神社でフェス⁈ 毎年4日間で3万人が来場
型破りの秋まつりを今年も神社で開催したい。


1700年続く縁むすびの神社・鳥飼八幡宮では、いのちの恵みに感謝と祈りを捧げるために、食と音楽、アートを融合した「鳥飼八幡宮秋季大祭」を毎年10月に開催しています。

福岡の人気飲食店やアーティスト、県外の有名ミュージシャンなど約30組以上が参加。毎年延べ3万人が来場するイベントです。 


しかし、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、開催か中止か判断が難しい状況が続いています。だからといって、とどまってばかりはいられません。こんなときだからこそ、本来の神社の役割である「ひと・こと・ものが集まる場」をつくることの大切さとその方法をもう一度考えました。

創建は1700年前

『日本書紀』に登場する神功(じんぐう)皇后ゆかりの地に社殿を建てたのがはじまりだと伝えられる由緒ある神社です。参拝客数は通年、正月三が日で約10万人、合計50万人にものぼります。 


境内には保育園や写真スタジオがあり、大相撲九州場所の期間中は九重部屋の宿舎としても使われています。

地元アーティストによるライブペインティング
(2019年秋季大祭)
地元・草ヶ江太鼓によるステージLIVE
(2019年秋季大祭)

地域の人々や飲食店、ミュージシャン、アーティストたちの活動の場のひとつであるこのお祭りを今年も開催し、また来年以降も絶やすことなく継続していくためにはどうしたら良いのか。

考えた結果、今年年は特別に【食(ウォークスルー)】×【音楽(LIVE配信)】というリモート形式で、10月10日(土)・11日(日)に開催することにしました。これまでにない初の試みへのチャレンジとして、皆様にこの活動を応援していただきたく思っています。


◎資金の使い道

・秋季大祭の運営資金(準備・運営費、アーティスト出演料、オリジナルグッズ制作費など)

・次回開催のための運営維持費

・クラウドファンディングの経費(送料、リターン制作費用など)

 

◎リターンについて

鳥飼八幡宮のオリジナルグッズのほか、このプロジェクトに賛同してくださったアーティストとコラボした限定グッズを企画しました。

■縁むすびお守り(1200円)

名物、縁むすびお守りに、鳥飼八幡宮遷宮事業にて解体し建て替えられる境内末社 黒殿神社の社殿柱に使用されていた木材を御封入させていただきました。このプロジェクトのための特別版。

■丸焼きTシャツ(2000円)

秋まつりの限定Tシャツを数量限定でご準備しました。「MARUYAKI」ロゴ入り。


■オリジナル御朱印帳(3500円) 

地元福岡で活躍するアーティストの皆様にご協力いただき、オリジナルの御朱印帳を制作します。

江副祐介/太田宏介/KOGAKEN/谷口崇/描生/ますだみく/山田全自動/モンドくん/YUUM

(五十音順)


【秋まつりオンラインLIVE 開催日程】

2020年 10月10日(土)・11日(日)

各日11:00~13:00、16:00~18:00(予定)

視聴方法などの詳細は追ってお知らせいたします!

■今年の神楽殿ステージLIVE参加アーティスト

奇妙礼太郎

Predawn



中山うり

ケイタク/木下弦二/swing organ duo/ちんどん鈴乃家/

...more info coming soon!


◎プロジェクトの実施スケジュール

9月~10月初旬 LIVEステージ参加ミュージシャン発表/オリジナル御朱印帳デザイン順次発表

10月10日(土)、11日(日) 秋まつり開催

10月末 クラウドファウンディング終了

12月末 リターン送付完了(予定)


秋まつり=フェス!
独自に進化してきた地元のお祭り

皆さんはご存知ですか?  全国では毎年1000社もの神社が消滅しています。神社はもともと地域のハブ(HUB)的な存在で、たくさんの人々が願い、憩い、集う場所であり、流行の発信源でもありました。しかし、時代が移り変わるにつれ、その機能が失われつつあります。

そんな状況をなんとか打ち破ろうと、鳥飼八幡宮では2010年から他の神社にはないエッジの効いたDJイベント(秋フェス)を皮切りに、子どもから大人まで楽しめるイベントのかたちを毎年模索してきました。

境内は地元の人気飲食店によるグルメ屋台に!

アジアで最も有名な縁むすびの神様「月下老人(ユエシャーラオレン)」が
台湾からやってきました(2018・19年秋季大祭)

最初に「秋フェス」企画を立ち上げたのは2010年。食物やいのちに感謝と祈りを捧げる従来の神社の儀式が「肉フェス」そして「丸焼きまつり」へと進化してきました。おかげさまで、今では4日間で約3万人(2019年実績)を集客するイベントにまで成長しました。

「丸焼きまつり」の前には本殿で供養祭を行いました。

LIVEステージとなる屋外の神楽殿は、遷宮のため解体予定。
ステージとして使えるのは今年で最後です。
たくさんの人が集まったチャラン・ポ・ランタンのステージLIVE(2019年)

秋まつり、そして神社の歴史をつなぐには

この流れを絶やすことなく、来年以降も秋季大祭の歴史をつなぐために――。今回のプロジェクトを通して、福岡だけでなく全国の皆様へ楽しい時間を届けられたらと考えています。また、私たちの取り組みを通して、全国の神社を少しでも身近に感じていただき、近くの神社に足を運んでもらえるきっかけになればと思っています。

最後に

新型コロナウィルスで神社も大打撃を受けましたが、神様はたくさんのことを気づかせてくれました。伝統的な神社の在り方を受け継ぎながら、時代と社会の変化に感度を研ぎ澄ませ、新しい打ち手を講じて「令和」という新しい道を切り拓いていくために、皆様のお力をお借りしたく思います。

こうしたスタイルでのお祭りの開催は今までにない挑戦ですが、同時に大きな可能性も感じています。この場所がいつまでもなおかつ清浄な信仰の場として、地域の「祈り・集い・活動ができる場」であること。そして、地域のハブとしてあり続けることができるよう努めてまいります。鳥飼八幡宮が描く新しい未来を、どうか楽しみに見守っていてください。

鳥飼八幡宮 宮司 山内圭司

鳥飼八幡宮秋まつり実行委員会


【秋季大祭のこれまでのステージ出演アーティスト】

■iima ■石原顕三郎 ■イノトモ ■青谷明日香 ■ケイタク ■椎名純平 ■チャラン・ポ・ランタン ■バンバンバザール ■武藤昭平 with ウエノコウジ ■Lin-Q ■六角精児バンド etc.  

(五十音順)

■鳥飼八幡宮のこれまでの活動

・秋季大祭(2010年~)・福マルシェ(2018年~)・縁むすびの宴(2009年~)・大相撲九州場所・九重部屋宿舎(1975年~)・赤ちゃん土俵入り・子ども相撲・テレビ東京「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く」(2017年)・アート書き染め・境内に「ゆかり保育園」開設(2017年)・「ドライブスルーふくおか」(2020年)/地元の飲食店とコラボしたウォークスルー&チャリスルーグルメ企画

その他、イベント、貸会場、神社婚活、神前結婚式、フォトスタジオなど多数


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/09/23 18:44

    ついに!山田全自動さんから御朱印帳のデザインが届きました。御朱印帳あるある!じっくり読んじゃいます。山田全自動さん、HPやSNS情報は過去の「活動報告」からどうぞ!

  • 2020/09/22 18:47

    オリジナル御朱印帳のアーティスト。まだまだ紹介は続きます。江副祐介■プロフィールこれまでの様々な経験の中から感性と感覚を研ぎ澄まし、何かに当てはめて捉われて描くのではなく、内面にあるものを表現し続け、彼にしか生み出すことのできない世界観を感じてもらいたいです。『僕が絵を描くことが       ...

  • 2020/09/21 18:24

    「山田さん、御朱印帳のイラスト制作って ご興味ありますか……?」「御朱印帳!めちゃくちゃ興味あります!」ってことで制作オファーを即快諾いただいた山田全自動さん。どんなイラストになるのかおたのしみに!■プロフィール山田全自動(やまだぜんじどう)イラストレーター、WEBデザイナー。福岡在住。日常で...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください