■ はじめに・ご挨拶

皆さん、こんにちは。

群馬県西部に位置する安中市にて鉄道テーマパークを運営しております、
碓氷峠鉄道文化むらでございます。

当園は、平成9年に廃線となった信越本線(横川-軽井沢間)横川運転区跡地を利用し、
鉄道の歴史を後世に伝えていくための施設として平成11年4月18日に開園いたしました。

開園から既に20年以上が経過しておりますが、
「楽しく集う場所」として、今日でも多くのお客様に親しまれ続けています。

現役時代の横川運転区

現在の碓氷峠鉄道文化むら

■ クラウドファンディングのテーマ

この度のクラウドファンディングのテーマは「SLあぷとくん」の修繕です。

碓氷峠鉄道文化むらの遊具の一つである「あぷとくん」は、
約800mの碓氷峠鉄道文化むら内を、約10分で一周している列車です。

あぷとくんは、2フィート(線路幅610mm)軌道の列車であり、
現在、当園ではディーゼル機関車である「DLあぷとくん」と、
蒸気機関車である「SLあぷとくん」の2台を保有しております。

中でも「SLあぷとくん」は平成11年の開園当初から今日に至るまで、
碓氷峠鉄道文化むらのシンボルとして多くのお客さまに親しまれてまいりました。

当園は「ポッポタウン」として今日まで親しまれておりますが、
この通称は本物の蒸気機関車である「SLあぷとくん」より由来しております。

しかし「SLあぷとくんは」運用開始から20年以上が経過したことで、
大規模な修繕箇所が目立つようになり、
現在はお客様への安全確保のために止むを得ず運行を停止しております。

現在運行を停止している「SLあぷとくん」

電化前の碓氷峠で使用されていたアプト式蒸気機関車「3950号」を模して製作
碓氷峠鉄道文化むらの通称「ポッポタウン」は、このSLより由来します

現在はDL(ディーゼル)あぷとくんでのみ運行中
連続稼働で多大な負荷が掛かってしまっています

■ プロジェクトをやろうと思った理由

当園設立の趣旨は、碓氷峠の鉄道文化を後世へと伝えていく施設ではあります。

そして、小さなお子さまにもお楽しみいただける場でもありたいと考えております。

開園20周年を迎えた当園を「楽しく集う場所」であること、
また、子どもたちが楽しく遊んだことを次の世代にも伝え、
再び足を運んでいただける「夢と希望」のある施設にしてゆかなければなりません。

運行を停止してから約1年半が経過した現在、
多くのお客様から「SLあぷとくん」の復活を望む声を頂戴しております。

しかし、修繕のためには多額の資金を要することは避けることができません。

当園も新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、
緊急事態宣言に伴う2ヶ月間の臨時休園は大きな打撃を受けてしまいました。

現在、少しずつお客様は戻りつつありますが、
早急に修繕費を賄っていくことは非常に厳しいのが現状でございます。

現在の「SLあぷとくん」の状況
職員が定期的に維持管理を行っています

現在も職員が維持管理を行っていますが、その間も大きな経費がかかっており、
期間が延びるほど費用もかさんでしまうために早急な対処が必要です。

このままでは止むを得ず「廃車」という厳しい現実も待っています。

この状況を何としても避けるため、クラウドファンディングを立ち上げ、
「SLあぷとくん」の修繕費を皆様からもご協力いただきたいと企画した次第です。

安中市内の観光の要所であり、碓氷峠の玄関口でもある当園ですが、
体験運転用の「EF63形」と「SLあぷとくん」の汽笛が鳴り響くことが
かつての鉄道の町として栄えた横川の象徴であり、
一日も早く賑やかさを取り戻したいと職員一同が願っております。

皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。


■ 資金の使い道

「SLあぷとくん」は、当園での大がかりな修繕は難しく、
トラックで工場まで運搬する必要があります。

そのため、多額な資金が必要となってしまいます。

従って、集まった資金は全て「SLあぷとくん」の修繕費に充てさせていただきます。


■ リターンについて

今回の募集に合わせ、SLあぷとくん・アプト式機関車ED42形のオリジナルピンバッジ、
鉄道文化むら限定オリジナル「峠の釜めし」の掛け紙を手掛けたイラストレーター、
バーニア600氏描きおろしによるオリジナル入園券などを作成いたします。

バーニア600氏描きおろし
鉄道文化むら限定オリジナル「峠の釜めし」

バーニア600氏がデザインするよるオリジナル入園券は、
A券・S券とそれぞれ異なるデザインでご用意させていただきます。

ご注意)内容を区別しやすくするため、オリジナルセット券Bの名称を、

オリジナルセット券B → オリジナルセット券Sへと変更させていております。

内容自体の変更はございませんのであらかじめご了承ください。

どちらも碓氷峠鉄道文化むらならではの特別なデザインに仕上がっています。


追加

2021年2月25日(木)にオリジナル入園券Aのデザインを公開しました!

追加

2021年3月14日(日)にオリジナル入園券Sのデザインを公開しました!


追加

2021年3月28日(日)にオリジナルピンバッジのデザインを公開しました!

SLあぷとくんED42形アプト式電気機関車

その他にもトロッコ列車の運転席に添乗し、現役当時の風景を運転席から眺める体験、
EF63形が牽引する車掌車添乗体験、SLあぷとくんの投炭・転車台体験など、
非日常を楽しむことができる体験型プランも合わせてご用意させていただきました。


車掌車乗車体験や、SLあぷとくん転車台体験などは、
ご家族・ご友人さまとご一緒にお楽しみいただくことが可能です(最大5名様)


詳細はプロジェクト終了後に個別にご案内させていただきますので、
是非、皆さまでご参加いただけたらと思います。

トロッコ列車の助手席に添乗して
碓氷峠の急勾配を体験できるのは初の取り組み!

また、法人様向けのプランもご用意しております。

当園の貸し切りプランについては、プロジェクト終了後に詳細をご連絡させていただき、
休館日の毎週火曜日(繁忙期・年末年始を除く)のみとなりますが日付を指定していただきます。


火曜日にお越しいただくことが難しい場合には、貸し切りプランの代用として、
従業員様個人にお配りする鉄道文化むら入園券(枚数に関しては要相談)をご用意いたします。


ご不明な点はお気軽にお問合せくださいませ。

  • 2021/07/07 10:01

     7/4(日)にSLあぷとくんの出発式が行われました。皆様のご協力により、ついに営業運転を再開することができました。深く感謝申し上げます。当日は雨が降る中でしたが、多くのお客様にご来園いただきご乗車いただきました。 出発式は当財団理事長・ご来賓の方々にご挨拶いただいた後テープカットが行われまし...

  • 2021/06/28 09:21

     6月25日(金)に修理後初めての試運転を行い、27日(日)に再度試運転を行いました。運行に問題は無く、7月4日(日)のセレモニー後に営業運転を開始いたします。今回も試運転の様子を動画撮影しましたのでご覧下さい。 皆様のご協力により復活したSLあぷとくんの運行開始まであと少しとなりました。引き...

  • 2021/06/26 11:29

     6月16日(水)に修理から戻ってきたSLあぷとくんは、文化むら園内の検修庫内にて仕上げの整備や細かい調整が行われていましたが、6月25日(金)に初めて石炭を使用した試運転を行いました。運転した職員からは、運転に支障は出ておらずもう1回試運転をすれば大丈夫ではないかとの報告を受けました。 つき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください