Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

食を通じて静岡県の絆を取り戻したい!本当に必要な人たちへ食を届けるフードバンク

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

まだ安全に食べられるのに、様々な事情で処分されてしまう食品を、企業や個人などから寄贈を受け、生活に困窮するなどの事情で食品を必要としている方に無償で提供するフードバンク事業を、静岡県全域で行っています。※ご寄附後、実施団体からの活動報告等の送付を希望される場合は、申込フォームのアンケート欄にて「活動報告等の送付を『希望する』」を選択してください。

現在の支援総額
75,000円
支援者数
7人
募集終了まで残り
124日

現在0%/ 目標金額10,000,000円

0%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2021/02/26 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクト本文

実施理由/背景

「もったいない」から「ありがとう」へ

日本では、まだ食べられるのに捨てられてしまう、いわゆる「食品ロス」は、年間612万トンと推計されています。一方で生活に困窮し、明日の食事もままならない人たちが増えており、生活困窮者自立支援制度の相談窓口に相談に訪れる人の数も増加傾向にあり、また、7人に1人の子どもが貧困という、衝撃的な統計も発表されました。
現在は「食品ロス削減推進法」が施行され、食品ロスの削減が国民運動として定義され、受け入れ先としてフードバンクへの期待も大きくなりつつある一方で、新型コロナウイルスの感染拡大及びその防止による経済活動の自粛により生活困窮者が増加しているという状況であります。

「もったいない」から「ありがとう」へ~をスローガンに、この二つの社会課題を結びつけ、その解決を目指します。

プロジェクト内容説明

必要な食品を必要な方へ

フードバンクによる食品寄贈は、希望する方に直接食品をお渡しする、というわけではありません。団体を通じてお渡しすることになり、そのメインが生活困窮者自立支援制度における「相談窓口」になります。
その理由はいくつかありますが、主となるのは「食品寄贈を通じて、総合的な悩みや課題の解決を目指す」からです。食品を求める声の裏側には、本人の切実な悩みが隠れています。その中身は、借金問題や病気・仕事の問題など、さまざまではありますが、私たちにはそのすべての相談にのるための体制が整っておりません。総合的な課題の解決のメインは、あくまで相談窓口や各支援団体にお願いし、相談窓口が支援を進めていく中で食品が必要となった場合、フードバンクに依頼をいただくというのが基本的な事業の流れになります。私たちは、いわば「補助的な役割」を担っているわけです。
ただ、制度があるとはいえ、相談者が実際に相談に行くにはかなり高いハードルが存在します。それは「知らない人に自分の困りごとを相談するのは不安」「自分よりもっと困っている人が行く場所ではないか」「相談すること自体が恥ずかしい」などといった心理的な障壁です。

そういった心理的障壁に打ち勝ち、勇気をもって相談にきた人に対し、私たちは食料支援という範囲の中で、全力で応援しなければなりません。そのために窓口からは世帯人数、世帯構成、ライフラインの状況、使える調理器具といった様々な情報をいただきます。私たちは直接、相談者に会うことはありませんが、窓口からいただく情報を基に、その世帯が、どういう食品をもらえば喜んでもらえるか想像し、寄贈いただいた食品から「食品セット」を作成し、相談窓口に託すことになります。

また、多様化するニーズに対応するため、多種多様な食品を集める手段として、フードドライブを行っております。これは協力機関に食品回収BOXを設置していただき、個人からの寄贈を募るというもので、私たちの活動を周知し、各団体との連携強化や仕分けのためのボランティア募集という意味においても、大変重要な事業となります。

目指すところ

フードバンクを持続可能な「地域の仕組み」へ

新型コロナウイルスの感染拡大及びその防止による経済活動の自粛により、今後、生活に困窮する方がさらに増加することが予想されます。だからこそ「困ったときはお互いさま」の精神を元に、生活に困った人が、その解決のために相談に行き、場合によってはフードバンクの食料支援を受けることが何ら特別ではないという世の中になることを目指します。
現在、私たちフードバンクふじのくにが担い手として、静岡県内のフードバンク事業を展開しています。しかしこの活動は、私たち一団体でどうにかなるものではありません。生活困窮者自立支援制度における窓口、行政、各企業、各支援団体との連携を拡充していき、フードバンクを持続可能な「地域の仕組み」として確立していきたいと考えます。

寄付の使い道

受付けました寄付は、下記の内容で使わせていただきます。
・食品寄贈にかかる経費(運送費、寄贈調整にかかる人件費、段ボールなどの消耗品費)
・フードドライブにかかる費用(ポスター・チラシなどの印刷費、回収した食品の運送費、仕分け作業会場の借り上げ料、のぼりなどの備品費)
・事務局運営にかかる経費(事務所及び倉庫の賃料、事務局人件費)

自治体からのメッセージ

静岡市はこの活動を応援します!

市民ニーズが多様化・複雑化し、行政だけでは社会的課題に対してきめ細かく対応することが困難な状況にある中で、行政の支援が届かない分野で活動しているNPOなどの団体は、社会に欠かせない存在となっています。

このような行政の支援の行き届きにくい公益性の高い活動に取り組んでいる団体を対象として、ふるさと納税制度を利用した支援を行います。

フードバンク事業は、貧困問題対策と食品ロス問題対策どちらの側面もあり、SDGsの観点からも非常に重要な取組みです。
新型コロナウイルスの影響でフードバンク事業への需要がさらに高まっており、本市にとってフードバンクふじのくにの活動は欠かせない取組みとなっています。

静岡市はフードバンクふじのくにの活動を応援します。
皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

静岡市長  田辺 信宏

団体紹介

認定NPO法人フードバンクふじのくにについて

フードバンクふじのくには、本来捨てられてしまう食品を有効活用し、本当に必要としている方たちに届けるフードバンク活動を地域の仕組みとして浸透させることを目指して、2014年に活動を開始しました。より公益性の高い団体にするため、10を超える団体が集まり、設立されました。
2015年の生活困窮者自立支援制度の開始により、依頼件数や取扱量が増加していき、静岡県内35市町の全ての窓口と連携し、生活に困った方に食料を届けることができるようになりました。
2017年に認定NPO法人となり、現在では年間依頼数約3,000件、取扱量約60トンとなりました。また、県の施設内に本拠を移すこととなった今年度は、新型コロナウイルス感染拡大による食料支援依頼の増加に応えるため、対策部署を設置し、関係機関と連携して活動を拡大させています。

事業スケジュール

2020年8月:夏季フードドライブ
2020年9月:夏季フードドライブ 食品仕分け
2021年1月:冬季フードドライブ
2021年2月:冬季フードドライブ 食品仕分け

フードバンクによる食料支援事業は年間を通じて行っております。そのほか、静岡県内すべての行政や相談窓口の職員を対象としてフードバンクについて考える「事業推進委員会」も、コロナの影響で延期となっておりますが、できれば開催したいという意向です。

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。