はじめに

はじめまして、あやにーこと
加藤 あやかと申します。

私はマーケティングを柱とした
株式会社Queendomを経営している起業家です。

Twitterや音声アプリ「Voicy」などで
自分らしく生きるための情報を発信する
インフルエンサーとしての活動も行っています。

今回、ずっと自分の中にあった
新たなプロジェクトを立ち上げたい!という思いから
人生初のクラウドファンディングに
挑戦することとなりました。


このプロジェクトで実現したい3つのこと


あなたの第二の実家のような
「孤独」「孤食」をなくす、コミュニティスペースに。

「ただいま!」と帰ってきたり
時には「遊ぼうー!」と集まったり
辛いときは頼れたり...

そんな"実家"のような新しい形の
コミュニティースペースを作り
みんながどんな時にも安心して集まれる
そんな場所を浅草で
スタートしたいと考えています。

今回実現したいことは3つです。

①朝はおにぎりやお味噌汁を出す、朝ごはん専門店に。

日本の四季が楽しめる
野菜たっぷりのお味噌汁やおにぎりを提供。

孤食を減らし、誰かと会話を楽しみながら
朝ごはんを楽しめる
「朝ごはんスタンド」としてご利用ください。

店内だけでなくテイクアウトも可能に。
気持ちのいい隅田川沿いでの朝ごはんも
オススメです。

②夜は楽しいことが大好きな大人のため
第二の実家のようなバーに。

夜は楽しいことが大好きな大人達のためのバーに。
楽しいことも悩み事もみんなでワイワイ話せる
友達以上家族未満なコミュニティーバーをオープンします。

スタッフには、話をとにかく聞くのが
上手な謎のメンバーを集めています。
(私の大好きなメンバーばかりなので
ぜひ会ってほしい!)

お酒を飲みながら、ゆったり楽しんでください。


③ペイフォワードを取り入れた居場所作り
「ペイフォワード」(恩送り)の仕組みを取り入れ
経済的な理由で食事が取れなかったり

心の落ち着ける居場所がないという方への
食事支援を行います。

今回のリターンに含まれているおにぎり引き換え券やドリンク引換券も
ペイフォワードとして大事な方へプレゼントしたり
お店に預け食事支援が必要な方へ送ることも可能です。

朝の時間も、夜の時間も
「いってきます!」「ただいま!」が溢れる
心も身体も健康になる
そんな心の居場所として集まれる場所として
利用いただければ幸いです。


プロジェクトを立ち上げた背景


私は起業や家族とのこと
自分自身がLGBTQ+の当事者であることなど
立場上、いろんな人の相談や悩みを聞くことも
少しだけ多い、そんな人生を送ってきました。

そうした中で、私の周りには
「人の気持ちに寄り添うのが得意な人」
「悩みを抱えている人」が集まるように。

特に東京は地方から上京してきた人も多く
「ただいま!」と言える場所
「おかえり!」と迎えてくれる場所は
とても少ないように思います。

「頼りたいけど......
どこに頼るべきなのか
誰に頼るべきなのかわからない」

実際に私も名古屋から上京してきた時の
心細さをよく覚えています。
一人でご飯を食べる「孤食」にも
辛さを感じていました。

もっと近くで話を聞きたい。
もっと近くで寄り添いたい。
一緒に考えたり、悩んだり

頑張る人がもっと甘えられる場所が
あってもいいんじゃないか
(そもそも私も欲しい)

そんな思いで心も体も健康になるお店を作りたい!と
物件を半年ほど探して、ようやく辿り着いた物件です。

まったりお酒を楽しむもよし。
とことんスタッフと話すもよし。
朝ごはんでエネルギーチャージするもよし。



いろんな出会いが溢れるお店を作ります。

また、いろいろなゲストをお呼びした
スペシャルなスナックイベントも検討中です。

今回はバーだけでなく
「ほっと落ち着ける」「元気になる」
そんなお野菜たっぷりの味噌汁とおにぎりも提供。
孤食ではなく、お店で誰かと食べる朝ごはんも
楽しんでもらえたら嬉しいです。


資金の使い道・実施スケジュール

▼概要

■場所
・東京メトロ銀座線 浅草駅徒歩1分
※店舗住所はCAMPFIREのメッセージにて
支援者様にお伝えいたします。


■オープン日
2020年12月中旬


■営業時間(仮)
モーニング:朝6時〜10時
バータイム:17時〜23時
※営業時間は変更となる可能性もございます。


■収容人数
最大8名程度

■資金の使い道
・物件初期費用:80万円
・内装費:70万円
(できるかぎり自分たちで行う予定です)
・設備費:50万円(家具・備品等の購入費)
(プラットフォーム手数料(17%):28万9000円)


最後に

私自身は起業家ではありますが
ベンチャー起業ではなく
目の前の困った企業や人を助けること
寄り添うことを大切に考えてきました。

起業当時より持っていた
「年齢や性別、国籍に関係なく
自分らしく、自分の選んだ人生を歩める
社会を作りたい」
という思いを
今回のプロジェクトでも大切にしています。

孤独を作らないこと、孤食を減らすこと。
辛いことや悲しいことばかりに目を向けず
甘えたり頼る場所、背中を押してもらえる場所
受け入れてもらえる場所。
そういう場所はあるようでなかなか見つかりません。

私は両親となかなか折り合いが悪く
孤独感や問題を一人抱えることも
とても多い環境で育ちました。

そして今、頼れる場所や人との繋がりを持つ
その大切さをコロナ禍でより一層強く感じています。

ぜひこの場所をあなたの第二の実家にしてください。
いつでもお母さんのように、親戚のおばさんのように
お姉さんのように
みなさんをお迎えします!


最後まで読んでくださってありがとうございました。


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください