える作品になって欲しいし岩木監督ならやってくれると確信しているんだ。

だから一人でも多くの全国のコムレイズに見てほしいって願っているんだ。

 

NAOKI

この度は映画化プロジェクト、クラウドファンディングに参加されたコムレイズに感謝を申し上げます。ほんと、ありがとうございました!ただ、動き出したこのプロジェクトには、更なる大きな夢があります。

複数都市での劇場公開を実現し、我々の事をよく知らないであろう様々な方にも見ていただきたい…、そう願ってます。それくらい心揺さぶる、我々とコムレイズの音楽ドキュメンタリー作品になると確信してます。

夢で終りたくない…、そう願ってます。

 

KEN

みんな、協力してくれてありがとーね☆

映画化が決まってから、岩木監督が編集しながらと思うのですが、、しょっちゅうLINEで感動を伝えてくるので(例えば来てくれたみんなの表情を一つ一つ説明してくれたり、その表情が良すぎて編集が進まない!とか、CLIMBER’S SONGのイントロヤバい!とか、言ってくるわけです)だんだん、あの日の感動が蘇ってきて、そりゃもう楽しみにしてます。

来れなかったみんなにも観て欲しい、来てくれたみんなにはもう一度観て欲しい、、大きなスクリーンで大きな音で。

上映が待ち遠しいです。

監督はじめ、製作の方々、よろしくお願いします!

 

SHOHEI

映画になるんだそうです。すでに協力してくれた方々に感謝します。

映画はやっぱり映画館で観るもんだからできるだけたくさんの会場で上映して欲しいなと願います。

初めて客席でライブ観ます!みんなと肩組むの楽しみにしてます(笑)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015/09/08

開始1週間でサクセス!そして新宿バルト9での上映が決定!!

こんにちは、岩木勇一郎です。
9月1日に立ち上げた、この映画化プロジェクト。
1週間で目標の300万円を達成いたしました。皆様の熱い想い、ご支援、本当にありがとうございます!

目標金額を達成したことで、晴れて「映画化」と「東京の映画館での上映」が決定となり、皆さんにパトロンとなっていただいたリターンの製造及び送付も決定となりました!

本格的に映画化に向けて始動するわけですが、かねてより製作委員会を組成すべく準備を進めていました。皆様のお蔭でクラウドファンディングがサクセスし、遂に想いを共有する仲間たちと製作委員会を発足することができました。

製作委員会には映画配給会社も入ることになり、この度目標金額が達成したことを受け、彼らから興行会社に正式オファーをしたところ、日本有数のシネコン「新宿バルト9」からぜひ上映したいという返答を瞬時にいただきました!公開は2016年2月予定。映画館に交渉する上で、皆様のこの熱いご支援が後押しになったことは間違いないと思いますが、その想いに応えてくださった熱き映画館「新宿バルト9」にも感謝です!

新宿バルト9 → http://wald9.com/

さて、9月1日にクラウドファンディングを立ち上げて以降も、ずっとあの7月11日の映像を編集し続けています。時が経つほどに、映像を観るほどに、改めて素晴らしい一日であったことを痛感し、この作品を一人でも多くの方に映画館のスクリーンでご覧いただきたい、その想いが益々強くなっています。また、今回のクラウドファンディングですが、本当に日本全国各地からご支援をいただいております。本作を東京だけではなく、大阪・名古屋、その他の地域で上映するために、新たな目標を設定させていただきます!(「ストレッチゴール」と言うそうです)

新たなるゴール

■700万達成

・大阪、名古屋での上映。
・その他地域での上映交渉。
・上記に伴う広報費用の捻出。

7月11日当日の映像、そしてこうして支援してくださるコムレイズの想い。この映画が素晴らしいものになることを確信しております。新たなラッシュ映像を制作しましたので、こちらもぜひご覧ください。

一人でも多くの方に、最高の環境で本作をご覧いただくためにも、皆様引き続きのご支援をよろしくお願いいたします!

岩木勇一郎

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SAの熱気あふれる日比谷野音ワンマンを映画化したい!

はじめまして。岩木勇一郎です。

SA待望の日比谷野音ワンマンを映画化するべく、今回のプロジェクトを立ち上げました。

今回の撮影は、DVD制作のために実施したものでした。生誕30周年を迎え、現メンバー結成14年目へと突入した、SA初となる日比谷野外音楽堂ワンマンライブ、1年がかりで彼らとコムレイズが作り上げてきたものですから、間違いなく素晴らしい映像になるという確信は元々ありました。

ですが、実際に撮影した素材はそれ以上の力を持ち、コムレイズとSAの絆が持つ力に圧倒され、観る度に涙が溢れ、正直観ることに体力を必要とします。1時間も編集していると、疲れ果ててしまうほどに。

大スクリーンで体感して頂きたい世界がそこにはあります。

瞬間のミラクルがそこにあるのです。

演奏に身を委ね、踊り、叫び、泣き、SAの世界を共に作り上げるコムレイズの姿を捉えた映像だけでも、ステージが映っていなくても、十分に曲の世界観を表現出来ることに感動し、泣きました。このライブに関わることが出来る喜びを噛み締めて、踏ん張って編集しています。

TAISEIさんのコムレイズ・SAを想うMC、NAOKIさんがSAで野音に立つ感情、KENさんの堅実なプレイ、シビれるCLIMBER'S SONGイントロ、SHOHEIさんの魂を揺さぶるソロ、どれを取っても瞬きすら許さない、どの曲でもラストを迎えられる、常に全開のライブ。

野音に来られた人、来られなかった人、あの野音を誰かに見せてあげたいと思っている人、二度と来ない2015年7月11日、コムレイズとSAの集大成であり、さらに上を目指すためのスタート地点となるライブの生み出した力を、劇場で、皆で、再度体感しませんか。

当日以前のリハーサル、メンバー入り、続々と各地から集結するコムレイズ、楽屋での会話、リハの音に自然と体が揺れ、開場を心待ちにする列、真夏日の空気感、本番、夕暮れ、そしてライブ後のメンバー、コムレイズ、熱い魂の躍動を捉えました。

是非、皆で一緒に観られる映像にするべく、もっと多くの人たちにSAの魅力を知ってもらうべく、映画館に持っていきたいのです。

皆様のご協力、宜しくお願い致します。

監督:岩木勇一郎 Favorite Song「MARCH of HEROES」

SAとは10年前に出会い、以降、ミュージックビデオ「SONG FOR THE LOSER」、「CALLIN’YOU」、「RAVE UP TONIGHT」、「誰かのROCK AND ROLL」、「さらば夜明けのSkyline」、DVD「An original film CALLIN' YOU Derived from the BEYOND I TOUR」、「MAKE MORE NOIZE―2009 USA TOUR―」、TV「SA突撃! ATTACK FROM JAPAN! 全米ツアーの全記録!」の製作を行ってきた。その他、DIR EN GREY7枚目のアルバム「UROBOROS」の日本武道館ライブと舞台裏でのメンバーを追った「劇場版DIR EN GREY -UROBOROS-」(2010年公開)や、デビュー25周年の1年間、レコーディングやツアー等に密着した「劇場版 BUCK-TICK ~バクチク現象~」(2013年公開)など、音楽ドキュメンタリー映画の監督を務めている。


SAからみなさまへ

ロックを愛して活動を続け、気がつけば31年も経ちました。

バンドブームが終わり数多くのバンドが解散や再結成をして行く中、この31年という年数を戦い続けてきました。コムレイズがいるから、俺たちを支えてくれるみんながいるからそんな想いで必死に戦い続けました。

思い返せばいいことも、悪いこともあった。でもだからこそいまの俺らがいるんだと、そう思っています。

大成功をおさめたLIVE。
これを見にこれなかった人たちにも伝えたい。
そして見に来てくれたコムレイズと、改めて感動を共有したい。

映画館のスクリーンで。

SAまだまだ上を目指します!
みんなで一緒に作りたい!みんなで一緒に上を目指したい!
みなさまからのご支援、よろしくお願いいたします!!!

                               SA


SAとは

1984年、当時高校生のTAISEI(Vocal)を中心に岐阜にて結成。
結成して2回目のライブの際にTHE STAR CLUBから声がかかり、翌年に出した『I GET POSITION』は2000枚が即完売となるほど、当時パンクスの間で話題に。

その後、一時解散するものの、ファンからの熱い要望を受けて1999年にTAISEIソロプロジェクトとして再始動。2002年からは現メンバーで精力的に活動を続けている。

結成時からのキャッチーなパンクロックスタイルは維持しつつも、情熱的なライブパフォーマンスで若手バンドからも支持を得る、伝説的な存在である。


日比谷野音を震わせたSAワンマン

7月11日(土)に日比谷野外大音楽堂にて実施された、バンド初となるワンマンライブ「BRING IT ON FINAL<結>」。

チケットは、、、SOLD OUT!

会場を埋め尽くすファンたち=コムレイズをうれしそうに見渡したTAISEI(Vo)が「お前ら、よう来た!」と快哉を叫び、ライブが始まった。

ステージ上をアクティブに動き回り、ダイナミックなプレイを次々と惜しみなく繰り広げるメンバーたち。

「ロックで人生台無しだ!」というTAISEIの叫びに大歓声でコムレイズが応える。

一年がかりでメンバーが作り上げてきた野音。

数多くのフラッグに囲まれる愛に溢れたステージ…

日比谷の空に響きわたるSAコール…

この歴史に残る瞬間を記録に残すべく、全力で彼らの動きを追い、リハや本番を余すことなく撮影しました。


ドキュメンタリー映画『劇場版SA サンキューコムレイズ!(仮)』

ドキュメンタリー映画『劇場版SA サンキューコムレイズ!(仮)』は100分程度の映像作品を予定しています。
メンバーに迫り、コムレイズに迫り、「SA」と彼らを取り巻く全てを表現する作品にする予定です。

映画公開予定:2016年2月頃公開予定。

公開予定地:東京、名古屋(※)、大阪(※)
※資金調達の額により名古屋・大阪を追加致します。


SAメンバー

TAISEI(Vocal)

1967年6月12日生
上京し、ハードロックバンドBAD MESSIAHでの活動を経て、
1999年に再びSAとしての活動をスタート。
2012年8月1日リリースの矢沢永吉デビュー40周年アルバム『Last Song』に、馬渕太成名義で歌詞提供。

NAOKI(Guitar)

1965年6月18日生
LAUGHIN' NOSE、COBRA、DOG FIGHTの元メンバー。
TOWERRECORD主催の『NAOKI(SA)のBARボイラールーム』のMC活動も行っている。

KEN(Bass)

1968年2月19日生
8歳から三味線を始め、中学1年でシンセサイザーを始める。
19歳の時にThe Pepper Boysで、ソニー・ミュージックレコーズよりデビュー。
数々のアーティストへの楽曲提供のほか、ホンダ・インテグラのCM音楽制作なども行う。

SHOHEI(Drums)

1976年6月10日生
マイケル・ジャクソンの大ファン。
ドラム、パーカッション、ピアノ、トロンボーンを担当。
他にはソロで三線、ギター、唄などでも活動する。
2013年カナダにてTHE LUCKY ONESとともにレコーディングしたシングル「Shout! (feat. Shohei)」、「Round and Round (feat. Shohei)」の両曲とも、作詞・作曲・ドラムを担当。


リターンについて

【メンバー4人から御礼のメッセージ】
メンバーひとりひとりから感謝の気持ちを込めてお礼のメッセージをお送りします!

【映画化記念CAMPFIRE限定Tシャツ】
映画化を記念したCAMPFIREでしか手に入らない完全オリジナル限定Tシャツです。
サイズはS/Mからお選びください。

※デザインは仮のものとなります。

【映画『劇場版SA サンキューコムレイズ!(仮)』DVD2枚組】
本作のDVDに野音LIVE DVDが付属されることが決定致しました!
あの日の舞台裏やコムレイズの様子を凝縮した『映画版』、そしてLIVEのみを収録した『LIVE版』2種類のDVDで、7.11野音の全てを完全パッケージ!
ぜひ楽しみにお待ちください!

※デザインは仮のものとなります。

【7inchアナログシングル】
非売品7inchアナログシングルをお届けします。

※デザインは仮のものとなります。

【映画のエンドロールにお名前を掲載】
映画のエンドロールにご希望のお名前を掲載させていただきます。

【SA LIVEツアー ゲストパス】
こちらから指定した全国お好きな会場の中から、2か所のLIVEにご招待させていただきます。

【リハーサルご招待】
ライブ当日本番前に実施するリハーサルにご招待します。

【ライブ後関係者打ち上げにご招待&メンバーと乾杯】
「中打ち」と呼ばれる30〜60分ほどの打ち上げにご招待します。SAメンバーと乾杯もできます。

【映画完成披露試写会&完成祝賀パーティにご招待】
映画が完成したタイミングで実施する試写会&パーティにご招待します。映画館で公開される前の作品を試写室でご覧いただいた後、メンバーも参加するパーティにご参加いただけます。

【メンバーの演奏で歌い、その映像を収録したDVD】
1曲を指定していただき、メンバーの演奏でご自身で歌っていただきます。その模様を撮影し、DVDとしてもプレゼントいたします。

【企業様向けリターン】
・メンバー全員からの特別お礼動画
・映画のエンドロールに「協賛」として社名とロゴをお入れします
・独占映画上映(試写室や社内ホールなど環境が整うお好みの場所で貸切上映1回実施)
※個人の方でも可能です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください