はじめに・ご挨拶

はじめまして。千葉県に住む福井と申します。愛猫テオが8月1日にFIP陽性の診断を受け現在治療を始めました。その治療費を皆様にご支援が頂ければと思っております。

本来でしたら飼い主がなんとかしなければならない事なんですが、あまりにも治療費が高額な為、皆様にご支援頂ければと思いこのプロジェクトを立ち上げさせて頂きました。

家族構成は1歳2カ月になるオリエンタルシートヘアの男の子(FIP発症)とシャム猫♂チワワ♂(2頭)私と妻と娘で、ペット4頭+3人の家族になります。

良かったこちらもご覧ください↓

みんな仲良しです

このプロジェクトで実現したいこと

猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症したテオ君に唯一有効な治療を受けさせてるあげたい、そして元気になってもらいたいです。日向ぼっこ中

プロジェクトをやろうと思った理由

以前は発症してしまうと致死率99.9%と言われていましたが、最近になってやっと有効な治療法がみつかりました。しかし、治療に必要なお薬り(サプリメント)は日本では承認されておらず、入手方法は日本に数ヶ所しかないそのサプリメントの協力病院で処方もしくは個人輸入しかありません。いずれも非常に高額な為、躊躇していました。

*未承認薬の宣伝にあたる行為は薬事法で禁止されている為、テオ君に投薬しているお薬の名称を控えさせて頂きます。また認可されたお薬ではないため『サプリメント』と表記させて頂きます。ご了承ください。

*今回の薬は日本において動物医薬品として承認されていません。
テオ君の飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでテオ君にとって投与が必要と考えていますが、全てのFIPの猫に今回のお薬が有効であるという趣旨ではありません。

検査入院中のテオ

実は7年前に生後5ヶ月の子猫をこのFIPで亡くし非常に辛い思いをしました。そして今回のテオです。何とか治療を受けさせ治してあげたいと思い、色々と調べました。なんと偶然にも同じ市内にこのサプリメントの協力病院があるのを知りました。すぐに病院に電話し診察をして頂きました。結果はFIP混合型でした(FIPには3種類あり①ウエットタイプ②ドライタイプそして①②の混合型があります)。そして黄疸も出ており肝臓も良くないとの事でした。


怠そうにしています待っている猶予がない為とりあえず1週間分のサプリメントを処方して頂き、8/2より投与を開始しております。

サプリメントの費用について

テオ君の体重は現在2.95kgです。投与量は2.83〜3.13kgの場合450mg/日となっています。価格は1,400円/50mgです。テオ君の場合は450mgですから12,600円/日となりこれを84日毎日投与すると、サプリメント代だけでなんと1,058400円掛かります。その他に投与中の検査4回+@と投与終了後の経過観察の検査2回があります。

少しでも節約する為、個人輸入での購入も検討しています。

資金の使い道

テオ君のFIP治療に掛かる費用とこちらのプロジェクト手数料に使用させて下さい。

サプリメント: 1,058,400円

検査通院費用(概算) : 140,000円

手数料17% : 200,000円

合計 : 1,400,000円

*個人輸入の場合もう少しお安く購入できる為、体重増加に伴うプラス分のサプリメント代に充てさせ頂きます(個人輸入で購入した際には明細書を活動報告させて頂きます)。効果が出始めると食欲もでてきますから体重も増えます。その為50mgずつ投与量を増やします。


隠れんぼ

元気な頃のテオ君が雄叫び!

リターンについて

『テオ君の画像付きお礼のメール』

『写真をプリントしたお礼のお返し』

定期的な『活動報告』を考えております。こちらの画像で作成予定です

最後に

生まれてまだ1年2ヶ月しか経っていないこの小さな命を救う為、皆様のご支援ご協力をどうかよろしくお願い致します。

このプロジェクトは『All in 方式』にて募集させて頂きます。
目標金額が集まらずに終了した場合でもプロジェクトを実行し必ずリターンを履行いたします。

  • 2020/10/28 00:01

    リターンのクリアファイルが出来上がってきました。中々の仕上がりだと思うので、残りのリターン品も発注を掛けます。発送まで、少しお待ち下さい。今日のテオですが、食欲が落ちました。元気はありますし、イタズラしまくりなので、 明日は食べて欲しいです。

  • 2020/10/26 19:06

    投薬終了から2日目になりました。今の所発熱はありません。元気に遊んでおります。このまま、発熱無い事を祈るばかりです。

  • 2020/10/24 22:40

    皆様、本日でテオの84日間連続投薬治療が終了しました。この後1週間、発熱がなければ1カ月の検診と3カ月の検診で寛解の予定です。発熱ありませんように、どうか皆様見守っていて下さい。よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください