はじめに・ご挨拶

万汐農園代表の濱浦(はまうら)でございます。

昭和57年に22歳で就農して、はや40年近くとなりました。わが家で生産されたくだものたちを“もったいない”の精神で農産加工を始め、現在は約50品目の商品数となりました。その間、自然農法を実践した梅林といちじく園の観光農園を開設。来年で14年目を迎えようとしております。

クラウドファンディングという聞きなれないプロジェクトのお誘いを頂きまして、万汐農園の活動を広く皆様にご紹介させて頂けますことを幸甚に存じます。


商品・お店が作られた背景

先代である私の父と祖父母はしまなみ海道の向島で漁師を経て海苔養殖を営んでおりました。はるか昔の祖先は内海の海賊であったのかもしれません。

夜の家業である漁師からしっかりとした台地に根付くとお天道様と共に働ける農業への転換を試みたのは昭和30年代の私が生まれた頃からでした。その頃ブームであったみかんや除虫菊、さつま芋の栽培をはじめとして、「青いダイヤ」と云われた梅を自ら開墾した島の段々畑に植え育て、更には三原市深町の山林2haの梅林を開墾し1000本の梅を植栽して育てたのです。

昭和57年、私の就農に合わせたかの様に休耕田15aを求め開墾。いちじくを植栽して農業を生業とする基礎固めをしました。そうして苦難の道を歩みながらも、ようやく夜の海商売から日中仕事の農業人への転身を果たしたのです。

先代のパイオニア精神に押されて自らの手で育てたわが子達は余すところなく活々とその生涯を全うさせてあげたい。そして、その素晴らしさを多くの人と分かち合いたい。そんな想いから、私にできる限りの農産加工品と体験農場の歴史が現在も刻まれつつあります。


コロナウイルスによる影響

連日のニュースをコロナウイルスが騒がせている中、私たちのもとへ入ってきた最初の出来事は、団体観光バスのキャンセルの連絡でした。梅花見ツアーはそのまま全てキャンセル。13周年記念イベントも自粛となり、ひっそりと花見観光を終えることとなりました。

近隣の観光土産屋さんにも農産加工品を販売して貰っているのですが、3月の時点でツアー予約ゼロという異常事態。行楽シーズンを前に準備していた多くの在庫を抱えてしまいます。

そして4月の緊急事態宣言後、相次ぐ取引先店舗の臨時休業。4~5月の売上は8割減。未だに休業から明けない店舗もございます。
県内・近隣県消費でなんとか頑張っておりますが、規模を縮小しながら耐え続けているのが現状です。


私たちの商品・お店のこだわり

自給自足、弊園でできた安心・新鮮なものを直接お客様にお届けしたい。その想いで農産加工を始めました。皆様により生産物への理解を深めて頂きたい想いから、観光農園という手段で認知とコミュニケーションを深めつつ、対話の中で人々とのつながりを広めたい。

自然を大切にしてかけがえのない地球の中で共存することを目指します。


リターンのご紹介

満汐梅林・花見(3000円コース)※体験期間2021年2月下旬~3月中旬
●梅のお花見と七福神めぐり、花枝摘み体験、園内で使える1000円クーポン付

2021年2月中旬までに特別招待券・花を送付致します。
(特別招待券に含まれるもの)
入園ペアチケット・花枝摘み体験・園内で使える1000円クーポン

招待券をお持ちの上、入園の際にご提示ください。

【概要】
山陽自動車道尾道ICから車で6~7分の距離にある満汐梅林。2月下旬~3月中旬の時期には2ha約1000本の梅のお花見が楽しめます。標高200mの菰口山(こもくちやま)山頂にある天空の梅林。360°パノラマの絶景の下で咲き誇る約20品種に及ぶ赤や白の梅花の舞。清楚な香りと共に春の訪れを感じさせてくれます。

大好評のウォークラリーや七福神めぐり、満汐天神社の開運梅の花みくじ引き、天空に向かって投じる賽銭入れやシャボン玉飛ばしにもチャレンジしよう。一番のチャレンジは花枝摘み(剪定)を体験できること。もちろん摘み方のサポート付きです。自身で摘み取った花枝を持ち帰って早春の気分をご家庭でも満喫下さい。

園内休憩所にある軽食コーナーでは、梅うどんや梅むすび甘酒などをご用意してお待ちしております。
農産加工品直売所もございますので、6次産業農家が作った果実のお菓子やジャムなどを是非ともお手に取ってみて下さい!


満汐梅林・梅もぎ(4000円コース)※体験期間2021年6月1~6日
●青梅のもぎ取り、農産加工品のお土産

2021年5月中旬までに特別招待券・梅を送付致します。
(特別招待券に含まれるもの)
青梅もぎ取りと農産加工品購入どちらにも使える4000円分クーポン
※もぎ取りは最大10kgまで保障(1kg400円×10kg)

上記体験期間内に招待券をお持ちの上ご来園下さい。

【概要】
3月の花見の後で実を結んだ約1000本の南高梅をはじめとする青梅のもぎとり体験。環境に優しい自然栽培で育てた安心青梅のもぎとり体験を楽しもう。お持ち帰りの際に21種の加工レシピをお渡ししますので、ご家庭でも様々な加工体験をお楽しみ頂けます。

体験期間についてのお願いがございます。
開催日が決定致しましたら毎年Web上で告知しておりますが、おかげさまで好評を頂いており、初日や最初の土日に大半のお客様がいらっしゃいます。
生り物である以上数に限りがございますので、樹上に無くなり次第開催終了となります。数日で終了することを防ぐためもぎ取り量制限をかけておりますが、上記体験期間を過ぎた場合、10kg保証が出来かねる場合がございますのでご了承下さい。


海辺のいちじく園・唐柿(3000円コース)※体験期間2021年8月下旬~10月末
●日本いちじくのもぎ取り、ぐじゅぐジュース加工体験、園内で使える1000円クーポン付

2021年8月中旬までに特別招待券・唐を送付致します。
(特別招待券に含まれるもの)
いちじくもぎ取り1Kg・ぐじゅぐジュース1袋体験料・園内で使える1000円分クーポン券

事前ご予約の上、招待券をお持ちになりご来園下さい。

【概要】
しまなみ海道第一の島、向島(むかいしま)にある海辺のいちじく園で育てた、環境に優しい自然栽培の日本いちじく。 広島県特別栽培農産物にも認証された、化学農薬を使わない安心の日本いちじくです。

園内の木々を見て回り、顔よりも大きな葉っぱの影に隠れた赤くて熟した実を探したら、指でつまんで軽くひねるだけで簡単にもぎ取れます。高所の実は”魔法の杖“を使用して引き寄せよう。
園内には6ヶ所のクイズラリーを設置。いちじくクイズでアハ体験をしながらもぎ取りをお楽しみ頂けます。

・ぐじゅぐジュースとは?
いちじくの皮をむき専用の袋に入れたら、その場でグジュグジュと実をつぶしてフレッシュジュースを作ろう! 特大ストローで果肉感そのままに味わって!! さわやかでチョー美味なる世界で一つのオリジナルジュースを作ってぐいぐい飲もう!

※魔法の杖
いちじくを手元に引き寄せる魔法のステッキ。誰でも使用可能。
使い方は先端に枝を引っかけて手元に引き寄せるだけ。


しまなみの果実ぷりん詰合せ(4000円コース)
●八朔・檸檬ぷりん(110g×各4本)化粧箱入 +お礼の手紙付
※本体価格3,570円+送料810円~1,540円のところ、送料全国一律330円に割引

しまなみ海道のレモンと八朔をまるごと詰め込んだフルーツぷりんです。たっぷりの果汁と果皮をトッピングした爽やかな風味が新鮮です。
クリーミーで果実感あふれるみずみずしい食感をお楽しみ下さい。

真空充填・瓶詰殺菌により常温長期保存を実現しました。開封後はお早めにお召し上がり下さい。

プロジェクト終了後、順次お届けいたします。


万汐農園・農業体験(10000円コース)※体験期間2021年1月~12月
●農産圃場管理、農産品加工等1日体験 ※下記スケジュールによる

集合場所:広島県尾道市向島町2387-2
     平日8:30~17:00(応相談)

お電話もしくはメールで相談の後、体験日を決定いたします。

【概要】
万汐農園で農産加工や農作業に精を出し、思いっきり身体を動かして心身共にリフレッシュ! 想像していた自分の農作業姿がついに実現します。都会の日常では味わえない自然の畑で、新鮮で爽やかな心地よい触れ合いを、充実感いっぱいの汗を流して楽しもう。

生涯現役、毎日農作業に従事している女性農業者が1日付き添います。


プロジェクトで実現したいこと

農業と農産加工は想像はしても体験する機会は少なく、実際に生産をしている農業人とコミュニケーションをとる場も少ないと思われます。

皆様とワイワイしながら農作業やもぎ取りをご体験頂いて、すがすがしい汗を流し充実した時を体感して頂けましたら幸いです。


資金の使い道・スケジュール

●観光園の整備費
 ・いちじく園と梅林の鳥獣害対策
 ・梅林の遊歩道整備
 ・来園者とのコミュニケーションツールの整備
●農産加工場の新商品開発費
 ・老朽化した製造機械の補修、購入
 ・新包材の購入

2021年 1月~12月


最後に

この度のマスクに遮られた更に厳しい夏の中、いちじくや梅たちは今も生命活動をしており、彼らのお世話は欠かせません。いろんな試練に打ち勝つ彼らの様に、皆様の暖かいご支援により万汐農園は一歩ずつ砂漠から立ち上がっていきたいと願います。

皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください