【11/24第一目標70万円達成感謝!ネクストゴールは共に夢をつくる仲間(支援者)100人!】

募集期限の5日前に目標達成できたのは応援してくださったみなさまのおかげです!本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

期間内に第一目標達成した場合、通常はネクストゴールとして新たな目標金額を設定するようですが、私たちChalChalはあえて金額は設定せずに、一緒にプロジェクトを作ってくれる仲間を募集します!

レコーディング、CD制作、リターン、ライブ、そしてMV制作をはじめその後の活動をより豊かで実りあるものにしたい。そのために資金はもちろん必要ですけど、この度はじめてクラファンにチャレンジしてみて、一番大切なのは一緒に夢をつくっていく仲間たち、そしてそれを応援してくれる仲間たちなんだと改めて気がつきました。

おかげさまでこれまで70人を超える方々が仲間(支援者)になってくださいました。苦しい時、仲間たちからの励ましにどれだけ支えられてきたことでしょう。本当に感謝しています。

そういうわけで募集期限の11月29日まで、さらなる仲間を募集します!

「ネクストゴール目標=共に夢をつくる仲間(支援者)100人 」

支援するつもりだったけど、またはなんとなく気にはなっていたけど、もう目標達成したからいいのかな?と思っている皆様も、どうか遠慮なく仲間になってほしいです。

すでに支援いただき仲間になってくれたみなさまも、シェアなどで新たな仲間を紹介してくれたら嬉しいです。

中東アラブと日本をつなげてコロナを乗りこえる元気を届けるという夢を、ChalChalと一緒につくっていきましょう!

(11月25日に追記)

こんにちは!ChalChalのYATCH です。

はじめましての方のために簡単な自己紹介をさせてください。YATCHという名で音楽活動をしております相沢恭行(あいざわ やすゆき)と申します。ギター弾き語りライブを中心にしたシンガーソングライターとしての活動の他に、ギター弾き語りレッスン講師、ラジオパーソナリティー(かわさきFM 「ロック音!!Monday」) としても活動しております。*2019年12月「役に立てなくてもいい」シングルリリース

2018年には、中東の伝統楽器ウード奏者の荻野仁子と南アジアや中東の打楽器奏者である船原徹矢と共に中東アラブ音楽を日本語でも歌う音楽ユニットChalChalを結成し、精力的にライブ活動をしてきました。イラク民謡を歌った動画がSNSで数10万回再生されてアラブ諸国で話題になり、2020年3月にはイラク民謡日本語版シングル「ナツメヤシの樹の上で」をリリースいたしました。


ChalChalのレパートリーは主に、イラクはじめ中東アラブ地域で時代を超えて人々に愛されてきた古い歌です。

いつも争いの種になってきた今の国境線がひかれる以前に生まれ、作者が誰かもわからないまま歌い継がれてきた歌もたくさんあります。歌いだしは同じでも歌い手によって歌詞は好きに変えられていったり、途中で別の古典曲のフレーズが混ざってきたりと、その表情は自由自在に変化しながらも、歌の魂は変わらずに人々の心をとらえて離さずに、現代でも国境を超えて広い地域で老若男女問わず愛されています。

日本の私たちが普段身近に接している外国の文化は欧米のものが中心です。私たちは中東アラブの文化と出会ってから、世界の見え方がずいぶんと変わっていきました。現地で歌に恋に落ちて、まずはアラビア語など原詞で歌いはじめましたが、やがて日本語の歌詞が生まれ育ちました。母語で歌うことで、歌が親しみやすくなり一層愛着が増し、現地で自由に歌い継がれてきた流れにのって歌に生命が通い出しました。

新しい文化とは、異なる文化との出会いから生まれるもの。

シルクロードを渡り日本にきた琵琶の起源でもある中東アラブの伝統楽器ウードの深く温かい響きと、アコースティックギターの明るく乾いた響きの交歓を、世界の各種打楽器のリズムで受けとめながら、ChalChalは演奏面でも独自のアンサンブルを探求しています。また、日本の歌をアラビア語でも歌ってみたり、オリジナル曲に中東アラブ音楽のリズムを取り入れたり、地方のアーティストとのコラボ曲に取り組んでみたりと、常に新しい歌を届けていきたいとチャレンジを続けています。
ChalChal公式ホームページ


1.ChalChal初のフルアルバムCDつくる!
日本の私たちも中東アラブの人々も、どちらも楽しんでもらいたい。国境を越えて伝わる素晴らしい音楽、歌を通して、コロナの時代を乗り越える元気を届けたい。そんな思いから、いつもChalChalで演奏している曲をレコーディングして、フルアルバムを作ります。

【予定収録曲】*曲順未定
・チャルチャル(ザクロの歌)/Chal Chal Alayea El Rumman (イラク)
・太陽が昇る(ベコの歌)/Talaat Ya Mahla Nourha (エジプト)
・ナツメヤシの樹の上で/Foug El-Nakhal (イラク)
・愛ゆれる、その刹那/Lamma Bada Yatathanna(アラブ・アンダルース伝承曲)
・手紙~エルカジエ/Elqajîye(オリジナル~クルディスタン)
・ふるさと/Ya Watani(唱歌アラビア語訳)
・武器を花束に(宮城の詩人とのコラボ)
・Everybody Sunshine(オリジナル)
・役に立てなくてもいい(オリジナル)*CDのみボーナストラック

★新たにアラブ・アンダルース伝承曲であるLamma Bada Yatathanna(ランマー・バダ―・ヤタサンナー)ChalChalでのタイトルは「愛ゆれる、その刹那」も収録曲に加わりました!

★収録予定だった「コロナさんがやってきて」(オリジナル)は目標達成できた場合ボーナストラックとしてCDにも収録されます。(いずれにしてもYATCHシングルとしては後日配信予定)

2.CD発売記念ライブ配信!
CDができたら発売記念のライブを行い、同時にネットでライブ配信もして中東アラブはじめ世界に届けます。

3.ミュージックビデオ制作!
レコーディングした音源はCDにするだけでなく、動画を撮りミュージックビデオに編集しYouTubeなどで公開します。(例)MV-ナツメヤシの樹の上で ChalChal

4.YouTubeチャンネル新番組!
中東アラブとのつながりをより豊かにするために、YouTubeチャンネルで15分程度の番組を企画編集して定期的に配信します。文化や支援関係の他ビジネスなどで中東アラブとユニークな関りを続ける日本人を取材したり、日本で生活する中東アラブの人をゲストに呼んだりと、お互いに興味を刺激し合い関心をつなぎとめるような番組を目指します。

番組の中でCDを紹介していくことで、日本人には、中東アラブにはこんなすてきな歌があるんだと知ってもらえますし、中東アラブの人々には、日本には自分たちの歌を愛してくれる人たちがいるんだと知ってもらえます。

5.コロナ収束後の目標につなげる!
CDとネット配信によるアルバムの売り上げは、コロナ収束後の目標に向けての活動資金にいたします。

★目標1⇒中東アラブ地域へのChalChalライブツアー
★目標2⇒中東アラブのアーティストを日本に招いての文化交流イベント
★目標3⇒中東アラブ地域へのカルチャースタディーツアー


コロナ禍は音楽はじめ文化芸術活動にも甚大な打撃です。今春からコロナの影響でライブやイベントなど演奏発表機会も収入も激減しました。持続化給付金を受給し、イベントをオンラインで試したり、動画編集などでなんとか活動を維持してきました。

そしてこの度、文化庁の「新型コロナウイルス感染症に伴う文化芸術に関する各種支援」のひとつ、「文化芸術活動の継続支援事業」に、「コロナ後のアラブ文化交流の発展に向けての準備と技能向上」という事業名で申請したところ、補助金交付が決定されました。

こうして音楽活動を継続し新たな事業をスタートする機会はできたものの、補助金で賄えるのはレコーディング費用の一部のみですから、CDアルバム制作となるとさらなる資金が必要になります。

そこで初めてクラウドファンディングにチャレンジしようと決めました。


●1986年15歳でギター弾き語り始める
1996年までバンド「吟遊詩人」のボーカル&ギター/作詞作曲担当/関東・関西でライブ活動

●2003年イラク戦争体験
アラブとのきっかけはイラク戦争でした。争いを止めたいとイラクで「人間の盾」という平和活動に参加し戦争を直接現地で体験しました。

「米兵がいて殺された家族に近づくことができない…」 と泣く住民の訴えに応え、死臭に何度も吐きながら手足が飛び散った遺体の収容作業を手伝いました。

生まれてはじめて爆弾を落とされる側の人々と一緒に時を過ごし、死の恐怖と生の喜びを共にして、今生きている自分の命と、これまで生かしてくれた全ての命への感謝の気持ちが胸いっぱいに満ちて、これからの人生で歩む道が見えてきました。

●2004年NPO活動から2015年音楽の再開
その後イラクの友人と「PEACE ON」という小さなNPOを立ち上げ、イラクの障がい児福祉施設への支援活動や文化交流活動を行ってきました。

イラクでの活動を通して中東アラブ地域の豊かな文化に触れ、素晴らしいアート、音楽に出会いました。日本ではほとんど知られていないのはもったいないと、イラク人芸術家を日本に呼んで展覧会を開催するなどのプロジェクトを主宰してきました。

近年では残念ながらどうしても戦争などのマイナスイメージが強い中東アラブ地域ですが、長い歴史の中で育まれてきた豊かで素晴らしい文化があるということを知ってもらいたい。異文化をただ紹介するだけでなく、自分自身の身体表現を通して伝えてみたい。

そんな思いから、しばらく休止していた音楽活動を2015年に再開しました。日本における中東の伝統楽器ウード演奏の第一人者常味裕司氏に師事しアラブ音楽を学び、アラブの民謡に日本語訳詞をつけて歌うスタイルを探求してきました。

●2018年ChalChal誕生
ライブ活動を続ける中で個性豊かな素晴らしいミュージシャンたちとの新しい出会いがあり、時には共演させていただきました。

ウード奏者の荻野仁子とは中東アラブの歌を日本語でも歌うという点で意気投合し、好きな中東アラブの民謡を日本語に訳しながらウードとギターで独自のアンサンブルを追及し一緒に演奏レパートリーを増やしてきました。 かつてエジプト留学をしウードに出会い今では新宿トルコ文化センターのウード講師も務め、日本におけるウード演奏並びにアラブ音楽界をリードする稀有な存在のみならず、クルド、セファルディ、ペルシャ音楽まで演奏する彼女の音楽観は自由で幅広く枠にとらわれません。

世界60カ国以上を旅する中で多様な文化と音楽に触れ、中東から南アジアまで様々な種類のパーカッションを演奏する船原徹矢とはPEACE ON主催のイラク人画家来日個展の記念ライブで出会いました。客として会場にいた彼を共演経験のある荻野仁子がステージに誘いウードとフレームドラムでクルドの曲を演奏。そのあまりの素晴らしさに感動し、その場で自分のオリジナル曲での飛び入り演奏もお願いしたところ見事に応えてくれたのです。

その時のライブがきっかけとなり、YATCHの音楽活動再開記念CDアルバムのレコーディングに2人が参加してくれました。その後も3人でのライブ活動を重ね、2018年国際派音楽ユニットChalChalが誕生しました。

●2018年~2019年SNS動画がアラブで話題に

イラク市民への応援メッセージなどの動画がSNSで数10万回再生されアラブ諸国で話題になりました。

*以下各SNSへのリンク
☞2週間で20万回再生突破!
☞イラク市民デモ応援メッセージキャンペーン呼びかけ文
☞Facebook応援メッセージビデオ
☞Instagram(主にイラクから感謝のコメント約2000件)


【基本予算】
レコーディング*     270,000円
CDプレス&ジャケット 230,000円
リターン関連      150,000円
その他費用         50,000円
合計(第一次目標額)    700,000円
リハーサル+レコーディング+ミックスダウン+サポートミュージシャン謝礼合計-文化庁補助金

募集期間内に目標額到達した場合、終了日までの期間をみて次の目標額を設定します。超えた分の資金に関してましては、楽曲の完成度を高めるために新たに依頼するサポートミュージシャンへの謝礼や、ジャケット作成費を追加するなど、作品全体のクオリティを高めるために使わせていただきます。さらに大幅に目標額を達成した場合は、 CDプロジェクトと並行して企画するミュージックビデオ制作費用に充てさせていただきます。

リターングッズのイエメンコーヒー飴(Save Yemen Babies)とベコTシャツ(Team Beko)の仕入れ金額の一部は寄付としてそれぞれの仕入れ先団体を通してそれぞれの支援活動に使われますが、リターン関連にかかる予算の一部にすぎません。当プロジェクトにおいてご支援いただいた資金はあくまでもCD制作を実現するために使われます。


*画像はすべてイメージです


1000円【応援のお気持ちシュクラン(ありがとう)コース】
・限定公開動画お礼メッセージ


5000円【CD一般発売前お届けコース】
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット(CD収録曲解説、写真集、インタビューなど)


8000円【ライブ配信チケットコース】
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念ライブ配信チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)


10000円【生ライブチケットコース】*限定10 (完売ありがとうございます!)
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念ライブチケット(当日プレゼントもあり/2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします) 


15000円【オリジナルグッズ詰合せコース】
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)

*イエメンコーヒー飴の売り上げの一部はSave Yemen Babiesを通して日本で難民として暮らすイエメン人家族の赤ちゃんのおむつ代として使われます。


20000円【サラームTシャツコース】*限定10
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
(エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・サラーム(平和)Tシャツ(サイズ:S,M)*アラビア語で平和を意味する「サラーム」のアラビア文字السلامをピースマークにデザインしたオリジナルTシャツです。



20000円【ベコTシャツコース 】*限定10
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)シリアの戦争被災者を支援するTeam BekoとのコラボTシャツ。シリアで暮らすブラヒー(20歳)さんは、12歳の時に爆撃にあい左腕を失いました。未だに治療が必要で、彼が描いてくれた牛の絵をデザインしたTシャツの売り上げの一部はTeam Bekoを通してブラヒーさんの治療費にあてられます。


30000円【レコーディング参加&CD支援者様お名前クレジットコース】*限定3
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)
・レコーディングにコーラスまたは手拍子で参加できます。見学と打上げ参加だけでも大丈夫です。曲は「ベコの歌」か「Everybody Sunshine」。渋谷で12月の予定ですが日時は確定次第お知らせします。ご参加できなくてもCDジャケットに支援者様としてお名前を表記いたします。

50000円【あなただけに出張ライブコース】*限定2
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)
・あなただけにChalChalが出張ライブします。2021年4月以降、場所と日時はご相談の上どこにでも行きますが会場使用料とメンバーの旅費交通費はご負担いただきます。オンラインも可です。

50000円【あなたの歌つくりますコース】*限定2
(完売ありがとうございます!「2021年5月以降打ち合わせ後1~2か月程度でお渡し」に変更にはなりますが同内容のリターンを追加しております ) 
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)
・あなたの歌を1曲ChalChalがつくります。あなたの詞に曲をつける、または曲に詞をつけるというコラボでも、歌のイメージお伝えいただければ曲と詞の両方でもOKです。2021年4月以降打ち合わせ後1~2か月程度でChalChalがアレンジし演奏した音源をお渡しします。
*今回のアルバム収録予定の「武器を花束に」は宮城県の詩人猪熊根太氏からの依頼でChalChalが曲をつけてできた歌です。
*完成した楽曲の著作権につきましては、依頼者様自身がお持ちいただいた詞または曲についてはご依頼者様に帰属し、ChalChalが制作した詞または曲についてはChalChalに帰属します。歌のイメージをお伺いしてChalChalが詞と曲の両方を制作したものについてはどちらもChalChalに帰属します。


50000円【イラクアートコース】*限定2
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)
・イラク人画家ハーニー・ダッラ・アリー作「ユーフラテス川とナツメヤシ」39cm×27cm デジタルリトグラフ(版画)を額付きでお届けします。(オプションで①か②をお選びください)

50000円【イラン製ダフ+個人レッスンコース】*限定1 (完売ありがとうございます!) 
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)
・イラン製ダフ(クルドの人々にとって欠かせない太鼓で、伝統儀式、歌、舞踊の伴奏まで幅広く使われています)に、パーカッション講師船原徹矢による個人レッスン(1時間)がつきます。場所と日時はご相談の上決めますが、場所が講師指定のスタジオ(東京都杉並区)の場合往復交通費はご負担いただきます。出張レッスンの場合会場費と講師の旅費交通費をご負担いただきます。


100000円【エジプト製ウード+個人レッスンコース】*限定1
・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット
・リリース記念「生ライブ」チケットまたは「配信ライブ」チケット(2021年3月頃予定。会場・日時など詳細は確定次第おしらせします)
・オリジナルグッズ詰合せ
 (エコバック、イエメンコーヒー飴、1970年代イラク風景写真ポストカード10枚セット)
・ベコTシャツ(サイズ:S,M,L)
・カイロのウード工房で直接仕入れたエジプト製ウード1台(専用ピック・リーシャ&専用ケース付き)に、ウード講師荻野仁子によるウード個人レッスン(1時間)がつきます。場所と日時はご相談の上決めますが、場所が講師指定のスタジオ(千葉県松戸市)の場合往復交通費はご負担いただきます。出張レッスンの場合会場費と講師の旅費交通費をご負担いただきます。


★追加リターン!
10000円【2021年4月~12月ChalChalライブ1回ご招待チケットコース】限定10

・限定公開動画お礼メッセージ
・CD1枚メンバー全員サイン付き(一般発売前に送付)
・クラウドファンディング限定記念パンフレット(CD収録曲解説、写真集、インタビューなど)
・2021年4月~12月のChalChalライブ1回ご招待チケット(場所、会場問わず2021年中に行われるChalChalのライブ〔2021年3月予定の当プロジェクトのCD発売記念ライブは除く〕に一回ご招待します。会場までの旅費交通費とドリンク・お食事代はご負担いただきます。) 
★他、追加のリターンコースも検討中です!

【ご支援いただく前にお読みください】
・全コース税込、送料込みの価格です。
・お申し込み後のキャンセルならびにコース変更は出来ません。
・複数コースのご購入は可能ですが同時決済はできません。個別のコースを都度お申し込み下さい。また、限定数がある同一コースの複数個支援は出来ません。
・CDの完成は2021年2月を予定しております。完成次第送付いたしますが到着日時の指定は出来ません。
・完成したアルバムはCDならびにダウンロード配信にて市場販売も予定しております。ただし市場販売はリターン発送後ですので、ご支援いただいた皆様が一番早くCDをお楽しみいただけます。
・ご支援後、事情によりイベントに参加できないなどの場合も、返品は受け付けられません。また、他の方へのリターンの商品や権利の譲渡はできません。
・イベント参加、体験、依頼系リターンに関してのご連絡はCAMPFIRE内のメッセージにてプロジェクトオーナーより送付されます。会場までの交通費については支援者様のご負担となります。
・本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に達しなかった場合も予定通りCD制作は行われますし、ご支援いただいた皆様へのリターン(特典)についてもすべてご提供いたします。


2020年
10月 レコーディングスタート
10月31日   クラウドファンディング開始  
11月 レコーディング
11月29日 クラウドファンディング終了日
12月 レコーディング→ミックスダウン、ジャケット制作
2021年
1月 CDプレス&リターン発注→納品
2月 リターン送付  
3月 CD発売記念ライブ(日程・会場未定) 



【ウード荻野仁子から】
中東アラブと日本を音楽で繋げるCDを作ります。
歌と音楽で元気を届けたい。中東アラブの国や人から沢山の元気をもらってきたから。

自分が元気になりたい時、奮い立たせなきゃっていう時には、だいたい音楽かけるんです。
音楽の力って、そういうとこにあると思っていて、原動力になる。
それから、人と繋がれるツールでもある。

私はウードという楽器で、遠い国の昔の音楽を演奏していて、時空を旅をしている気持ちにもなりますし、それは日本の平安時代あたりに繋がっていることを感じれば、自分はその端くれで生きているんだいう有難い気持ちにもなります。そしてそれが生きることに繋がっている。

コロナになり、生演奏の音楽のイベントがなくなり、録音や配信に切り替えて、音楽で役にたつことは何か、と考えてのクラウドファンディングです。
我々が中東アラブを通じて出会ってきた音楽を、ChalChalを通して作品として完成させます。
音楽は時空や国境を越えて生きる原動力になります。 応援してください。


【パーカッション船原徹矢から】
みなさんはじめまして。パーカッションの船原と申します。読んでくださりありがとうございます。 今回このクラウドファウンディングに参加させて頂くことは、ただの資金集めの活動とは思っていません。Yatchさん荻野仁子さんと出会い、このChalCalという活動を通して、今、中東アラブと日本をつなごうという想いを共有してくれる『仲間』を募っているのだと感じています。想いを伝播させてゆく、つないでゆくためには、継続できなければなりません。そのためには、苦しい時にお互いに手を取り合える、共に歩んでゆく同志が必要です。

 今これを観てくださっている方とも、一つの出会い。これから開けてゆく中東アラブと日本の時代を、是非共有させて頂ければ幸いと感じています。よろしくお願いいたします。



【佐藤真紀さんからクラファン応援メッセージ】
ChalChalのHPを担当させて頂いた、デザイナー兼国際協力アドバイザーの佐藤真紀です。

 ChalChalのすごいところは、アラビア語とか日本語とか混ざっても全く違和感なく入ってくるところ。

国際派ユニットって、大げさなことじゃなくて、ザクロがイラクで実って、日本でも実っているとか、オリーブの木がシリアと同じように隣の畑に植わっていたりする。ナツメヤシはどうかというと、イラクから避難してきたお医者さんがアパートの庭に植えて、芽が出てきた!って喜んでいたけど、結局枯らしてしまったなあというようなことを思い出したり。ChalChalの音楽聞いていると世界と身近に繋がっている実感がします。 わくわく、ぞくぞくして、そして、生活感があふれています。

 今の日本、ちょっと嫌だなあって思うのは、口では、多様性とか共生社会とか言ってても、いじめと、排除の世界がどんどん広まっているような気がします。コロナ禍で一生懸命頑張っている医療従事者に嫌味を言ったり、コロナになったらいじめられたり。。コロナ後はさらに格差社会が広がりぎすぎすしてくるのかなあと思えば、落ち込みます。

そんな時に、世界とつながっていたり、時間を超えてシルクロードの時代を思い浮かべたりできるChalChalの音楽は百科事典をめくるような楽しみがあります。

早くCDを聞きたい!新しいwith コロナの過ごし方を提供してくれそうなChalChalの応援よろしくお願いします。

国際協力アドバイザー、デザイナー
佐藤真紀 (Team Beko 所属)

【最後にYATCHから】
イラクの芸術家は、来日時に記者から投げかけられた問い「この戦禍で今必要なのは食料や医療など緊急支援であり、アートは平和になってからではないのか?」に、次のように答えました。「戦禍だからこそアートが必要なのです。食べものや薬がなければ死んでしまいますが、それだけで生きていても人間とは言えません。文化を共に楽しんでこそ人間なのです」

戦禍でもコロナ禍でも、人を生かすのは人と人との心温かなつながりです。決してすぐさまには人の役に立てない文化芸術活動が、どんな時代も人々の生きる希望をつなげてきました。今このコロナ禍は世界中の人々に襲いかかり、誰もが分断と孤立の苦難の中、人と人とのつながりを求め手探りで新たなチャレンジを続けています。私たち音楽家も、これまでのような活動はできない中、ライブ配信や動画編集など試行錯誤しています。コロナ禍でもステキな音楽を届けて、みんなに元気になってもらいたい。それが私たち音楽家のさらなる元気につながって、相乗効果で一緒にこのコロナの時代を乗り越えていきたい。

中東アラブに生きる人々から、私はこれまで何度も助けられて元気をもらってきました。特にアートや音楽から、生きる勇気と希望をたくさんもらってきました。ChalChalはその希望を大切に育み、新たな日本語詞とアレンジに紡ぎ直した歌たちを、CDアルバムにして届けます。日本で生きる私たちが歌で元気になり、そのお礼にインターネット配信で中東アラブはじめ世界にも届けていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。みなさまからの応援よろしくお願いします。
一緒にこのコロナの時代を乗り越えていきましょう!

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に達しなかった場合も、予定通りCD制作は行われますし、ご支援いただいた皆様へのリターン(特典)についてもすべてご提供いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください