新型コロナウイルス感染予防の為に実施を断念した『円頓寺商店街盆踊り大会』をオンラインイベントとして実現!無料で配信してみんなで夏の風物詩「盆踊り」を楽しみたい!!!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

名古屋おもてなし武将隊 織田信長である。

我々は戦国時代より蘇った戦国武将本人による名古屋の観光PR団体。

『名古屋を世界一の観光都市に』を目標に掲げ

日々名古屋城で客人を出迎え、全国各地で名古屋の魅力発信をしておる。

近年では地域振興と伝統文化の保存のために夏の風物詩「盆踊り」に力を入れてきたが、

今年は新型コロナウイルス感染予防の為、名古屋市内及び近郊の盆踊り大会への無料出演、

武将隊主催の「円頓寺商店街盆踊り大会」の実施を断念。


しかし、このまま断念ではあまりにも悔しい。


そこで愛知県内で活動をする武将隊

・清洲城武将隊煌組
・グレート家康公「葵」武将隊
・徳川家康と服部半蔵忍者隊
・PRINCESS SAMURAI of JAPAN あいち戦国姫隊

さらに

・三味線アーティスト タナカツトム殿
・和太鼓奏者 笛木良彦殿

上記の儂の案に賛同を得た皆と共に、

『オンライン盆踊り大会』を実施したいと思う。


題して 「円頓寺商店街盆踊り大会オンライン~踊る阿呆に視る阿呆歌う阿呆に打つ阿呆~」

会場にいる全員が「阿呆」をテーマに実施した昨年の盆踊り大会。
今年はオンラインで視聴した世界中の者全てが「阿呆」をテーマに実施いたす。


具体案としては

8月19日に盆踊り大会を撮影・編集したものを

8月28日(金)-8月30日(日)に動画配信サイトvimeoにて無料配信を致す。


ついては

皆もこの案の実現に賛同いただけないであろうか。

支援を願う。



資金の使い道・実施スケジュール

■資金の使い道
・会場費及び会場設備費 150,000円
・撮影、編集費 200,000円
・ステージ演出費(出演者経費)130,000円
・運営費・当日人件費 100,000円
・リターングッズ製作費 120,000円 
計70万


■実施スケジュール

8月19日:収録(千種文化小劇場:名古屋市千種区千種三丁目6番10号)

8月28日(金)-8月30日(日):動画配信サイトVIMEOにて無料動画配信


リターンのご紹介

〇お礼メール 500円

 儂、織田信長が感謝の意を込めた文をしたためたメールをお送りいたす。


〇オリジナルうちわ 1000円/500本限定

 片面は我らが「阿呆羽織」を着たメインビジュアル

 片面は名古屋おもてなし武将隊が1個1個丁寧に名言・迷言?等を手書きで書きつらねた

 世界に1つの1点もののオリジナルうちわをお届けいたす。

 ※うちわはランダムとなります。演者の指名は出来ません。


〇「風船や前田」オリジナルTシャツ 4000円/100枚

 昨年「円頓寺商店街盆踊り大会」にて水風船屋を担当した

 前田慶次の「風船や前田」オリジナルTシャツをお届けいたす。

 カラーは白の1色のみ サイズは「レディースLサイズ」の1サイズのみとなります。

 寸法:着丈65㎝・身幅49㎝・袖丈18㎝


〇収録観覧(A席)+オリジナルうちわ1本 5000円/41席限定

 8月19日千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目6番10号)で

 行われる収録現場を観覧頂けます。

 受付:18:00 開場:18:30 収録開始:19:00 (45分ほどを予定しております。)

 +上記1000円リターンのオリジナルうちわを1点を現地でお渡しします。

 ※円形劇場での撮影になるため収録映像に顔が写りこむ可能性がございます。

  予めご了承のほど宜しくお願い致します。


〇収録観覧(S席)+オリジナルうちわ1本 6000円/20席限定

 8月19日千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目6番10号)で

 行われる収録現場を最前列でご観覧頂けます。

 受付:18:00 開場:18:30 収録開始:19:00 (45分ほどを予定しております。)

 +上記1000円リターンのオリジナルうちわを1点を現地でお渡しします。

 ※コロナウイルス感染予防対策の為当収録の最前列は3列目に設けます。

 ※円形劇場での撮影になるため収録映像に顔が写りこむ可能性がございます。

  予めご了承のほど宜しくお願い致します。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


皆で今年も盆踊りを楽しもうぞ!!

計画実現の為皆の応援を願う。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください