100%達成!ネクストゴール目指してがんばります!

湖南市みんなの夏祭り実行委員会の中野龍馬です。 

9月からクラウドファンディングを開始し、みなさまのおかげで100%を達成いたしました。

 「うちも子供がいるから花火見たかったんですよ!」

 「こんな企画をしてくれてありがとう。」 


そんな温かい言葉とご支援をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 

「コロナだから仕方ない」そんな言葉に流されずに挑戦して本当に良かったです。 

ご支援いただいた多くのみなさま、本当にありがとうございます!! 

さて、今回は、ネクストゴールを設定いたしましたので報告いたします。 ご一読いただけると幸いです。 

【ネクストゴール設定について】 

お祭り当日まで残り1ヶ月弱。 

花火の打ち上げに関する費用はおかげさまで確保することができました。

 次は、一部の花火が見えにくい地域の方々にも同じように楽しんでいただけるよう、また、花火の打ち上げ時間までの時間帯も#みんなつを楽しんでいただけるよう、オンラインコンテンツをより一層充実させていこうと思います。 

そのためネクストゴールを設定しました! 

ネクストゴールは「105万円」に挑戦したいと考えています!

 達成できた際には、若い方からご高齢の方、また日本人から外国人まで多くの皆さんに楽しんでいただける内容を発信したいと思います。 そして、コロナ下でもみんなで頑張って支え合っている地元に少しでも元気を与えられるよう、花火を生中継いたします! 

引き続きご支援をよろしくお願い致します!!

はじめに・ご挨拶

はじめまして、湖南市みんなの夏祭り実行委員会会長の中野龍馬と申します。2020年、新型コロナウイルス感染症が世界中で拡がり、私達が住む滋賀県湖南市でも夏の風物詩である夏祭りがすべて中止になりました。

どこかの夏祭りが雨天中止になることはあっても、すべての夏祭りが中止になることは生まれて一度も経験したことがなく、自分が夏祭りを開催する側の大人になった今、子供達の貴重な一年を「コロナだから仕方がない。」という言葉で不意にしてしまっていいのだろうかと強い疑問を抱きました。

そんな疑問を相談し、想いに共感してくれた仲間や地域の方々、行政・観光協会・商工会・工業会・団地協会など各種団体のみなさまと協力し、こんな状況でもできる方法を模索して、湖南市に関係するみんなで作り上げる「湖南市みんなの夏祭り」略して #みんなつ を2020年10月31日(土)に開催します。

夏祭りでフィナーレを飾るものといえば、花火。

しかし、一箇所からたくさんの花火を打ち上げると人が集まってコロナの感染リスクが高まります。

そこで、花火が湖南市内どこにいても見えるよう、同時に複数箇所で打ち上げたいと考えており、その実現を目指して今回のクラウドファンディングを行います。


リアルとオンラインを合わせた「新しいお祭り様式」とはどんな「お祭り」なのか?

湖南市には“湖南市三大まつり”と呼ばれる春・夏・秋に行われるお祭りがあります。しかし、今年はいずれも新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止が決定。特に市外からも多くの方が来場される湖南市夏まつりは、花火を芝生に寝転びながら間近で見れることから、三大まつりの中でも特に人気のイベントでした。

(例年多くの出店が立ち並ぶ湖南市夏まつり。夜になると来場者は更に増え、とても賑わう一日となります。)


野洲川親水公園で開催される湖南市夏まつり。地元のお店を中心に多くの出店が立ち並び、グルメなお祭りとしても有名です。

間近で見ることができる花火。毎年数千発の花火が湖南市の夜空に打ち上げられていました…。

そんな湖南市夏まつりが中止となり、各自治会などのお祭りも軒並み中止を決定。大人も子供も生まれて初めての「夏祭りがない夏」になることが確定。

ですが、それがどうしても嫌で、同世代で以前から親交のあった市職員の藤本さんに相談しました。

藤本さんも僕も湖南市で子供を育てるファミリー世帯。やはり根幹にあるのは「子どもたちに寂しい思い出ではなく、楽しい思い出をつくってあげたい。」という想いでした。

そこで、これまでのお祭りのやり方を見直し、コロナの感染リスクとなるポイントを書き出して、お祭りの楽しさはそのままに感染リスクを取り除く方法を検討しました。

そして、生まれた解決策が①お祭り会場を細分化し、②屋台は事前予約制のテイクアウトに変え、③ステージイベントはオンライン化し、④花火は小規模で複数箇所から打ち上げることでした。

つまり、夏祭りのメイン会場を自宅とし、湖南市に関わる人みんなが「お家で夏祭りを楽しむ日」を実現することでした。それを実現するために、テイクアウトは各地域にあるまちづくりセンターで受け取ることができるなど #おうち夏祭り を実施しやすくする方法を検討し、多くの方にご協力いただきながら準備を進めています。


オンラインのみの開催ではなく、「新しい生活様式」を活かしながら地域の拠点を活かした構成を目指しています。


市内の事業者やお店が出店するモバイルオーダーで、事前に注文した当日限定メニューやお家でのお祭りグッズなどを家の近くのまちづくりセンターで受け取ることができます。


主なまちづくりセンターでの感染対策

・会場を一方通行にして密にならない仕組みを作ります。
・事前注文制及びキャッシュレス決済にすることで、待ち時間や人と人が接触する機会を減らします。
・会場入り口にて消毒・検温を実施します。
・当日会場はマスク着用とします。
・受付では滋賀県の感染拡大防止システム「もしサポ滋賀」を導入。万が一の発生に備えて利用者の把握を行います。

更に、浴衣を着てお祭り会場に行くとより楽しむことができるフォトスポットや特典などを用意。

湖南市に関わる人みんなが「お家で夏祭りを楽しむ日」になるよう、夏祭り気分を味わっていただく工夫が盛りだくさんです。

 そして、まちづくりセンターで受け取った商品やお祭りグッズなどを持ち帰って、メイン会場(自家)でBBQをしたり、お祭りを楽しみながらYoutbe LIVEなどで配信するオンラインコンテンツを楽しみます。



約3時間のYoutube LIVEでは紅白歌合戦のように、各年齢層が楽しめるコンテンツを当日のライブと事前収録型で準備。

通常行われるお祭りのステージイベントがこのYoutube LIVEに変わります。

そして最後が、花火。この花火を開催するために今回クラウドファンディングを行うことにしました。


湖南市内に住む人が自分の家から花火を見ることができるようにするため「同時」に「複数拠点」で打ち上げをしたい・・・!

色々と検討しているこのお祭りですが、子供たちへの想いだけでスタートした新たな企画のため、予算は一切ありません。

お祭りに必要な資金は自分たちで捻出する必要があり、特に花火に関しては高額になるため、クラウドファンディングで集めることになりました。

また、一つの場所で花火を開催してしまうと、その場所に人が集まり“密”が生まれます。

そこで今回は花火を市内複数拠点で実施します。


多くの方に見ていただけるよう、できれば3箇所以上から花火を打ち上げ、おおよそどこからでも花火が見られるようにします。

打ち上げる花火については、甲賀市の有限会社池本煙火店の池本さんご指導のもと、1箇所あたり75発を上限に実施。

予算としては最低でも50万円以上が必要となります。

その費用を、今回クラウドファンディングで集めて花火の打ち上げを目指します。


最後に。このお祭りのカタチが「各地域に広がる」ことを目指します。

今回のお祭りでは、名前についているように「みんな」が関われるカタチを目指しています。

具体的にはロゴを手書きにして、それを印刷物やウェブサイトで使ったり、オンライン企画に参加できたり。

広報に関しても市内のデザイナーや、大学生の方々に手伝ってもらったりと、多くの方と関わりを持つことにチャレンジしています。

更にこのお祭りの方法は、各地域で応用する事ができ、オンラインにあまり馴染みのない方にもお祭りや花火を楽しんで頂くことが出来ます。

このお祭りをきっかけに、withコロナ時代でも工夫ひとつで何でもできるという前向きな雰囲気が拡がりますように。

最終的には大人も子供も「今年もお祭り楽しかったな!」と思ってもらえるように、チャレンジしていきます。

ご支援のほど、よろしくお願いいたします。


湖南市みんなの夏祭り実行員会メンバー(表示は参加順)

本部メンバー 中野龍馬(今プラス)

本部メンバー 藤本駿平(湖南市役所)

本部メンバー 木田友也(CICERO)

本部メンバー 澤永遼(NCL湖南)

本部メンバー 川本直樹(動画クリエイター)

本部メンバー 釘宮響(市内大学生)

本部メンバー 長砂伸也(NCL湖南)

本部メンバー 吉田健太郎(あきやナクス)

本部メンバー 朝子唯(石部南まちづくり協議会)

本部メンバー 中土真奈(デザイナー)

本部メンバー 谷口慎太郎(市内大学生)

本部メンバー 谷 侑(湖南市観光協会)

本部メンバー 下原涼介(ジャパニーズ株式会社)

本部メンバー 山元達俊(湖南市)


リターン内容

3000円

・実行委員会からのサンクスメール


5000円

・実行委員会からのサンクスメール

・公式サイトにお名前の記載


10000円

・実行委員会からのサンクスメール

・公式サイトにお名前の記載

・大会終了後の完成動画スタッフクレジット


100000円

・実行委員会からのサンクスメール

・公式サイトにお名前の記載

・大会終了後の完成動画スタッフクレジット

・打ち上げ場所招待券

(当日は車一台、最大4名までをご招待します。当日打ち上げ場所まではお車・徒歩でお越しください。)



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください