はじめに・ご挨拶

コロナの影響でミュージシャンもライブハウスも、演奏の場が失われてしまいました。
今こそ、仙台のミュージシャンが結束して、音楽を発信していく番組を制作しよう!
と始まったのが

「せんだいミュージックゴーラウンド」

仙台を中心に活動するミュージシャンが、このままじゃいかん!と立ち上がり一致団結!
・・・しかし、番組を続けて制作していく為の製作費が、どうにも足りません。

宮城のミュージシャンの新たな試みへの「がんばれ~~!」のご支援、是非お願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

まず1つ目の番組が出来上がりました~~!地元から全国に活動を広げる
サクソフォニスト名雪祥代 http://sachiyonayuki.com/ 率いるジャズコンボ が登場!

『名雪祥代クインテットfeat.渡邉滉介』によるライブ演奏
&同じく地元で活動する芸人『ストロングスタイル』がMCとなり、こんな番組が出来ました!

https://youtu.be/GhH4iOIQVo8 
↑クリック!!是非ご覧ください!!

1つ作り上げて、分かりました。

膨大な時間、労力、マンパワー、そして資金も・・・必要と。
これに続く番組を制作したいにも、制作費が続かないと、作り続けることが出来ないのです。
2作目、3作目・・・とつながる、番組を制作したい。
宮城の音楽シーンを盛り上げる活動を1回きりで終わらせたくないのです。

せんだいミュージックゴーラウンドのHP
http://sendai-musicgoround.com/


プロジェクトをやろうと思った理由

コロナウィルス感染拡大により、ミュージシャンもライブハウスも活動の場を奪われました。

でも、ただ悲しんでいるわけにはいかない。自分たちなりの
made in 仙台の音楽番組
を制作することで、宮城を、日本を、音楽の力で元気にしたい、そして今こそ、
ミュージシャンが結束して、地方だからこそできる団結力でこの大変な世の中でも
希望を持って動いていきたい、という想いに突き動かされたのです。


これまでの活動

ミュージシャンが、新たな技術を習得するための講習会を行いました。
ある人はカメラマン

ある人は録音ミックス担当

ある人は照明

習得した技術で、外部発注しなくても自分たちで番組を制作をしよう!
と技術講習をしてきました。


表舞台に立つだけが仕事ではない!

それに気付いて自ら想像力をもって動き始めたミュージシャン達。
いろいろディスカッションして新たな番組のアイディアを出し合っています。


資金の使い道

仙台市の助成金をうけて機材(カメラなど)を購入し、番組制作をしていこう!と動き始めました。
しかし、機材を持ってるだけでは、宝の持ち腐れになってしまう。これをちゃんと生かしていこう。
それには番組を継続して作り続けねばなりません。


その為に・・・

こんな番組にしたらどうかな?というアイディアは多数!!

◆ジャズ入門編的番組なんてどうか?

◆子供たちにも分かりやすい音楽番組なんてどうか?

◆いろんなジャンルのサックス奏者ばかり集めたサックス談義なんてどうか?

◆宮城の重鎮ミュージシャンから話をきこう!

◆オリジナルCDを作成してみよう

◆宮城のライブハウスのドキュメンタリー残したい


などなど・・・。


皆様のご支援は、これらの番組を制作するための制作費用に充てていきたいと思っています。



リターンについて

①がんばれ!応援金1000円(お礼メール返信)

②せんだいミュージックゴーラウンドオリジナルシェイカー1個付 1000円 

③Foods &Jazzy Bar Mondo Bongo 1ドリンク+1フードチケット 3000円

④宮城のお米(三浦屋)新米3キロ 5000円(新米収穫後の発送)

⑤宮城のお米(三浦屋)新米10キロ 10000円(新米収穫後の発送)

⑥ランダムに選んだCD2枚付(在仙ミュージシャンのアルバム)+オリジナルシェイカー 10000円

⑦とにかくがんばれ!応援金(番組の中でお名前をご紹介いたします)30000円

⑧収録風景見学券 5名 さらに出演者サイン色紙+ツーショット写真撮影権+出演者から後日メッセージビデオがおくられてくる  50000円

⑨とにかくひたすらがんばれ!応援金(番組でお名前紹介&演奏の曲目リクエストができます) 100000円


実施スケジュール

第1作目 8月26日公開(撮影・録音7月3日)
第2作目 10月初旬(予定)ジャズ喫茶KABOママのドキュメンタリー番組制作

☆集まった資金はこれに続く番組の制作のための費用に充てます☆

第3作目 予定 11月~12月頃、番組制作予定。それ以降も1~2か月に1本程度継続して制作。


最後に

若いミュージシャンが新たな技術を習得し(ミュージシャン自身がカメラマンだったり、照明だったりという技術を習得して裏方を担当)そうやって、1つの番組を制作していくと気付くのは

「表舞台に立つだけが、音楽じゃない、1人でステージに立ってるわけじゃない」という事。


お客様が聴きに来てくださることが、どんなにありがたい事かも、今だから、分かる。

そんなことを想いながら、様々なことを経験し地方都市だからこそ出来る何かに、
いま気づき始めています。

音楽の楽しさ、喜びを、新たな生活様式の中でも発信し続けたい、発信し続けよう!とする心意気に、
どうぞご支援ください。


メリーゴーランドのような皆が集い、笑顔になるそんな存在になっていこう。


そんなイメージから「せんだいミュージックゴーラウンド」は名づけられました。
1人でまわるメリーゴーラウンドはさみしいです。

みんなで集って、GO ROUNDしましょう!!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください