ネクストゴール | Our Next Goal!

応援、どうもありがとうございます。
おかげさまで、募集終了日2週間前に目標額である100万円を達成しました。

目標額達成を記念して、「店舗への応援メッセージ」を誰でも贈れるようにフォームを開放します!

すでに応援された皆様も、想いの丈を書ききれなかった皆様も、お店にいつも顔を出している皆さも、応援メッセージを書いてパブへの寄せ書きを一緒に作りませんか?

パブとの出会い、いつの日かの思い出、お店の魅力、、、どんな内容でも大丈夫です!

「どんなことを書いたらいいかわからない…」という方はこちらを読んでね。すでに届いている素敵な応援メッセージを紹介しています。

↓寄せ書きのイメージ

いただいた応援メッセージは「店舗への応援メッセージ」として各店舗へお届けします。


↓入力フォームはこちら

<<応援メッセージを送る>>


Please post a message to pubs! Anyone can post from here.

<<Post a message>>


このプロジェクトで実現したいこと | Reasons for launching this project

「#アイリッシュパブ応援プロジェクト」の目的は、日本のアイルランド文化の発信地の一つであり、そして人々の交流場所でもある、アイリッシュパブ・バー・カフェなどの飲食店に対して日頃の感謝の想いと応援の気持ちを表明することです。


Irish pubs in Japan are the place for Irish culture fans and tourists from abroad can freely drop by and enjoy a pint of Guinness, genuine Irish dishes, live music performances and sessions, dance and conversations.  We are always thankful for pub owners and managers who have offered wonderful places to us.  Please join us to express our appreciation for their hospitality!

This project aims to express our gratitude to Irish pubs, bars, cafes and restaurants which are hubs for Irish culture fans and friends in Japan and to raise funds to support them.


なぜこのプロジェクトを立ち上げたか | Reason

「パブは大切な場所である」

ということは、アイルランド好きな方なら誰でも知っていることです。

しかし、「なぜ大切か?」の答えは人それぞれ。

店主の人柄、
お店のスタッフ、
常連さんとの会話、
美味しい料理や飲みもの、
音楽やダンス、お店の雰囲気

あるいはそれ以外にも......?

この文章を読んでいるみなさんと同じように、お店で生まれた楽しいひとときはぼくにとっても宝物です。


“Because pubs are essential places for us.”

It’s pretty obvious for people who love Ireland and Irish culture. There are many different reasons why they feel “pubs are essential.”

Owners, managers, and staff workers’ personalities and their hospitalities,
Conversations with regular customers over tasty dishes and drinks,
Music and dance, and atmosphere of each venue,
And more...


As you might feel the same way, the time I spent at those places is very invaluable and memorable.

しかし現在、東京や大阪などの首都圏を中心として、多くの飲食店が従来のような営業ができないのはご存知の通りです。

とくにパブはこぢんまりとした設計のところが多く、どこも感染対策に苦心しながら営業方法を模索しています。


「好きなお店のためにできることをしたい」
「またお店でたのしい時間を過ごしたい」

そんな気持ちを、抱いている方がきっと他にもいるはず。


“stay connected”

英語で「つながりを保つ」「連絡をとり合う」という意味の、ぼくの好きな言葉です。


とっても悲しいことだけれど、ウィズコロナの時代はまだしばらく続きそう。
それでも、好きなお店を応援するための第一歩として、そしてパブを通してつながった僕たちがウィズコロナでもつながりを保てるように、新しいことを始めたかった。

応援の気持ちとしての支援を募りたいのはもちろんですが、それ以上に、お店を大切に想っている人がたくさんいることをお店に伝えたい。応援したいけれどその方法がわからない人に、応援方法を伝えたい。

そして願わくば、文化のプラットフォームを、そこに生きる店主やスタッフ、人々が集う温かい空間を、誰もがフラットな立場で隔たりなくおしゃべり・交流できる場所で、再会できるように。


As you might know the fact that most pubs and restaurants (especially in big cities like Tokyo or Osaka) are going through a hard time with shorter operating time and fewer customers than before the pandemic.

They are making the best efforts to keep their relatively cozy venue safe and enjoyable for customers.

Maybe you have felt, “What can I do for the places I love?” or “I love to spend great time again at those places.” I hope to share this feeling with as many people as possible. 

“Stay connected” is my favorite phrase.

It’s sad but we have to admit the reality that COVID-19 is likely to last for a while.   But I’d like to do something so that we can all “stay connected” through our favorite places under the current circumstance.

I definitely want to raise funds to support those pubs and restaurants.  On top of this goal, I want to show them how many supporters care about them.  And I want to tell supporters how they can contribute to achieve the goal.

I hope to SAVE our cultural hubs and to meet friends, owners, managers and staff workers again soon!


アイリッシュパブってどんなところ? | What are Irish pubs like?

パブ(Public House)とはもともと「人々が集まる場所」「コミュニティの基点」という意味で、日本で言えば居酒屋や公民館のような場所。アイルランドのお酒や料理を出すパブは「アイリッシュパブ(Irish Pub)」と呼ばれます。


A pub (Public House) originally meant "a place where people gather" or "a base for community.”  We have similar places such as community centers and izakayas in Japan. Pubs that serve Irish drinks and foods are called Irish pubs.

その歴史は600年以上。アイルランドではどんなに小さな街にもパブと教会があると言われます。

Public Houseという名が示す通り、街の人々の交流の場なのです

The history of pubs goes back over 600 years.  Every town and village in Ireland has at least one church and AT LEAST one pub or more. As the word "Public House" suggests, it’s the place where the people in towns and villages socialize.


アイルランドはイギリスの西に位置する、豊かな田園風景が広がるのどかな国です。

「アイルランド」と聞くと、こんなことを思い浮かべる人がいるかもしれません。

・お酒…ギネスビールやアイリッシュウィスキーは、日本のスーパーでも手に入ります。あの「ギネスブック」も、もともとはギネスビールの会社が始めたものです。

・文学…『ガリバー旅行記』のジョナサン・スウィフトをはじめ、オスカー・ワイルドやジェイムス・ジョイス、『怪談』をまとめた小泉八雲ことラフカディオ・ハーンなど。

・スポーツ…昨年ワールドカップがあったラグビー。サッカー好きな人も多いですね。

・音楽…セッション。セッションとは近隣の住民がそれぞれ楽器を持ち寄り、即興的にアイルランドの伝統音楽を弾く集まりです。

なかでもアイルランドの伝統音楽を奏でる「アイリッシュ・セッション」は、アイリッシュ・パブとは切っても切り離せない関係にあります。

Ireland is an idyllic country with lush green hills and meadows, located to the west of the UK.

Some of you probably have some images about Ireland, such as:

Drinks: You can find Guinness beer and Irish whiskey at Japanese supermarkets. The Guinness Book of World Records was originally started by the Guinness beer company in Ireland.

World class literature: Ireland has produced many renowned authors including Jonathan Swift’s “Gulliver's Travels,” Oscar Wilde, James Joyce and Lafcadio Hearn, aka Lafcadio Hearn who compiled “Kwaidan.” 

Sports: Rugby. Japan hosted the World Cup last year, so many of you remember the Japan vs Ireland match. Or soccer is also popular.

Music: Music sessions at pubs. Locals regularly bring their own instruments and enjoy playing traditional tunes as well as socializing. 

Irish music sessions are inextricably connected to Irish pubs.


一般にイメージされる「ジャズ・セッション」とはちょっと違う独特の合奏方法ですが、アイルランドでは(そして日本でも!)、どこかしらのパブで日常的にセッションがあります。

映画「タイタニック」や無印良品の店舗BGMなどを通じて、アイルランド音楽を聞いている方も多いかもしれません。

セッションがある日は、老若男女がそれぞれの楽器を持ち寄り、演奏やダンスで楽しい時間を共有します。ミュージシャンでなくても、お店で思い思いにおしゃべりやお酒を楽しんでいます。

お酒・料理・音楽・おしゃべり・交流が融合した雰囲気を表す「Craic(クラック)」というアイルランド語もあるくらいです。

つまり、

「アイルランドのお酒や料理」
「アイルランド音楽の生演奏」
「老若男女の集い」

など、アイリッシュカルチャーの発信地であり、街の人々の交流の場。

アイルランドのよき文化を体現しているのがアイリッシュパブなのです。

It's a unique ensemble method which is a bit different from the "jazz session" you might imagine.  In Ireland (and in Japan, too!), Irish sessions are great occasions to play and listen to live traditional Irish music. There are sessions scheduled at some pubs on a daily basis in town. 

You may have heard Irish music through the movie Titanic or Muji’s background music. On the days when there is a session, men and women of all ages bring their instruments and share in the fun by playing and dancing. You don't have to be a musician to enjoy chatting and drinking to your heart's content in the restaurant. There's even an Irish word, "Craic," to describe an atmosphere that combines drinking, food, music, chatting and socializing. 

Irish pubs are the place for Irish food and drink, live irish music and A gathering of men and women of all ages. It's the place where Irish culture is created and people interact with each other. The pub is the showcase of the Irish culture and tradition.


このプロジェクトでできること | What you can do in this project

・日本全国のアイリッシュパブを一度に応援できます
・好きな店舗を指定して、直接応援することもできます
・日頃の感謝のメッセージや応援メッセージを送ることができます

- support all pubs on the list
- support specific pub(s) you like
- send thank-you-message to pub(s)

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
This project will be carried out on an all-in basis. Even if we can’t achieve our goal, we will continue the project and deliver a return.


資金の使い道 | How we use funds

「店舗指定」で集まった資金は指定の店舗へ
「指定なし」で集まった資金は各掲載店舗へ平等に配分します。

*手数料、経費は除きます
*資金の使い道はお店にお任せします。報告義務なども課しません
*万が一このクラウドファンディング期間中にお店の廃業が決定した場合にも、集まったお金はお店に渡します

*Fees and expenses are deducted from the total amount.
*We leave it up to each pub to decide how to use the funds. No obligation to report.
*Even if a pub closes down during this fundraising period, the money raised will be donated to pubs.


掲載店舗一覧 | Pubs

掲載しているお店の詳細は以下よりご確認ください。

Please see the list of pubs below.


*掲載店舗には「いわゆるパブ」以外にもカフェ、喫茶店、レストランなど、広い意味の Public House なお店が含まれています
*掲載店舗は今後、増えることがあります

*”Pubs” incluede cafe, restaurants used as the ’public house’.
*Pubs may be added.


9/11 「O'Brien's Irish Pub」が参加してくださいました!
10/7 「Brennan's Irish Bar Mutsumi」が参加してくださいました!

As of 11th September, O'Brien's Irish Pub joined in our project.
As of 7th October, Brennan's Irish Bar Mutsumi joined in our project.


プランとリターンのご紹介 | Tickets & Returns

1000円のご支援(店舗指定、指定なし):運営よりお礼のメッセージと店舗への寄せ書きをメールでお送りします。

3000円のご支援(店舗指定、指定なし):運営よりお礼のメッセージと店舗への寄せ書き、店舗からお礼のメッセージをメールでお送りします。

5000円のご支援(店舗指定、指定なし):運営よりお礼のメッセージと店舗への寄せ書き、店舗からお礼のメッセージ、お店のレシピを集めたレシピ本をお送りします。

10,000円のご支援(店舗指定、指定なし):運営よりお礼のメッセージと店舗への寄せ書き、店舗からお礼のメッセージ、お店のレシピを集めたレシピ本、そしてグッズをお送りします。

*10, 000円のご支援のリターンで送付するグッズは不揃いのものを詰め合わせています


リターン選択時にお店への応援メッセージへのご記入をお願いしています。集まったメッセージは「支援者からお店への寄せ書き」画像として後日公開予定です。


If you donate 1000 yen, we will send you
・Thank you message from the Ashioto-Renrakushitsu
・Supporters’ messages to pub(s) (Image Data)

If you donate 3000 yen, we will send you
・Thank you message from the Ashioto-Renrakushitsu
・Supporters’ messages to pub(s) (Image Data)
・Thank you message from pub(s)

If you donate 5000 yen, we will send you
・Thank you message from the Ashioto-Renrakushitsu
・Supporters’ messages to pub(s) (Image Data)
・Thank you message from pub(s)
・A book of recipes of pub foods (PDF)

If you donate 10000 yen, we will send you
・Thank you message from the Ashioto-Renrakushitsu
・Supporters’ messages to pub(s) (Image Data)
・Thank you message from pub(s)
・A book of recipes of pub foods (PDF)
・Gift from pub(s)

“Gift from pub(s)” is a random package.

Please post your message to the pub(s) in the remarks field. Supporters’ messages will be compiled in a  message card (image data) for the each pub.


プロジェクト賛同者の声 | Voices of supporters

パブには長年お世話になってきました。7年間住んだアイルランドでは仕事の後にビールを傾け、友人と語り合い、旅先のパブランチでお腹を満たし、セットダンサーとして踊りの輪に加わり…。日本では1990年代前半までアイリッシュ・パブはほぼ存在しなかったので、ミュージシャンは演奏の場を求めてライブハウスやレストランを渡り歩く日々でしたが…各地でパブがオープンしてからはここがホームとなりました。そんなパブがなくなったら困ります!今はなかなか足を運べなくても、いつかまたパブでおしゃべり、音楽、ダンス、そして飲食を楽しめる日が来ることを心待ちにしています。

Sláinte! 


CCÉ Japan会長、『アイルランド を知るための70章』編著者
山下理恵子



* * *

私は約束が苦手でした。
人と約束をすることは相手の時間をもらうことで、私にはすごく勇気がいる行為です。
時には約束に自分が縛られるようにも感じられて、はぐらかしてしまったこともありました。

そのくせ私は一人では生きられなくて、事あるごとに温かい光が恋しくなりました。
そんなへそ曲がりにとって、パブは大変に有難い場所でした。そこは約束がなくても、私たちをいつも優しく迎え入れてくれる場所です。
やさぐれた日も、ご機嫌な日も、ひとりでもみんなでも、そこに自分が居ても居なくても。ありのまま存在をただ受け入れてくれる場所が街にあることは、私に限らず多くの方の救いであるはずです。

これまで、素敵な場所の魔法を借りて、不器用な私にも幾つもの約束と思い出ができました。
今は特に、また会おうね、元気でいようね、そんな約束が愛しく思えます。
あの場所も、人も、ずっとそこにあってほしい。そしてこれからも約束をして、思い出を作っていきたい。そんな願いを込めて、このプロジェクトを応援します。

後藤えりか


* * *

初めてアイリッシュパブに入ったのは23才のとき。

BUMPHY’S(バンフィーズ)という名前のアイリッシュパブだった。

ビルの半地下にあったそのお店でアイルランド音楽のオススメCDを教えてもらったこと。
パブバンドに入れてもらってダンスチューンやディラン、PPMのカバーを弾いたこと。
ギネスやキルケニーはもちろん、ウィスキーやズブロッカなどを初めて飲んだこと。

全部20代前半の出来事。

今はもうバンフィーズはなくなってしまったけど、そのビルの前を通ると当時のことを思い出す。

カウンターに座り、バーマンから注がれたギネスの泡が落ち着くのを待つ。
パブを愛する人にとって最高の時間だ。
.
.
アイリッシュパブという灯が消えなることのないよう、このプロジェクトを応援しています。


Ode Inc.代表/フィドル奏者 小松大




* * *

アイリッシュパブは、魅力的なアイリッシュエキスを凝縮した空間だと思います。フレンドリーなスタッフと開放的な空間は、一人でも仲間と行っても優しく向かい入れて、いつも気持ちを和ませてくれます。壁に並んだ素敵なディスプレイやポスターに囲まれ、 好きなフードメニューをツマミに、ビールやウィスキーでほろ酔いになって、スタッフや友達、馴染みの顔との会話を楽しむ。

好きなものに囲まれたマイスペースという感じです。こういう空間はなかなか無いので、末永く続けていただけるよう応援したい!のもありますが、自分の大好きな空間をキープしたいのが本音です。



アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン  冨山洋治



 

実行主体について | Who We Are

企画:アシオト連絡室・掲載店舗全店
運営:アシオト連絡室

「アシオト連絡室」とは「日本のアイルランド文化を盛り上げる」オンラインコミュニティです。

【Facebookページ】https://www.facebook.com/ashioto0315
【メール】ashioto315(a)gmail.com


Planning: Ashioto-Renrakushitsu & Irish Pubs
Operation: Ashioto-Renrakushitsu

Ashioto-Renrakushitsu is an online-community for promoting Irish culture in Japan.

Official Facebook account: https://www.facebook.com/ashioto0315
E-mail: ashioto315(a)gmail.com


実行主体のアシオト連絡室メンバーの声 | Voices of Project Members

初めてアイルランドでパブの雰囲気と音楽に圧倒されてから17年。あのときから何度アイリッシュパブにお世話になったかわかりません。ときにはひとりでギネスを楽しみに、ときには演奏をさせてもらい、ときには結婚や記念日を祝う場所として。

アイリッシュパブは、単にお酒や料理の種類でそう名乗っているわけではなく、人と人が偶然出会い、他愛もないおしゃべりに花を咲かせ、ともに音楽やダンスを楽しむ、それらすべてが融合した「Craic(クラック)」が実現する場所です。

日本には、本場のアイリッシュが驚くほどのクオリティでお酒・料理・空間を実現しているパブが無数にあります。僕はそんなパブを誰かに紹介するとき、いつも誇らしくなります(そして酔っ払っています)。

今回のプロジェクトにを通じて、同じ思いを持つ人たちとパブがつながることで、感謝の循環が広がることを願っています。


アイリッシュ・ギタリスト
下田理



* * *

アイリッシュパブは、タップから注がれる美味しいビールや料理が魅力ですが
それだけではなく、素朴で温かいアイルランド伝統音楽のセッションや、
時にはダンスを楽しめる場所としても多くの人に愛されてきました。

そこに行けばお店のマスターが笑顔で迎えてくれて、
タイミングが良ければ約束をしていなくても知り合いに会えたり、
隣の人と意気投合して仲良くなったり。

そんな場所が、『あたりまえ』にあるのではないことを新型コロナに思い知らされました。
お店の人たちが守らなければ、無くなってしまうかもしれない...。

このご時世、クラウドファンディングも沢山あって一体どれを優先すべきか迷うかも知れませんが、それぞれが自分の身近な場所、好きなことを応援していきませんか。

あなたにとってアイリッシュパブが大事な場所でしたら、どうぞこのプロジェクトに力を貸してください。


アイリッシュダンス愛好家
CCÉジャパン副会長
寺町靖子



* * *

私にとってのパブは、当たり前にある普通の場所で、それ以上でもそれ以下でもないのです。
でも、一言では言えない「何か」がその空間には漂っていて、そういったものに私は癒され、居場所や楽しい時間を頂いてきました。

そんな「当たり前」を与えてくれていたお店に今、ありがとうと恩返しをしたい、そんな気持ちから始まった企画です。どうかこの機会に、お店と自分の歴史を振り返って、そしてそこから生まれる思いを形にして頂ければ幸いです。

セッションをこよなく愛する学生・コンサーティーナ弾き
アイリッシュダンス愛好家
山内里奈


*今回のクラウドファンディングの企画を手伝ってくれたメンバーは3月に企画したアイリッシュミュージシャンを応援するクラウドファンディングの支援者であり、現在まで一緒に日本のアイルランド文化を盛り上げてくれている仲間たちです



実施スケジュール | Schedule

2020年10月中旬
本クラウドファンディング終了

2020年11月
順次リターン発送

2020年12月
リターン発送完了
アシオト連絡室より、各店舗へ入金。

透明性を高めるため、集まった金額の総額や各店舗への分配金額、事務経費(CAMPFIREへの決済手数料および本取り組みにかかる事務経費、振込手数料)に関して、後日、こちらにて公表いたします。


Mid October:
End of our fundraising

November:
Returns will be sent out when they are ready.

December:
All returns will be sent out.
Payment to pubs will be finished.
End of the project

In order to increase the transparency of this project, we will announce the total amount of money raised, breakdowns of the amount distributed to each pub and administrative costs (e.g., commission fees to CAMPFIRE, administrative costs of this initiative, and bank transfer fees).


代表のこれまでの活動 | About Leader and his activity


 代表の城拓(じょうひろし)です。パブで踊るのが好きです。



1) 3月にアイリッシュミュージシャンを応援するクラウドファンディングを実施しました。当初の目標額20万円を大幅に上回る60万円のご支援をいただきました。
アイルランド音楽の録音・録画・ライブ配信の価値を示したい

2) 4月に日本のアイリッシュパブを応援する活動を始めました。多くの知人・友人にパブとの連絡や情報の拡散を手伝ってもらいました。
日本のアイリッシュパブのために今、僕らができること

3) 6月に日本のアイルランド音楽を盛り上げる「アシオト連絡室」というコミュニティを組織しました。ミュージシャンやパブを応援する活動を実践、継続中です。
日本のアイルランド文化を盛り上げるサポーターを募集!!!


イラスト | Illustration

イラスト:にしむられいこ、© Eiji Press, Inc

Illustration by Reiko Nishimura, © Eiji Press, Inc


協賛 | Support

マグナーズサイダー及びオハラズビール輸入元:アイコン・ユーロパブ株式会社輸入元通販サイト
Magners Original Cider and o'hara's are imported by Ikon Europubs KK.


更新履歴

2020/10/2 「プロジェクト賛同者の声」に追記しました
2020/10/2 10,000円(指定なし)のリターンがなくなったので増やしました
2020/9/25 「プロジェクト賛同者の声」を追加しました
2020/9/3 10,000円(店舗指定)のリターンがなくなったので増やしました
2020/9/11 掲載店舗に「O'brien's Irish Pub オブライエンズ・アイリッシュ パブ」を追加しました
2020/10/7 掲載店舗に「Brennan's Irish Bar Mutsumi ブレナンズ・アイリッシュバー ムツミ」を追加しました
2020/10/8 店舗一覧画像修正
2020/10/9 目標額100%の達成の旨とNext Goal追記。英訳修正
2020/10/12 「プロジェクト賛同者の声」を追加しました
2020/10/19 英訳修正

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください