私、阿部浩一は1976年1月、山口県生まれ。書店員、NGO職員、社会福祉法人職員、NPOコンサルタントを経て、現在は2021年4月に東京都東村山市で創業した不動産屋、合同会社うんすい宅建の代表社員・宅地建物取引士です。

Photo by あると

起業する人と聞いて、あなたはどんな人を思い浮かべるでしょうか。勇気がある、意識が高い、アイデアがある、野心家、夢中になれることがある人……。起業といっても、上場企業をめざすものもあれば、個人で小さなカフェを経営するものまでさまざまです。

おそらく多くの人にとって、起業はぼんやりしたもので、少なくとも強者のカテゴリーだと考えるでしょう。終身雇用が崩壊し、働くことを取り巻く時代の変化を感じない人はほとんどいないでしょうが、それでも大多数の人が組織に絡め取られながら、嫌な仕事を我慢して続けています。

だけど、私から言わせれば、組織の中で精神的に安定していられる、我慢ができるというだけで、十分に強者だと思います。

私は一人の時間をこよなく愛している一方で、人が好きです。誰かと組んでプロジェクトを行うこと、人と人を結びつけること、その場を仕切ること(笑)等々。ですが、組織の一員になった途端に、ダメになってしまうのです。

うつ病とパニック障害を発症し、入院したのは2018年のことでした。どんなに周囲に恵まれていても、がっつり組織の一員になると心身が拒絶反応を起こすのです。本当に不便。朝の満員電車ではかなりの確率でお腹が痛くなり、同時に尿意をもよおすタイプです。

人間嫌いではありません。むしろその逆で、私には自由に泳ぎながら、いろいろな個人(あるいは組織)とつながる生き方が合っていると考えています。

合っているというより、そのようにしか生きられないのです。

多くの人がどこかへ属するのが当たり前だと洗脳され続けてきた社会において、それができない私は自分のことを、「弱者」だと思っています。

実際に組織を離れ、自分で事業を興す意味での「起業」なのか、固定観念や自分に不都合な諸々からの精神的な「独立」なのかは読む人に委ねたいと思います。あくまでも、きまじめでやさしい人が、自由に生きていくためのガイドとして存在できればと考えています。


私の会社のキャッチフレーズは「同性カップルのための頼れる不動産屋」「『マイノリティーにやさしい』はみんなにやさしい」です。

少し前のデータですが、リクルート住まいカンパニーが2018年に行った、LGBTを自認している全国の20歳から59歳を対象とした調査(有効回答数362人)によると、セクシュアリティが原因で嫌な思いをしたことがある人が、「賃貸住宅探し」で28.7%、「住宅購入」で31.1%いたという結果があります。

同意書の一文にあった「LGBTの方は入居お断り」の文字

2020年12月、“「LGBTの方は入居お断り」同意書にあった一文。その部屋の契約をやめた当事者が動画で伝えたこと”という記事がウェブ上に掲載され、改めて驚きと怒りが湧いてきました。

やっと見つけた理想的な物件。ところが不動産屋から渡された同意書に、「LGBTの方は原則お断り」と書かれており、混乱で怒りがこみあげてきたというLGBTs当事者の方の話です。

住まいを提供するという仕事は、鉄道などの交通インフラと同じで公共性の高いものだと思います。生活の基本は、安心して暮らす場所があって、食べて寝て仕事をするということ。それは、どんな属性を持っている人でも等しく同じものです。


高齢者も多い大家さんの理解が得られにくい

賃貸住宅の大家さんには高齢者も多く、LGBTsに対して偏見や誤解があるケースが多いことも、物件探しの困難につながっています。大家さんに入居者探しを依頼されている業者は、どうしても大家さんの側に付くことになりがちです。また、業者自身が偏見や誤解を持っているケースも見受けられます。

高齢の男性ほど、LGBTsに対する偏見や誤解があるという話も聞きますが、小規模事業者が多い不動産屋の経営者にはその層が多いのも事実です。(もちろん理解のある経営者もたくさんおられることでしょう)。

そんな中でも、すでにLGBTsにフレンドリーを打ち出す不動産業者もあります。

(1)一人で小さく始めて小さく継続する起業に関心のある人や、家探しで同じ思いをした人たちのコミュニティをつくる

「ゆるいつながり」というのは、これからを生きる上でのキーワードだと思います。

(2) 地域や学校の図書館へ献本したい

LGBTsに関することを主とした書籍ではありませんが、弊社の事業内容について当然触れてまいります。大家さんや不動産業者に対してLGBTsに対する理解を深めてもらうこと。また、子どもや若い人たちに、こういう生き方の選択肢があることを知ってもらえるツールとなればいいと考えています。

(3)セミナーや講演依頼を増やしたい

同じような悩みをかかえる人や、そういう自分のことを発信をしたいと考えている人たちに出会うため、セミナーや講演を行いたいと思います。そうすることで私自身も、たくさんの情報を得たいです。

(4)弊社所在地である東京都東村山市で、自治体パートナーシップ制度導入を実現すること

縁あって事業所を構えた町に、ぜひ自治体パートナーシップ制度の導入を実現させたいです。そのために自分自身が何をできるか考えたいと思います。この書籍はそのためのツールになり得ると考えています。

(5)国を動かす一助となりたい

2021年6月に閉会した国会では、性的マイノリティに関する法(LGBT新法)について、積極的に議論が行われたものの、審議の時間が不足しているとして、法案成立には至りませんでした。

私が事業を通じてLGBTs の住まいの課題に取り組み、書籍を出版することは小さなことかもしれませんが、大きな岩を動かす雨粒のうちの一滴になろうと心に決めています。

ご支援いただいた資金は、書籍の広告宣伝にかかる費用(デザイン、プロモーションの外注費など)の一部に充てさせていただきます。
どのコースをご支援いただいた方にも、書籍の最後にお名前(またはハンドルネーム)を記載(希望者のみ)します。
書籍紹介HPにも支援者としてお名前(またはハンドルネーム)を記載(希望者のみ)します。

【1】お気持ちコース(1,000円)
心を込めて感謝のメールをお送りします。

【2】書籍1冊コース(2,500円)
書籍1冊(送料込)をお届けします。

【3】書籍2冊コース(4,000円)
書籍2冊(送料込)をお届けします。
ご自身のパートナーの分を一緒に

【4】書籍10冊コース(10,000円)
書籍10冊(送料込)をお届けします。

【5】書籍50冊コース(45,000円)
書籍50冊(送料込)をお届けします。

【2021年7月】出版プロジェクト開始。
【2021年12月17日】書籍発売予定。
【2022年1月】図書館などに献本等を行います。

この本は「弱者のための生存戦略」です。もちろん、弱者=マイノリティーではありませんし、弱者と強者は相対的なものに過ぎないともいえるでしょう。本当に「がんばれない人」から見れば、ひとりで起業ができるだけでも十分に強者であるに違いありません。

ですが、混沌とした時代の中で多くの人が何かしらの生きづらさをかかえていることは事実です。一昔前は個人の性格や嗜好、わがままなどと片付けられて顧みられることのなかったHSP、発達障害、セクシャルマイノリティー、「〇〇ハラ」と名付けられて、次々と生まれるさまざまなハラスメント……。

組織に属することが苦手で「同性カップルのための頼れる不動産屋」をひとりで起業し、ゲイの当事者でもある私の経験や考え方が、まだ出会えない誰かに届き、何かしらの役に立てるとしたら、これほどの喜びはありません。

ぜひ本プロジェクトへのご支援を通じて、あなたも仲間になってください。
よろしくお願いいたします!!

  • 2021/10/09 13:44

    おかげさまで9月4日に挑戦を開始したクラウドファンディング「めっちゃとことんな物語!弱者のための独立・起業本を出版してコミュニティを作りたい」は最終日の10月8日、達成のうちに終えることができました。ご支援、応援ありがとうございました。12月17日、クロスメディア・パブリッシングより出版予定の...

  • 2021/10/08 20:20

    【あと3時間】50%達成 クラウドファンディングhttps://camp-fire.jp/projects/view/30869912/17発売予定。私、阿部で初の著書出版を有意義に、もっと盛り上げていくためのプロジェクトです。不動産会社を創業して半年が過ぎました。以下、わが社の企業理念です。...

  • 2021/10/05 19:59

    ここまでのご支援と応援ありがとうございます!12月にクロスメディア・パブリッシングより発売予定、私にとって初の著書『きまじめでやさしい弱者のための「独立・開業」読本』の出版を盛り上げ、学校や企業などに献本するためのクラウドファンディングプロジェクトです。組織は苦手だけど人が大好きな私が、今年4...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください