山梨県甲府市下帯那(しもおびな)で、自家製ホップを栽培している

わたしの職業は大学教授ですが、それと同時並行で、数年前にはDIYで自宅を造り

3年前には、自分で自宅周りの土地を整備し、ホップ栽培を始めました。

現在、栽培しているホップは22種類にも及びます。

全てはこの夢の実現のためです。

わたしの年齢は58で、昨年初めての子供にも恵まれました。

周りから見れば、なんて無謀なプロジェクトかと思われるかもしれません。

でも私は、絶対にこの夢を実現したい!

こんな無謀とも思える挑戦をあたたかく見守り、そして心強く支えてくれる家族

そして外国人である私をあたたかく受け入れ、いつもサポートしてくれる帯那地域のみなさんに

私の夢の実現によって、恩返しをしたい!

自分が育てたホップ、そしてそのホップを使ってこれから出来上がるクラフトビールを...


3年目を迎えるホップ畑 栽培中のホップは22種類

山梨県甲府市下帯那(しもおびな)

甲府駅から車で15分のこの場所に、わたしたちのホップ畑

そして現在作業真っ只中のブリュワリーがあります。

千代田湖という湖が近く、多くの山々に囲まれ、広大な自然のど真ん中

野生動物を目にすることもしばしば!

そんな自然に囲まれ、雄大な景色が広がる場所に、ぜひみなさん遊びにきてください!

雄大な自然、湖に近いながらも、意外と甲府駅から15分


ホップ畑の目の前には棚田が広がる




Obina Brewing のメンバーを紹介します!


【ブリュワリーオーナー】
デイブ

アメリカ オレゴン州ポートランド出身。約20年ほど前に初来日。
大学教授として、主に東京で生活してきましたが、ホップとビール作る夢のために帯那に土地を購入

現在は山梨の大学に務めていますが、帯那でついに夢を実現します

▶︎デイブから一言

この帯那でわたしが大切に育てた、採れたてホップで、超新鮮なビールをみんなに飲んでほしい!

ぜひみなさん、チカラを貸してください!

     

【ブリュワー】
ユカ

北海道出身。
東京都内に展開する「麦酒工房」でブリュワーを担当していましたが
デイブからの誘いにより、帯那への移住を決意!
最高なビールを世界に届ける、デイブの右腕です。

▶︎ユカから一言

デイブが育てる帯那産採れたてホップを使って、美味しいビールをみなさんにお届けします!



【ホップ】

わたしたちは3年前からホップを栽培しています。

現在国内で作られているビールはそのほとんどが海外産ホップを輸入して使用しています。

わたしたちの特徴はなんといっても「採れたての新鮮なホップ」を使用できること。
現在22種類のホップを栽培しています(アメリカから輸入した物をはじめ、山梨県のホップ・カイコガネなど)

シングルホップビールとして利用できるものは、カスケード、センテニアル、チヌーク、パーレホップの4種類を栽培しています。

そのホップを収穫から数日以内に使用すれば
超フレッシュビールの出来上がり!

どこも真似できない新鮮なビールをみなさんにお届けいたします!


3年目を迎える第1ホップ畑 現在では第4ホップ畑まで耕作地を拡張

3年目を迎え立派に育っているホップ

【ブリュワリー施設】

ホップ畑の横に併設するブリュワリー。
元々アトリエだった建物を現在DIYで改築中!

現在DIYで改修中のブリュワリー施設

ブリュワリー内部 2階の窓がある場所にテイスティングルームが併設される予定
1階のこの場所に醸造タンクが入る予定です

【テイスティングルーム】

作りたてのビールを試飲できるテイスティングルームブリュワリーの2階に併設予定です
ガラス張りで1階の醸造所を見下ろすことができます。
その場で作られたビールをすぐ飲むことができる、贅沢な空間になります。

ブリュワリーの一部ガラス窓は、ステンドグラス作家さんに作っていただきました




もちろん第一に


そしてクラフトビール醸造をきっかけに、もうひとつ実現したいことがあります。

それは、教育の場所としての活用です。


もちろんビールは20歳以上でないと楽しめません。

わたしたちは、ホップ栽培→ホップ収穫→ビール醸造→ビール提供という一貫したサイクルを通して

農業体験や地産地消を、子供から大人まで体感でき、みんなが自然を楽しめる場所にしていきたい。

ゆくゆくは、そんな教育の場としての交流を生み出し

わたしたち”Obina Brewing”に遊びに来る観光客の方々に

この帯那地域の豊かさをもっともっと知ってもらう。

帯那に住む人々との交流が自然と生まれるようなハブスポットとなることを目指します。


リターンのご紹介

サポートしていただいたみなさんに楽しんでもらえるようなリターンを用意しました!

どうかご支援をお願いします!


資金の使い道・スケジュール

皆さんからご支援いただいた資金は、以下の用途で活用させて頂きます。

・ホップ畑整備費用

・ブリュワリー設備改修費用

・ブリュワリー内装工事費用


カマドブリュワリー(岐阜県瑞浪市) 醸造長 丹羽智

デイブは一言でいうと、とてもエネルギッシュな人間です。
彼にはとにかく夢があり、プランがあり、そしてそれを一つずつ叶えていく力があります。

その姿勢や情熱に、私も学ぶことが多く、いつも刺激を受けます。

ホップの育成とクラフトビールづくりを通じて地帯那を活性化し、それを大学で実践教育として伝えて若い世代に残していく。
多くの人を動かし、地域を元気にしていく彼のエネルギッシュな挑戦を、心から応援しています!

昔から懇意にさせていただいている、クラフトビール醸造の第一人者 丹羽さん!


最後に

フレッシュホップを使用したビールが飲めることは、日本ではとても珍しいことです。

私たちは必ず美味しいビールを作ります。

このプロジェクトはまだ始まったばかりで、応援してくれる仲間がもっともっと必要です。

ぜひ、サポートしていただき、いつか現地・帯那に遊びにきてください!

この豊かな自然を誇る帯那で作られるクラフトビールを楽しみにしていてください!


【Obina Brewing】
〒400-0082 山梨県甲府市下帯那町1908−1
055-251-8933

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/25 07:30

    おはようございます!本日もプロジェクトページ、そして活動報告をご覧いただきありがとうございます!「自分で育てたホップでクラフトビールを作る」長年にわたるデイブ先生の夢が、今やっと、叶おうとしています。その夢の実現に向けて、どうか力をお貸しください!これまでにたくさんのご支援やあたたかい応援をい...

  • 2021/06/24 22:32

    こんにちは、笠井です。今日も1日暑かったですね、なんだか少しバテている気がします。皆さんも体調にはお気をつけてくださいね。なんというか、サムネイル、デイブの顔だけ残してみました。この真っ直ぐな眼差し、、好きです。きっと、真剣に、未来を見据えているのだろうと思います。本日は全ての講義を終えて放課...

  • 2021/06/24 07:32

    こんにちは。今日は3年の橋原がブログ担当します!あなたは普段ビールを飲みますか?飲むとしたらどのメーカーのものを好んで飲みますか?大手メーカーが作るビールはのどごしあり、味に深みがあり、ビールならではの苦味や旨味を感じることができますよね!僕もよくバイト終わりにはビールで1人酒!とかしちゃいま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください