本プロジェクトは、全国41蔵による共同の「日本酒プロジェクト2020」の枠組みにおいて実施しております(詳細はこちら)



@ 目標金額 1,000,000円


@ 資金の使い道

日本酒代、配送代金、諸経費
*通常小売の5%OFF+配送代金(全国一律1000円)にてリターン設定


@ 全国的な酒蔵の現状

 日本酒は一般的に12月~3月の寒い時期に造られます。今回、残念なことにその造りが終わった時期に新型コロナウィルスの流行が始まりました。これまで、消費者の皆様には、飲食店・試飲会・イベント・蔵見学等を通じて日本酒を楽しんで頂いてきました。今回のコロナ禍によりこれらの販路がほぼ停止してしまっています。今後も、例えば東北三大祭り(ねぶた祭、仙台七夕、秋田竿燈まつり、累計616万人の来場者見込み)の全てが中止された等、酒蔵や日本酒が深く関わる今年の各種行事の開催は見込めない状況です。


@ 蔵元紹介

 代表銘柄 嘉美心(かみこころ)
 嘉美心酒造は1913年、初代・藤井長十郎により岡山県の寄島町に創業されました。創業以来の「品質を売る蔵」としての一貫した姿勢は現在も脈々と受け継がれています。現在は五代目「藤井進彦」の代となり、皆様の支えのおかげで、2013年に創業100周年を迎える事が出来ました。

新たな100年の歴史の創造に向けて、伝統の嘉美心の味わいを残しながら、「私たちはお酒を作ることではメーカーですが、生きる上では消費者です。 だから家族の口に入れさせたくないものは作りません。」をスローガンに、連綿と受け継いできた「米旨口」の新たな可能性を模索し続けています。

嘉美心酒造株式会社
代表取締役 藤井進彦


@ コロナ禍における当酒蔵の現状

 コロナウィルス感染拡大に伴い、料飲店様の休業や、昨年の同時期3~7月に蔵元が参加した蔵祭りをはじめとした国内外のイベントが47日分ありましたが、全てが中止となった事により、4月売上が前年比約70%、5月売上が前年比約47%まで落ち込んでしまいました。


新型コロナ禍での活動

▶  酒販ニュースに「コロナ禍の中で頑張る酒販店」の特集の中で「愛知県やっこ酒店」様の取り組みの中でイベントが紹介されました。 

▶  ローカルケーブルテレビ(笠岡放送・夢ネット&NHKローカル枠)の中で「コロナ禍の中で頑張る地元企業」として県内のみの放送枠で取り上げられました。 


@ 東京農業大学で学び酒造りで生かせたこと

 微生物の培養実験等の基礎実習は、今思い出しても新鮮で貴重な体験でした。卒業後30年、今でも懇意にお付き合いさせて頂いている方もいらっしゃいますが、既にお亡くなりの先生や廃業された仲間もおり複雑な想いです。そのような中、私自身は平成最初の卒業生、そして三女が平成最後の入学生としてお世話になっております。時代は移りゆきますが、日本酒の啓蒙活動の拠点として今後も東京農業大学が灯火となることを期待しております。


@ 厳選した日本酒をリターンとして提供

<銘柄①:神心 純米吟醸 瓶囲い (左)>

説明文 
「神心」ブランドは嘉美心酒造が創業100年を機に次世代に向けて立ち上げた新ブランド。本商品は嘉美心酒造の真髄「旨口」をベースに絶妙な酸度を織り交ぜ、旨みとキレのコントラストが楽しめる作品に仕上がりました。嘉美心酒造の新たな歴史の創造に向けて生み出した挑戦と決意の酒を是非ご賞味下さい。

商品特徴
酒米:アケボノ、アルコール度数:15%、精米歩合:58%、使用酵母:協会701号酵母、貯蔵方法:瓶貯蔵
ペアリング:鮎の塩焼き・山菜の天ぷら、その他:製造タンクの中取りのみ使用


<銘柄②:嘉美心「心」純米大吟醸(右)>

説明文
歴史と感謝の意を体現した嘉美心酒造を代表するブランド「心シリーズ」。栓を開けた瞬間にひろがる熟したリンゴを思わせる香りと、爽快感の後からお米本来の旨味が感じられる純米大吟醸に仕上がりました。100年の歴史の中で着々と積み上げ、受け継がれてきた「伝統の技」を是非体感下さい。

商品特徴
酒米:アケボノ、アルコール度数:15.5%、精米歩合:50%、使用酵母:自社酵母、貯蔵方法:瓶貯蔵
ペアリング:魚介類のグラタン・スズキの塩焼き


<リターン内容>
⑴ 2 銘柄各 1 本(計2本): 300 セット
⑵ 2 銘柄各 2 本(計4本): 150 セット
⑶ 2 銘柄各 3 本(計6本): 75 セット
⑷ 2 銘柄各 6 本(計12本): 20 セット

※ リターン発送は2020年11月を予定しております。
※ 20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
※ 配送日時の指定は致しかねます。ご了承ください。


@ 応援メッセージ

東京農業大学
応用生物科学部 醸造科学科 酒類生産科学研究室
教授 穂坂 賢

 日本酒は古来、それぞれの地域で「地産地消」の大きな柱でした。東京農業大学は日本で唯一醸造を冠にした学科を開設してから70年を経て、いまや全国酒造メーカーの半数を農大の卒業生が占めるようになっています。
 コロナ禍にある今日、社会全体が厳しい環境にさらされています。同時に醸造業界も日本酒をはじめ焼酎、泡盛、ワイン等酒造業界も厳しい経営・製造を強いられています。この状況を少しでも打破するため、農大関係機関と協力し、業界を支援すべく働く時期との思いから、このような企画を致しました。一人でも多くの方々のご支援をお願いいたします。


東京農業大学
応用生物科学部 醸造科学科 微生物工学研究室
准教授 數岡 孝幸

 新型コロナの影響で、飲食店での日本酒消費が極端に減り、多くの酒蔵が苦しい状況にあります。そして在庫が多く残ることで、本酒造年度でのお酒の生産量が減り、それは酒米を作ってくれている農家にも影響を及ぼします。今回のプロジェクトで好みのお酒と出会えましたら、プロジェクト終了後もご支援をお願い致します。また、紹介しきれなかった多くの酒蔵についても、皆さまの一杯一杯の積み重ねが支援となります。よろしくお願い致します。


MYSH sake bar 女将
小川 佐智江
(東京農業大学 応用生物科学部 栄養科学科 卒業・
ミス日本酒2015)

 新型コロナの影響を受ける日本酒業界のニュースに心を痛めているだけでなく、何か行動に移せたらと日本酒プロジェクト2020を応援させていただくことになりました。 私と同じく、日本酒を飲み交わし想い出をつくってきた方は多いと思います。これからも変わらず、おいしい日本酒が団欒の中にありますように。皆さまのご支援をお願いいたします。



【 主催 】 

【 協力企業 】


【 運営事務局 】


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください