はじめに

弊社では事業拡大計画に基づき、数多くの新商品やB2B商材など先行的に開発を進めておりましたが、例にも漏れず新型コロナウイルスの影響を受け大変苦しい状況に陥っています。

特にB2B領域で進めてきたサイネージ事業において、コロナの影響による受注のキャンセル等が発生し、弊社も打撃をうけました。開発計画を大幅に修正せざるをえず急遽、開発を前倒しで今回のプロジェクトを早急に推し進めることとなりました。

EDGENITYはこれまでクラウドファンディング上で大変多くのご支援を承り、おかげさまで現在このような活動ができるまでに至りました。改めて感謝申し上げます。

今回のプロジェクトも長く準備をしてきており自信をもってオススメできるアイテムです。少しでもみなさまのお力になり、喜んでいただけることを祈っております。

またご支援金の用途については、主にearXの量産金型費用およびEDGENITYブランドの新製品開発費用として活用いたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------


①完全カスタムオーダーメイドだから自分の耳に完璧フィット!

②1万円代のエントリーモデルから本格派モデルまで圧倒的なコスパで豊富なラインナップ!

③カスタムイヤホンを作ったことのない方へ、くわしく丁寧にご説明いたします。


耳型からつくる完全フィット・カスタムイヤホン ear X 

ear X(イヤーエックス)は”私だけ”の耳にフィットする、耳型からつくる完全フィット・カスタムイヤホンです。

世界にひとつだけの、自分だけにフィットする抜群の装着性を。

すべての人が、本当にいい音で音楽を楽しめるように。

低価格からハイエンドまで幅広いラインナップを用意しました。革命的なイヤホンが新登場!


こんな人にオススメ

・自分の耳に完全フィットするイヤホンを使いたい!

・いま使っているイヤホンが微妙にフィットせず不満がある

・左右の耳穴の差があり片方のイヤホンが落ちやすい

・カスタムイヤホンに興味はあったけど敷居が高く手が出せなかった

・自分の好きなジャンルに最適なイヤホンで音楽をたのしみたい

・プロ仕様をお手頃な価格で使いたい

そんな思いを持っている方へ、一人でも多くの方にお届けできればと思います。


商品特徴

・一人一人の耳型から製作する、完全オリジナルフィットイヤホン

・3D技術の進化&ドライバーの低価格化で2万円代〜の手頃な価格を実現

・イヤーピースが不要で快適な着け心地

・完全フィットによる抜群の遮音性

・ノイズキャンセリング不使用で音質の劣化なし

・低音重視、高音重視やクラシック、EDMなどわかりやすいラインナップ

・幅広いドライバーの種類と数の組み合わせ


そのイヤホン、フィットしてる?

世の中のイヤホンは様々な性能を謳うものに溢れています。

そのひとつに「装着性」はよく挙げられます。装着性が良いと、遮音性に優れ、音の良さを逃すことなく聴くことができたり、もちろん耳から落ちる心配がなくなったりと、重要な要素です。装着性のために各メーカーは工夫を凝らします。イヤーピースを特殊素材にしたものや、形状そのものを特殊な形に模したもの…

しかしこれまで手にしてきたイヤホンで、納得のいく装着感を得ることはできましたか?

実は装着性については「そこそこ満足しているけれど、完全にフィットしているわけではない」という方は多いのです。

それは実は当然のことで、人の耳の形は千差万別であり、さらに言うと左右でも耳の形・穴の大きさが違うから。均一な形状のイヤホンが自分の耳にしっくりこないのはこのためです。

ほんとうに「装着性」のあるイヤホンを追求したい。その究極形が、人の耳型からつくる「カスタムイヤホン(CIEM)」と呼ばれるイヤホンです。


カスタムイヤホンの問題点

一人ひとりの耳型に合わせて作るイヤホンを『カスタムイヤホン(CIEM)』といいます。

CIEMは、昔から存在しているイヤホンのジャンルのひとつです。有名フィギュアスケーターが付けていたり、一度は目にしたり聞いたことはあるかもしれません。ただし、その性質上、どうしても「マニア向けなもの」「作曲家やアーティストがつけるプロ仕様のイヤホン」という印象があり、実際に商品もそのような層をターゲットにした、高価なハイエンド機に溢れています。

またオーダーメイド品というだけあって、カラーや性能の組み合わせも無限大。こだわりのあるユーザーには刺さりますが、一般の目からすると、選択肢がありすぎて何を選べばよいかわからなくなります。


すべての人にカスタムイヤホンを。

わたしたちEDGENITYは考えました。気軽に普段使いとして使える、完璧な装着感のあるイヤホンをつくりたい。通勤やランニングで良い音で、完全フィットするイヤホンで音楽をたのしみたい。家で過ごす時間が多くなり音楽を良い音で心から楽しみたい。そんな方へ向けた新しいイヤホン、新しいすべての人のためのカスタムイヤホンを開発しました。


3D技術の進化&ドライバーの低価格化で手頃な価格を実現

イヤホンの重要パーツの低価格化も後押しし、効率化した最新製作プロセスにより安価なカスタムイヤホンを実現します。

耳型をもとに最新3D技術を駆使し、オリジナルイヤホンを製作いたします。最後はひとつひとつ、職人の手によって形状を最終調整し、完成となります。

※耳型は支援者様ご自身で、お近くの補聴器店舗様にてお取りいただきます。(詳しくは後述します)


圧倒的なコストパフォーマンス

前述の理由により、他社CIEMに比べると圧倒的に価格を抑えることに成功し、これまでのカスタムイヤホンの常識を打ち破ることができました。低コスト化によって、これまでのマニアックなユーザー層のみならず、多くの人の手に渡るべく、価格に挑戦しました。以下の同ドライバー数CIEMの比較をみれば一目瞭然です。


イヤーピース不要で本来の音&快適な着け心地

一般的なカナル型イヤホンには、先端にイヤーピースと呼ばれるゴムがあります。イヤーピースによって必要な音を吸収していたり音がシャリシャリする原因になったりと、音に大きな影響を与えています。ear Xではこれが不要なので、音源やイヤホン本来の音を楽しむことができます。

またゴムでなく、形状によって耳にフィットすることで快適なつけ心地を実現します。


完全フィットによる抜群の遮音性

耳型に合わせて作ることで、耳の大部分を塞ぐので遮音性が高くなります。周りの音が聴こえづらくなるため、どこでも音楽に集中することができます。また身体を大きく揺さぶっても全く落ちないため、ラインニング中のリスニングにも最適です。


ノイズキャンセリング不使用で音質の劣化なし

ノイズキャンセリング機能のついたカナル型イヤホンは多く登場しています。ただし、音質の劣化も指摘されています。ノイズキャンセリング機能をオンにすると、騒音を打ち消すための音が発生するため、製品によっては音質が変化してしまう場合があるのです。また静かな環境だと、効き過ぎによる耳鳴りがかえって気になってしまう場合もあります。

earXであれば、ノイズキャンセリング同等の遮音性が得られるので、そういった心配をすることなく、遮音性を確保しながら優れた音質で音楽を楽しむことができます。


調音スイッチで奏でる音を変化させよう

ドライバーが受け取る帯域を変化させることで、好みに合わせて奏でる音を変化させることができます。(上位2機種のBA&Zシリーズのみ)

ON : キレのある硬い音。JAZZやROCHの強弱の締まりと迫力が好きな方におすすめ。

OFF : バランスがよく広い音場の丸みがある音。JPOPやクラシックの全体が調和した音が好きな方にグッド。


3つのドライバーユニット

イヤホンは、ドライバユニットが搭載され、そのドライバを通して音を出す構造になっています。このドライバユニットには現在3つの種類が存在します。

・ダイナミック型ドライバー(DD型)

磁界の中にあるボイスコイルに信号を流し、ダイアフラム(振動板)を振動させることで音を出します。現在一般的に使われているダイナミックスピーカーと同じ構造です。一般的な多くのイヤホンでも採用されているのはこの構成です。

・バランスド・アーマチュア型ドライバー(BA型)

磁石についたボイスコイルに信号電流を流し、アーマチュアと呼ばれる鉄片を振動させます。振動が振動板に伝わることで音が出る仕組みになっているアーマチュアは、繊細な音の聞き分けが必要な補聴器にも使われている構造です。

・コンデンサー(静音)型ドライバー(ES型)

電極の間に音声信号を流すことで微弱な静電気が発生し、挟み込まれた常時高電圧を付加されたダイアフラムが振動し音を発生させます。エレクトロ・スタティック型とも呼ばれていて、最高峰のヘッドフォンにも採用される最も高価な構造です。

・ハイブリッド型

上記3種類のドライバーを複数個の組み合わせで構成したものをハイブリッド型といいます。「BA型の弱い低音をDD型を併せることでバランスよく補う」など、クリアでありながらバランスのとれた構成が可能になります。

また、基本的にはドライバーの搭載数が多いほど性能が上がるように設計されています。


好みに合わせた4つのラインナップ

ear Xでは好みに応じた最適な組み合わせを追求。最終的に4つのラインナップに絞りご用意しました。以下を参考に、自分にぴったりのイヤホンを選びましょう!


・とにかく手頃な価格でカスタムイヤホンを楽しみたい!

【earX DD〈ES-DD01A〉】(万能型・DD1個)

DDシリーズはダイナミック型ドライバー搭載イヤホン。

多くのイヤホンでも採用されている、ダイナミックドライバー1個構成で、広く音楽をたのしめる万能型です。 

ホワイト・ブラックの2色からお選びいただけます。


・低音重視。ヒップホップ、EDMをよく聴く!

【earX DD+BA〈ES-DB23A〉】(低音重視・DD2個+BA3個)

DD+BAシリーズは、2種類以上のドライバユニットを搭載したハイブリッドイヤホン。

低音に2基のダイナミックドライバーを採用。スタジオで聞いているような迫力ある低音を再現しています。3基のバランスドアーマチュアを中高音側に採用することで、クリアなボーカルサウンドを実現。非常にバランスのとれた心地よい音を奏でます。

ホワイト・ブラック・オレンジの3色からお選びいただけます。


・高音重視。クラシックやオペラをよく聴く!

【earX BA〈ES-BA10A〉】(最高級/高音重視・BA10個)

BAシリーズは、バランスド・アーマチュア型ドライバー搭載イヤホン。

片側に10基のバランスドアーマチュアを採用のプロ仕様イヤホン。低音~高音まで的確に音を再現してくれます。それぞれの音の分離感も非常によく、今までは聞こえることの出来なかった楽器やボーカルの音が聞こえてきます。是非いつも聞いている楽曲で聞いてみてください。きっと驚くこと間違いなしです。

ホワイト・ブラック・オレンジ・ブルーの4色からお選びいただけます。


・万能型。すべての音楽を感動の音質で!

【earX Z〈ES-Z122A〉】(最高級/万能・DD1個+BA2個+ES2個)

ZシリーズはDB+BA+ESのトリプルハイブリッドイヤホンです。

最高級のコンデンサー型ドライバーを2基採用したトリプルハイブリッドイヤホン。全域に渡り解像度が高く、レスポンスが良く高精細な低域を再現。そして極めて滑らかかつウェットで生々しい中域、煌びやかで澄み渡るクリアさが特徴的な高域。それぞれが非常に高いレベルにありながら調和がとれており、定位などに一切の違和感を感じない自然な音の広がりを感じられます。高次元でバランスが取れた万能機をお探しの方におすすめのイヤホンです。

ホワイト・ブラック・オレンジ・カーキの4色からお選びいただけます。


デザイン

※デザインは開発段階のものであり、変更の可能性がございます。予めご了承ください。


スペック


インプレッション(耳型採取)について

補聴器店舗様にてインプレッション採取専用のシリコンを使用して、耳穴の型をお取りください。20分程度で採取ができます。

インプレッション(耳型)をお客様自身で採取をしに行く必要があります。お近くにイヤーモニター用のインプレッション採取対応の補聴器店があるかどうか、ご確認をお願い致します。

ご購入後、採取したインプレッションをEDGENITY宛に送付して頂き、イヤーモニターを作成いたします。詳細はプロジェクト終了後お知らせしますので、お早めに採取をし準備いただきますようお願い申し上げます。

※補聴器店にてインプレッション採取代が別途でかかります。

※インプレッションに関する事項については弊社サポート外となります。予めご了承ください。

※耳型3Dデータは、弊社ホームページに会員登録いただいたお客様の会員情報に紐づけて、今後のカスタムイヤホン購入の際に活用いただけるよう準備予定です。詳細は追って発信いたします。


会社の紹介

株式会社エッジニティ

国内大手家電メーカーでのエンジニアとデザイナーの経験メンバー。最新の性能と品質でスタイリッシュなプロダクトを世に送り出すことで、多くの人に生産性の向上や利便性を実現していただくとともに、プロダクトを持つことの喜びを育んでもらえるものを世に送り出したい。その想いから株式会社エッジニティを立ち上げました。

2019年6月には、持ち運び可能な4K超高画質タッチパネル付モニター「AddOne」を国内クラウドファンディングを通してリリース。2000万円を超える資金調達に成功。続く19年10月には超短焦点4Kレーザープロジェクター「EdgeVision」をリリースし、2000万円を超える資金調達に成功。2020年6月にはUMPCノートパソコン「Reevo」が6000万円を突破、続いてE-Bike「ALISTA」は1800万円超、次世代フィットネスマシン 「HITFIT Bike」は1900万円を超えるご支援をいただきました。

多くの支援者様に支えられ、さらに大きなチャレンジへ次々と挑んでいます。


Q&A

Q:耳型はどこで採取できますか? 
A:補聴器を扱っているほとんどのめがね屋さんで耳型(インプレッション) の採取が可能です。

Q:耳型の採取にどれくらいの時間がかかりますか? 
A:耳型採取の作業時間は片耳で10分、両耳で20分ほどで終了して持ち帰れます。

Q:耳型の採取の料金はどれくらいですか? 
A:耳型採取の相場は左右1ペアで税抜き5,000円前後です。

Q:提出した耳型は返却されますか?
A:返却の対応はございません。予めご了承ください。

Q:イヤーピース(イヤーチップ)をつけることは出来ますか?
A:earXは耳型に合わせて製作されたものをそのまま装着しますので、イヤピースやイヤーチップ等をつけることは出来ません。

Q:無線接続は可能ですか?
A:本シリーズにおいてはすべて有線接続のみとなります。なおケーブルは付け外しの可能な機構となっており、取り換えることが可能です。

Q:メーカー保証はありますか?
A:到着後1年間はメーカー保証により無償にて修理が受けられます。ただし、保証対象外事項もありますので、詳細は商品とともにお届けする保証書をご参照ください。

Q:領収書の発行は可能ですか?
A:メッセージやメールにて宛名や但し書き等の詳細をご指示いただければ領収書を発行します。

Q:支援申し込み後のキャンセルは可能ですか?
A:CAMPFIREでは支援者都合のキャンセルは認められておりませんので、当社ではシステム上において対応することができません。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名:株式会社エッジニティ
◯ 事業者の所在地:〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-2-2-902
◯ 代表者:山路 哲
◯ 事業者の連絡先メール: info@edgenity.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください