《ご挨拶》

SPREADは今年2月末に下北沢にオープンしたキャパシティ100人程度のクラブ/ライブ・スペースです。

数回の営業の後、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大による政府からの自粛要請を受け、営業自粛をすることを決めました。

また、当初SPREADは3月に音響/照明の工事を施工し、4月から正式にスタートする予定でした。

営業自粛の影響により工事に使用する予定の資金も無くなり、継続危機のまま工事も施工できず未だ本格的な営業のスタートが切れない状況であります。

未完の新規店舗として出来ることは何か?

営業自粛後、通常営業ができない中で私達が出来ることを模索し5月8日〜6月7日にかけてVIDEO SERVICE "AMUSEMENT”という1ヶ月間にわたる配信プログラムを立ち上げました。

何も知識がない私達に知恵や技術を貸してくれた配信スタッフの皆、出演者頂いた115組のアーティストの方々、ご協力いただいた地方のクラブや映像チームの方々、チケットをご購入頂いた皆さまに改めてこの場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました!

沢山の方々のご協力のおかげで、音楽にまつわるスペースとして私達なりのやり方でイマ出来る面白いことはできたと思っております。

ただ、金銭面に関してはとても厳しい状況が続いております。

私自身、人が集まり共感したり、時には概念を変えられてしまう生身の音楽体験に魅了されてきましたし、そこに信念を持ってやってきました。

昨今の移りゆくコロナの状況と照らし合わせながら、何がイマできるベストかを常に考えこれからも試行錯誤してまいります。

沢山の老舗店舗、アーティストの方々が苦しい状況でもがいている中でクラウドファンディングをするべきかどうかスタッフ間で何度も話し合いました。

配信の1ヶ月の間を通して私達の無力さを感じることも多々ありましたが、出演者、視聴者の方々からいただいた沢山の暖かいお言葉に勇気付けられました。

自分自身の経験も含め、音楽は人々の救いになると信じております。

新しいスペースではありますが、必ずご協力いただいた皆さまの支援を生かして皆さまにとってその様な "音楽の遊び場" となるようにスタッフ一同尽力いたします。

大変心苦しいお願いではありますが、ご支援頂だけたら幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

SPREADスタッフ一同
文責 SPREADスタッフ代表 鎌田知希/YELLOWUHURU



《資金の使い道》

① 継続資金

・空間維持に関わる諸経費の支払い(家賃/光熱費など)
・運営スタッフの人件費と付帯する経費の支払い

② 正式なオープンに向けての音響/照明工事費

現在SPREADには音楽イベントを開催するにあたって十分な設備が整っておりません。配信の際は、協力いただいた音響・照明スタッフが機材を持ち込んで実行いたしました。

完成イメージ

Photo by Yutaro Tagawa / 3D Design by Shun Mayama


《実施スケジュール》

クラウドファンディング開始:2020年8月7日(金) 20:00
クラウドファンディング締切:2020年9月3日(木) 23:59

リターンの発送時期:11月上旬より順次発送予定
(工場の在庫都合により発送が遅れる場合もございますがその点ご了承ください)

※各リターンに関して、任意で支援金額を上乗せしていただけます。
可能な方はお気持ち上乗せ頂けますと、目標金額への到達に近づける事ができます。
ご無理の無い範囲で宜しくお願い申し上げます。


《リターンについて》

※9月以降の正式オープン後に使えるドリンクチケット (オープン日より1年間有効) / SPREADオリジナルステッカーは全てのリターンに付きます。

・ナップサック (イエロー/ブラック)  - Ryu Nishiyamaデザイン

5月8日〜6月7日にかけて開設された1ヶ月配信番組 SPREAD×FLATTOP VIDEO SERVICE "AMUSEMENT"。企画内でのアートワークを手がけたイラストレーターのRyu Nishiyamaによるデザイン2種が印刷されたナップサック。

Ryu Nishiyama

イラストをメインにフライヤーデザインやモーショングラフィックスなどの制作もしている。

代表作としては、釈迦坊主のジャケットデザイン(NAGOMI、DRAGON)や、ROVIN(JABBA DA FOOTBALL CLUB)のPV制作など。

instagram : https://www.instagram.com/motitaro_o/?hl=ja


・ナップサック (グリーン) - YELLOWUHURUデザイン

SPREAD/FLATTOPからDJのYELLOWUHURUによるデザインが印刷されたナップサック。

YELLOWUHURU (FLATTOP/GHPD)

根底にHOUSEを抱えながら、生音と電子音を有機的に混ぜる。

instagram : https://www.instagram.com/yellowuhuru/?hl=ja


・トートバッグ - ARIKAデザイン

ARIKAによるドローイングが印刷されたトートバッグ。大きめでマチも広く取ってあるので、レコードの持ち運びにもお使いいただけるサイズです。

ARIKA

アーティスト。主にグラファイト ( 黒鉛 ) を用い固定のモチーフに頼らない緻密で繊細な作品を 数多く発表する。無国籍でありながら日本人のルーツにある精密さや丁寧さ、技術を追求する意識を垣間見ることができる。

更にタトゥーアーティストとしての顔も持ち、自身のドローイング作品等にもみられる繊細な作品を発表している。

instagram : https://www.instagram.com/arika_dx/?hl=ja


・Tシャツ (ホワイト/ブラック) - CYDERHOUSEデザイン

アーティスト/デザイナーであるUGこと、岡本ユウジの手がけるブランド "CYDERHOUSE" によるTシャツ。岡本ユウジ (CYDERHOUSE)

instagram : https://www.instagram.com/cyderhouse/?hl=ja


・Tシャツ - suiminデザイン

DJのsuiminが手がけたデザインをプリントしたTシャツ。

suimin

『覚醒、瞑想、殺人。』


・ロングスリーブ Tシャツ - Kotsuデザイン

DJのKotsuが手がけたデザインをプリントしたロングスリーブ Tシャツ。

Kotsu (CYK/UNTITLED)

1995年千葉県市川市生まれ。

ハウス・ミュージック・コレクティブ『CYK』のメンバーとして様々なヴェニューでパーティーをオーガナイズし、Baba StiltzやMall Grabなど数々のアップカミングなDJを招聘。2020年には幻の開催となったフェスティバル「Rainbow Disco Club」にラインナップされた。

B2Bスタイルを軸に広義の”ハウス”の解釈のもと、日本を中心に海外も含めた様々なシチュエーションでプレイを重ねている。また、旧来のハウス・ミュージック・カルチャーに準拠し、セーフスペースの概念に重きを置いたフロア作りを行なっている。

ソロではジャンルに縛られず国内外で多くのギグを重ねる傍ら、KOARAにて『UNTITLED』を主催。DJingというアートフォームの可能性実験や、東京のダンス・コミュニティの濃密なフォーラムとして機能している。加えてグラフィックデザインやZINEの製作を行うなど、あらゆるフォーマットでアウトプットを行なっている。

もはや”DJ”という肩書きに依拠せず活動する彼は、この時代に投下された一種の吸収体による純粋な反応に過ぎない。またフロアで会えることを願って。

soundcloud : https://soundcloud.com/kotsu0830

instagram : https://www.instagram.com/kotsu0830/


・ロングスリーブ Tシャツ - Ramzaデザイン

トラックメーカーのRamzaが手がけたデザインをプリントしたロングスリーブ Tシャツ。

Ramza

名古屋を拠点とする作曲家。 

HIPHOPのMethodをを出発点とした他とない音像は正に現在的。 

ニューエイジビートを鳴らす数少ないアーティスト。

 2020年 FreeBabyroniaとのSplit EP「GOOPY DRY」をリリース 

2019年 mini Album「sabo」をリリース。

 2017年、AUN muteよりFull Album「pessim」をリリース。

 2018年、東京, 六本木の”21_21 DESIGN SIGHT”で開催された「都市写真-ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」では Takcomのインスタレーションにてサウンドデザインを担当。

 過去2度に渡るBoiler Roomの出演、折坂悠太の2nd Album「平成」のトラックアレンジメントから Campanella、C.O.S.A. × Kid Fresino等、数々 のラッパーへのビート提供。

 BUSHMIND、tofubeats、レミ街、仙人掌、等のRemix work。類稀なるその音像で話題を攫った。


・TYO GQOM × ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U × BRDG 限定イベントチケット (BINGOデザインロングスリーブ Tシャツ付き)

1ヶ月配信番組 SPREAD×FLATTOP VIDEO SERVICE "AMUSEMENT" 内で開催され好評だった、『TYO GQOM×¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U×BRDG』を生で体験できる限定チケット。

TYO GQOMと¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$Uのリズム対決を気鋭の映像集団BRDGが演出する一夜。

TYO GQOMのメンバーであり数々のデザインも手掛けるBINGOがデザインしたロングスリーブ Tシャツ付き。

実施予定日:2020年9月11日(金) 23時開演 / 会場:SPREAD


TYO GQOM 

南アフリカ・ダーバンで生まれたダンス・ミュージック「GQOM(ゴム)」を軸に現行のアフリカン・ミュージックをプレイする日本初のGQOMパーティー・クルー。GQOMが注目され始めた初期から自身のプレイや楽曲に取り入れてきたメンバーやアフリカの現行音楽に特化したメンバーをKΣITOが招集し、KΣITO、K8、mitokon、Hiro "BINGO" N'waternbee、DJ MOROの5人のDJにより発足。GQOMに留まらず、タンザニアの高速ダンス・ミュージック「シンゲリ」やアフロハウス、テクノなどを交えた5人それぞれの個性溢れるプレイと踊らずにはいられないグルーヴ、熱気を帯びた新感覚のパーティーは各地で話題を呼び、ホームである幡ヶ谷forestlimitで定期的に開催される本編の他、様々なパーティーにも招かれるなど今熱い視線を集めているクルーである。

¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U

2008年SPINNUTSとMITSUKI主催KUHIO PANICに飛び入りして以降DJとして活動。 naminohana records主催THE NAMINOHANA SPECIALでのKEIHIN、DJ NOBUとの共演を経て親交を深める。

2014年春、千葉FUTURE TERRORメインフロアのオープンを務める。

2015年、goatのサポートを数多く務め、DOMMUNEにも出演。PAN showcaseではLee GambleとBTOB。Oneohtrix Point Never大阪公演の前座を務める。

2016年ZONE UNKNOWNを始動し、Shapednoise、Imaginary Forces、Kamixlo、Aïsha Devi、Palmistry、Endgame、Equiknoxx、Rabitを関西に招聘。Arca大阪公演ではArcaが彼のDJ setの上で歌った。

2017年、2018年、2019年と3年続けてBerlin Atonalに出演。

2018年からWWWにて新たな主催パーティー『TRNS-』を始動。Tasmaniaで開催されたDARK MOFO festivalに出演。

BLACK SMOKERからMIX CD『Lazy Rouse』『Remember Your Dream』を、イギリスのレーベルHoundstoothのA&Rを手掛けるRob BoothによるMIXシリーズElectronic ExplorationsにMIXを、フランスのレーベルLatencyのRINSE RADIOのshowにMIXを、CVN主催Grey Matter ArchivesにAutechre only mix、NPLGNN主催MBE seriesにMIX TAPE『MBE003』を、ConiのレーベルFirecampからMIX TAPEを、BedouinからMIX TAPEを、それぞれ提供している。

https://soundcloud.com/yousukeyukimatsu

http://blacksmoker.cart.fc2.com/ca444/389/p1-r-s/

BRDG

BRDG 東京を拠点に活動するAudio/Visualのコレクティブ

instagram : https://www.instagram.com/brdgtokyo/?hl=ja


・ SPREAD YEARLY PASS

SPREADにて今後開催されるイベントへドリンク代のみでご入場頂けるパスになります。

※ パスの有効期間は2021年12月31日迄

※ パスは購入者本人様のみ使用可能です。

※ ソールドアウトが見込まれるイベント / 人数に制限のあるイベント等には適用されない場合がございますのであらかじめご了承ください。

パス適用外のイベントに関しては今後SPREADのHP / SNSで掲示致します。

※ 基本的には9月4日以降のSPREADご来店時にお渡しとなります。

スタッフにお声掛けください。郵送をご希望の場合はオプションにてご指定ください。



《応援メッセージ》

コロナ禍である現在、ミュージシャンや様々なクリエイターもこれまでとは違ったアウトプットを強いられ、何よりオーディエンスにもライヴパフォーマンスへの取捨選択が求められています。

「SPREAD」には「音楽」という表現への限りない情熱を抱いた人達の希望に満ちている。

次なる表現方法への飽くなき探究心を抱いたミュージシャン、クリエイターの為

そして全世界のオーディエンスの為の

新たなるプラットフォームになっていくんだと思います。

  • ー 千葉広樹(サンガツ、蓮沼フィル、スガダイロートリオ)


様々な文化がひしめくこの街において、ダンスミュージックやクラブの文化を発信する為の、貴重な役割を担った場所の一つだと思います。

考え方は人それぞれですが、音楽は人生を豊かにする文化であると思ってます。また誰しもが生活をするうえで側にあるものだと思います。先の見えない世の中ですが、今後下北沢における音楽や文化を発信するこの場所が生き生きと活動できる環境を、皆様と築きたいと思ってます。宜しくお願い致します。

  • DIL (TYTL)


SPREADの名前はまだ馴染みがないかもしれないけど、SPREADのチームは絶対みんな知ってるはず。東京の大箱にも小箱にもイベントプロデュース、DJ、VJとして参加して来てて、個人的にお世話になってる奴らです。そんな奴らのお店が出来るって、前々からワクワク楽しみにしてた。まだSPREADの思い出がないかも知れないけど、みんなのサポートのおかげでオープンが出来たら、必ず新しいホットスポットになるに違いない!

  • DJ Quietstorm


美味しく + 楽しく + きもちよく

        ×

      "SPREAD"

        =

    笑顔と熱意あふれるフロア

      待っています。


  • DJ Yazi (Black Smoker Records)


鎌田というやつがここで働いているのですが、この人ほんとに最高なやつです。かまちゃんがここで働くって聞いてすごい楽しみにしてました。

SPREADでは一度配信ライブをやらせて頂いて、まだ中の設備は整っていません。今こんな状況になってしまいましたが、この先ここででっかい音浴びたいしいい場所になると思ってます。是非協力よろしくお願いします!

  • Hi’Spec


建設的な想像で臨機応変に新たな状況を創造すること。

自分達の新たな能力を開拓し前進すること。

彼らのその情熱に感心し触発されました。

それさえあればどんな事だって克服出来る。

Respect

  • JUZU a.k.a. MOOCHY(NXS/CROSSPOINT)


こんにちは、小林うてなと申します。

SPREADの代表である鎌田とは、何年も前に知り合いました。いっとき、ライブやリリースの相談をしていた時期もありました。

鎌田の凄いところは、なんといってもその人柄であります。大体のことは笑えてしまうポジティブさと、音楽への高温度な愛。通常の思考では思いつかないような企画を敢行するのも鎌田らしいです。110アーティストが参加した1ヶ月に渡る配信ライブ企画、私も参加させてもらえて嬉しかったです。

そんなSPREADですが、現在クラブ仕様の空間をきちんとライブも出来る設備にするため、工事が必要だそうです。まだ未知数の場所であるかとは思いますが、SPREADがきちんとオープンして、この先高温度な愛が集う場所になることを願っていますし、応援したいと思います。

この度は、そして今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 小林うてな


オープンして間もなく憎きウイルスによって営業自粛になったクラブ。こんなの聞いたことない…可哀想…と何度言ったことか。

配信で2度ほどDJをし程よい大きさと天井の高さがとても心地良くてプレイしやすくすぐに気にいりました。でも私はお客さんが入っているところをまだ見ていません。全てのスピーカーからでる本気のサウンドを体感できていません。パワーアップした"SPREAD"に足を早く運べるように心より願っております。

  • MAYURASHKA


音を絶やしたくない。文化を繋いでいきたい。何よりクラブカルチャーが生み出す大事なマインドを広げていかなければならない。今世界の最前線として見本となっている日本のカルチャーの未来が危ない。それぐらいの危機感をもって受け止めきれないこの現実と向き合わなければならない。何より日常を楽しみたいし。下北沢SPREADクラウドファウンティングを応援します。

  • 岡本ユウジ (CYDERHOUSE)


不運といえばこんなに不運なことも他になく、4月にオープンを予定していた当クラブSPREADはCOVID-19の世界的な蔓延を受け、「自粛」を「要請」するという不可解な言葉の流通と共に開店スケジュールの延期を余儀なくされた。

そんな不遇を笑い話に変えるべくSPREADを舞台に繰り広げられた配信プログラムSPREAD × FLATTOP presents VIDEO SERVICE “AMUSEMENT”は主催にして主宰のYELLOWUHURUくんの性分が色濃く反映された、開店準備中のお店にあるまじき実験精神を広範に渡る人脈と文脈を縦横に駆け抜ける事で表現して見せてくれた。画面は約一ヶ月に渡り、コロナ禍が日常化されつつある、とある大都市のドキュメントを映し続け、その誕生の瞬間からexperimentを宿命付けられたこの場所のアドレスを各方面に知らしめた。

この度、そんな素敵な地下宮殿のやり残した工事費用を募るクラウドファンディングが開始されます。皆さん是非この笑い話の次なる頁へ繋げる為のご支援を宜しくお願い致します。

ちょうどいま9月の正式オープンを祝う抱腹絶倒のパーティーの日程をYELLOWUHURUくんと調整しているところです。

  • ー Phonehead (piano and forest / 惨劇の森 / Mejiro St. Boyz)


下北沢で過ごす夜は他のどんな街よりもお客さんも共演者もフレッシュでお洒落でキラキラしていて自分達がドキュメンタリーの一部になっているような気持ちになります。そんな夜を(お昼でも)新しい"SPREAD"というハコでも過ごしたいなあ。オープンした暁にはたくさん呑んでたくさん踊ってその場にいる人達と音楽に心も身体も揺さぶられたいです。

  • SAI(Ms.Machine)


1ヶ月配信企画"AMUSEMENT"はゾクゾクしました!あんなラインナップをデカくてイイ音でききたくないですか?私はききたい!よろしくお願いします。

  • ー suimin


高校3年生の秋、初めてDJをしたのは下北沢でした。

駅も変わり、建物や店も増え、進化を続けている街の新しい可能性SPREAD。

ジャンルにとらわれず様々なカルチャーが集まる多目的スペースになることを支援します。

  • ー TAGAWAMAN


特殊な磁力を携える下北沢において、SPREADは世界と接続する壮大な音楽実験場になりうると確信しています。それは他ならぬ、星野さん・鎌田さん・村越くん・リクくんというユニークなスタッフ陣への信頼でもあります。彼らの新たなる試みを全面的にサポートさせてください。

  • ー Takeshi Sato (TYTL)


「下北沢SPREADに足を踏み入れた瞬間感じたのはGQOMとの相性の良さ!

天井の高いコンクリ剥き出しの地下空間!こだわりのサウンドシステム!SPREADで聞くGQOMは格別!

更に酒良し!空気良し!立地良し!

下北沢の駅前にこんな所が出来たなんて最高!

絶対に存続して欲しいし、今後もお世話になりたい!

是非とも応援よろしくお願い致します!!

※今回のクラウドファンディングのリターンの一つに¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$UさんとTYO GQOMのVS企画が再び!(こちらのパーティーは限定入場なのでお早めに!)」

  • ー TYO GQOM


2月末に下北沢の地下深くにオープンしたSPREAD、一足先に昨年11月にオープンした我々COUNTER CLUBもこの土地で新たな風を吹かせようとしていた最中に新型コロナウイルスによる営業自粛を余儀無くされました。現在も続く苦境を共に乗り越え、新時代にも音楽、カルチャーを紡ぎ、様々な人が交錯する場所の存続を切に願っております。

  • ー U-T (COUNTER CLUB , solfa)


1ヶ月間の配信に関係者の情熱を感じ、何度も足を運びました。短期間でいくつかのドラマを目の当たりにした奇跡の箱!SPREADの音響がかわれば久々に下北で朝まで遊びます。

  • ー YAMARCHY


下北沢SPREADは2月にオープンして間も無くコロナ禍に突入。歴史も無いのでクラウドファンディングも出来ず、運営者は知恵を絞り、その名を少しでも広めるべく1ヶ月間連日様々なタイプのアーティストをブッキングして配信を行いました。僕も2度配信DJとして参加しましたが、そのサウンドシステムは配信のクオリティを上げる事に特化したもので、まだブース内やフロアのサウンドは脆弱なものと言わざるを得ません。しかし運営面でもまだまだコロナの影響で上手く行かず、アーティストへのギャランティーや家賃などでギリギリの経営だと思います。そこで、しっかりとしたサウンドシステムと照明の工事を行い、リスタートを切る為の費用をクラウドファンディングで募る事になりました。1ヶ月間の配信『VIDEO AMUSEMENT』を楽しんで頂いた方々に、是非ご協力をお願いしたいと思います。リターンの一つには現場でのTYO GQOM×BRDG×¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$Uのチケットも用意されます。そこでぶっといLOWのキックを体感して頂く為にも、是非ご支援のほど、よろしくお願い致します。

  • ー ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U


信頼出来る人たちのいる下北沢のニュープレイス。まだまだ遊び足りないし、確実に下北沢の流れを変える重要拠点としてここで終わって欲しくはないです。同じく下北沢を拠点にしてる私達としても、進化を続けていく姿勢を応援したいし、支えていきたい。

これから変わっていく未来に大いに期待をしたいです。

  • ー Zooey Loomer 1979 (TYTL)


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください