皆さんはエアギターという競技をご存じですか?目には見えない「エアー」ギターをかき鳴らし、音楽に合わせて会場一体となって盛り上がるこの種目の公式全国大会を、鹿児島県の湯之元温泉に誘致することができました。この全国大会を大いに盛り上げ、世界大会開催に向けたきっかけとすべく、資金調達に協力してください!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。湯之元温泉を拠点に活動するエアギタリーマン しんごろうと申します。

私は、2014年にエアギターと出会い、それから3年連続で地区予選を勝ち抜いて全国大会に出場してきたエアギタリストです。

 

 

皆さんは、エアギターというエンタテインメントをご存じでしょうか。エアギターとは、そこにあたかもギターがあるかのように音楽に合わせてエアー(空気・空中)のギターをプレイするアートプレイです。

 

 

その歴史は古く、1996年から世界大会がフィンドのオウル市にて開催されていて、日本からも2004年から参戦しています。2006年のダイノジ 大地さんの世界大会優勝のニュースに触れた方もいらっしゃることでしょう。

 

 

このたび、このエアギター世界大会に通じる日本最大の公式戦「日本エアギター選手権2017」の全国決勝大会を私の地元である鹿児島県日置市で行うことが決定いたしました!!

 

鹿児島県内でも有数の温泉地である我が町、湯之元ですが、近年は児童数減少、店舗の後継者不足、温泉利用客の減少などに苦しんでいます。これらの課題は、おそらく全国の様々な地方都市に共通の課題なのではないでしょうか。

 

私は、地元湯之元の仲間と共に、この「どこにでもある温泉街 湯之元」を、「日本で最も空気の震える町」にしたいと思っています。

 

そう。エアギターの力で。

 

 

今回の全国決勝大会で勝ち上がったチャンピオンは、日本エアギター協会公認選手として、世界大会にチャレンジします。

 

実は、我々の野望は日本決勝大会にとどまりません。そう、世界大会の誘致です。

 

今回の日本決勝大会を大成功させ、来年は世界大会の誘致に向けて実行委員会をフィンランドに送り込みたいと思っています。 そして目指すは、2020年の世界エアギター大会誘致!

今回のクラウドファンディングでは、日本エアギター選手権2017を盛り上げるための運営経費を募集します。

 

【日本エアギター選手権2017 In 鹿児島・湯之元 開催内容】

①最終予選(兼 鹿児島地区予選…全国大会にむけた最後の公式予選)
日時:2017年8月4日(金)
会場:盈泉寺(日置市東市来町湯田2235)

【詳細】
日時:2017年8月4日 18:30開場 19時開演 21時終了
開場:盈泉寺(日置市東市来町湯田2235)
入場料:無料
参加申込:メールでの事前申込定員は60名
申込方法:メール(main@yunomoto.info)まで。

ゲスト:
MC   Daisy × Daisy
審査員 かながわIQ(日本エアギター協会 会長)
    宮城マリオ(日本エアギター協会 幹事)
    ぴょこたん(漫画家)

②全国決勝大会
【詳細】
日時:2017年8月5日(土) 15:00~21:00
会場:湯之元駅前 特設ステージ
入場料:無料
主なゲスト:
 審査員:かながわIQ(日本エアギター協会 会長)
    宮城マリオ(日本エアギター協会 幹事)
    ぴょこたん(漫画家)
 MC:Daisy × Daisy

【出場エアギタリスト】
・ダイアモンドパワー(2017年 東京第1予選 1位通過)
・シャリテンkd(2016年 全国大会8位)
・SUDOちゃん☆(2016年 全国大会2位)
・TAM(2016年全国チャンピオン 世界大会7位)
 ほか(決定次第追加していきます)

▼このプロジェクトで実現したいこと

①まずは鹿児島初開催のエアギター選手権全国決勝大会を大成功させたい!
 →今年のエアギター選手権全国決勝大会をまず大成功させたいと思っています。
  そのために、広報PR、資金調達、エアギタリストのおもてなし、ご来場の皆様のおもてなしを全力で行います。

②さらに、多くの人と一緒にエアギターで盛り上がりたい!
 →鹿児島におけるエアギター人口はまだまだ少数。今回の全国大会をきっかけに、いろんな人にエアギターの魅力を伝え、「誰でも、どこでも楽しめる」エアギターの普及に取り組みます。

③(最終的には)世界大会を誘致したい!!
  →来年は、湯之元から実行委員2名をフィンランドに送り込み、スキをみて世界大会の実行委員会(フィンランド オウル市の行政関係者)に対して湯之元開催の可能性を打診してきます。
  →最終目標として、2020年の世界エアギター大会誘致をめざします。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 

私が湯之元温泉に引っ越したのは今から3年前。
引っ越す前からエアギターの魅力には取りつかれていました。
けれど、この趣味はあまりに珍しく、湯之元への移住前には私個人の趣味に過ぎませんでした。

しかし、この街に移住して、地元の若手チーム「ゆのらぼ」との出会いによって、私の趣味だったエアギターは、まちの若者たちにとって大切なキーワードにかわってきたのです。

(↑ゆのらぼメンバーたち)

メンバーと仲良くなり、話をするなかで、私のエアギタリストとしての経験や、エアギターの持つ魅力は、「温泉の街」湯之元の魅力を発信する最高のツールになる!という話で盛り上がり、それから少しずつエアギターで街のにぎわいをつくる取組が始まりました。

 

▼これまでの活動

 

エアギター×湯之元温泉の取組は2016年に始まりました。

まずは地元のお祭りやイベントで私がエアギターを披露する時間を作ることから始まり、少しずつエアギターと町の皆さんの距離を縮めていきます。

(↑先輩エアギタリストを招待して、街の居酒屋でエアギターバトル)

 

そしてそして、なんと昨年は、日本エアギター選手権の鹿児島地区予選を湯之元温泉に誘致することができました!

全国のエアギタリストがしのぎを削る公式戦を湯之元温泉に誘致できたことは、湯之元温泉にとっても、私にとっても大きなことでした。

全国決勝大会を開催する準備はこのような流れの中で始まりました。

また「いつか世界大会を誘致する!」ための準備も着々と進んでいます。

▼資金の使い道

 今回調達する資金の使い道は以下の通りです。
7万円…クラウドファンディングの手数料
10万円…クラウドファンディング 返礼品の調達費
50万円…日本エアギター選手権2017開催の必要経費(音響・ステージ構築・審査員招待等)

▼返礼品について

返礼品として、エアギター関連グッズを用意させていただきました。

また、私が湯之元移住まえに勤務していた薩摩切子の工房「薩摩びーどろ工芸」さんにも返礼品として多くのご協力をいただきました。

薩摩切子とは、鹿児島に古くから伝わるガラス工芸技術(被せ)を使った高級ガラス製品ブランドです。

高価なものは相当な値段で取引されるものを、今回は特別に日本エアギター選手権の刻印付でご用意いただきました。

エアギターグッズとともに、薩摩切子の魅力にも触れていただきたいと感じ、今回は返礼品に薩摩切子を含む薩摩のガラス工芸品を加えさせていただきました。

エアネスのおともに!

多くの方に、手に取っていただければと思います。

▼最後に

エアギターは、楽器の無いところでも、どこでも誰でも、音楽があればすぐに楽しむことができる最高のエンタテインメントです。今回のクラウドファンディングを通して、出来るだけ多くの皆さんにエアギターに触れる機会を持っていただきたいと思っています。

鹿児島での世界大会開催にむけて、皆さんの応援が必要です。

皆さんのエアネスを、私に分けてください!


よろしくお願いします!!!!

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください