本プロジェクトは、全国41蔵による共同の「日本酒プロジェクト2020」の枠組みにおいて実施しております(詳細はこちら)



@ 目標金額 1,000,000円


@ 資金の使い道

日本酒代、配送代金、諸経費
*通常小売の5%OFF+配送代金(全国一律1000円)にてリターン設定


@ 全国的な酒蔵の現状

 日本酒は一般的に12月~3月の寒い時期に造られます。今回、残念なことにその造りが終わった時期に新型コロナウィルスの流行が始まりました。これまで、消費者の皆様には、飲食店・試飲会・イベント・蔵見学等を通じて日本酒を楽しんで頂いてきました。今回のコロナ禍によりこれらの販路がほぼ停止してしまっています。今後も、例えば東北三大祭り(ねぶた祭、仙台七夕、秋田竿燈まつり、累計616万人の来場者見込み)の全てが中止された等、酒蔵や日本酒が深く関わる今年の各種行事の開催は見込めない状況です。


@ 蔵元紹介

 代表銘柄 佐伯 飛翔

 明治43年に大分県佐伯市本匠の地で創業しました。当初は清酒を主力としていましたが時代の流れの中で麦焼酎が主力になり、一時期清酒造りをやめていました。しかし、清酒造りへの強い思いは心の中にずっと抱き続けており2011年、37年ぶりに清酒造りを復活しました。復活にあたり、地元佐伯市約200人から後押しして頂き”佐伯飛翔の会”が誕生しました。商品名でもあり会の名でもある”佐伯飛翔”には佐伯の地から再び醸造文化が羽ばたくようにという願いかこめられています。

 酒造りの理念は、佐伯の風土を醸す事 」

 地元佐伯市の農家さんと共に酒米を育て、そのお米で酒を造る。毎年、お米の出来も違うし気候も違いますがそういった事を酒造りに反映して美味しいだけではない、風土そのものを醸していきたいと思っています。そして、それを後世に繋げていくことが伝統文化産業である酒蔵の使命だと思います。

ぶんご銘醸株式会社
代表取締役 狩生孝之


@ コロナ禍における当酒蔵の現状

 今年の4月から料飲店の自粛に伴い、売上は前年の60%台まで落込みました。特に清酒の落ち込みは激しく40%台まで落ちました。3月後半から酒の会や試飲会などがスタートする予定でしたがすべてキャンセルとなりました。

 仕方のないことですが毎年その場で新しい繋がりが出来ていましたし、アピールする場を失ったことは痛手です。これからは色んなことに挑戦し失った分は今までと違う形で生き残る道を創ることが必要です。


新型コロナ禍での活動

▶  地元の新聞で消毒用アルコールの製造と地元医療施設への寄付を記事にして頂きました。 


@ 東京農業大学で学び酒造りで生かせたこと

 東農大で学んだ醸造学は自分にとって今でも酒造りにおいての基礎であり新しい試みをするときに大いに役立ちます。また、多くの同業社と知り合うことが出来、今でも技術的なことや市場の動向、お互いの近況などの情報交換をしています。

 在学中だけでなく卒業後も深い繋がりがあることは、酒蔵を経営していくにあたり、力強い存在です。今後も東農大には日本の伝統文化である醸造産業の第一人者としてそういった校風を大事にして頂きたいと思っています。


@ 厳選した日本酒をリターンとして提供

<銘柄①:佐伯飛翔 槽しぼり純米 (左)>

説明文
 地元佐伯の土から生まれたお米と、清流番匠川の水で仕込みました。槽しぼりとは醪を麻袋に詰め、重しでゆっくりと搾る昔ながらの製法です。やや辛口で旨味とコクのある純米酒。酸のバランスも良く、お食事のおいしさを引き立ててくれます。

商品特徴
掛米:吟のさと・若水、麹米:山田錦、産地:大分県佐伯市、アルコール度数16%、精米歩合65%


<銘柄②:鶴城 純米吟醸(右)>

説明文
 ぶんご銘醸の代表銘柄。昔、地元佐伯市にあった佐伯城の別名が鶴ヶ城と言われており、その名にちなんで鶴城と命名しました。お米を55%まで磨き、ゆっくりと発酵させる事で雑味の無い綺麗なお酒になっております。ほのかな甘みと心地よい酸が特徴です。食中酒におすすめです。

商品特徴
掛米:夢一献・ヒノヒカリ、麹米:山田錦、産地:福岡県、アルコール度数15%、精米歩合55%


<リターン内容>
⑴ 2 銘柄各 1 本(計2本): 300 セット
⑵ 2 銘柄各 2 本(計4本): 150 セット
⑶ 2 銘柄各 3 本(計6本): 75 セット
⑷ 2 銘柄各 6 本(計12本): 20 セット

※ リターン発送は2020年11月を予定しております。
※ 20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
※ 配送日時の指定は致しかねます。ご了承ください。


@ 応援メッセージ

東京農業大学
応用生物科学部 醸造科学科 酒類生産科学研究室
教授 穂坂 賢

 日本酒は古来、それぞれの地域で「地産地消」の大きな柱でした。東京農業大学は日本で唯一醸造を冠にした学科を開設してから70年を経て、いまや全国酒造メーカーの半数を農大の卒業生が占めるようになっています。
 コロナ禍にある今日、社会全体が厳しい環境にさらされています。同時に醸造業界も日本酒をはじめ焼酎、泡盛、ワイン等酒造業界も厳しい経営・製造を強いられています。この状況を少しでも打破するため、農大関係機関と協力し、業界を支援すべく働く時期との思いから、このような企画を致しました。一人でも多くの方々のご支援をお願いいたします。


東京農業大学
応用生物科学部 醸造科学科 微生物工学研究室
准教授 數岡 孝幸

 新型コロナの影響で、飲食店での日本酒消費が極端に減り、多くの酒蔵が苦しい状況にあります。そして在庫が多く残ることで、本酒造年度でのお酒の生産量が減り、それは酒米を作ってくれている農家にも影響を及ぼします。今回のプロジェクトで好みのお酒と出会えましたら、プロジェクト終了後もご支援をお願い致します。また、紹介しきれなかった多くの酒蔵についても、皆さまの一杯一杯の積み重ねが支援となります。よろしくお願い致します。


MYSH sake bar 女将
小川 佐智江
(東京農業大学 応用生物科学部 栄養科学科 卒業・
ミス日本酒2015)

 新型コロナの影響を受ける日本酒業界のニュースに心を痛めているだけでなく、何か行動に移せたらと日本酒プロジェクト2020を応援させていただくことになりました。 私と同じく、日本酒を飲み交わし想い出をつくってきた方は多いと思います。これからも変わらず、おいしい日本酒が団欒の中にありますように。皆さまのご支援をお願いいたします。



【 主催 】 

【 協力企業 】


【 運営事務局 】

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください