■ご挨拶

はじめまして。広島で画家として活動しています、「塔岡 大周」(とうおか たいしゅう)と申します。

まず始めに、数あるプロジェクトの中からご興味を持っていただき誠にありがとうございます。

どうか最後まで目を通していただけると幸いです。


■プロジェクトの目的

画家 塔岡大周の作品価値を高める


■プロジェクトの目標

・パリ、ルーヴル美術館直結地下サロンで開催される『Salon Art Shoping Paris 2021』に作品出展。

・広島原爆からインスパイアされた自身の作品、『きのこ雲』を通じ今一度、争いと平和について考えるキッカケを世界へ投じる。

・海外ギャラリーとの契約。


■画家  塔岡 大周(とうおか たいしゅう)

1992年12月20日、広島に生まれる。

幼い頃から絵を描くことが好きで、2011年には故郷を離れ芸術大学に進学を試みましたが、アカデミズムが体質に合わず中退。

その後広島へ帰郷し、2年間デザイン職に就いてみたが、ルールに縛られ人に合わせてデザインを考えたり、人とコミュニケーションを取ることが難しく退職。

それから今一度自分を見つめ直し、自分らしい生き方を考えた末、辿り着いた答えは"画家"でした。

自分には絵を描く事しか出来ないと確信し、それからは本能に身を委ねて描き続け、塔岡大周という人間を絵で体現してきました。


■代表作品紹介

【きのこ雲】

ー作品説明ー
広島の負の歴史"原爆投下"に関して僕の出来ることは、追悼の意を込めて絵という形で花を捧げる事なのだと思い描き上げました。


後にこの「きのこ雲」が2019年東京のアートコンペティションで佳作に入賞。
さらにこの絵をきっかけに、この度2021年10月にパリ・ルーブル美術館地下で開催されるアートフェア「Salon Art Shopping 2021」に出展させて頂くこととなりました。
しかし今回のアートフェアには出展費・渡航費等の資金が必要です。
現在は西日本を中心にイベントでのライブペイントや展示会の出展、作品の販売、壁画制作等で活動をしておりますが、まだまだ画家として十分に生計を立てれておりません。
今回のアートフェアを世界進出第一戦目として、僕の芸術で人を幸せにする為に世界で戦いたいのです。こんな僕ですが、皆様からのお力添えをどうかよろしくお願いいたします。


■国際アートフェア「Salon Art Shopping Paris 2021」

フランスを代表するアートフェア「サロン・アート・ショッピング・パリ(Salon Art Shopping Paris)」は、春(5月)と秋(10月)の年2回開催。会場の「カルーゼル・ドゥ・ルーヴル」は、ルーヴル美術館から地下通路で直結する大型商業施設で、美術関係者やアートファンが世界各国から来場します。

ファッション業界におけるその年の最先端が集結する「パリ・コレ」が開催されているのも、ここカルーゼル・ドゥ・ルーヴルのサロンスペースです。映画『ダ・ヴィンチ・コード』で一躍有名になった、あのガラス製の逆ピラミッドがシンボル。つねに買い物や記念撮影を楽しむ大勢の姿であふれています。

一般来場者やビジネス目的に広く開かれていることはもちろん、ルーヴル美術館の学芸員、学術機関教授、ギャラリスト、マスコミ・出版社などのVIPも続々と来場します。

世界中のギャラリーやアーティストが出展する国際色豊かな雰囲気のなか、日本の独自性の高い作風のアーティストが注目を集めています。日本の美意識が色濃く反映された絵画・書、伝統工芸技術を用いた実用品やインテリア、また和紙などの特殊プリント技法や日本ならではの視点による写真作品の評価が、近年非常に高まっています。


■その他の代表作品

【夕陽】S30(91cm×91cm)

ー作品説明ー

広島の西日本豪雨の時に描いた作品。氾濫する川、水没して変わり果てた日常の景色、豪雨後の美しい夕陽、自然の狂気と美しさを潜在的に表現した人生最初のキャンバス作品になります。
2019年大阪のアートコンペティション入選。



【Mountain】F50(137cm×91cm)

ー作品説明ー

険しくも美しい人生の山と、山を越えた先のまだ見えぬ未来への不安と恐怖、その中に輝く希望の月。
ポジティブとネガティブ、二極の感情を表現しました。

2019年大阪のアートコンペティションで入選


【Life is game】S30(91cm×91cm)

ー作品説明ー

人生はまるでゲームやおもちゃの様に進んでいく。全てが面白いほどに不自然で、すべてが自然に数字と共に繋がる。そんな不規則で規則的な世界を、積み木やLEGOやゲーム、おもちゃで遊ぶように、全て本能と直感で描いた作品です。


【花を咥えた愛犬のクーと夕陽に染まる赤富士】壁画 縦3m × 横5m

ー作品説明ー

下描きも構成も一切無しに描き始め、全てを直感と本能で描いた結果様々なモチーフが生まれる。
右側に赤富士、そして全体的に見てみると依頼主の愛犬ミニチュアダックスフンドの横顔がいつの間にか描かれていた。


【餃子の花が咲き乱れる餃子の木】壁画 縦2m × 横5m

ー作品説明ー

今作品は、餃子専門店ということで、「餃子の花が咲き乱れる餃子の木」をテーマに制作を始めました。

また、日本の盆栽から得たインスピレーションが大きく作品に現れています。

盆栽は、一本の木の中に自然と人工、生と死が共存し、隣り合わせでうねり混ざり合いながらも支え合い、何百年もの時を経て一つの作品となっています。

死して白骨化した白い幹と、今を生きる茶色の幹が共存し、一つの生命体である盆栽。

本作品では描き初めに死の白、生の赤でそれを表現しました。

さらにその上に塗り重なる色彩豊かな幾何学的であり有機的な葉や花やビル群。

死を生で塗り重ね、彩り咲き誇る花。

そんな多種多様で色彩豊かな生命の集合体は、

一本の大木となり、引きで見れば龍の横顔の様にも見えます。

■資金の使い道

出展費 88万円

渡航、宿泊費 20万円

リターン準備費 26万円

キャンプファイヤー手数料 30万円

目標金額以上達成した場合の金額は帰国後の活動資金として大切に活用させていただきます。


■リターン

・お礼のメール

・オリジナルステッカー

・オリジナルクリアファイル

・オリジナル手ぬぐい

・オリジナルTシャツ

・イラスト作成

・原画

・原画の二次利用の権利


■実施スケジュール

2021年10月 「Salon Art Shopping Paris 2021」出展
2021年11月〜 随時リターンのお届け


■新型コロナウイルスの影響について

「Salon Art Shopping Paris 2021」の延期や、やむを得ず渡航が困難になり出展が出来ない状況が生じた場合でもリターンはお届けさせて頂きます。
 しかし、頂いた資金の用途が変更になる場合がございます。その場合、ご支援頂いた皆様には随時ご報告させて頂きます。


■最後に

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

画家「塔岡 大周」の海外進出第一戦。

必ず幸運を引き寄せ、掴み取り帰国します。

是非、ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。


■特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名: 塔岡大周
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください