活動レポート

動画レビュー頂きました!By:MATSURUNちゃんねる 


プロジェクト本文:

特別な3Dプリント技術によって作られた斬新なスニーカー。それは「Light more than light」です。 

スニーカーを購入するときに、あなたは何を基準に選びますか?

デザイン?機能性?それとも・・・?

今回ご紹介する「Light more than light」は、デザイン・機能性を共に兼ね備えた、これまでのスニーカーの概念を覆すプロダクト。

一度、履いたらもう手放せなくなるかも・・・?今回は、その魅力を余すところなくご紹介します。


スニーカーを選ぶ基準の一つになるのが、足への負担をできる限り軽減することと言われています。アウトドアやランニングの時など、長時間履いたり運動量が多い時には、足に負担の少ないシューズをよく選ばれてます。

「Light more than light」は、人が歩いたり走ったりするときにする動きや重量のかかり方を計算し、ソールの前後の素材を変えることで足への負担を軽減する作りになっています。

ミッドソールのカカト部分

ミッドソールのカカト部分は、積層造形法も呼ばれる3Dプリント技術を使用しています。3Dプリント技術は、三次元のデータを元に、樹脂の積層などによって立体物を作成する技術です。

カカト部分は、この技術を使って立体網状構造になっており、体重がカカト部分にかかると網状の部分が抑えられ、振動や衝撃から足を守れる仕組みになっています。

振動や衝撃の吸収力が高いため、足だけでなく、膝への負担も少なくなり、長時間歩いたり、日常はもちろん、アウトドアやスポーツ時にも活躍します。

ミッドソールつま先部分

ミッドソールの前足部分は軟らかく、伸縮性のあるETPU素材を使用しています。耐摩耗性や反発弾性にも優れたスニーカーのソールに必要な要素を多く備えています。


軟らかさと伸縮性に優れているため、写真のように曲がりやすく、走ったりつま先で立った時なども、足の形に沿ってスニーカーが変形し、足への負担を最小限にとどめてくれます。


しっかりと足にフィット

アッパーの部分は、高い伸縮性を持つニット素材を使用しています。ストレッチ効果があるため、足首の太さに関わらずしっかりと固定し、フィットしてくれます。

靴紐がないデザイン

スニーカーは、履いている途中で靴紐が解けて結び直す作業が発生することがありますが、「Light more than light」は、ソックスのようなデザインで、履き口を広げてぬぎ着するだけなので、靴紐に悩まされることもありません。着脱もスムーズです。


通気性抜群

アッパーはニット素材で作られています。糸と糸の間に編んでいる隙間があるため、通気性に優れており、蒸れにくい作りになっています。

インソールは蜂の巣状のハニカム構造になっており、クッション性に優れているだけでなく、靴の内部のムレを防ぎます。

優れた撥水性能

アッパー部分のニットの裏側には、極細PUレザーを使用しています。このレザーは撥水機能が備わっているため、突然雨が降ってきても汚れる心配がありません。

(※ 撥水効果はアッパーの裏地だけございます。防水機能はございません。)

また、まるでニットのように柔らかい素材のため、履き始めからすぐ足に馴染み、心地よく使用することができます。


持ち運びが楽々

片足約310gという軽量感は、足に負担がかかりにくいだけでなく、持ち運びも楽々。また、履いた時の伸縮性だけでなく柔軟性にも優れているため、収納のしやすさもバッチリです。


■様々なシーンで活躍

ジムや旅行やアウトドアなど、履いて行くのとは別で靴を持って行く際、「荷物になるなぁ」「重いなぁ」「シーンにも対応できるだろうか」などと悩むこと、ありますよね。

「Light more than light」なら、その悩みをしっかり解決します!

シティーシーン

「Light more than light」は、アウトソールに滑り防止のラバーを使用しているため、ジムなど室内用スニーカーとしても利用可能です。


2種類の素材を使ったソールで、振動や衝撃を吸収しやすくジムのウオーキングマシーンにぴったり。

アウトドアシーン

通気性に優れているため、登山やハイキング等長時間のアウトドアシーンでも大活躍。撥水性もあるので、釣りなど水に濡れそうな時にも最適です。


カラーについて

カラーは、ブラック、ホワイト、グリーンの3色をご用意しております。

ベーシックで合わせやすいブラック、ホワイト、ファッションの差し色になるグリーン。どの色にしようか迷ってしまいますね。

サイズについて

「Light more than light」はソックスのような履き心地、それにアッパーのしっかり締め感は、どんな足の形でも、標準サイズで履けます。

また、「Light more than light」のアッパー部分はソックスのような素材と作りになっているため、足の幅や甲の高さは、通常のスニーカーに比べて幅広いサイズに対応できるようになっています。


「Light more than light」 は市販の大多数3Dスニーカーの中では比較的安価で、サイズも履きやすいニット素材を採用しているため非常に履きやすくなります。

「3Dプリントソールに興味はあるけど手が出し難い」と考えていた方が気軽に試せるスニーカーだと思います。次世代の新しいスニーカーを試せるチャンスなので、興味があれば是非応援購入して頂けるよう、何卒宜しくお願い致します。

よくある質問

Q1.3Dプリントソールと従来のソールの違いは?

A1.3Dプリントソールは立体網状構造のため、衝撃、振動の吸収力が高く、通常のスニーカーに比べて足にかかる負担が少なくなります。

Q2.スニーカーは防水仕様ですか?

A2.アッパーの外のニット部分は水を吸収しますが、アッパーの裏地に撥水効果のある極細PUレザーを使用しているため、スニーカー内部まで浸水する心配はありません。軽い雨等には対応できます。長時間水の中につけていると、内部まで浸水する可能性がありますのでご注意ください。

Q3.スニーカーの使用期間はどれくらいですか?

A3.個人差がありますが、適切な使用、保管をすると、2〜3年は使用することができます。

Q4.お手入れ方法は?

A4.普通のスニーカーと同じお手入れ方法でも問題はありませんが、アッパー部分がニットなので、ブラシなどで優しくブラッシングするとより長く美しくご使用いただくことができます。

また、3Dプリントソール部分は網状になっているので、砂や土が入ることがございます。その時は軽く水で洗い流してください。

Q5.ニットは褪せますか?

A5.「Light more than light」は色褪せない素材のニットを使用しています。

Q6.スニーカーのムレが心配です。

A6.スニーカー自体は通気性のある素材を使用しているため、通常のスニーカーと比べてムレは軽減されるよう作られています。

Q7.足幅が広い、狭い、甲高などサイズ感が心配でも使用できますか?

A7.アッパー部分はソックスのようなデザインになっており、伸縮性のある素材を使用して作られています。そのため、足のサイズではなく、幅や甲の高さに関してはある程度調整できる作りになっております。(個人差によります。)

Q8.サイズが合わない場合、交換することはできますか?

A8.サイズ交換について、お客様にお届け後1週間以内かつ未使用(室内での試着は可)、付属品が全て揃っている(取り外していない)場合に限り1度だけサイズ交換をできます。しかし、交換対象外の例もあります。通常の着用による生地の摩耗、アッパーの摩耗、ソールの摩耗など。製品の誤用、不適切な保管による破損、Campfire以外でのご購入品(個人売買などで元の所有者より転売されたもの等)、主観的な着用感などの問題は交換できませんので、ご了承ください。


天羽輪滑(深セン)株式会社です。弊社は各種ワークシューズ、3Dスニーカー、健康シューズの新商品開発の取組みを積極的に行っております。 

創業から3年来、人間本位のデザイン思想と技術力を基盤に、お客様のニーズに寄り添ったプロダクトを提供することで、ブランドイメージの確立に努めてまいりました。

引き続き製品の開発と販売に焦点を当てて、製品の革新とユーザーに価値を提供するという使命に取り組んでいます。 

  • 2020/10/11 16:16

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/09/09 10:39

    皆さま、こんにちは。「Light more than light」です。今回はメデイァさんから「Light more than light」の商品レビューをご紹介させて頂きます。ご支援を検討されている方はもちろんのこと、既にご支援頂いた方も、是非ご覧ください。▶3Dプリント技術採用の新感覚スニ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください