はじめに・ご挨拶

はじめまして、株式会社女子マネの中里桃子です。
オンラインサロンの立上げ支援とコミュニティ運営サポートで起業をして5年目です。

これまで、2000名以上の方に講座に参加していただきました。
コミュニティ運営は、誰かが答えを出してその通りにやればいい、というものではありません。
一番大事なことは「自分はお客さんとどんな関係性を望んでいるのか?」ということです。

2000人の方に教えることを通して、 コミュニティは”人と人との関係性”なので、主催する人の数だけ正解があるということを実感しています。
そこで、コンサルや先生に頼らない、”自分だけのコミュニティの正解”を見つけられるようなワークブックをつくりたいと考えるようになりました。
このワークブックを完成させることて「あなただけのコミュニティ運営の教科書」となるような1冊を作りたいと思っています。

人生100年時代、会社以外の居場所の必要性を感じる人が増えています。
社会で生きていくかぎり、コミュニティが無関係な人はいません。

ぜひ、自分にとっての心地よい関係性を見つけるためのワークブックに、一緒に取り組んでみませんか?

本プロジェクトで実現したいのは、
コミュニティをもっと身近なものにしたい!という思いです。

コミュニティ運営は、誰かが答えを出してその通りにやればいい、というものではありません。
一番大事なことは「自分はお客さんとどんな関係性を望んでいるのか?」ということです。

コミュニティ運営をする人がスタートする前に
関係性のことや、コミュニティに期待することや
目指していることを明確にすることで、コミュニティ運営はスムーズになります。

起業して丸4年、2000人の方のコミュニティの話を聞いてきて見つけた
スタートする前に考えておくべきことを網羅したワークブックを作成したいと思います。

2019年の合宿風景ですこの書き込み式のワークブックを完成させることで
立上げがスムーズになるのはもちろん

運営している時に迷ったときも、
トラブルがあって判断に困ったときにも
自分の原点に立ち返ることのできる
「自分だけの運営マニュアル」が完成する1冊を作りたいと思っています!

いうなれば、あなた専用にカスタマイズされたオンラインサロン運営の教科書になります(^^)


2016年にこの仕事をスタートしてから、たくさんのコミュニティオーナーさんをサポートしてきました。

しかし、立上げをサポートしても、その後、半年や1年でコミュニティを辞めてしまうかたも多かったのです。

なぜなら、オーナーさん自身もコミュニティを通して
参加者さんとどのような関係性を結びたいのか、
コミュニティの目的はなんなのか、というところが明確でなかったためです。

そして、長く続くコミュニティのために
忘れてならないのが【コミュニティサポーター】という、コミュニティを支える人の存在です。

私自身もコミュニティをいくつも立上げてきましたが
1人で運営してきたわけではなく、一緒に寄り添ってくれるサポーターさんがいました。

コミュニティを1人で続けることが難しいオーナーさんの為に
オーナーを支えるサポーターさんを沢山つくりたいと思い
コミュニティサポーターという職業をつくり、養成講座を行っています。

今回のクラウドファンディングでは、
新米サポーターさんもこの冊子を手にすることで
私が4年かけて培ってきた質問を1冊にまとめることで
継続するコミュニティと、それを支える人を
もっともっと増やしてゆきたいと思っています。


これまで、起業しよう!というと発信したり
目立たなくてはいけないという印象を持たれるかたも多かったと思います。(私はそうでした)

でも、前に出なくてもひっそりと
後ろから支えてくれる仕事はいまとても求められています。

このワークブックは、
もちろんコミュニティをつくりたいオーナーさんにも役立つものですが

コミュニティのサポートをする人がオーナー(コミュニティを立ち上げたい人)を
サポートする時にも活用できるように作ります。

このワークブックを片手に「あなたはどうしたいですか?」と質問して、
寄り添ってあげるために使って欲しいと思っています。

ワークブックには、これまで私が
コミュサポさんに言われて嬉しかったことや
八方ふさがりになってしまったときに、思わぬ角度から
質問してもらって視界が開けた言葉など


私がコミュサポさんと会話をするなかで、
助けられた大事な質問をふんだんに盛り込む予定です。

彼女たちがいなければ、私はいままで独立を続けられていませんし
今も、出産して育児をしながら仕事をして来れなかったと思います。

この素晴らしい「コミュニティサポーター」という仕事を、
世の中に広めてゆきたいと思っています。

完成後は、このワークブックを一緒に実践する
コミュニティの立ち上げや、ワークブックのファシリテーター養成も視野に入れています。


質問ページのイメージをご覧ください♪

デザイナーの未来さんが作ってくださった、サンプルです^^

このワークブックで目指しているのは

【自分にあうコミュニティのイメージが固まる】
【仲間のつくりかたがイメージできる】

というものです。

4年間、コミュニティづくりの講座をやってきて、自信はあったものの、
今年に入ってから、「教える」ということの限界を感じていました。

「教えて」答えをもらってうまくいくと依存が生まれて
答えを教えてくれる人から離れられなくなり、
上手くいかないと被害者になる、
そういった依存と被害者を産むような講座ビジネスは辛いなぁと思いはじめていました。

そんな悶々とした思いを解決してくれたのが、たった8つの質問でした。
起業してから長年感じてきた悩みに、たった1時間で答えが出たんです。

2020年秋、教えることの限界を感じて
ちょっと自信を無くしていた私は、
自分で答えが出せたことで自信を取り戻すことができました。
そして、そこで質問のチカラに感動したのです。

ひとは、自分で答えを出すチカラがある。

たくさんの人に相談をして、コンサルティングにお金をたくさん払ってきましたが
自分で答えを出した答えが一番しっくりきて、すぐにでも動き出したくなりました。

もう、どれくらいすぐに動きたくなったかというと、このプロジェクトを
2週間で立ち上げてしまうくらい動きたくてワクワクしました。

「自分の大切なことに関しては、自分で答えを出せるのだ」

という喜びを、もっと沢山の人に手にして欲しいと思っています。
こんな感覚を、もっと他の人たちにも、私の受講生さんたちにも持ってもらいたいと思っています。

「ひとは、自分で答えを出すチカラがある。」

ぜひ、一緒に自分で答えを出せる人をつくってゆく活動をしていきませんか?

これまでの活動/プロジェクトオーナー中里桃子の自己紹介

佐賀県唐津市という田舎で生まれて
30歳頃になるまで友達作りや仲間づくりは苦手でした。
でも、2013年に関わった読書会コミュニティの主催をキッカケに人生が変わりました。
そのままコミュニティにはまってしまい、2017年に独立。

「すべての人が居場所を感じられる社会を」という理念をもとに、
コミュニティをつくりたい方々をサポートする仕事をしています。

仕事が大好きでずっと働いていたいくらいでしたが
2020年の出産を機に、
コミュニティの仲間に仕事を依頼してチームで働くことで、子育てと両立をしています。

著書は『オンラインサロンのつくりかた』等5冊。
現在はフリーランスの仲間づくり本を執筆中。(2021年春に出版予定で奮闘中)


2013年 
会社員をしながら読書会「六本木ビブリオバトル」の立ち上げに携わり、広報や営業活動を担当し、毎月100名が集まる人気イベントになる。


2014年 
恵比寿に会員制のイベントスペース・コミュニティをオープン

2016年 
日本橋に移転して会員制のイベントスペース・コミュニティをオープンする

2017年 
会社員を辞めて独立。株式会社女子マネの代表取締役に就任。

2018年 
『オンラインサロン超活用術』を出版。
コミュニティやオンラインサロンに参加する人向けの書籍です。

2019年 
『オンラインサロンのつくりかた』を出版
オンラインサロンをつくりたいオーナーさんに向けた本です。

2020年 
『自分の居場所をつくる働き方』を出版
会社員のかたが、会社に居ながらコミュニティを活用して
自分の居場所をつくり、人の居場所をつくるよう働き方の本です。


こうした本を出版しながら、講座や講演では2000名以上
個別のサポートでは、法人・個人の方約70名以上の方を支援してきました。

これまでのノウハウの集大成になるようなワークブックを作成したいと思っています。


クラウドファンディングのリターン

ぜひ、③のリターンの企画チームで一緒に作ってくれるひとを募集しています!
これまで行ってきたコミュニティの作り方講座のスライドやヒアリング項目などを共有し、
ステージ別×タイプ別(メンタルモデルという理論をつかいます)に
どのような質問があれば無理なく進められるかを一緒に研究してくれる人を募集します☆

資金の使い道

いただいた資金は、ワークブックのデザイン費用と印刷代、発送費用に充当させて頂きます。

・ワークブックデザイン費用 
・印刷(A4変形サイズフルカラー100ページを予定)初版300冊を予定
・発送費用5万円


実施スケジュール

クラウドファンディングは、2020年11月末まで募集します。

〆切後、1~3月でデザインや制作に着手して、2021年4月のお届けを予定しています。

ちなみに、10月末日時点でゆるやかにFaceookグループで準備を進めておりまして、
プロトタイプの表紙なども出来上がっております。

じゃじゃーん!可愛いですよね。
手に取るだけで、楽しくなるデザインを考えています。


リアルタイムで想いなどを、10月中旬からライブ配信で発信しています。
こちらのグループです。良かったら参加してください^^
(Faceookアカウントが必要です)

どんな雰囲気なんだろう?という方はこちらのFaceookグループに参加申請してください。
(支援していなくても参加できます)
https://www.facebook.com/groups/2745007692401116


具体的なスケジュール
10月から既にゆっくり準備を進めておりますが、

ワークブックの企画チームのリターンのメンバーとは
12月から

・キックオフ
・全体の大まかな質問の構成づくり
・自分たちでワークをしてみる
・メンタルモデルからの意見交換やフィードバックをして、ワークの質問を強化する
・無料モニターグループでプチワークショップを開催して利用してもらう
・質問の修正やブラッシュアップ
・デザイン
・プロトタイプ作成
・プロトタイプでワーク会を③の企画チームのリターンを選んでくださったメンバーで実施
・細かい修正を行い、製本

というスケジュールで考えております!
めちゃくちゃタスクありますね(;^ω^)
ぜひ、ご興味のあるかたは制作チームに参加していただき、助けてください(笑)

プロジェクトメンバー専用のFaceookグループに招待して一緒に活動できたらと思います。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください