ご挨拶

 興味を持っていただき、ありがとうございます!三重県の美杉町でキャンプ場を運営している織田拓(おりたたく)と申します。

 三重県津市の山奥で今年6月からキャンプ場をオープンしました!最近、キャンプブームの波がものすごい勢いで広がっていますね。新しくオープンするキャンプ場もここ数年で増えてきたように思います。だがしかし、このキャンプ場は流行に便乗して作ったキャンプ場ではないんです。はたまた、キャンプ好きすぎて山買っちゃいました!という流れから出来たものでもないのです。いろんな想いが込められ、なるべくしてなった、そんなキャンプ場なんです。では、いったいなぜ、どのようにしてキャンプ場が作られたのか?  少々長くなりますがお付き合いいただけると幸いです。


ウッズランドMioができるまで

 私は大阪出身で、当キャンプ場がある美杉町に来る前は愛知県の会社で働いておりました。子供のころから親にも「社会不適合者」と呼ばれ、たいして自信もなく日々の仕事をしていると、だんだん業務内容にも疑問を感じるようになり苦痛になってきました。それから研究者になりたいと思い、会社を辞めて三重大学の微生物学研究室の門をたたき、研究者を目指すことに。たまたま津市美杉町に両親が昔に購入し放置していた土地(現在のWOODs LAND Mio)と古民家があったので、下宿代を浮かすためにそこから通おうとして美杉に移住しました。これがすべての始まりであり、最初の大きなきっかけでした。(2012年)


  手つかずの土地と放置された立派な古民家。大学までは片道50㎞以上、車で90分。同じ市内なのに衝撃を受けました。でも田舎の方が好きなので薪を割ったり焚火をしたりしながら毎日往復で3時間かけて通学しながら生活をしていました。研究者になろうと思って大学で研究し始めたのですが、気づいたら美杉町という地域のコミュニティにどっぷり浸かっていたのです。そこは、今まで考えたこともなかった「過疎化、高齢化、少子化」問題の最前線で、バリバリの限界集落。このままでは本当にこの集落が消滅まっしぐらだと実感して焦りました。地域の人達もみな危機感を持っていました。私が移住した2012年には5000人だった人口が、2020年現在4000人を切りそうな勢いです。

 そんな中、何か少しでも役に立てればと色んな事を手伝ってたんです。若い奴(当時27歳)が地域に入って体を動かしているとめちゃくちゃ褒められました。目立つので気にもかけてもらえます。これまでほとんど褒められない人生、怒られ人生、役に立たない人生を送ってきた私は、自己肯定感ソコ打ち状態の典型的なダメ人間だったんです。それが、ここに来てめっちゃ褒められる!役に立ててる!自分の居場所はココだったんだ!と思うようになり、調子に乗ってどんどん地域の活動にのめり込んでいきました。地域の人はみんな優しく、いろんなモノをくれたり助けてくれたりしてくれます。

  研究に支障が出るぐらい美杉の事に尽力し、気づいたらこの美杉という地域がめちゃくちゃ好きになり、ここで一生暮らせたらいいなぁと思うようになっていました。そして、この美杉の最高に楽しいところをもっといろんな人にも知ってもらいたい!とも思っていました。

ある日、当時の地区長から「この村にはお前みたいなやつが必要や」と言われ、この地で骨を埋める覚悟を決めたんです。これまで自分は社会で何の役にも立たないと諦めていたので、まさか自分が必要だと言われる日が来るとは!?・・・・この時はまだキャンプ場をやるとは全く思いもしませんでしたが。

その後、この地域の為にいろいろな企画やコーディネートをしました。


(2013年)映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」撮影協力、敷地提供、物資調達
                https://www.youtube.com/watch?v=HkRCDeMlyPQ

(2014年)映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」のPR活動とロケ地ツアーガイド
                https://www.youtube.com/watch?v=-0uK_G-MtRQ
     400年の歴史「ごんぼ祭り」神輿の担ぎ手参加
                https://www.youtube.com/watch?v=ygj6Mf5ITMw&t=465s

(2015年)「美杉なあなあ祭り」企画開催 
                https://www.youtube.com/watch?v=fr_nMrnYSBk&t=25s
      「美杉むらのわ市場」運営手伝い

(2016年)50年前の写真展示企画「思い出の記録だんらん会」企画開催
      京都の美大生の木こり体験受け入れ
      東大阪商工会議所の夏休みこども田舎体験受け入れ


(2017年) ようやく卒業もでき、縁あって同大学の教員として就職も果たしました。が、自分の専門の生物学ではなく、「地方創生」関係の社会系の先生にw。早速学生さん達を美杉に連れてきて、楽しいことを投げまくりました!そして、大学教員として学生の子達といっしょに美杉の地方創生について色々と考えました。美杉町の良さを一番知ってもらえるコンテンツ、それは・・・・・・、「そうだ、キャンプ場を作ろう!」というわけで、Mioのプロジェクトが発足しました。(2019年)


 キャンプ場に使用する土地は、工事で出た残土が入れられて再生不可能となった3000平米ほどの休耕田。ずっと使われないまま放置され草ボーボーでした。地域の土建屋さん、林業家さんに全面的にご協力いただき、キレイに整地されメインとなるフィールドが完成しました。(2020年)


ウッズランドMioのシステムとは

そして今年6月、ついにオープン!

西日本初の完全会員制サブスクリプションキャンプ場です。

サブスクリプションキャンプ場とは月定額自動課金制で、いつでも何度でも使い放題のシステムです。

ソロなら月々3000円。カップル、ファミリーさんは月々4000円で24時間365日使い放題です。※来なかった月も課金されます。

完全会員制にすることで、フィールドが過密になる事を防ぎ、またマナーが悪い人が入ってこないようにでき、会員の皆様に快適なキャンプを提供することができます。

しかしその一方で、フィールド内の広さや設備を考慮し会員数を制限する必要があります。オープン当初は会員数が上限に達するまで1年ぐらいかかると思っていたのですが、オープンしたその月にもう上限を超えてしまいました💦そして現在、会員を受け入れられない状態が続いており、入会待ちの方々がどんどん増えてきております。嬉しい悲鳴をあげている一方で、お問い合わせを頂く度にお詫びして順番待ちに登録してもらうしかない状態になってしまいました。

現在の問題点

 せっかく、多くの方に美杉の地域を知ってもらえるチャンス。少しでも多くの方にウッズランドMioの会員になってもらいたい!美杉地域のすばらしさを知ってもらいたい!

 実はウッズランドMioにはまだ未開拓な土地がいっぱいあり、開拓することで受け入れ人数を増やすことができます。そして受け入れ人数増加に伴う水回り設備の強化が必要です。トイレ、炊事場の増設と浄化槽の容量アップにかなりの予算が必要でございます。このままでは入会をお待ちいただいている方、検討されている方がいつ入会できるかわかりません。会員を脱退する方もほぼ居ないのでキャンセル待ちも絶望的です。


このプロジェクトで実現したいこと

①キャンプサイトの増設。

②水洗シャワートイレ2基増設。

③炊事場の水道2つ増設。

④大きな浄化槽にグレードアップ。

  設備を整え多くの人を受け入れる体制を整える!!

  そのためにも皆様のお力が必要です!ぜひぜひご支援よろしくお願いいたします!



ウッズランドMioってどんなところ?

 WOODs LAND Mioはキャンプ場ですが、キャンプを楽しんでもらう過程で、美杉の自然や、観光スポット、名産品などに触れてもらい、少しでも美杉の魅力が伝わればと思っています。そして皆さんのコミュニティから新しい発想や商品、イノベーションが生まれることを楽しみにしています。

 Mioはまだまだ発展途上の作りかけのキャンプ場です。未開拓地があり、会員様が自由に開拓を行うことができます。シャベルやツルハシ、ノコギリ、草刈り機など多くの道具も貸し出しております。杭や階段に使う木材の切り出しも会員様と一緒にやっています。キャンプ場の開拓に興味がある人はぜひぜひ切り拓いていってください。

 場内には川が流れており、夏場は泳いだり魚を取ったり、飛び込みして遊んだりもできます。薪は基本無料ですが、使う分だけ自分で薪割りをするシステムになっております。

その他、ウッズランドMioの会員カードを提示すると、美杉町内の様々なお店でサービスが受けれます。(例)1ドリンクサービス、100円引きなど



資金の使い道・実施スケジュール

ご支援いただけた資金については以下のような内訳で使用いたします。

①サイト枠増設    10万円

②トイレ2基増設  50万円

③水道2基増設   20万円

④浄化槽敷設     70万円

      合計 150万円


目標金額     100万円

自己資金       50万円 ※少なくなった蓄えの最後のひと絞りを・・・

※ほとんど自分たちのセルフビルドで行いますので、必要経費は最小限に抑えられております。



最後に

三重県津市美杉町は本当にいいところです。一度でも訪れたことがある人なら全員が首を縦に振ります。川も星もめちゃくちゃキレイです。そんな美杉町に、縁のある人も無い人も、これから来ようと思っている人も、キャンプが好きな人も、どこかわからないけどちょっと気になる人も、自分の居場所を探している人も、みんなにココを知ってもらいたいと思っています。ぜひぜひ、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします!


<All-or-Nothing>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください