はじめに

初めまして!合同会社Kstar-foodと申します。

私達は福岡から飲食店やお花見、お祭り、花火大会など各種イベント出店されている店舗様等に韓国系食品を企画・販売している会社です。

当社のメイン商品のデーロンスティックは昨年9月から12月にかけ全国各地・北海道から鹿児島までイベント出店される店舗様へ約5万本を超えるオーダーを頂き大盛況のうちに終えることができました 。

更にクオリティの高い商品を店舗様へお届けするべく、福岡での国内製造を決断、製造工場にご支援頂き、提携を結び、独自のレシピを用いて新しい当社特製のデーロンスティックを開発致しました。


去年福岡屋台で取材頂いた際の写真です。


 ---------------- 1. なぜプロジェクトを企画したのか ----------------- 

先日、10月1日を持ちましてクラウドファンディングの1回目 プロジェクトが無事、終了致しました。

知人の一報から始めたこのクラウドファンディングのお陰で、開始前はまだ無名だった私達Kstar-foodがたくさんの方々に向け日の目を見る事ができました。とても嬉しく、まだまだ未熟者の私たちは発展する機会がある事を再認識しました…今後はより一層皆様に笑顔と喜びを与えるべく、努めていく所存です! 

さて、残念ながら依然、冷凍倉庫には2万5千本を超えるデーロンスティックが眠っています。巷ではコロナ禍が過ぎ去り、人通りも回復の兆しが見えているように思います。

しかしながら、依然として飲食業界の売上は低下し、倒産直前の会社も多々見られます。私達も未だ新しいイベントへの発注を頂く事が叶っていません…

この事を踏まえ、スタッフ一同で相談した結果もう一度プロジェクトをしてみてはどうか?という意見が出てきました。なのでもう一度皆さんのご協力をお願い致します。

拙い文章、リターンの数々でしたが、デーロンスティック・伸び伸びチーズバーの商品

この中身自体はどこにも負けないおいしさ、クオリティを誇っていると自負しています!


令和2年9月15日にTNCから放送され ました。




今年3月、本格的なコロナ禍に巻き込まれてしまった私達は既に1月にはオーダーを頂き製造を開始し、2月末までには大量の出荷待ちを抱えている状況でした。

しかし、予想を大きく上回る新型コロナウィルスの影響により業者・飲食店・イベント先等の取引先様の多くが自粛対応を強いられ、多くの納品キャンセル依頼が相次ぎました…
私達には現在未だ3万本を超えるデーロンスティックの在庫が工場の冷凍倉庫に保管されています。

自粛対応で苦しんでいるお取引先様にこれ以上の無理を強いることもできず、今年中に各種イベント・祭りが開催されるのか先行きも不透明なこのままでは、多くのデーロンスティックが食べられないまま廃棄されてしまいます。

そこで、クラウドファンディングを利用し私たちの食品を直接ご家庭にお届けすることができないかと考えました。 


厳しい状況を生き残る為に・・・お弁当の販売を始めました。

現在は店舗の維持費と従業員の給料を払う事も厳しい状況です。 

しかし、こんな状況にも関わらず従業員たちは毎日笑顔で頑張ってくれています。

食品を無駄にしたくない!従業員の笑顔を守りたい!その一心でご支援を募りました。

9月15日TNCで放送し、たくさんの皆さんに応援させて頂けました。

---------------- 2. リターン商品のご紹介  ----------------- 


口に入れればサクッ!チーズはとろけ、どこまでも伸びていく

新感覚ホットスナック・デーロンスティックを皆さんはご存知でしょうか?

当社特製のデーロンスティックとは、23cm程の特製春巻きの生地で包んであるサクサクの衣に

もちもち感とどこまでも伸びるモッツァレラチーズの相性が抜群な、楽しく・おいしいホットスナックになります!

リターン商品としまして

プレーンチーズバー、タッカルビ、プルコギ味をご用意しております。

ご自宅での調理の際必要な備品は油と各種ソースのみ!調理は簡単、揚げ物用フライパンで5分以内に出来上がります。

※詳細な調理方法は下の図を参考お願いします。

ソースをご自宅で用意頂く事で、味付けの幅は無限大に広がり

【ご自宅でのパーティーに】【食卓のおかずに】【おやつに】【お酒のおつまみに】

様々な用途で飽きることなく楽しんで頂けること間違いなしです!


---------------- 3. 資金の使いみち ・スケジュール   -----------------

頂いたご支援につきましては以下の内容で使わせて頂きます。

・提携した製造工場への製造費支払い

・冷凍倉庫の利用料金

・スタッフの雇用継続の為の資金

・デーロンスティックをご自宅へお届けする際の送料

※デーロンスティックの配送はプロジェクト終了直後・12月~来年1月中旬以降になる予定です。

---------------- 4. 実施スケジュール ----------------- 

2020年11月中旬 プロジェクト開始 

2020年12月末  プロジェクト終了 

2020年12月~来年1月リターン品の発送を予定しています。 

---------------- 最後に -----------------

最後までご覧いただきありがとうございます。

私たちだけでなく、多くの方々が新型コロナウイルスの影響による健康被害・経済的な打撃にみまわれ、厳しい状況にあると思います。

コロナ禍が一日も早く収束に向かい、皆様がこれまでの生活を取り戻せますように願っております。   


「K-STAR FOOD」

〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町1−331

https://kstarfood.wixsite.com/home/blank-3
TEL 080-5289-5678,090-7533-3388


-------------------------------------------

■Q&A

Q:クラウドファンディングの支払いはどのような方法がありますか?

A:クレジットカード払い(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinners)、コンビニ支払い、銀行振込(Payeasy)、携帯キャリア決済(docomo、au、ソフトバンク)、PayPal、Fami-Payが御座います。

詳細はこちらをご覧下さい。(デビットカードはサポート外となります。)


Q:コースを間違って買ってしまいました、気が変わってしまいました、キャンセル出来ますか?

A:サイトの仕様上、支援後のキャンセルやプランの変更はできません、よくご検討の上でのご購入をお勧め致します。また支援金に金額を上乗せをすることによるアップデートも不可となっております。

(例:3,500円コースに5,500円を上乗せ支援しても受け取れるのは3,500円コースのリターンです。)

(例:3,500円コースを購入後、後日5,500円を支援しても9,000円コースの内容には出来ません。)


Q:とにかく応援したいので、リターン価格以上を支援したいです!

A:支援時に支援金額の上乗せが可能です。(例:3,500円コースに5,500円を上乗せして9,000円の支援をする)


Q:別途の送料はかかりますか?

A:かかりません。支援金に含まれております。


Q:支払い期限はありますか?

A:決済方法によって異なります。コンビニ、銀行振込の場合は基本的に支援日より4日以内の支払いとなります、詳細な期限に関しては支援後CAMPFIREより送付されるメールに記載されておりますのでご確認下さい。支払い期限を超過した場合自動的にキャンセルとなります、キャンセルになった在庫は決済が出来ませんので、購入される場合は再支援をお願い致します。クレジットカード、各種携帯キャリア払い、PayPalに関しては支援者様のご契約内容により締め日が異なりますのでご自身でご確認頂きます様お願い致します。


Q:配送先の住所変更はできますか?

A:住所変更の受付はプロジェクト終了までとさせていただきます。配送先の住所変更は「マイページ(右上のアイコン)>支援したプロジェクト>右へスクロールしたお届け先>確認する」で行うことができます。それ以降の住所変更については本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」というリンクから直接ご連絡ください。


Q:目標金額に達しなかった場合はどうなるんでしょうか?

A:All-in方式を採用しておりますので目標金額に満たない場合もご購入頂いた全てのリターンは履行させて頂きます。

その他、クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、

CAMPFIREヘルプページをご覧ください。

https://help.camp-fire.jp/hc/ja


  • 2021/01/12 20:25

    今更ながら気づいてしまいました…クラウドファンディング第二回プロジェクトの終了報告は下書き保存のみにされており、投稿が完了されておりませんでした…この度、活動報告を12月24日終了直後に投稿していたものと錯覚し報告、更新を怠っていた事を深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。遅ま...

  • 2020/12/17 17:31

    お世話になっております。24日間に渡るクラウドファンディングも残り6日となり、一週間を切りましたがなんと!昨晩無事、目標金額に達成することができました!!!今回は2回目のプロジェクトでしたが、賞味期限の関係上24日間という短期間でのスタート…しかしながら、初回プロジェクトを支援してくださった方...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください