はじめまして
iro baL farm です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

はじめまして!
佐賀県佐賀市にて農業を営む農業女子のiro baL farm(いろばるファーム)です。

この度はこのプロジェクトに目を留めて頂きましてありがとうございます!
是非、このまま読み進めていただいて、当農園の想いをお伝え出来たらと思います。

☝iro baL farmのりぃこです!
作業全般、営業、広報大忙しのワーママです✨

このプロジェクトで実現したいこと

《頑張りたい女性》《働きたいママ》

に寄り添うイチゴ農園を作りたいです。


▶︎その為に、
•現在お借りしている農業ハウスの整備
      •女性の負担を減らすための農業機械の購入
      •子どもを連れて仕事が出来るような作業場、休憩所の整備
      •地域の子供達も遊べる遊具の設置

に今回のプロジェクト費用を充てさせて頂きます。



プロジェクトを立ち上げた背景

私の自己紹介

1990年福岡県生まれ。高校はピアノ、短大では演劇に打ち込む。

短大卒業後は福岡市内で演劇活動を続けるために職を転々としながら暮らす。

2017年に結婚を機に大分県日田市に移住し、子育てしながら新規就農者として就農。
飲食店のパート勤務をしつつ、農業への見識を深める。


なぜiro baL farmを始めるに至ったか

家庭の事情により2019年の夏に鬱病を抱えながらシングルマザーとなり、
就農者としての生活に区切りを付けました。
子供と2人生活をしていく為に、職業安定所を訪ね、履歴書を作り、面接へ行く…
その間、公立の保育園は決まらず、待機児童を持つ母親としての生活もありました。

働きたいから面接へ行くのに、保育園が決まっていないなら、と断られ、
保育園にきちんと入るためには就労証明書がなくてはならない。

一見、矛盾しているこの問題の中で、それでも頑張りたいと前を向いている女性たちは沢山います。
前を向けずにいる女性がいるなら、誰かと一緒ならもう一度顔を上げられるかもしれません。

私が経験したのはそんな女性たちの悩みのほんの一部でしかありませんが、
その悩みの受け皿となれるような組織が絶対に必要とされているとこの肌で感じました。

☝店頭での対面販売は皆様の生の声が聞こえる
私の大好きな時間です♡

そんな実情と、子供たちを連れてでも出来る仕事、
一緒に出勤してくるのが楽しみになる職場を作りたい
という思いからスタートしたのが当農園iro baL farmです。

私たちは女性を中心に運営している農園です。

農地は穏やかな気候に恵まれた、佐賀県佐賀市兵庫町にあります。

市街地が近くにありつつも、地域の方々の見守りが温かい環境が支えてくれています。


大きなビニールハウスで冬〜初夏にかけていちごと、
一年を通して目にも楽しく女性目線で品種を厳選した野菜を育てています。


その農地の中にアットホームなキッズスペースを設けた作業場兼事務所を併設し、
青空の下で遊ぶことが出来る遊具を備え付けることで、
待機児童がいて働きたくても働けないママや、
妊婦になって今までの職場で今まで通り働くことが難しくなった女性に
【子供を見ながら働ける農園】を作りたいと考えています。

☝ラディッシュの収穫を楽しむ息子です👦

働こうにも待機児童を抱え、安定して働くことが出来なかったり、
妊婦になると働ける日もあるけど働けない日もある、
急な遅刻や早退をせざるを得ないので気を遣い、
次の出勤が怖くなっていくママも多いのが働く女性の現状です。

☝ガールズトークを楽しめる余裕が大事🍓
流行の話やスイーツの話…次の日も農地楽しみになります♡

そういうことがあった時は『ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした』ではなく、
私たちが聞きたいのは『昨日はありがとう!』という前向きな言葉です。


そんなママたちが一緒に働くということで、家庭内や関係の近しい人には言えない
いろいろな悩みにも寄り添うことが出来る場所で在りたいと考えています。


ママたちは家に帰っても座る間もなく大忙しです。

それはシングルマザーの女性に限らず、共働きだからこその忙しさや気遣いありますよね。

帰宅した後も家庭のことを疲れの中で行う毎日ではなく、
楽しみに変えられる体力や心の余裕を残せるようなママで居て欲しい、という願いも持っています。


子供たちも野菜が育つ過程を楽しめ、食の大切さを感じられる『食育の場』としても提供していきます。

いつもそばに居て、ママの仕事をする姿を見て育ち、ママの仕事を自慢出来るような、
そんな子供の心の成長のお手伝いも出来ればと思っています。


生産物へのこだわり

いちごの生産が盛んな佐賀市に農地のご縁があったこともあり
iro baL farmをいちご農家として立ち上げることにしました。
甘い香りに包まれて作業をする楽しさと
子供の喜ぶ姿が想像できたことも大きな後押しでした。
元来の私がカワイイもの好きな性格や
どんどん品種改良が進み常に向上心を持って研究出来ること、
やり方次第ではスマート農業としての確立も可能であり、
延いては地域への恩返しへ繋がると思いました。

“よつぼし”はまだまだ新しい品種ですが
甘味と酸味が非常にバランス良く、芳醇な香りが楽しめます。
水分量も多いのでじゅわっと溢れるジュースがクセになること間違いありません!

当農園ではこの“よつぼし”を減農薬で育てています。
(減農薬=農薬の規定使用回数の半分以下で栽培すること)

農薬を使うにはやはり理由がある訳で、簡単に減らせるものではありません。
ただ、やはり子を持つ親として、少しでも農薬を使わずに済むのなら
その方法で頑張ってみたい!と思い挑戦しています。

『無農薬、減農薬の商品は高い!』

そんなイメージの中でも、少しでも安心してご購入いただきたい、
出来るならちょっとでもお安く手に取っていただきたい。

そのためにひとつひとつの苗に掛けてあげられる時間を確保して
病害虫の発生自体を抑制出来るハウス作りを目指しています。

今回の資金用途はそのような清潔感のあるハウス作りと
作業効率の向上を図る設備の導入を進めるためのものです。

理想は
【ハウス内の床でお昼寝】
【パンプスでも入れるハウス】

この実現に是非お力を貸していただけませんか?

☝ラベルもこだわってデザインを作成しています



取り扱い品種

いちご“よつぼし”をメインで
その他には飲食店に卸す色とりどりの野菜を中心とした葉物です。

→女性でも作業しやすい品種を取り扱います。

☝野菜のギフトも試作しています


資金の使い道・実施スケジュール

▶︎資金の使い道

•現在お借りしている農業ハウスの整備
•いちご栽培用高設台の整備
•女性の負担を減らすための農業機械の購入
•子どもを連れて仕事が出来るような作業場、休憩所の整備
•地域の子供達も遊べる遊具の設置

▶︎実施スケジュール

6月〜 ハウス整備開始
8月  電気工事開始
9月  水道工事、ハウス補修作業開始 
10月  イチゴ苗定植
12月  収穫開始

▶︎必要経費         

•電気工事費 70万円
•水道工事費 70万円
•ハウス補修費 500万円
•機械、設備費 150万円
•種苗堆肥代 60万円
•借地料 20万円
•作業場、休憩所設置費 100万円

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

合計 970万円 
うち、自己資金 500万円


自己資金+プロジェクト支援金=目標1,000万円

まずはイチゴの生産量UPを目指し、雇用を生むこと。
プロジェクト支援額が大きくプラスになった暁には、遊具の導入などの設備費に充てさせて頂きます。



リターンのご紹介

当農園で大事に育てた減農薬高級いちご“よつぼし”を中心に
季節の野菜詰め合わせ(内容は季節により変わります)
日常の中でお使いいただけるオリジナルデザインのアイテムなど
いろいろな形でiro baL farmを楽しんで頂けるものをご用意しました。

この夏にこちらのプロジェクト支援金で整備を行い
そこから育てたものをお礼としてお送り致します。
あなたのご支援で育った作物たちを
是非ご家庭の食卓にお返しさせてください!


最後に

ここまでお読みいただき本当にありがとうございました!
就農1年目の農業女子らしく、毎日要領悪くもコツコツ頑張っています。
たまには泣き言を言うこともありますが、
女性たちの夢を詰め込んだキラキラの農園を目指して
頑張る決意は絶対に揺るぎません👍✨
皆様の暖かい見守りを宜しくお願い致しますm(__)m


応援のメッセージ

今回のプロジェクト公開前に、いつもご近所や対面販売先でお会いした方々、
遠くてもInstagram等で活動を見守って下さる皆様からメッセージを頂戴しました!!
いつもありがとうございます♡


『待機児童、私も経験しました。
こんな働き方が出来ていたら本当に助かったと思います。
未来のママたちのためにも私も応援しています!』

(30代女性)



『農業女子という言葉が流行っている中でも
これだけ将来を見据えて頑張っている人は本当に応援したいと思いました。
いちごも農園ももっと想いが広まるのを僕も楽しみにしています。』
(40代男性)



『いつもInstagram見ています!
私はまだ独身ですが、いつか子供が出来たときも
こういう職場を女性たちで楽しめるって夢があって素敵だなぁって思います。』

(20代女性)



『農業をこうやって楽しんでいる若い女性がいることに驚きました。
減農薬でいちごを作るのは本当に大変でしょうが
こういう方に地域を支える農業者になってほしいと思います。』

(60代男性)


『スーパーで対面販売をされている時にお話ししました。
自分で育てていると聞いてびっくりしましたが、お子さんや農業への強い想いが沢山聞けて、
また買って応援したいと思いました。美味しかったですよ!』

(80代女性)




InstagramとTwitterでは日々の作業の様子やプロジェクトの進行状況をお伝えしています!Instagram ☞ @iro_bal
Twitter ☞ 
@irobalfarm
是非、遊びに来てください😊


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください